授業で、ワトソンの行動主義について調べることになったのですが、どなたか、ワトソンの行動主義について詳しくのっている本や、サイトをご存知ないでしょうか?初心者向けに分かり易いものがよいのですが・・・・。よろしくおねがい致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ワトソンの行動主義はすでに歴史的遺物となっているので


行動主義そのものの解説書や入門書は入手しにくいと思います。
心理学の歴史上で行動主義がどのような役割を果たしたのかを
押さえながら過去の文献を探してみてはどうでしょうか。

サイエンス社・新心理学ライブラリ15
『心理学史への招待-現代心理学の背景-』
梅本堯夫・大山正編著
P.220~P.223 14.1「ワトソンの行動主義」
P.234に参考文献のリストがあります。

参考URL:http://www.saiensu.co.jp/books-htm/ISBN4-7819-07 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます。早速、本屋さんに行ってきます。心理学は、全く未知の分野なので途方に暮れていました。とても助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/25 09:55

日本評論社の『ブックガイド心理学』はいかがでしょう。

この中で、ワトソンの主著『行動主義の心理学』も紹介されていたような気がします。すみません、私も図書館で必要なところだけつまみ食いしただけなので、はっきり覚えていません。でも、この本は、セリエとかスキナーとかフロイトとか心理学の古典をわかりやすく解説してくれていたと記憶しています。

わかりやすいだけなら、『マンガ心理学入門』(講談社ブルーバックス)でもいいかなとか思ったりします。まったく詳しくないですが…。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cg …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます。早速、その本を探してみます。大変困っていたので助かりました。感謝致します。

お礼日時:2001/10/25 09:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワトソンとクリック

ワトソンとクリックのことを習いました。

ある先生はワトソンが殆ど研究して、クリックはただの計算屋だと言っていて、その証拠にワトソンのほうがアルファベット順でも後だし、年齢も若いのに、クリックとワトソンになっていないのもそのためだ。と言ってました。

もう一人の先生は、クリックが天才だと言っていました。
どっちが本当なのでしょうか・・・。

少し気になったので教えてください。

Aベストアンサー

 ワトソンとクリック,どちらが頭が良かったかというと,どちらも同じ程度に良かったのだと思います。

 近年の科学は,どの分野をとってみても一人の力で成果を挙げる事は非常に困難であり,不可能と言ってもいいでしょう。ワトソンとクリックの場合も,二人の協力が合って初めてなされた業績だと言えます。

 その過程では,専門の異なる他者の意見を充分に聞き,そのデータや意見を取り入れ,再度議論を交わすという事を繰り返しています。つまり,二人とも自分にとっては専門外の内容についても議論できるだけの知識や判断力を持っていたわけです。これは頭の良くない人には出来ない事でしょう。

 ramurame さんが「ノーベル賞ゲーム ―科学的発見の神話と実話―」を紹介されていますが,他にも多数の成書が出ています。中にはワトソン自身が書いた物もあります。読み物としても面白いですから御覧になってみてはいかがですか(どちらも同じものだと思います)。

「二重らせん DNAの構造を発見した科学者の記録」
 ジェームス・D.ワトソン∥著
 江上不二夫,中村桂子∥訳
 版表示 :改訂版
 出版者 :パシフィカ
 出版年月:1980.5
 資料形態:261p  20cm  1400円

「二重らせん」
 ジェームス・D.ワトソン∥著
 江上不二夫,中村桂子∥訳
 出版者 :講談社
 出版年月:1986.3
 資料形態:243p  15cm  420円
 シリーズ名:講談社文庫

 ワトソンとクリック,どちらが頭が良かったかというと,どちらも同じ程度に良かったのだと思います。

 近年の科学は,どの分野をとってみても一人の力で成果を挙げる事は非常に困難であり,不可能と言ってもいいでしょう。ワトソンとクリックの場合も,二人の協力が合って初めてなされた業績だと言えます。

 その過程では,専門の異なる他者の意見を充分に聞き,そのデータや意見を取り入れ,再度議論を交わすという事を繰り返しています。つまり,二人とも自分にとっては専門外の内容についても議論で...続きを読む

Q行動主義

行動主義について勉強しているのですが、
行動主義の原理が人間社会の制度、慣習、教育環境にどのように生じ、どのような副作用があるのか、事例・問題点を教えてください。
また、音楽治療・美術治療などを通してどのように改善すればよいのか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

うーん。
行動主義という用語の意味するものについて
質問者さんと私のあいだで認識を共有できていないようですね。
たとえば,お礼の中で,

>行動主義が私たちの身近な環境の中でどのように起こり、

と書いていらっしゃいますが,
心理学で言う行動主義は自然発生的な現象ではないので,
身近な環境の中で「どのように起こるか」と問われても
答えようがないというのが私の立場です。

質問者さんはどのような本を読んで行動主義を勉強なさっているのでしょうか?
心理学以外にも,たとえば哲学者ライルの主張する「論理的行動主義」のようなものがありますし。

日本の心理学における行動主義的アプローチのひとつの到達点を示すものとして
下記の本を御紹介しておきます。
ボリュームはありますが,専門書ではなく,
医療分野の学生を想定した読んで楽しい?教科書です。
関心がおありなら一度手にとってみてください。

■臨床行動心理学の基礎
 久保田新,桐谷佳恵,鎌倉やよい,江藤真紀,岡西哲夫(著) 
 丸善
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/4621072137.html

うーん。
行動主義という用語の意味するものについて
質問者さんと私のあいだで認識を共有できていないようですね。
たとえば,お礼の中で,

>行動主義が私たちの身近な環境の中でどのように起こり、

と書いていらっしゃいますが,
心理学で言う行動主義は自然発生的な現象ではないので,
身近な環境の中で「どのように起こるか」と問われても
答えようがないというのが私の立場です。

質問者さんはどのような本を読んで行動主義を勉強なさっているのでしょうか?
心理学以外にも,たとえば哲学者...続きを読む

Qなぜワトソン博士?

Windowsでシステムエラー時に出てくるワトソン博士って、なぜ、ワトソン博士と名前を付けたのでしょうか?

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズの助手にして記録者のワトソン博士から由来します。
どちらも博士のクセに記録しかせず、解決してくれない点でもそっくりです。

Q心理学における構成主義と機能主義について

文章の乱れなどありましたら申し訳ありません。

今回は心理学における構成主義と機能主義について
教えていただきたく投稿しました。

ネットでも調べたんですが、難しくいまいち理解ができませんでした。

よければ、簡単に理解できるように教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、構成主義は、「万物を要素の集合から構成されるもの」として捉える考え方です。心理学史では特に19世紀後半から20世紀初頭に主流をなしたヴントやティチェナーらの考え方をさします。これは、ヴントの思想を受け継ぎ、発展させたティチェナーが自らの立場を構成主義とよんだことに由来します。

ヴントは心理学を意識を対象とする学問として位置づけ、内観という、自分の意識を自分で観察する方法によって、意識の「構成要素」を見つけ、それらの要素間の結合法則を見出すことを課題と考えたのです。さらにその上で、意識はこれらの心的要素の結合によって構成されるものと考えました。

つまり、当時、発展が見られた化学を一つのモデルとして、元素を発見し、その元素の結びつきで意識を説明しようというものです。

これに対して、心(意識)は、生物学的欲求を充足するために現れた有機体の、環境に対する適応の手段の一つの形態であると考え、そのような心的活動の目的ないし意識の効用を明らかにすることが心理学の第一課題であると主張する立場が、機能主義です。機能主義は、英語でいえば、functionalismですが、function、つまり働きとしての心を捉えようという考え方といってよいかも知れません。

機能主義は、こういう考え方ですから、要素を発見し、その結びつきで心(意識)を説明しようとする構成主義とは、対立したわけです。機能主義は、進化論と強く結びついたプラグマティズムの哲学が背景にあり,19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカを中心に発達したものです。

構成主義の方は、1930年代に入ると、この考え方は対象の意味や機能、主体の能動的側面をあまり考慮しない、一つの要素還元主義として、構成主義が研究手法として用いていた内観報告とともに、機能主義、行動主義、ゲシュタルト心理学等から批判され衰退していってしまったのです。

以上、まだややこしいかも知れませんが、参考までに。

まず、構成主義は、「万物を要素の集合から構成されるもの」として捉える考え方です。心理学史では特に19世紀後半から20世紀初頭に主流をなしたヴントやティチェナーらの考え方をさします。これは、ヴントの思想を受け継ぎ、発展させたティチェナーが自らの立場を構成主義とよんだことに由来します。

ヴントは心理学を意識を対象とする学問として位置づけ、内観という、自分の意識を自分で観察する方法によって、意識の「構成要素」を見つけ、それらの要素間の結合法則を見出すことを課題と考えたのです。さらに...続きを読む

Qワトソン博士にご登場願うには

 先日、ようやくうちでも1GHzのマシンを導入しました。起動時間30秒未満という脅威の速度を堪能しているところです(笑)

 しかし、現在そのマシンにWin98SEを乗せて使ってるんですが、どうも安定性が向上しません。
 マイクロソフト社製品とか定番ソフトなんか使ってる分には、安定性重視で組んだだけあって比較的大丈夫なんですが、特にWin95用のアプリや、外国製のフリーソフトなんかを使ってると、そのアプリにエラーが出ると、OSごとポコポコ落ちます。
 まあ、当たり前と言えば当たり前なんですけどね。
 でもそのたびに例のブルー画面が表示されてしまうと、こっちまでブルーになってしまいます(^_^;

 そこで、せめて変な動作をしたアプリだけを落とせないかと思ったのです。
 ワトソン博士みたいなもので、Win98SEで動くソフトがあればいいんですが、そういうのないでしょうか。タスクマネージャーの Ctrl+Alt+Delete だけじゃどうも力不足で……。

Aベストアンサー

Win98にもワトソン博士は入ってますけど。
試しに「ファイル名を指定して実行」で「drwatson」と打ってみて下さい。

Q言語行動と非言語行動

言語行動と非言語行動が矛盾してる行動ってどんなことですか?
簡単なものでよいので教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

芥川龍之介の短辺で、『手巾』(「ハンケチ」と読みます)を読んでご覧になると良いでしょう。バーバル、ノンバーバルの相違が、見事に描かれています。本を買わなくても、下記の「参考URL」サイトで閲覧できます。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/43_15268.html

Q【人工知能】PKSHA TECHNOLOGYのAIはIBMのWATSON(ワトソン)より精度が上らし

【人工知能】PKSHA TECHNOLOGYのAIはIBMのWATSON(ワトソン)より精度が上らしいのですが】PSKHAテクノロジーはLINEにAIを提供している会社でもありますのでLINEで「トマトを使った料理を教えて」と送ってみました。

するとIBMのワトソンを超えるとされるPHSHAのAIは何と「料理枠取られてるんだ」と返して来ました。

どの辺がワトソンより精度が上なのか説明してください。

ワトソンならトマトを使ったレシピを返してくれますよ。

料理枠取られてるんだ って意味不明です。

もしかして日本語に精度が高いということなんで敬語じゃなかったので対応が冷たいのかと思って「トマトを使った料理を教えてください」と送ったら、

「ベーコンとアスパラガスとジャガイモの炒め物がいいんじゃないの」とタメ口で返って来ました。

ビックリ。ワトソンは敬語なのにPKSHAはタメ口。

まず敬語の日本語を学習させてからワトソン超えを宣言して頂きたい。

トマトにはベーコンとアスパラガスとジャガイモの組み合わせがこの世のスーパーAIが導き出した最高の組み合わせらしい。

【人工知能】PKSHA TECHNOLOGYのAIはIBMのWATSON(ワトソン)より精度が上らしいのですが】PSKHAテクノロジーはLINEにAIを提供している会社でもありますのでLINEで「トマトを使った料理を教えて」と送ってみました。

するとIBMのワトソンを超えるとされるPHSHAのAIは何と「料理枠取られてるんだ」と返して来ました。

どの辺がワトソンより精度が上なのか説明してください。

ワトソンならトマトを使ったレシピを返してくれますよ。

料理枠取られてるんだ って意味不明です。

もしかして日本語に精度が高いという...続きを読む

Aベストアンサー

>どの辺がワトソンより精度が上なのか説明してください。

全てにおいて精度が上であることを自負しているために、偉そうな返事をしてきたのかもしれませんね。(笑)

Qワトソンの広告業界での功績

ワトソンは大学を追われたあと、広告業界で活躍したそうですが、どのような功績をおさめたのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

J.B.ワトソンがジョンズ・ホプキンズ大学を去ってからの経歴は、以下のサイトにありました。

http://siop.org/tip/backissues/TipApril00/7Diclemente.htm

1920年代初めに、広告業界に市場調査の考えを持ち込んだこと、また、消費者がブランドに対するこだわりを持つことを見越して、広告を考えたことなど、その先見性はやはりすごいですね。
また、それだけにとどまらず、販売員の採用に対して適性検査を行うなど、彼の与えた影響は、今日も生きているようです。

参考URL:http://siop.org/tip/backissues/TipApril00/7Diclemente.htm

Qワトソンの行動心理学について。

授業で、ワトソンの行動主義について調べることになったのですが、どなたか、ワトソンの行動主義について詳しくのっている本や、サイトをご存知ないでしょうか?初心者向けに分かり易いものがよいのですが・・・・。よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

ワトソンの行動主義はすでに歴史的遺物となっているので
行動主義そのものの解説書や入門書は入手しにくいと思います。
心理学の歴史上で行動主義がどのような役割を果たしたのかを
押さえながら過去の文献を探してみてはどうでしょうか。

サイエンス社・新心理学ライブラリ15
『心理学史への招待-現代心理学の背景-』
梅本堯夫・大山正編著
P.220~P.223 14.1「ワトソンの行動主義」
P.234に参考文献のリストがあります。

参考URL:http://www.saiensu.co.jp/books-htm/ISBN4-7819-0720-2.htm

Q生得的行動と本能行動

フロイトの本能ではなく、エソロジーにおける本能行動について質問です。

ある概説書には、本能行動は生得的行動の下位概念として説明されていました。
しかし、心理学辞典には、生得的行動と本能行動を明確に区別して説明されていないように感じます。

本能行動について説明する際には、生得的行動と同義の言葉として扱って良いでしょうか?
例えば、「生得的行動は、遺伝情報に強く支配され、外部環境からの影響をほとんど受けることなく発現する行動である。」とありますが、定義の段階では、「本能行動は、遺伝情報に強く支配(以下略)」と書いても間違いではないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
生得的行動とは「遺伝的性質に基づき、習得的な影響を受けない行動」ということであり、本能行動とほぼ同義で扱われます。反意語は「習得的行動」であり、英語では全てInnnate behaviorで、本能行動という単語は特にありません。
本能行動に対してはしばしば「学習行動」という概念が用いられ、生理学的には前者が「無条件反射」、後者が「条件反射」という位置付けになります。

本能行動が下位概念というのは恐らくですが、生得的行動の中には他に「反射」や「走性」といったものが含まれ、ここでは本能行動をそれらと分けて扱っているからだと思います。
行動といいますのは「複数の反応が組み合わされた運動」と定義されますので、生物学では単独の反射は通常、行動とは呼びません。ですが、これが運動に結び付く反射であるならば、ちょっと微妙ですが、結果的にはそれも生得的行動ということになってしまいます。従いましてこの場合は、本能行動とは「遺伝的に定められた反応によって構成される生得的行動」ということになると思います。

遺伝的に定められた反応といいますのは基本的には全人類に共通であり、生後環境が個人差に反映されるのは学習行動の方です。ですから、その辺りが区別できるならば心理学では生得的と本能的は別に同義でも構わないのではないでしょうか。
では、果たして最も重要なのは、生得的というのは環境の影響を受けないことではなく、後天的な要素を含まないということであり、この点においては本能行動も全く同じです。動物行動学では鳥類などのインプリンティングを「プログラム学習」として扱っています。プログラムそのものは生得的なのですが、これによって獲得されるのが条件反射であるため、インプリンティングは後天的な習得行動として分類されます。
二つは同義でも構わないと思いますが、用語として正しく解釈するならば、一応このようなことは指摘されるのではないでしょうか。

こんにちは。
生得的行動とは「遺伝的性質に基づき、習得的な影響を受けない行動」ということであり、本能行動とほぼ同義で扱われます。反意語は「習得的行動」であり、英語では全てInnnate behaviorで、本能行動という単語は特にありません。
本能行動に対してはしばしば「学習行動」という概念が用いられ、生理学的には前者が「無条件反射」、後者が「条件反射」という位置付けになります。

本能行動が下位概念というのは恐らくですが、生得的行動の中には他に「反射」や「走性」といったもの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報