出産前後の痔にはご注意!

昭和天皇が
靖国神社に戦犯を合祀する事は反対だったと聞きました
なぜ反対だったのでしょうか?
詳細をご存知の方お願いします

また
合祀はどういう経緯で決定されたのでしょうか?
政府主導で決定されたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 昭和天皇が靖国神社にA級戦犯を合祀することに反対だったのでしょうか?


 戦後,天皇が個々の案件に賛成だ反対だなどと意見を述べられることは極めて異例なことですから,A級戦犯合祀について発言されたのであれば,その影響力はあまりにも大きく,報道機関や天皇を信奉する団体が見逃すはずがありません。つまり,A級戦犯合祀に関する昭和天皇の賛否は,推測の域を出ない情報でしかありません。
 A級戦犯を合祀しようと靖国神社の宮司が皇居を訪れた際,昭和天皇には会えず,侍従次長が憂慮を表明しましたが,その宮司は半ば強引にA級戦犯を合祀しました。
 
 昭和天皇が靖国神社に参拝しなくなったのは,A級戦犯が合祀されたからだとおっしゃる方がいます。しかしこれも正しくないと思います。同じ戦犯でもA級は駄目だけどB級・C級はOKとでもおっしゃったのでしょうか。BC級戦犯が靖国神社に合祀された以降にも,昭和天皇は靖国神社に参拝しています。
 
 1975年,三木武夫首相が,戦後の首相としては初めて,終戦記念日に靖国神社を参拝しました。政教分離の原則に反するのではないかとの指摘に「私的参拝である。」と言い切っています。
 私的参拝四原則と言うのを掲げたのです。
1 公用車を使用しない。(実際にタクシーで行かれた)
2 玉串料は私費から支出する。
3 記帳する際には肩書きを書かない。
4 公職者を随行しない。
 
 この1975年の11月21日に昭和天皇・香淳皇后が靖国神社と千鳥が淵戦没者墓苑に参拝しています。
 この両陛下の参拝に際して国会で議論になりました。両陛下の参拝は私的参拝か,公式参拝か。
 三木首相が掲げた私的参拝四原則ですと,天皇は,1と4をクリアできず,それ以後両陛下が靖国神社に参拝されなくなりました。1975年11月21日に参拝されたのが最後となりました。
 A級戦犯が合祀されたのは,その後の1978年です。
 
 靖国神社だけがことさらに取り上げられており,正月に首相が伊勢神宮に参拝していることや天皇が地方の護国神社に参拝していることは全く取り上げられていません。それだけ靖国神社というのは特殊な神社ということなのでしょう。
 
 さて,靖国神社は元々,陸軍省・海軍省の管轄でしたから,合祀は政府主導で行われていました。戦後,陸軍省・海軍省の解体と政教分離の原則から,政府の手を離れましたが,第一復員省・第二復員省,その後は厚生省が関与しており,戦没者名簿を靖国神社に提供していたようです。このことが国会で議論となり,当時の厚生大臣が「不適切なことであった。」と答弁しています。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

teinenさん
ご回答ありがとうございます

昭和天皇が自分の意見を表明する人ではなかったことを考えると
確かに合祀に反対だったというのは推測でしかないのかもしれませんね

詳細に記述して頂きましてありがとうございました

お礼日時:2005/08/20 21:15

昭和天皇の本心は、軍部の嘘の情報に騙されて、国を崩壊の道へと歩ませてしまったという反省と怒りがあったと思います。



特に、天皇や内閣を無視し、勝手に戦争を拡大した関東軍には激しく怒っていたと思います。

逆に軍部も、軍に非協力的な昭和天皇を排除して、秩父宮を擁立する動きを何度も見せました。

個別に見ると、東条はまめに昭和天皇に報告はしていたようですから、評価はしていたようです。子孫も厚遇されていると思います。

個別に嫌悪していたと思われるのは、板垣、土肥原あたりではないかと推測しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます
秩父宮擁立の動きは知っておりましたが
昭和天皇が関東軍に対しどのような考えをもっていたのか
あまり伝わってこないような気がします

また何かありましたらお願いします

お礼日時:2005/08/20 11:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和天皇は、なぜA級戦犯の靖国合祀に不快感?

「昭和天皇がA級戦犯との合祀が原因で、靖国に参拝しなくなった」というニュースについてお尋ねします。

右よりな考え方をすれば「A級戦犯だって国のために戦ったのだから、合祀は当然。参拝も当然」となりますが、昭和天皇はそのような考え方では無かったのですか?

昭和天皇は第二次世界大戦を軍部と進めましたが、戦後はその戦争が「間違いだった」と思っていたのでしょうか?

ウォーギルトプログラムの影響ではないですよね?

もしくは、神教との兼ね合いの問題なのでしょうか?

戦争で世界に犠牲者を出してしまったことは反省されていても、A級戦犯に対してそのような思いがあるとは意外に感じてしまいました。
どのような背景があるのでしょうか?

なお勝手ではございますが、回答者様の個人的な戦争への評価やイデオロギーについての記載はお避けいただき、あくまで、昭和天皇の戦前から戦後の戦争観、歴史観、軍司令部・A級戦犯への思いの変化についてのご解答をお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問の前提ですが、7月20日の日経で報じられた「元宮内庁長官富田氏の手帳に貼ってあったメモ」を根拠に「昭和天皇がA級戦犯との合祀が原因で、靖国に参拝しなくなった」と判断するのは問題が多いようです。そもそも、このメモが昭和天皇の言葉を記したものと判断する根拠は何でしょう?新聞記事をよく読み、「メモ」の写真をよく見てください。

1. メモが書かれたとされる昭和63年4月28日には、富田氏が昭和天皇と面談した記録がないとのこと。(ネットの情報ですが)

2. メモの画像を見ると「私」が昭和天皇と判断する根拠が伺えない。

3. 速記者でもない富田氏が、昭和天皇の言葉を一言一句書き記すか?仮に昭和天皇の言葉を記すとすれば「陛下はこう仰せられた」「陛下はこう思し召しの由」などと書くのではないか。
7月21日付の産経新聞には、「昭和54年」の昭和天皇の言葉を書き記した部分として「陛下に**と言上すると『長官はどう』と仰せになる」と書かれていたとのことで、これなら分かる。

4. 昭和63年4月29日には、徳川義寛侍従長が退任したとのこと。その前日に、宮内庁長官が侍従長の話をメモした、とすれば理解できる内容である。

今回出てきた「メモ」を無視しますと、昭和天皇は、下記のように発言しています。

1. 終戦直前の御前会議、あるいは米軍進駐後にマッカーサー元帥と会見した際に
「私はどうなっても良いから国民を助けたい」
と述べている。大日本帝国憲法の君主無答責規定はどうあれ、敗戦国の元首として戦争責任を負う(連合国によって処刑される)覚悟を見ます。

2. いわゆるA級戦犯に対して、「戦後」に
「敵国から見れば犯罪者でも、わが国から見れば忠臣である。我が股肱を連合国に引き渡すのは忍びない」
「東條は良くやってくれた」(東條元首相の処刑後、遺族に対して慰謝の言葉を伝えています)
といった言葉を発しています。昭和天皇が、A級戦犯に戦争責任を押し付けていたという形跡は全く伺えません。今回の報道を見て私も驚きましたが、詳細を知って「安堵」しました。

3. 昭和天皇は、昭和50年までは靖国神社に何度も行幸し、「明らかでない何らかの理由」で行幸をやめた後も、春秋の祭事には勅使を派遣しています。これは今上陛下に継承されているはずです。

ご質問の前提ですが、7月20日の日経で報じられた「元宮内庁長官富田氏の手帳に貼ってあったメモ」を根拠に「昭和天皇がA級戦犯との合祀が原因で、靖国に参拝しなくなった」と判断するのは問題が多いようです。そもそも、このメモが昭和天皇の言葉を記したものと判断する根拠は何でしょう?新聞記事をよく読み、「メモ」の写真をよく見てください。

1. メモが書かれたとされる昭和63年4月28日には、富田氏が昭和天皇と面談した記録がないとのこと。(ネットの情報ですが)

2. メモの画像を見ると「私」が昭和天...続きを読む


人気Q&Aランキング