専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

今度学校でサマータイムという論題でディベートをすることになったのですがサマータイムというのがいまいちよく分かりません。サマータイムを実行するとどのように日本に影響があるのでしょうか?      
教えてください・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

サマータイムとは、夏の時間を有効に使うためにできたものです。



夏=日の出が早く、夕暮れが遅い

実際にアメリカでは毎年行っています。

日本でも、一時期やっていましたがすぐにやめました。

サマータイム:
メリット=節電
デメリット=時間がずれるとすべてが混乱してしまう。例えば、人やコンピュータなど。。。

コンピュータは電車の時間、バスの時間などで混乱します。(それが国全体だとしたら、お金もかかります。)

すいません、答えになってないですね。。。

本当にすいません。参考にならないかもしれません。
    • good
    • 5

日本は涼しくなった夜を楽しむ文化です。

花火、七夕、蛍狩り、月見、きもだめし、夜店、etc。

関東の花火大会は19:00(日の入り後30分)ごろ開始で2時間くらいやってますが、サマータイムだと20:00(日の入り後30分)開始になります。終了は2時間後の22:00ってわけにもいかないから終了時間は変わらずの21:00なってしまうのではないかと。

夏のイベントは軒並み開始時間が遅くなって時間が短くなると思われます。
    • good
    • 0

他の方の回答の他に私が思うところの補足です。



<メリット>
・家族とのコミュニケーションの時間が増える人が多いみたいです。
子どもと明るいうちに遊べたり、奥さんのお手伝いをしたり~。笑
要は、時間の有効活用ですね。


<デメリット>
・日本全国同じ時差ではないので、北海道だけでサマータイムで時間調整をしても 取引先と時間が食い違い、結果的に仕事がいつもどおり終わったりする人もいます。
「やるなら全国一律で」という理由で賛成する人がけっこう多いです。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050813-00000 …

・公共交通機関(鉄道、航空機も?!)・(確か信号も?)は、混雑時間帯はそれに対応できるように設定されています。
なので、サマータイムでの勤務時間の変更に伴い、それらも動かさなければなりません。
その設定?を変えるのも大変です。

こちらhttp://allabout.co.jp/career/economyabc/closeup/ …も参考になると思います。
    • good
    • 0

メリットとデメリットということですが、各々一般には次のようなことが言われています。



まず、メリットとしては、省エネルギーと経済効果があります。
省エネルギーとしては、欧米では照明に必要な電力など、と、言われていますが、日本の場合、夕方の蒸す時間を避け、朝の涼しいうちに仕事を始めることになるので、空調に必要なエネルギーが節約できるということなどが大きいといわれています。
経済効果ですが、「夕方の」8時ごろでも結構明るいので、仕事帰りの人がナイター設備がなくてもスポーツなどを楽しむことが出来るなどの理由で、経済活動が活性化する(早い話、景気が良くなる)、といわれています。

一方、デメリットですが、やはり生活の混乱をきたすということ、時計やコンピューターシステムなどを直したりする必要があること、そして、「昼」が長くなることで、結局その分残業が増え、仕事が大変になる、とも言われています。

御存知かもしれませんが、北海道の一部で、限定的にDST(Daylight Saving Time、日本で言うサマータイム)を導入する実験が行われていて、だいたい、思ったとおりにメリットとデメリットが現れ、賛否両論ということのようです。
また、列記したメリットとデメリットについても、その程度などはあくまで試算や推測の域を出ておらず、だからこそ、ディベートの材料になっているのでしょう。

実際、全体(差し引き)としては省エネルギーになると言っても、会社などの電力消費は減る反面、家庭での電力消費はむしろ増える(早く家に帰るようになるため)と試算されていたりします。だからでもないでしょうが、一般論としては、会社や個人商店の人には賛成の人外多く、さらりぃまんや主婦(主夫をふくむ)には反対する人が多いようです。

ところで、一応、ここは議論をする場ではありません。
質問が議論を意図していなくても、結果として議論になってしまうと、せっかくの質問と回答が削除されてしまいます。回答者の方々には、御配慮いただきたいと思います。
    • good
    • 1

私は現在アメリカ在住です。


4月から10月までサマータイムなので
ちょうど今、1時間早い時期ですね。

サマータイム初日と、最終日翌日は
やはり時間を間違える人がいますが
アメリカでは大きな混乱もないようです。

しかし、日本で実施するのは難しいと思います。
私の旦那の職場では
明るい定時に帰宅するのは欧米人のみで
日本人をはじめ、アジア出身の人はほとんど暗くなるまで残業しているそうです。
お役所や一部の会社以外では
ただ始業時間が1時間早くなるだけでしかないと
私は思います。

また、1時間早くして電気やエネルギーの節約、ということもあるようですが
私の場合、たった1時間じゃ電気の消費量は変わりません。
人間の習慣って意外とあなどれないもので
毎朝電気を付ける私は、たとえ明るい朝でも電気を付けないと調子が出ません。
1時間早くなっただけで、生活は全く同じなので
サマータイム期間中も我が家の電気代金は
安くなることもなく・・・
実際に効果があるのかは疑問です。

他の方も仰っていますが、
毎年2回、家中の時計を1時間遅らせたり早めたりするのは結構大変です。
ビデオや炊飯器などタイマーを使う物も忘れずに変えないといけないですし、
気をつけていても変更し忘れの時計が必ずあります。
    • good
    • 1

私はサマータイム賛成論者です。



戦後すぐに一時期サマータイムが実施され、その時は不評だったようですが、今の日本人の多くは未経験者だと思います。

メリットは#3の言われる通りです。

不要だとか合わない等と食わず嫌いなことを言わずに、一度実施してみて、それでもやはり具合が悪ければ考え直せば良いのです。戦後すぐの時とは状況が全く違うのですから。
それくらいやってみる値打ちは有ると思います。

時計を1時間進めるという感覚がわかりにくいのだと思います。
要はこれまでより日出、日入りが1時間おそくなるだけのことです。

サマータイムに変わるとき、サマータームから元に戻るときは一瞬時差を生じますが、サマータイムになってしまえば日常生活はなんら変わりません。
我々は時計を見て生活するわけで、本当ならば今は何時、という考えは意味がありません。
9時に出勤、5時に退勤というのは変わるはずないのです。

時計の時刻調整の煩わしさはありますが、それ以上のメリットがあると考えますので、是非来年からでもサマータームを実施して欲しいです。
    • good
    • 1

私は、アメリカなど海外在住を長くしました。

その時の経験から、サマータイムには賛成です。

サマータイムは、初夏から秋にかけて、時刻を1時間早めます。例えば、1時間前倒しすると、6時が7時になります。そうすることによって、夏場は6時には明るいですから、6時を7時と見なして仕事を始めれば、1日の人の活動を明るい時間帯に、あわせることができ、明るい時間帯をより効果的に使えるというものです。(言葉で言うのはとても難しいので、実際の一日の行動と比べてお考えください。)

良い点は、なんと言っても電力消費量の減少です。数字的には申し上げられませんが、自然光による証明の時間が、ほぼ1時間増えるのですから、町中の街灯や家庭の電気など、大きな節約ができますね。

悪い点は、年に2回、ある日、時間を1時間繰り上げたり、繰り下げたりする訳ですが、切り替える日に、ついうっかり時間の変ったのを忘れて、遅刻したりすることです。毎年、何人かの人はこの間違いをしますが、実際には、それほど大きな混乱はありません。

その他にも、コンピューターやビデオデッキなど、時刻に関連する機械は調整しなくてはなりません。

ですが、エネルギーの節約、環境負荷の軽減の効果は非常に大きいです。人間の知恵と作業で、節約できるときには、節約すべき時代になりつつあるのではないでしょうか。
    • good
    • 1

今の時代には不要ですね。


NO.1の言うようにコンピュータの設定を変更しなくちゃいけませんね。
変更してもトラブルが発生するでしょうし。
毎年2000年問題のようになりますよ。
今の生活スタイルからして1時間変えてところでほとんど変化ないでしょ。
    • good
    • 2

私はサマータイム不要論者ですのでデメリットを・・・


全国のコンピューター関連全て変更しなくてはならない(民間企業を含め莫大な費用がかかる勿論税金投入の場合あり)
当分時差ぼけ的体調不良が続く(個人的ですが)
民間企業は労働時間が増える(政府がどう対策しようと防止は無理)
その他きりがないので導入したい方だけでどーぞ!!が結論です。
時差通勤もできるわけだし・・・
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサマータイムのメリットについて教えてください。

私は今某都立高校1年で、現代文の授業で「サマータイム制を導入すべきか」というテーマでディベートをします。私は肯定側なので、メリットを出来るだけたくさん教えてほしいです。サマータイムを経験した方などの声も是非聞きたいです。絶対否定側の論を崩したいのでお願いします。

Aベストアンサー

 「サマータイム」の論題は、第1回ディベート甲子園・中学の部で行なわれて以来、各所で行われている定番論題です。肯定側でも否定側でも一理ある主張ができます(どちら側でも勝てる可能性がある)ので、安心して準備に精を出して頂けたらと思います。

 ディベートの試合では、メリットの“数”が多くても勝利に繋がりません。そのメリットが、私達にとっていかに重要かを、ジャッジに伝えることが必要になってきます。
 また、否定側の論を崩すにも、指摘するだけではダメで、適切な証拠資料など、準備が必要です。また、相手に対するスピーチの仕方も重要で、『反駁の四拍子』でネットを検索してもらえたらと思います。

 さて、参考URLに、定番の立論と資料がアップされています。(第14回 2004年1月10日(土)) より良い試合をするために是非参考にして下さい。
 なお、この立論と資料をそのまま使うだけでは恐らく勝てないと思います。最新の資料を用いた方がいいですし、自分のアイディアを加えた方が説得力が増します。また、限られた時間で効果的に内容をジャッジに伝えるための練習を、一度はしてみた方が良いです。

 それでも、過去の良い議論を参考に組み立てた方が、更に良い議論を展開できます。勝ち負け以上に、議論の楽しさや奥深さを学んで頂けたらと思います。頑張って下さい!

参考URL:http://www13.big.or.jp/~yokayama/Agora/schedule.htm

 「サマータイム」の論題は、第1回ディベート甲子園・中学の部で行なわれて以来、各所で行われている定番論題です。肯定側でも否定側でも一理ある主張ができます(どちら側でも勝てる可能性がある)ので、安心して準備に精を出して頂けたらと思います。

 ディベートの試合では、メリットの“数”が多くても勝利に繋がりません。そのメリットが、私達にとっていかに重要かを、ジャッジに伝えることが必要になってきます。
 また、否定側の論を崩すにも、指摘するだけではダメで、適切な証拠資料など、準備が...続きを読む

Qサマータイム導入 賛成ですか? 反対ですか?

今夏、電力の需要を抑えるために、
サマータイムの導入が検討されているようです。

サマータイムを導入するにあたっての、
メリット、デメリットがイマイチ分からないので、
私はサマータイムの導入には、
賛成でも反対でもなく、フラットな状態です。

皆様の御意見で、私を賛成派、反対派に導いて下さい。

皆様はサマータイムの導入に賛成ですか? 反対ですか?

Aベストアンサー

米国のDST(Daylight Saving Time、日本でいうサマータイム)導入エリアに住んでます。
サマータイムいいですよ。日本でも導入すればいいのに、といつも思います。

時計の調整なんて大して問題じゃないな。DST⇒通常時間、通常時間⇒DSTの移行後に時計が狂っていることに気づいたらつどその場で時刻変更するだけだから。このやり方でいつまでも時刻調整されない時計があるとしたら、それは必要のない時計だということね。ゴミ箱行きということで。

仕事が終わってからもずっと明るいというのはとてもいいことです。夏至のころなどは夜の9時まで明るいし。その分多少ですが、照明使わないで済みますよ。何てったって単純に気持ちがいいです。青い空と夕日を毎日拝む生活ですから。

まー唯一不便だなと思うのは、花火大会が深夜近くならないと開催できないこと。米国だと毎年独立記念日の7/4に各地で盛大な花火が上がりますが、夜9時過ぎないと暗くならず花火上げてもよく見えないので、始まりは9時過ぎです。

それ以外はすこぶる調子いいですよ。

Q時差、サマータイムの問題です。

2013年7月11日にニューヨークで行われたアメリカメジャーリーグのニューヨークヤンキース対レッドソックスの試合が衛星中継された。
この試合に先発した松坂投手のイチロー選手への第一球は、現地時間の18時05分であった。
日本での第一球目の映像が観られた日時を答えよ。
なお、アメリカではこの時期はサマータイムを採用し、時刻を通常より1時間早めている。
(ニューヨークの経度75度W)

やり方も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

日本の標準時子午線は東経135度にあります。
サマータイムが実施されていないときには、経度0度のロンドンと日本の時差は
135 ÷ 15 = 9
より 9時間です(日本の方が進んでいる)。
また、サマータイムが実施されていないときには、
西経75度のニューヨークとロンドンの時差は
75 ÷ 15 = 5
より 5時間です。
これより冬季の日本とニューヨークの時差は 9 + 5 = 14 時間です。これも
日本のほうが14時間 時刻が進んでいる状態です。
問題の18時05分は、サマータイムが実施されていなかったらニューヨークは
17時05分のはずです。
この17:05に14時間を足せば日本の時刻が出てきます。
17:05 + 14:00 = 31:05
31 - 24 = 7 より
31:05 は、翌日の7:05になります。よって正解は
2013年7月12日7時05分
です。

Q論述式の回答の書き方のご指南ください

もうそろそろ、定期試験の時期なのですが、
大学の試験ってけっこう論述問題が多いことに驚きました。高校のころは、まったくと言っていいほど論述問題がなかったので、どうやったらいいのか、ホトホト困ってます。
いろいろ検索サイトでHITさせたり、ここでも過去の質問を見たりして参考にしています。

そこで、今一度、皆様の論述式の回答の書き方を教えてほしいのです。どうかご指南よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、大学生です。
書きやすく、いい評価になるのは、
1.一番最初に結論を書く。
2.それについて理由や説明を挙げる。述べる個数も宣言する。
3.最後に結論をもう一度書いて締める。

例えば、「キリスト教における愛について書け(テキト-な課題です。汗)」だとしたら、

「キリスト教における愛とは○○だと言える。
 それについて、3つの観点から述べる。
 まず第一に、~~。第二に、~~。最後に~~。
 以上の事由から、キリスト教における愛は○○だと言える」

…というかんじです。この形式で書ければ、まず悪い評価は取らないでしょう(形式の点では)。

できたら、授業中に先生がおっしゃったこと(本にはない具体例とか)や、参考図書から得た知識を交えたりすると、「ちゃんと授業聞いてますよ、ちゃんと本読んで勉強してますよ」とアピールできて、なおよしです☆

がんばっていきましょう(^^)

Q中国はなぜ1つの標準時時間しかないのか?

中国はあれだけ国土が広大なのに1つしか標準時間が無いですよね、ロシアとかはいくつもあるのに。
アメリカやオーストラリアでさえいくつも標準時間があって
国内で数時間は時差がありますよね
首都の北京に合わせてあるってことは
西側は日の出も日の入も早くて活動しにくいとか問題があるのですか?
あるいはテレビも北京や上海と同じ番組を見るので夕方にニュースを見るとかができないとかはありそうですけど。
なぜあれだけ巨大な国土で東西に広がっているのに標準時間が1つしか無いのですか?

Aベストアンサー

 端的な理由は中央集権的な社会主義国家だからですが、
それ以外に地理的な理由もあります。

 中国は人口 13 億人のうち、海から 1000km 以内の範囲に
10 億人が暮らしています。重慶や成都がある西南地区も含め
れば 12 億人になり、実は中国人口のほとんどは、東はハルビン、
西は成都の範囲にほとんど収まってしまうのです。

 ハルビンと成都の経度差は、約 22 度です。実はこの数字は
根室と石垣の経度差にほぼ等しいんですね。経度 15 度が時差
1時間に相当しますから、中国の主要都市では東と西の時差は
実は 1.5 時間程度しかないのです。

 となると、日本でも札幌と福岡では日の出が1時間以上違い
ますが、日本国内が統一時間であることに誰も困っていないの
が実情ですよね? 同様に、中国も国内に時差を設ける合理的な
理由がないと考えて差し支えないと思います。

 中国は東西にものすごく広く見えますが、実際には成都より
西の部分は人口が希薄で、時差が広がっても影響はほとんど
ないんです。だから、時差を設けて面倒くさくするより、全土
統一時間のほうが簡単だし、現実面でも困らないというわけです。

 これに対し、東西両海岸に大都市のある米国は時差がないと
困ります。カナダもバンクーバーとトロントでは離れすぎていま
すし、ロシアも人口の多くがウラル山脈より西に偏在している
とはいえ、東ロシアにもノボシビルスクやイルクーツク、ナホ
トカやウラジオストックといった主要都市があります。

 端的な理由は中央集権的な社会主義国家だからですが、
それ以外に地理的な理由もあります。

 中国は人口 13 億人のうち、海から 1000km 以内の範囲に
10 億人が暮らしています。重慶や成都がある西南地区も含め
れば 12 億人になり、実は中国人口のほとんどは、東はハルビン、
西は成都の範囲にほとんど収まってしまうのです。

 ハルビンと成都の経度差は、約 22 度です。実はこの数字は
根室と石垣の経度差にほぼ等しいんですね。経度 15 度が時差
1時間に相当しますから、中国の主要都市では...続きを読む


人気Q&Aランキング