98年式プラドのディーゼルに乗っています。(マニュアル車)
新車購入後すぐに、停車のためにクラッチを踏んでシフトダウンしようとした時、
エンジン回転がアイドリングより下がってしまい(定格より100rpmくらい)
車体全体が振動する事がありました。(長ければ10秒程)
ディーラーに持って行きましたが、現象が再現しない等を理由にたいした事もしてもらえませんでした。
一応コンピュータを交換してもらいましたが、変化なしでした。
挙句の果てに、コンピュータを換えて変になっても知りませんとまで・・・。
ディーラーの話では、「ディーゼルはアイドリングが定格未満にならないような機構がついていないので」とかなんとか言われてしまいました。(ガソリン車はついているらしいです)
この話はあってるのでしょうか?
また、天下のトヨタでもこんなものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1KZ-TEではアイドル制御も行っていますので、明らかにディーラーの対応は間違っています。

ただ100RPM程度の回転数低下が起こることはありますが、10秒間も続くのは問題です。スロットルポジションセンサーなどに異常があると起こりえる症状のように思えますが、残念ながらスロットルポジションセンサーのアイドル接点に関してはダイアグノーシスメモリに残る項目が無かった(この部分自信なし)と思います。また、コンピュータを換えて変になるなどと言うことは、あってはいけない(一部の学習機能はキャンセルされるので運転フィーリングが一時的に若干変わる可能性はあるが)はなしです。この点では明らかにディーラーの対応に問題があります。症状が常時現れるものでは無いようなので、症状の再現に時間がかかり原因の究明が遅れる可能性もありますが、時間に余裕があるのであれば、ある程度の期間車を預けて見る事をお勧めします。又は症状が再現した状態で入庫することができればこれが最良です。この時はエンジンを止めないように配慮し、現在その症状が発現している事を告げ、早急にサービスマンに現状の確認を求めてください。意欲のあるサービスマンなら必ずすぐに対応して症状を自分で確認するはずです。

お近くにトヨタテクノサービス(一般のディーラーでは手におえないサービスを専門に行うトヨタサービスです)があればそこへ持ち込むか、近くの他のディーラーへ持ち込んで見るのも手でしょう。ディーラーといってもサービスの質はさまざまで、エキスパートと呼べるほどのサービスマンがいる工場もこんなもんかと思う工場もあるのが事実です。あとは、ディーラー以外で電気屋(電装整備工場)に持ち込んでみるのもひとつの手です。電子制御関係についてはディーラーよりも精通したサービスマンがいることも珍しくありません。

私自身も電装整備工場で20年ほど仕事していたのですが、ディーラーからの持込修理もかなりの数をこなしました。これらの多くは専用のダイアグノーシステスターなどに引っかからない少々厄介な事例です。マニュアル化されていることの弊害と言うべきかシステムが複雑化しすぎたせいか、ディーラーでもマニュアルに記載された点検を行って正常であれば、それ以上の不具合の追求をしなくなっている傾向にあります。技術者としては悲しい限りですがこれが現状です。現在は現車を直接扱う立場にいないのですが図面や概念上の知識と現車を触った上での知識経験が両方そろって初めて成り立つのがサービスです。その点では最近のディーラーは悲しいことに30点ぐらいの評価しかできないと言うのが事実です。

後半が愚痴のようになってしまったことをお詫びします。
    • good
    • 1

すみません。


仕事の都合がつかず資料の閲覧ができずにいます。
明後日には資料の閲覧が可能になるともいますので、もう少しお待ちください。
    • good
    • 0

詳しい形式などをお知らせいただけないでしょうか?



多分EFIディーゼルを搭載していると思うのですが、EFIディーゼルでは噴射時期や噴射量の調整を電子制御しています。確か回転数のミニマム/マキシマムも電気的に制御していたはずです。アイドル回転についても負荷状態に応じた制御がなされているはずです。

最初に書いたとおり、車検証に記載されているデータの詳細がわかれば、そのような制御の有無やトラブル事例などより正確にお答えできるかとおもいます。

この回答への補足

ありがとうございます。
sailorさんのいうとおり、EFIディーゼルです。
(インタークーラー付1KZ-TEです)
型式はKD-KZJ95Wです。(98年式です)
これでわかるでしょうか?

補足日時:2001/10/31 23:15
    • good
    • 0

わたしは以前L/C70に乗っていて今はラガーに乗っています。


プラドは乗った事無いので解かりませんが、私乗っていディーゼル車での話をさせていただきます。
ガソリン車(乗用車)とディーゼル車とではクラッチの容量がそもそもちがいます、クラッチも大型ですし操作力もいるので重量四駆ならクラッチを踏むためのアシスト(電動、油圧等)機構が付いてます。アクセル操作等のタイミングで踏んでも切れてない状態が発生する(特に低いギア)ので「2段クラッチ」と言ってクラッチを2回踏む操作で完全に切ることができます。昔からダンプ乗りやトラック運転手なら当たり前に使っているテクニックですし、私の友達が大型の免許を取りに教習所に行った時(10年くらい前ですが)も教習で低いギアが入りにくい時は「2段クラッチ踏んで」とか言われていたそうです。
私の乗っていたランクルは走っている状態からセコ、ローに落とす時はまず2段クラッチ踏まないと切れませんでしたし、今のラガーもランクルほどではありませんがクラッチが切れてない時がありますよ。
ディーラーの対応もいいかげんですね、コンピューターは関係ないとおもいます。クラッチ関係のパーツが悪いのかもしれませんがディーゼル車のクラッチってそんなもんですよ。100rpmほど下がり振動したと有りますがガソリン車ならエンストしていたところがディーゼルの低速トルクのおかげでそれだけで済んだと考えられます。むしろクラッチが正常に作動して不安定な挙動を修正しているので良い事だと思いますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽四のエブリィでエンジンをアイドリング状態で定格1000wのインバータ

軽四のエブリィでエンジンをアイドリング状態で定格1000wのインバーターを使用して
最大出力700W(消費電力1100W)電子レンジの400wモードは使えるでしょうか?
バッテリーは38B19L 電線は8sq2本ワンセットで16sq相当で接続。

Aベストアンサー

ざっと40Aくらい必要なので、配線はバッ直じゃないと、フューズがとびますね。
このレベルだとアイドリングでは、オルタネーターがいくら頑張っても、消費電流の半分も賄えませんから、バッテリーがかなり発熱するでしょう。

それより、電子レンジは、矩形波では使えないと思います。

Qディーゼル車は何故長時間のアイドリングを続けるのですか?

タイトル通りなのですがトラックなどディーゼル車の運転手はやたらアイドリング時間が長いように感じます。
暖機運転の話ではなくエアコンを使うシーズンでもなく普通に走ってきて立ち話をしているような状態でもエンジンを止めない人が非常に多いような気がします。

はじめは音が大きいので余計気になるのかなと思ったのですがどうもガソリン車よりも多いような気がします。
人によっては30分も続ける事もありうるさい、臭いで迷惑この上ないのですが止めないのは何か深い訳でもあるのでしょうか。
個人的にはディーゼル=職場の車=自分で燃料代を負担しない→燃費に無頓着→アイドリングを止めない、と考えるのですがいかがでしょうか。

もしかすると心理学のカテが相応しいのかなとも思いましたがディーゼル特有の機構的な問題なのかもしれずこちらで質問する事にしました。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今、観光バスに乗っていますが、大型トラックなんかでは、エンジンを切ったりかけたりするとオイルの回りが悪くなって寿命が早くなるので、敢えてアイドリングしたままにする会社も多いと聞いたことがあります。
あと、最近のディーゼル車には環境規制強化のため、DPRってある車があり、マフラーの中に煤がたまると、自動で煤を焼き、黒鉛がマフラーから出ないようにする装置があります。大型の半数以上を占める日野、いすゞのディーゼル車には確実についていますね。
これが煤がたまりすぎると、警告灯が出てどこかに停車してアイドリングしたまま、マフラーの煤を手動スイッチで焼かないといけないことがあります。
放っておくわけにはいかないので、どこかコンビニにでも止めて、エンジンかけっぱでエンジン回転も上がった状態で30分ほど待たないといけない状態になります。このご時世、運転手も好きで30分もクレームがありそうな場所でアイドリングをする人はいないと思います。
 
おそらく30分そこらに停めてるのは冷凍車やコンクリートミキサー車など、動力を止められない特殊な車以外ならそんな理由が多いはずです。質問者様のおっしゃるエルフでも新型は2tショートサイズから装置が付いていますので警告灯が出ますと30分くらい手動煤焼きに時間がかかります。ハイエースにすらこんな装置が付いてますのでやっかいな時代になったもんです。  

あと、バスでも、住宅街やアイドリングストップ厳守の場所ではもちろんアイドリングストップですが、空調系、電装系の負担が大変大きいので、お客様が乗車され電装系を使用しているときや、バッテリーが弱めな時は、バッテリーの寿命低下の元なので必ずエンジンを回しています。
バッテリー代>>燃料代ですから。
自動的にアイドリングストップするバスもありますが、ダイナモの負担が大きく、すぐにダメになるのでそちらの修理のほうが燃料代よりはるかに高くついたり、エンジン再始動不能になることもあって使わない会社も結構あります。右折待ちの交差点の中でも停車中と勘違いし平気でエンジンが切れたりしますからある意味危険です。

ちなみに仕事しているように見せるという話がありましたが、タコグラフには、アイドリングしているか否か、走行しているかしていないか何キロ出してどのくらいの時間に何分走ったか、すべて残っていますので、アイドリングストップ励行に努めているほうが、会社の印象が良いのは間違いありません。エンジンキーを抜いてても、タコグラフがセットされていればちゃんと記録されてる優れモノ?なんですよ。
車が走っておらず、無意味にエンジンだけかけてて、良い顔をする人がいるわけがありません。 

今、観光バスに乗っていますが、大型トラックなんかでは、エンジンを切ったりかけたりするとオイルの回りが悪くなって寿命が早くなるので、敢えてアイドリングしたままにする会社も多いと聞いたことがあります。
あと、最近のディーゼル車には環境規制強化のため、DPRってある車があり、マフラーの中に煤がたまると、自動で煤を焼き、黒鉛がマフラーから出ないようにする装置があります。大型の半数以上を占める日野、いすゞのディーゼル車には確実についていますね。
これが煤がたまりすぎると、警告灯が出...続きを読む

Q今の車はコンピュータだとかもちいられていますが昔の車より壊れやすいと言うのは本当ですか?ディーラーの

今の車はコンピュータだとかもちいられていますが昔の車より壊れやすいと言うのは本当ですか?ディーラーの人が言っていましたが。

Aベストアンサー

昔のメカの構造なら、ガタが来たなぁ~ってレベルで我慢して使えないこともないし、故障の範疇は狭いですね。
今の車は、非常に静かなので、ガタがくると故障の範疇に入れられてしまいます(笑)

コンピュータやセンサなんかは、故障すると一発で動かなくなるってのはありますね。作る時の工場の環境がちょっと違っていただけで、何か月か使うと故障する場合もあります。見た目とか性能で判らないので厄介です。
エアバッグのリコールがこれに近いです。

そうそう、昔の車に比べて、今の車は狭いところに色々な部品が詰め込まれているのも辛いところですね。

Qディーゼルエンジンの圧縮比がガソリンより小さい?

ディーゼルエンジンの圧縮比がガソリンより小さいですか。
それは何故ですか。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

逆です。
ガソリンで圧縮比が10弱、ディーゼルで20弱です。
ガソリンは空気とガソリンの混合気を圧縮します。なので、自然発火しない程度までしか圧縮できません。
ディーゼルは空気しか圧縮しない上に、その圧縮熱で点火するのである程度圧縮しないといけません。
その違いです。

ちなみに、ディーゼルエンジンの方法にガソリンを使うのは効率が悪いので意味ないですし、ガソリンエンジン
の方法で軽油を使うのも効率が悪いです。

Q愛知県でBDF(バイオディーゼル燃料)を使用し中古のディーゼル車に乗ることは可能か?

バイオディーゼルの燃料を廃油から精製し製造することに興味を持ちはじめた者です。
深い知識はありません。
最近はマツダの新排ガス規制に適応したディーゼル車が人気のようですが、この車にBDF燃料を入れて走らせたいと考えました。
その前に中古でディーゼル車を購入し使用したいと思ったのですが、東京都などからスタートした排ガス規制などでディーゼル車は登録ができないと聞きました。
これをBDF専用車にしたら排ガス規制などの諸条件はクリアして登録、利用はできるのでしょうか。
具体的にはエスティマエミーダ、ルシーダのディーゼルを購入しBDF専用車として愛知県で登録したいのですが可能でしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

愛知県は自動車NOx・PM法による指定地域なので規制開始前のディーゼル乗用車も排出する
NOxとPMの量が規制値以下で無いと乗れません。
規制値等は以下のURLをご参照下さい。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/index.html

規制値はBDF燃料を使うからと言っても優遇措置は無いようですのでお乗りになりたい車の
排出量をデーラー等で聞いて下さい。
超えているなら何か後付けして規制値をクリアしないと乗れません。

トラックでは後付けのPMフィルター等が売られていてそれらを着けて検査を受ければ許可が
でるそうですが、結構大きな物らしく乗用車に後付けは困難だとこの規制が始まる当時に
聞きました。

後、新車を買う場合もデーラーにBDF燃料を使って問題ないか、補償も効くのか確認
された方が良いと思います、高い買い物なので。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報