色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

氷晶石の化学式Na3AlF6をできれば暗記ではなく
理解で覚えたいのですがよい方法はありますか?
結局覚える量が増える化学反応式以外でお願いします。

よいゴロがあればそちらもお願いいたします。
ご教授よろしくお願いいたします

gooドクター

A 回答 (1件)

> 理解で覚えたい



氷晶石に含まれる原子の価数は、それぞれ「Na^+」(=+1価)、「Al^3+」(=+3価)、
「F^-」(=-1価)になります。

また、その組成のうち、「AlF6」部分は下記参考URLのような八面体になっていて、
各頂点(計6個)にフッ素(F)があります:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F: …

このことから、
 ・アルミニウム(Al^3+)を中心にF^-が6個結合するため、「AlF6」全体では
  (+3×1)+(-1×6)で「-3価」になり、
 ・ここに「Na^+」3つが加わることで、全体の電荷としては「0」として釣り合う
と考えれば、「Na3AlF6」が導き出せます。

・・・結局、反応式と大差ない気もしますが(汗)
(これで憶えられるかどうかの分かれ目は、「八面体」のイメージがどこまで残るか、
 ですね・・・)


> よいゴロがあれば

字面での語呂あわせのみでもよろしければ、

  「・・・氷晶石は波があるか。ふむ」
  (な み (が) ある (か) ふ む)
  (Na  3      Al      F  6)

というのはいかがでしょうか。
(とりあえず文として成り立つ(?)ことを優先してみましたが、「か」を「K」や「Ca」と
 思ってしまう、という危険性もあるので、「~波がある。ふむ」で憶えた方がいいかも
 しれません)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
作っていただいたゴロ、ストーンと頭に入りました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/03 00:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング