最近低カロリーを宣伝文句にした甘味料(天然物・人工物併せて)が飲料水などに入っていますが,これらは血糖値上昇とは無関係なんですか?血糖値は血中のブドウ糖量ですよね。だから関係ないような気もするんですが実際のところはどうなのでしょうか?カロリーがあれば関係があるような気もするし・・・。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

血糖値」に関するQ&A: 空腹時の運動と血糖値

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「人工甘味料がカロリー摂取量を増やす」
人工甘味料には、上記サイトに記載のあるのものの他に
・オリゴペプチド(アスパルテーム等)
があり、これは糖質ではありません!

ブドウ糖を含有する甘味量を含まない飲料であれば、血糖値の上昇はないでしょう。

ご参考まで。

参考URL:http://kenplus.tripod.com/tounoy/tounyou.html#an …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血糖値(グルコース)測定値に対する溶存酸素の影響について

自分で血糖値を測定する自己血糖測定器がいま色々出ていますが
グルコース酸化酵素GODを使った測定器は
血中の酸素分圧が高い血液だと、
血糖測定値は低くなるのは、
なぜなのかメカニズムを教えてください。
溶存酸素がたくさんあるほうが、
よりグルコースが酸化されて測定値は高くなりそうな気がします。

Aベストアンサー

いろいろ調べたところ、ほぼ解決しました。(私は調べることしかできないので)

アメリカ電気化学会発行のInterface誌に次の説明があります。参考URLのPDFファイルの3ページ目です。(一応訳をつけましたが、いいかげんなので、原文を読んでください)

The ferricyanide is not as efficient at shuttling electrons with the enzyme as oxygen; therefore, any oxygen in the solution can compete effectively for the enzyme site, producing a signal that is related to glucose, but not in the same way as the ferricyanide-mediated signal.
フェリシアン化物は酸素ほど効率的に電子を運ばないので、溶液中の酸素は酵素のサイトに競合し、グルコース量と関連する信号を発生するが、フェリシアン化物による信号と同じではない。

Oxygen can give a positive bias in such a system, meaning measurements are skewed higher, limiting the accuracy at low glucose values.
酸素はこういった系では正のバイアスを与え、測定値は高い方へ傾き、グルコース量が低い場合の精度を制限する。
(この文章はちょっとわかりません。グラフを見ても酸素は負のバイアスを与えると思うのですが。)

さらに"producing a signal that is related to glucose, but not in the same way as the ferricyanide-mediated signal"との部分がわからないので調べてみたところ、Anal. Chem. 誌に次のような説明がありました。(ただし、酸化剤はフェロセンを使っています。フェリシアン化物の論文はClin. Chim. Actaにあるらしいのですが、図書館にこの雑誌がないので)

While some interference from oxygen is expected, the current decrease occurs as the base electrode was not poised sufficiently positive to reoxidize any hydrogen peroxide generated by the enzymatic reaction, eq 1.
酸素による何らかの影響が考えられるが、電流の減少は、酵素反応で生じた過酸化水素を再酸化するのに充分なほどベース電極の電位が高くない場合に起こる。
(nemuinemuiさんの「酸化電位が高くなる」というのはこのことを指していると思います)

まとめると、

・酸素の影響は
グルコース + O2 → グルコノラクトン + H2O2
の反応によるもの
・もし過酸化水素もフェロシアン化物と同じく電極で酸化されたとすると測定値には影響がないが、過酸化水素を酸化するほど高い電位をかけると血中の代謝物の影響が大きくなるため、できない。
・よってフェロシアン化物だけが電極で酸化され、酸素による酸化の分だけ、測定値は低くなる。

MiJunさんご指摘の血中酸素量ですが、血糖は通常4~8mmol/L、動脈血の酸素が0.15mmol/Lということなので2~4%の誤差でしょうか…?

rei00さんのお書きになったフェリシアン化物-フェロシアン化物の標準電極電位ですが、もしフェロシアン化物が空気酸化を受けにくいとしたら、速度論的な問題かもしれないですね(熱力学的には不安定でも)。(「コットン・ウィルキンソン 無機化学」の鉄(II)の空気酸化に関する記述で思いつきました。この点に関しては千谷利三「新版 無機化学」の記述はあまり正確ではないかもしれなかったですね。すみません。)

(コットン・ウィルキンソン初めて見てみました。訳本は敬遠していたんですが、rei00さんのおっしゃるようにわかりやすいですね。私の知識は高校時代の「新版 無機化学」で止まっているので、これで勉強しなくては…)

参考文献
"Biosensors: Blockbuster or Bomb? -Electrochemical Biosensors for Diabetes Monitoring"
L. S. Kuhn, Interface, pp. 26-31, Winter 1998.
http://www.electrochem.org/publications/interface/winter98/IF12-98-Pages26-31.pdf

"Ferrocene-Mediated Enzyme Electrode for Amperometric Determination of Glucose"
A. E. G. Cass et al., Anal. Chem., 56, pp. 667-671, 1984.

参考URL:http://www.electrochem.org/publications/interface/winter98/winter98.htm

いろいろ調べたところ、ほぼ解決しました。(私は調べることしかできないので)

アメリカ電気化学会発行のInterface誌に次の説明があります。参考URLのPDFファイルの3ページ目です。(一応訳をつけましたが、いいかげんなので、原文を読んでください)

The ferricyanide is not as efficient at shuttling electrons with the enzyme as oxygen; therefore, any oxygen in the solution can compete effectively for the enzyme site, producing a signal that is related to glucose, but not in the same ...続きを読む

Q点滴のブドウ糖と果物のぶとうとは関係がありますか?

点滴にはブドウ糖が入っていると聞きました。
これと果物の葡萄とは関係がありますか?
糖の成分が似ているのでブドウ糖という名称がついたのでしょうか。
葡萄と食べて、ブドウ糖の代替になりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葡萄などの果物には確かに多く含まれるようです。
人体に吸収されやすい糖の状態です。

体内に取り込まれた炭水化物や糖分は消化吸収の過程でブドウ糖に変わり生命維持や活動のエネルギーとして使われます。余ったブドウ糖はグリコーゲンに変わって肝臓に蓄えられ必要なときにブドウ糖に戻されて利用されます。

血液中に含まれるブドウ糖の濃度を血糖値と呼び、これの高い低いをもって糖尿病の診断に役立てたりもします。

点滴液は口からではなく直接体内に送り込むので直ちに吸収できるブドウ糖の形で含まれていると思います。

Q薄層クロマトグラフィーのRf値について 試料を2倍希釈するとRf値が2倍になったのですが 関係性があ

薄層クロマトグラフィーのRf値について

試料を2倍希釈するとRf値が2倍になったのですが
関係性があまりわかりません汗

Aベストアンサー

そうなるのは理屈としておかしいです。
実際にそうなったというのであれば、そうならないような条件で実験を行うべきであり、実験条件の設定がおかしいです。
試料をプレートにつけた時に、溶媒の水も一緒に付きます。その水の処理はどうしたのでしょうか。また、スポットの大きさはどうでしょうか。
濃度の低下に伴って、スポットが大きくなったり、プレートに水が付いた状態で展開すれば、その影響が出るのは当然です。
Rf値が2倍とおっしゃいますが、たとえば、0.1が2倍になるのと、0.4が2倍になるのとでは話が違います。いい加減な操作が原因で、0.1が0.2になることはあるかもしれませんけど、0.4が0.8になることはないでしょう。
いずれにせよ、操作が不適当であることは確かですが、それ以上のことは、あなたが書いている情報も不足しているので判断できません。

Q食品添加物のカロリー

食品添加物のカロリーってどうやって評価されているのですか?
脂質、タンパク、炭水化物しか値が出ないですか?
うちの会社が問い合わせたら計れませんといわれたのですが、本当ですか?
ゼロカロリーな食品でも結構カロリーがある可能性がありますか?

Aベストアンサー

カロリー(エネルギー)を生産できる化合物は、炭水化物、脂質、蛋白しかありません。食品添加物の多くは、このいずれでもないので、カロリーはゼロです。
 その代謝産物、例えばアミノ酸が添加物として使われた場合、あるいは脂質の一種のであるソルビン酸(保存料)は、エネルギーに変換されます。

 生化学の代謝マップを眺めて、その行き着く先にNAD、NADH、FAD、ATPなどが絡んでいれば、エネルギーに変換されます。

>ゼロカロリーな食品でも結構カロリーがある可能性がありますか?
あれば、不当表示です。内容物の記載を見れば、生化学をやっているものは簡単に判断できます。
 記載しないで、隠した場合はもちろん分かりません。しかし、バレルとそんな会社は潰れますので、そんなバカ・アホはいない・・・(最近は怪しいかも)。

Q【カロリーは種類が複数あるってどういうことですか?】 「 カロリーって実は何種類もあって、ちょっと収

【カロリーは種類が複数あるってどういうことですか?】


カロリーって実は何種類もあって、ちょっと収拾がつかない。
なので、単にカロリーって言われてもどのカロリーかわからない



この食べ物は何カロリーと運動して消費する消費カロリーは別のカロリーってこと?

Aベストアンサー

カロリーとは熱量で、1[cal]=4.2[J]として変換できます。
なお、食べ物に記されるカロリーの単位は、「Cal]=[kcal]です、念のため。
以前は「ダイカロリー」(大cal)と呼んでいました。

> 【カロリーは種類が複数あるってどういうことですか?】
逆に、「貴方の言うカロリーって何ですか?」と聞いてみて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報