This is a pen.
This is milk.
aをつける時とつけない時のちがいがよく分かりません。
aをつける時はどんな時ですか?
aをつけない時はどんな時ですか?
詳しく教えて下さい。

A 回答 (6件)

受験生の方ならとばしてください。



このごろ、と言うかずいぶん前から口語では不可算名詞でも a を使ったりしていますよ。
例えばのみに行ったときなど、「ビール2杯にお酒1杯」などと言うときは "Two beers and one sake" などと言います。もちろんcoffeeなどの場合も使えます。

でも、本当はもちろんみなさんがおっしゃっているとおりです。
    • good
    • 0

この方が受験生かどうかわかりませんが、aひとつで入試に響くということもなきにしもあらずです。

使う名詞が複数か単数かをいつも念頭におくことはもちろん、使う名詞が固体か否かをいつも考えるといいでしょう。

高校入試にはむしろmilkより、coffeeやteaを問題の中に見かけます。

ちなみに一杯のミルクは
a cup of milk ですが、冷たいミルクの表現はa glass of
milkと「容器」の種類が変わります。むしろ入試問題で頻出するのはa glass ofmilkのほうです。
ミルク二杯は two cups of milkです。
このとき two cup of milksにしないことが大切。

他にこういう表現が必要な単語はたくさんありますが、代表的なものを挙げておきます。
●パン(元々は「粉」。切りとって食べるもの)
a piece of bread
●チョーク。
a piece of chalk
●水。
a glass of water

あと、sがつかない名詞は人の名前などの固有名詞はもちろんですが、具体的なカタチがないもの、例えばtennis(スポーツ名全般),music,peace,人の感情を表す単語などがあります。もちろん、形容詞のみにもつきません。
This is a new.×
This is a new pen.○

あと、ご存知かもしれませんが、「楽器」の冠詞はaではなく、特別に数を明記する以外は「the」を用います。
I play a guitar.×
I play the guitar.○
theを使う名詞は「天体、方角、川の名、海の名、船の名、序数」などがあります。
    • good
    • 1

同種のご質問が過去にもあったように思います。

いつも気になるのは名詞にaが付くか否かと言う発想になっていることです。ここでaにはどんな名詞が付くのかと考えてみてはどうでしょうか。語順の上からも本来そのように考えるべきではないでしょうか。一本のペンとは言えても一個のミルクとは日本語でも言えないはずです。従いまして、aと言ってしまった後はどんな単語を選ぶかという判断を英語を話す人は行っているわけでして、決してaを付けるべきか否かなどとは考えておりません。お話をするときには数を意識することでかなり問題は解決すると思います。
    • good
    • 2

aには「ひとつの」という意味があります。


milkは液体なので、それだけでは数えられなくて、
a cup of milk (カップ一杯のミルク)のようにして、cup単位で数えます。

このように「ひとつ」と数えられない時にはaがつきません。
    • good
    • 5

1個、2個と数えられるものにはaをつけて、数えられないものには付けないのでは?



液体は(ミルク)は100cc、2リットルという”計り方”はできますが、1個、2個とは数えられませんよね。

そんなふうに教わった記憶があるのですが、ちょっと曖昧です。(^^;
    • good
    • 6

その後につづく名詞が、可算語(countable)か不可算語(uncountable)かによって違います。


たとえば、penは2本以上だとpensというふうに、語尾にsがつきますね。でもmilkの場合、この名詞自体がuncountableなので、複数形(milks)という表現は存在しません。
疑問に思った名詞があったら、辞書をひいてみて下さい。可算・不可算のどちらかが書かれているかと思います。(U・C)と省略されているかも。

あと、固有名詞(人の名前や地名など)の場合もaはつけませんね。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThis is the third day in a row that.........

NHKラジオ゛英会話講座より
This is the third day in a row that I've had to feed and walk the dog.
犬に餌をやって、散歩させなくっちゃならなかったのは、これで3日連続だよ。

質問:接続詞thatについて教えて下さい。
(1)that以下の節が前の文章とどのように結び付いているのでしょうか?
まず考えたのが、it...thatの構文のように、that以下はthisの真主語と言う考え方は出来ませんか?
(2)それとも、this isの補語ですか?thatをどう訳すと分りやすいでしょうか? 
(3)接続詞thatは名詞節を導き「~すること」と訳す。とありますが、本文に通用しますか?  以上

Aベストアンサー

'that' は 'day' を先行詞とする関係副詞です。
関係副詞の 'when' 'where' 'why' 'how' は
'that' で代用される場合があります。
特に先行詞に最上級の形容詞、序数詞、
'the only' 'the same' 'the very' といった修飾語が
ついている場合に 'that' に置き換えられます。

この場合は先行詞 'day' に序数詞 'the third' がついて
いるため 'when' が 'that' に置き換えられています。

QThis is a penはどこで区切る?

子供に読み方を教えたいのですが、次のどちらがよいのでしょうか。アドバイスお願いします。

1.
This is-a-pen (thisで区切り、is a penと続ける)

2.
This-is a-pen (This-isで区切り、a penと続ける)

短い文だから区切る必要はない、ということではなくて、「区切るならどこか」という観点でのアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

2です。
this isは主語と動詞の一組の決まった言い方ですので2です。主語動詞補語(svc)の第一文型ですから、補語であるa penを様々な単語に置き換えれば色々言い換えられることを教える為に、はじめのうちは、切って発音させるのはとてもいいと思います。

QIs this it, or..........?

NHKラジオ英会話講座より(不定詞の問題)
Is this it, or do we have more to do?
これで終わり、それとももっとやることがあるの?

(質問)
(1)Is this it...(これで終わり?これで全部?)と訳されていますが、フィーリングがつかめません。itをネイティブはどのように感じているのでしょうか?超簡単な文章に悩まされています。itに「全て」という意味がありますか?また
(2)This is it.は「これで全部です」でしょうか?
(3)Is that it?/That is it.の使い方も同じですか? 以上

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>(2)This is it.は「これで全部です」でしょうか?

通常の意味は、「これがそれだ。」であり、
その感覚をわかりやすく書けば、「それだよ、それ。」「まさに、それ。」「ばっちり、それ。」です。
Is this it ? は、それらの疑問形ですから、「ばっちり、それですか?」というような感じです。
「それ」の日本語訳というのは、文脈によって様々です。
おそらく、テキストの文脈から言えば、‘仕事が完了した状態’が「それ」に該当するのでしょう。


>>>(3)Is that it?/That is it.の使い方も同じですか?

私は見たことがありませんが、たぶん this と同様です。


>>>(1)Is this it...(これで終わり?これで全部?)と訳されていますが、フィーリングがつかめません。itをネイティブはどのように感じているのでしょうか?超簡単な文章に悩まされています。itに「全て」という意味がありますか?

上記((2)に対する解説)と同じだと思います。
「これは、ばっちり、それ?」≒「これは、ばっちり仕事が終わった状態?」=「これで終わり?」


ご参考になりましたら幸いです。

こんばんは。

>>>(2)This is it.は「これで全部です」でしょうか?

通常の意味は、「これがそれだ。」であり、
その感覚をわかりやすく書けば、「それだよ、それ。」「まさに、それ。」「ばっちり、それ。」です。
Is this it ? は、それらの疑問形ですから、「ばっちり、それですか?」というような感じです。
「それ」の日本語訳というのは、文脈によって様々です。
おそらく、テキストの文脈から言えば、‘仕事が完了した状態’が「それ」に該当するのでしょう。


>>>(3)Is that it?/That...続きを読む

Q関係代名詞について。 This is a book that is mine. これは文法的に成り立

関係代名詞について。
This is a book that is mine.
これは文法的に成り立ちますか?

Aベストアンサー

文法的には成り立ちますが、This is my book. と言えば済むことなので普通ご質問のような冗長な言い方はしません。

ただ、 This is a book, that is mine. 『これは私です、私のですが』というような言い方は変ではありません。 書き言葉ではこのようにbookの後にコンマ( , )を付けますが、話し言葉であれば bookの後に一拍置いてから続けます。

Q英語のaというはなんのためにあるんですか? I am a student It is a pen な

英語のaというはなんのためにあるんですか?
I am a student
It is a pen など 別にaがなくても伝わりませんか?

Aベストアンサー

a をつけたりつけなかったり、the をつけたりつけなかったり、単数形にしたり複数形にしたりするのが西洋人の思考の癖なんです。

日本人がこういう西洋人的思考を持った人はごくわずかしかいませんでした。関孝和とか平賀源内とか。

こういう人の思考のおかげで、パソコンとかスマホとか家電とかゲーム機器とか現代医学とかロケット打ち上げなどができるようになったのですよ。

質問に戻って、a に関しては西洋人がどういう思考をするかというと

私=一人 ですよね。学生というと世界中には無数の学生がいます。小<大 という記号を用いて、この関係を表すと、

I < a student + a student + a student + a student + a student + a student + a student + a student + ・・・・・・ のようにすべて書くと気が遠くなるほど続きます。

私は一人、世界中の学生は膨大な数。ということで [私<(世界中の)学生] という関係は分かりますよね。

英語でこういう関係を書きたいのだけど、< のような記号を読むわけにはいかない。一番簡単な書き方は

I = a student なら分かりますよね。これで西洋人はいや英米人はこの理屈に納得したのです。そして、この = を be動詞という動詞を使って表したのです。

I am a student. この英語の"a"の表す意味は、「私はたくさんいる学生の中の一人(a student)です。」という風に、英米人の祖先が自然に納得して出来上がったのです。

●つまり"a"の意味は「たくさんある中のひとつ」という意味になるんです。

中国語はあまり知りませんが、結構英語と似てはいるのですがこの"a"のような考え方はありません。
私は学生です。

我是学生

この中の「是」という漢字が英語のbe動詞の役割をしています。しかし"a"のようなものは見つかりませんよね。

結論としては、英語の考え方は英語の考え方が厳然としてあるのですから、謙虚にその思考の癖を学ぶことが必要でしょう。中国語は中国語として、日本語は日本語として受け入れるべきです。

そうやってこそ、世界の人間を知ることも出来るし、我々日本人も知ってもらうことが出来るのです。

a をつけたりつけなかったり、the をつけたりつけなかったり、単数形にしたり複数形にしたりするのが西洋人の思考の癖なんです。

日本人がこういう西洋人的思考を持った人はごくわずかしかいませんでした。関孝和とか平賀源内とか。

こういう人の思考のおかげで、パソコンとかスマホとか家電とかゲーム機器とか現代医学とかロケット打ち上げなどができるようになったのですよ。

質問に戻って、a に関しては西洋人がどういう思考をするかというと

私=一人 ですよね。学生というと世界中には無数の学生がいます...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報