以前に同様のタイトルで質問いたしましたが,不適切な部分がありましたので訂正の上,再度質問させていただきます.
ビタミンB12の血中濃度が高値になる疾患には,どのようなものがあるでしょうか?
また,それが高値となる機序について教えて頂ければ幸いです.
あらためて,よろしくお願いいたします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。



CML(慢性骨髄性白血病)をはじめとする骨髄増殖性疾患で上昇するそうです。

トランスコバラミンというたんぱく質が腫瘍細胞から放出されることで上昇すると説明されてます。↓

参考URL:http://www.health-net.or.jp/kenkonet/shoziten/me …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました.
早速アクセスさせていただきました.

お礼日時:2001/11/10 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QビタミンB12の過剰摂取は癌になる?

これ
http://supplementmanual.blog33.fc2.com/blog-entry-73.html

ビタミンB12過剰摂取で癌になるってマジすか?
現在、眼科からメコバラミンと言う薬をもらって飲んでいます。
ビタミン剤ですよね?タバコも吸ってますし癌になりやすくなるんですか?
ビタミンB1も摂取したくてファンケルのビタミンB群のサプリも買おうと思ったんですが。
ファンケル
http://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=02&item_code=5222a

やめておいた方がいいですか?

Aベストアンサー

1日2錠飲んでも過剰摂取にはなりません,1日100錠飲んだら過剰摂取です

Q血液中の酸素濃度について

血中の酸素濃度が高いと心臓もしくは身体にどういう影響がでるのでしょうか?
酸素飽和度は多くても100%というのはわかっていますが、それ以上に物理的溶解などで多く取り込まれる場合もあるとおもいますが・・・。

Aベストアンサー

参考です。

血中の酸素濃度が高い!っという状態が起きる状態としては、
1.高濃度の酸素を吸う
2.過換気症候群
3.代謝性アシドーシスの呼吸性代償(過換気と同じ
  状態になるのですが…)
血中の酸素濃度が高いと問題になるものとして、医師となる上で教育されるものとしては、未熟児網膜症が上げられます。人工呼吸管理などによりPaO2 160mmHg以上が長期間持続すると網膜血管の損傷が起こり、視力の発達を妨げられるらしい。

成人では、人工呼吸器下で高濃度酸素(FiO2 60%以上)を投与し続けると肺の血管床が傷つき換気能が落ちることが問題になります(このときPaO2は高値、低値は関係ありません。投与し続けることが悪いのです)。

おっしゃられている状況が、把握しにくいですが、直接的に循環器的に血中酸素濃度が高いからといって、問題になることはないです。
またSaO2の上限は100%であって、それ以上の表示はないです。過換気症候群のときは肺に異常がなければ、もちろん SaO2は100%です。PaO2は100torr以上となることが普通です。SaO2 99% と心雑音のみで心臓に負荷がかかっているとは考えられません。
逆にSaO2低値 で心雑音、高血圧なんかがあると考えやすいです。

SaO2 99%はおそらく正常値、タバコすったりで末梢動脈狭窄があって、低く出ている可能性もありますが、やはり、疑うならPaO2を計測すべきでしょう。


ちなみにSaO2とPaO2は相関しません。その関係は酸素分圧(解離)曲線を調べれば少しわかるかもしれません。ここでは説明しませんが。

最後に過換気症候群等でアルカローシスになった場合、冠動脈の攣縮が起こり、狭心症発作を起こすことがありますが…。

長文しつれいします。

参考です。

血中の酸素濃度が高い!っという状態が起きる状態としては、
1.高濃度の酸素を吸う
2.過換気症候群
3.代謝性アシドーシスの呼吸性代償(過換気と同じ
  状態になるのですが…)
血中の酸素濃度が高いと問題になるものとして、医師となる上で教育されるものとしては、未熟児網膜症が上げられます。人工呼吸管理などによりPaO2 160mmHg以上が長期間持続すると網膜血管の損傷が起こり、視力の発達を妨げられるらしい。

成人では、人工呼吸器下で高濃度酸素(FiO2 60%以上)を投与し続け...続きを読む

QビタミンB12の過剰

ビタミンB12が過剰になると甲状腺機能低下やうっ血性心不全を起こすと聞きました。
ビタミンB12がどのように作用してそのようなことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo1ことharepandaです。URLのご提供、ありがとうございます。

これは、ビタミンB群を構成する原材料として、コバルトが含まれるという意味です。

しかし、体内にコバルトがあっても、人体はビタミンB12を合成する能力を持ちません。結果として、ビタミンB12は食料から摂取するしかないのです。

塩化コバルトを投与しても、ビタミンB12に変わることはなく、血中では単純にコバルトのイオンになると思います。その場合、甲状腺機能低下やうっ血性心不全を引き起こすリスクがある、という趣旨の文章かと思われます。

Q適切な介護サービスがありますでしょうか

大変な介護をなさっている方の多い中でこのような質問で申し訳ありません。

父は3年ほど前に脳梗塞で倒れました。

最近では認知症も進み、日時はもちろん、今日何をする日だったのか(病院に行く日など)すぐ忘れてしまいます。ただ、記憶があいまいではあるものの、普通に会話はできますし、誰が誰かわからないというわけでもありません。

着替、入浴には手伝いが必要です。
食事はほとんど自分から食べないので、(箸がだんだんつかみ辛くなっています)スプーンなどで食べさせようとすると、拒否されます。

一日の殆ど、横になって寝ているか、TVを眺めている状況です。
横になっているところから起き上がることが難しく介助が必要なのですが、一度立ってもらえば歩けるのでトイレには一人で行きます。
ただ、便を拭くことが出来ないので、実際はトイレの前で誰かが待っていることになります。

長年、人を指導して過ごしてきたので、指図されることが嫌いです。
デイサービス、ショートステイは行きたくないと言って拒みます。
散歩も行きたくないそうです。

介護は、母がほとんど一人でやっている状態で、なにより一日ずっと見守っていなくてはいけないのがストレスで体調を崩し始めております。
父とお話をしてくださる人をお願いしようと、一度ヘルパーさんに来ていただいたのですが、
「経済問題を話せない人と話が合わない。」
と言って、父はそのあとは訪問を拒否しました。

父は、まえから大変難しくプライドの高い人でしたが、認知症と診断されたからは、ますます拍車がかかっている気がします。

そんなわけで、持病もあり要介護4と診断されておりますが、介護サービスを何も利用できないでおります。

これからの介護に大変不安を抱いております。
こうしたら・・・というようなアドバイスがありましたら是非お願いいたします。

大変な介護をなさっている方の多い中でこのような質問で申し訳ありません。

父は3年ほど前に脳梗塞で倒れました。

最近では認知症も進み、日時はもちろん、今日何をする日だったのか(病院に行く日など)すぐ忘れてしまいます。ただ、記憶があいまいではあるものの、普通に会話はできますし、誰が誰かわからないというわけでもありません。

着替、入浴には手伝いが必要です。
食事はほとんど自分から食べないので、(箸がだんだんつかみ辛くなっています)スプーンなどで食べさせようとすると、拒否さ...続きを読む

Aベストアンサー

 またきました。

 要介護4で家族が同居していては、一日1時間来てもらうのが限度ですか。2時間できるかな。一例ですが、たとえばお父さんがトイレに入ることが多い時間帯を選んで、これを風呂と着替えという名目でヘルパーに来てもらいます。介護保険を使うには介護保険に合った名目が必要ですから。で、その時間にトイレに入るならそれもやってもらい、あと風呂に入れてもらいます。この時間の本当の意味は、毎日決まった時刻にお母さんの休み時間があるということです。お父さんがヘルパーに慣れるという意味もあります。これは一例で、質問者さんのお父さんがこれに慣れるかどうか、私は知りません。

 うちの場合、おやじのことを知っているのは私であって、ケアマネージャーでは介護を計画できないことは分かっていました。おやじのケアマネージャーは、私が立てた計画が介護保険に合っているかどうかを判断する役目でした。ヘルパーの適正もいろいろで、認知症の介護にはかなり賢いヘルパーで無いと勤まりません。おやじのヘルパーは、つとまらない人には私が苦情を言ってお断りしてしまったので、ほんとに精鋭揃いになりました。

 またきました。

 要介護4で家族が同居していては、一日1時間来てもらうのが限度ですか。2時間できるかな。一例ですが、たとえばお父さんがトイレに入ることが多い時間帯を選んで、これを風呂と着替えという名目でヘルパーに来てもらいます。介護保険を使うには介護保険に合った名目が必要ですから。で、その時間にトイレに入るならそれもやってもらい、あと風呂に入れてもらいます。この時間の本当の意味は、毎日決まった時刻にお母さんの休み時間があるということです。お父さんがヘルパーに慣れるという...続きを読む

QスピルリナのビタミンB12について

ネットでは、スピルリナはビタミンB12があるから良いとか、スピルリナのビタミンB12は不活性型だなどとありますが、まだよくわかっていないのでしょうか。

Aベストアンサー

結論から先に言いますと、最新の論文でも、活性・不活性の相反する内容のものがあり、どちらが正しいのかよくわかっていません。ビタミンB12を確実に摂りたいなら、ビタミンB群配合の医薬品、またはサプリの摂取をお勧めします。

Q特定疾患療養管理料についてお尋ねします。

特定疾患療養管理料についてお尋ねします。


数年前から貧血で病院で診察を受けています。
今回、医療費明細書を見たら、特定疾患療養管理料という項目がありました。(今回というのは、お恥ずかしい話ですが、今回初めて気づいたということです。)
診察を受けているのは貧血なので、貧血の治療について特定疾患療養管理料が請求されたということだと思うのですが、貧血はこの対象に入るのでしょうか。

治療としては3カ月くらい貧血の薬を飲んで、肝臓の負担を少なくするために薬をやめて様子を見て、貧血が出てきたら貧血の薬を飲んで、という治療をしています。

特定疾患を見てみたら、もうちょっと重い病気が対象になっているような気がするのですが、貧血も対象になるのかどうか、お尋ねします。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特定疾患管理料ですが算定できるのは
結核  悪性新生物  甲状腺障害 処置後甲状腺機能低下症  糖尿病 
スフィンゴピリド代謝障害およびそのほかの脂質蓄積障害
ムコ脂質症 リポ蛋白代謝障害およびその他の脂質血症
リポジストロフィー ローノア・ベンソード腺脂肪腫症  高血圧性疾患  虚血性心疾患
不整脈 心不全 脳血管疾患 一過性脳虚血発作および関連症候群
単純性慢性気管支炎及び粘液膿性慢性気管支炎 詳細不明の慢性気管支炎
その他の慢性閉塞性肺疾患 肺気腫 喘息 喘息発作重積状態 気管支拡張症 胃潰瘍
十二指腸潰瘍 胃及び十二指腸炎 肝疾患(慢性な経過のもの)
慢性ウィルス肝炎 アルコール性慢性膵炎 その他慢性膵炎
思春期早発症(老人は対象外) 性染色体以上(老人は対象外)
ってな感じになってます

病床の大きさでも取れる点数が変わりますし

甲状腺障害とかってなるとちょっと縁遠い感じはしますが 肝疾患とか十二指腸潰瘍とかでも
対象ですのでこちらはさほど縁遠くはないでしょ
っで疑問に思えば医師に聞きましょう なんで特定疾患療養管理料が取られているのか
貧血自体は取ることが出来ませんが どこからの貧血なのか
貧血も色々な要因があるので なんともいえません

特定疾患管理料ですが算定できるのは
結核  悪性新生物  甲状腺障害 処置後甲状腺機能低下症  糖尿病 
スフィンゴピリド代謝障害およびそのほかの脂質蓄積障害
ムコ脂質症 リポ蛋白代謝障害およびその他の脂質血症
リポジストロフィー ローノア・ベンソード腺脂肪腫症  高血圧性疾患  虚血性心疾患
不整脈 心不全 脳血管疾患 一過性脳虚血発作および関連症候群
単純性慢性気管支炎及び粘液膿性慢性気管支炎 詳細不明の慢性気管支炎
その他の慢性閉塞性肺疾患 肺気腫 喘息 喘息発作重積状態 気管支拡張...続きを読む

Q海苔とビタミンB12

ビタミンB12は植物性食品にはほとんど全く含まれないのですが、例外として海苔には比較的多く入っているそうです。しかし、参考書やネットでいろいろ調べてみると、次のような二つの意見が混在していました。

・海苔はビタミンB12の有効な供給源になり得る。
・海苔のビタミンB12は不活性型なので供給源にならない。

これはどちらが正しいのでしょうか。それともまだ論争中で結論の出ていないことでしょうか。専門家の方にお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

>それともまだ論争中で結論の出ていないことでしょうか。

今のところ結論は出ていませんが、生海苔ならひょっとして大丈夫かもという程度です。
少なくとも焼海苔、佃煮など加熱されたものでは人体のビタミンB12の濃度の高まることはないと
されています。

従って菜食主義者の方やビタミンB12を含む動物性食品をあまり摂らない方、また50歳以上の
方にはサプリや薬品などでビタミンB12を摂取することが勧められます。(50歳以上の方では
ビタミンB12の吸収力が減退することも知られています)
下のサイトの表には海苔、青のりも出ていますが、不活性のものを含んでいる可能性があります

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/vitamin_b12.html

Q明らかに間違った解答は訂正すべきでしょうか?

 脳神経外科医師です。これまで回答専門で利用していましたが、初めて質問させていただきます。

 タイトルのとおりです。この医学のカテや病気関連のカテは、回答者が間違った回答をしてしまうと、質問者の方が大きな不利益を被る危険性を孕んでいます。回答をどう利用するかは質問者の自己責任ではありますが、それにしてもあまりにも間違った回答をみてしまったときにはどうしたら良いのか。教えてください。(場の雰囲気は悪くしたくはありません)

Aベストアンサー

他のレスでもでていますが、ご自身の回答を1意見として回答に投稿すること、これ以上にはでき得ないでしょうし、求められているものもその範囲ということになると思います。
場の雰囲気云々は不要の気遣いだと思います。それよりも必要と思い回答するわけですから、他の意見を否定しないまでも質問者に情報の選択肢を与える意味の方が大きいのではないでしょうか。ただし、議論するわけではないとしても他の回答と違う意見となるわけですから、その根拠はより詳しく具体的に記述すべきでしょう。その程度の配慮は当然かと思います。
私もこのサイトに回答し始めた頃、間違った回答でかなりミスリードされているなと感じる質問があって必死の「反論」も効を奏せず、思いあまって管理者にこうしたサイトの限界と問題点をメールしたことがありました。このシステムでは、情報の理解は本人の自己責任とはいっても、誤情報が不可逆的な結果をもたらす危険を孕んでいるのは事実です。利用者が増えてサイトが大きくなると、社会問題化することもあり得ると見ています。「医療」や「法律」などのカテゴリーはニーズも強く緊急性もある場合が多いのでそれにどう対処するか、セーフティ・ネット的な保障・補完システムが可能か、あるいは回答方法を制限するか、サイト管理者の対応を待ちたいと思います。
なお、そのメールで私からの一方的なものですが、以下のような行動規範的な回答基準を書き込みました。
「病気」「メンタルヘルス」項に関する自主的回答指針
◎直接診察していないので、症状に関して特定の病名を断定的に表現しない。
◎病名や治療方法に関して考え得る広範囲の可能性を示唆する。
◎とくに精神科領域の課題や診療に関する質問には、質問者が医療や治療者に一方的に依存しないように、病者(患者)が主体的自立的に治療に向かうようにガイドする。
◎内容に緊急性がなければ、他の回答の動向をみて、必要に応じて補足的に回答する。

実際、少ない情報でなんらかの有益なアドバイスするのは難しい場合が多いと感じます。自分の回答を振り返ると、医者と言うよりもむしろカウンセラー的な対応といえるでしょうか。しかし実際、予想される症状・治療法の選択肢等の解説も一応断定ではないことを但し書きしていますが、どの程度伝わっているか、不安も残ります。
現実には緊急性がなければ、他の回答が出るのを待って、さらに回答する必要を感じれば、書き込むようにしています。経験者の意見で多少偏ったものでも、最終的に医療機関に受診するように奨めていれば、それで良しとし、敢えて意見は出しません。医療過誤の事案は一方の立場からの意見しか得られず情況が分からないので、迂闊な回答は避けたいと慎重に対応しています。民間療法にも敢えて否定的な意見は出しません。他の回答はともかく、私自身はあくまで質問者のプラスになる情報のみを提供するという判断で、回答の可否を考えています。

他のレスでもでていますが、ご自身の回答を1意見として回答に投稿すること、これ以上にはでき得ないでしょうし、求められているものもその範囲ということになると思います。
場の雰囲気云々は不要の気遣いだと思います。それよりも必要と思い回答するわけですから、他の意見を否定しないまでも質問者に情報の選択肢を与える意味の方が大きいのではないでしょうか。ただし、議論するわけではないとしても他の回答と違う意見となるわけですから、その根拠はより詳しく具体的に記述すべきでしょう。その程度の配慮...続きを読む

QベジタリアンのビタミンB12摂取について

ベジタリアンの食事内容についておたずねします。

ビタミンB12を摂取する場合ですが、
植物性の食材に含まれるB12は非活性と聞いています。
でもサプリメントでの摂取は出来るだけ避けたいのです。
そこで仕方なくちょっと方向転換して動物性食材になりますが、
煮干で出汁をとった味噌汁を飲むのはどうかと思うのです。
確かビタミンBって水溶性ですよね。
この方法でビタミンB12を十分にとることができるのかどうか、どなたか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

腸内細菌がVB12を合成しているという最初の報告は、草食獣での、Abelsonらの研究が最初です(既に何十年も経っています)。

しかし、
悪性貧血(VB12吸収障害が一因の貧血)という疾患があるという事実。

胃を全摘したヒト(胃粘膜の内因子欠乏による腸でのVB12の吸収阻害)は、VB12の吸収不全となり、貧血傾向となる事実。

やはり、外因性に摂取する必要性があるでしょう。但し、1日必要量は極微量ですから、わざわざ、薬なんかを服用することもないでしょう。

厳格な菜食主義の方の、哲学はよくわかりませんが、いくらか、動物性食材を摂取するのが自然だと思うのですが・・・・

VB12が3μg程度以上含まれる様にする為の、煮干の煮汁の量については、残念ながらわかりません。

Q看護師,介護福祉士の喫煙

看護師,介護福祉士の喫煙率が高いと聞きました。
元カノ(介護福祉士)も喫煙者で困っていました。
そして、仕事場の女性のほとんどが吸っているといっていました。
本当に喫煙率が高いのでしょうか??

Aベストアンサー

老人関係の施設で働いています。
看護師は7~8割の方が喫煙者です。
しかも3割くらいは、かなりヘビーです。
介護や事務も半分以上は喫煙者です。
私は非喫煙者なんですが、就職した際、
女性の喫煙者が多いことにかなり驚きました。

最近まで施設内で吸うことができましたが、
現在は外で吸うことになりました。
でも夜勤帯は施設内でまだまだ喫煙できます。
それに、入所の方でも喫煙する方がいらっしゃいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報