「塩生植物」ホソボノハマアカザについて、栽培方法、種子の入手方法について教えて貰えませんか。

A 回答 (2件)

MiJunです。


以下の参考URLサイトの「ホソバノハマアカザ」ではないでしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~rumoiso/ks7naka.html

この回答への補足

MiJunさん
回答有り難うございます。ご指摘の通り「ホソボ・・・」ではなく、「ホソバ・・・」が正しいようです。

補足日時:2001/10/30 12:22
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトの「ハマアカザ」とは別なのでしょうか・・・?



補足お願いします。

参考URL:http://pro.tok2.com/~zu/yasou/v/hamaakaza.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有胚乳種子と無胚乳種子、単子葉植物と双子葉植物

 子どもの自由研究で困っています。
 植物の分類で、単子葉植物と双子葉植物という分類がありますが、この分類と、有胚乳種子と無胚乳種子という種子の分類との関係を教えてください。
 これらの分類は全く関係のない分類なのでしょうか。例えば、単子葉植物には有胚乳種子のものもあれが、無胚乳植物もあるということでしょうか?

Aベストアンサー

「有胚乳種子か無胚乳種子か」と「単子葉植物か双子葉植物か」との間には何の関係もありません。「単子葉植物か双子葉植物か」は単純に芽生えのときの子葉の数が関係します。
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/2-1.html

ちなみに、有胚乳のものは
http://www.h4.dion.ne.jp/~kyouiku/t1-syokubutu-oboekata.htm
を見ても、カキ(双子葉植物)もあればイネ(単子葉植物)もあり、さらにはマツ(裸子植物)もあります。

ちなみに、過去の質問で「有胚乳種子、無胚乳種子」を扱った質問を見つけたので参考にしてみてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2744816.html

Q生物の質問です。 「光発芽種子で、遠赤色光ではなく赤色光で発芽するのはなぜか」と聞かれた時、「植物の

生物の質問です。
「光発芽種子で、遠赤色光ではなく赤色光で発芽するのはなぜか」と聞かれた時、「植物のクロロフィルが吸収する色が赤色であるから」という答えで丸をもらえるでしょうか?

Aベストアンサー

東京理科大学・理工学部・応用生物科学科の井上康則先生のお答え。

正の光発芽性種子は赤色光で発芽が誘導され、近赤外光あるいは暗黒下で発芽が抑制されます。小型種子は貯蔵物質量が限られているため、地中(暗所)深くから太陽光のある地表へ芽生えを伸ばすことができません。光が当たったと言うことは、種子が地表近くに存在することになりますが、上空に他の植物が繁茂していると、クロロフィルにより赤色光は吸収されてしまい、わずかな緑色光と大量の近赤外光が地表に到達します。よって、近赤外光を受ける条件下では、発芽しても他の植物の陰になり光合成を営めないことになります。一方赤色光が当たったと言うことは、上部に他の植物が存在せず、発芽後直ぐに光合成を営める環境であることになるわけです。ですから、正の光発芽性種子は確実に光合成が営める状況下でのみ発芽しているわけです。

https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=0847&target=number&key=0847

Q有胚乳種子と無胚乳種子

受験を控えた(来年です!)子供がおります。理科の植物の分野での質問です。私は、単子葉植物=胚乳に栄養をためて発芽、双子葉植物=子葉に栄養をためて発芽、と子供に教えていました。
しかし、分類表を見ると、双子葉植物にも有胚乳種子というものがあるようで、双子葉植物でも子葉ではなく胚乳に栄養をためて発芽する種類があるみたいです。したがって、私の考え方は間違っているようです。では、正しい考え方はどうなのでしょうか。単子葉植物と双子葉植物の分類は、単に子葉が1枚か、複数かだけで、胚乳の有無はまったく関係ないのでしょうか。そうだとすると、植物の分類で子葉の枚数がそんなに大事な理由も合わせて教えてもらえれば嬉しいです。

Aベストアンサー

種子の進化は,有胚乳種子から無胚乳種子が生まれたと考えられています。単子葉類はほとんどが有胚乳種子です。ラン科のように子葉も胚乳も発達しない無胚乳種子もありますが受験には必要ないでしょう。双子葉類も有胚乳種子が基本ですが,それらの中にマメ科・ブナ科・アブラナ科・ウリ科等の子葉に栄養を蓄える無胚乳種子が登場しました。キク科も入れておきましょう。ヒマワリの種は子葉を食べています。

単子葉類・双子葉類は分類上の区分ですが,植物の体の作り(ボディプラン)がかなり異なります。中学でしたら下記URL程度でよいのではと思います。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/sho_bunrui2.html

Q単子葉類」と」単子葉植物のちがい。植物は古い言葉か

最近中学の教科書では単子葉類だが一般の本で今も単子葉植物という表現も見る。なお、私は遠い昔に高校か中学で単子葉植物と習った記憶があるが、数年前に中学の教科書で単子葉類と見てとまどったしだいです。

Aベストアンサー

植物の系統分類は色々な人が様々な分類を提唱しています。「単子葉植物」は「単子葉類」とほとんど同義語と思って頂いても良いのではないかと思いますが、「双子葉植物」は一つの分類例では「原始的双子葉類」と「真正双子葉類」を含んだ言葉です。

文科省が子供達に教えて欲しいことは、多くの植物を含みます双子葉植物を取り扱うのではなく、あくまでも現在の植物の中心を成しています「真正双子葉類(双子葉類)」と「単子葉類」の違いを取り扱って欲しいわけです。

文科省の意図を忠実に読み取った教科書会社は「双子葉類・単子葉類」と言った言葉を使用しているのではないかと思います。しかし、例え教科書会社が「双子葉植物・単子葉植物」と言う用語を使用しましても教科書検定官も「双子葉類・単子葉類」を含んだ用語ですから検定意見は付けられないため教科書により混乱が生じたのだと思います。私が検定官や教員だったら「双子葉類・単子葉類」に統一しますが…何かの参考になさってください。

Q種子のない植物?

娘の勉強を見てやっています。問題で『種子をつくらない植物のなかまを1つ答えなさい』というのがあるのですが、教科書など調べたのですが、どうしてもわかりません。どなたかお分かりになる方、おられませんでしょうか?明日、実力テストがあるもので…

Aベストアンサー

#1さん、#2さんが書いておられるほかに、ソウ類(海藻など)がありますね。
ご存知のように、ソウ類(海藻など)、コケ植物、シダ植物は胞子で増えます。

胞子で増えるというと、菌類(キノコ・カビなど)がありますが、最近は植物の仲間には入れません(昔は植物の仲間に入れていましたが)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報