マンガの魔球は、本当にやったら反則になるでしょうか。

たとえば、「大リーグボール1号」(巨人の星)。花形が顔の前で構えたことがありましたが、この時には「危険球」がなかった。

「大回転魔球」(侍ジャイアンツ)なんか、どの時点からモーションなんだろう・・。

「スカイラブ魔球」(アストロ球団)は、右手でトスしたボールを左手でキャッチして投げてます。

(みんな、ランナーがいる時にはなげられない魔球ですね。大リーグボール1号以外は走られ放題じゃないか・・?)

A 回答 (6件)

こんにちは、


大変面白いですね、そういうノリは大好きです。
アパッチ野球軍の最終回なんて外野スタンドのライトの上に乗ってキャッチしたモンキィ-なんて最高ですよね。(ルール上ホームランなんですが)
まっ、それは魔球とは関係ありませんが?
漫画でなく、実際にあった騒動で、フォークボールは魔球だと怖れられ禁止されたとか。
ジャガイモを投げて永久追放になった(今ではヒーローになってますが)など魔球?は本当に投げられた?らしいですよ?
    • good
    • 0

ごきげんいかがですか?いやー、こういうノリ好きです。


分身魔球については・・いけるんじゃないでしょうか?
ボールもよくファールチップになって交換しているのがありますが
汚れてたら消しゴムで落とし、傷が入ったら練習用にまわすらしいですし、
つねにニューボールってことを考えたら・・それにバッターが見逃したら
そのややつぶれたボールをもう一回使えるわけですから
分身魔球後のボールの変形がもどらないとしたらハッタリかませます。
分身魔球後のボールの変形がもどるとしたら、
握りつぶしていることはバレません。
フォームも違反していないとおもいます。
あと気になるのは眉月が大回転魔球を打つときにはいてた
鋲のないスパイク・・これってええのか?
ハイジャンプ魔球(えびなげ)はウルフチーフもとびあがりますが
これもバッターボックスをはずしたことになり
タイムがかかるかバッターアウトになるんじゃないかなと思います。
投げるのが速いか飛ぶのが速いか審判が速いか
となれば・・審判が速いと思われます。
ただ、ハイジャンプ魔球はひょっとしたらokなのかもしれませんよ。
アニメの中で「いいんですか?」と疑うシーンがあって、
川上監督も審判も「GOサイン」出してますし。
まぁでないとアニメ続かんから・・・
星飛雄馬は3号まで全部OKですね。
バッター側の方がきわどいことやってますね。
水原勇気も当然OK
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大回転魔球は、いろんな回答(参考HPもふくめ)をみても、反則のようです。ハイジャンプも・・。

スパイクは、大丈夫だと思います。左門豊作が、大リーグボール3号を打とうとして、たしか、運動靴をはいたことがありました。正式な試合でなかったにしても、マジメな左門が反則を承知で挑まないでしょう。(ちなみに、私は某草野球チームの試合で、スパークがなかったものでサッカーシューズで打席に立ったことがありますが、審判から「大丈夫か?」ときかれましたが(違反のことでなく芝ですべらないか、と)、退場にはなりませんでした。

大リーグボール1号については、そのころ「危険球」のルールがなかったので、当時はOKでも、今ならどうかな、という疑問です。

水原勇気って、魔球をなげてましたっけ? 「ドリームボール」は魔球かなあ。フォークの握りで縫い目を持つのでしたか・・?

川上監督って、「アストロ球団」で、無名志(字に自信がない)の魔球を、バッターボックスを移動する、という超反則で打ちましたからねえ・・。(さすがにあいての監督からボロクソに言われましたが)

お礼日時:2001/11/11 17:28

受け売りで恐縮なのですが、これらの魔球を野球規則に照らして検討した大変興味深いページがあります。

参考URLをご覧下さい。

お尋ねの中では「大回転魔球」「分身魔球」しか記述がありませんが、他の魔球に関する記述なども参考になると思います。
「がんばれ!タブチくん」のヤスダ投手の魔球についての検討など、なかなか面白いですよ。

ボールが割れた場合については、どの破片を正当なボールと見なすかちゃんと規則があったはずです。確か一番大きな破片だったと思いますから皮だけではホームランにならないでしょう。

参考URL:http://cgi.sainet.or.jp/~nishizak/baseball_faq/v …

この回答への補足

そういえば、「がんばれタブチくん」にも「魔球」がありましたねえ。あれはそもそもが「野球まんが」なのか、わからないけど。

いつもUmadaさんには野球ねたでおせわになります。ありがとうございます。

補足日時:2001/11/05 09:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、侍ジャイアンツのボークは有名なのですね。

ところで、「消える打球」ですが、「一番大きな破片」ということになると、何割にみたない「皮」でも、それより大きな破片がなければ「一番大きな破片」といえますかね(選挙だと、たとえ1位をとっても、法定得票がなければ当選できない)・・。
糸巻きボールの中身が、埃みたいな破片になっちゃう、という想定も、まあ、たいしたものですが。

お礼日時:2001/11/05 08:59

大回転魔球は偽投になるんで、一発でボークです^^;


ハイジャンプ魔球も完全にプレートから離れてしまってから投げてるんでダメです^^;

この回答への補足

おまけで、
「アストロ球団」で、リョウ坂本の「消える打球」は、ボールの皮を引き裂いて、中身を噴出しながら、「皮」だけがスタンド入りしましたが、ボール全体の重さの内で皮の重さは何割もないのに、皮だけがスタンドに入ってもホームランといえるのでしょうか。

ついでに、
「侍ジャイアンツ」で「大回転魔球」を「大回転打法」で打った大砲万作は、反則になるのでしょうか。

補足日時:2001/11/02 16:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、ご回答ありがとうございます。
侍ジャイアンツは反則ばっかりじゃないですか。番場蛮より星飛雄馬のほうがえらいわけですね。ルールを守っているぶん。
ところで、同じく侍ジャイアンツで「分身魔球」はボールを握り潰して投げていましたが、「つぶすつもりじゃなくて力を入れたらつぶれただけ」と言い訳したらOKなんでしょうか。

お礼日時:2001/11/02 16:35

「大回転魔球」「スカイラブ魔球」ともにボークですね。



アニメですけど、
「ミラクル・ジャイアンツ童夢くん」の
「サンダーバキュームボール」
「レインボースパークボール」
と、あともう一個、
ドームの空調を利用した消える魔球ってあったけど、
みんなOKですね。
ただ、実際には投げれないと思うけど。
    • good
    • 0

ハイジャンプ魔球は”ボーク”らしい。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大リーグボールと消える魔球

大リーグボールと消える魔球はどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

「巨人の星」のこととして回答します。

主人公 星飛雄馬が投げる魔球を「大リーグボール」と呼びます。

1号 ピッチャーがバットめがけて投げる。
   その結果凡打に打ち取られる。

2号 消える魔球
   ホームプレート上でボールが消える。

3号 ボールがバットを避ける。

 
消える魔球とは「大リーグボール2号」を指します。

大リーグボールは野球の常識を覆す発想がポイントです。
その意味で2号は(自分としては)レベルが低いと考えます。

1号は「ピッチャーはバットに当てられないように投げる」のに
逆に当てに行くところが発想のすばらしさです。

3号は「ピッチャーはバットに当てられないように投げる」のに
ボール自体がバットに当てられないように動くというところがすばらしさです。

2号は…今ひとつひねりが足りません。

Q大リーグボール1号は危険球にならないのか

漫画巨人の星で、星飛雄馬の大リーグボール1号に対して
花形満は、顔の前でバットを構えて対抗した。バットに
ボールが当たるとすかさず球審に向かって「今のはビーンボールだ」
と抗議をしたが、審判団は事前に協議をしており、バットを狙って
いるのでビーンボールにはならないと言う裁定でした。これは大リーグ
ボールが百発百中ならそれでいいかも知れませんが、後にオールスター
戦で心を乱した飛雄馬は、大リーグボールの暴投を連発していました。
当時は頭部危険球という規定は無かったのでしょうが、100%ではない
この魔球は現在のルールではどう扱われるでしょうか。もしスッポ抜け
などで頭部付近に投げたボールに「今のは大リーグボール1号だ」と
主張しても罷り通らないでしょうね。漫画の話なのでやんわりとした
回答をお願いします。

Aベストアンサー

 危険球になると思います。
『大リーグボール1号』は、変化球の一種です。
しかし、危険球の規定は球種によって変わることが無いからです。
 ただ・・・よほど短いバットでなければ、顔面から離れた部分が必ずできるはずなんで、そこを狙えば良かったのではないかと思います。
また、バットを短くして顔面近くを狙わなければならなくした場合、
外角に投げれば届きませんよね
星投手はともかくとして、キャッチャーは配球を考えて欲しいと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E7%90%83

Qベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)についてです。 BCリーグの諸々の現状について教えてください。

北信越BCリーグは開幕から3年が経過しましたが、現在のBCリーグの現状はどのようになっているのでしょうか。具体的に言えば

(1) リーグのレベルはどのようなものか。強豪チームや、トッププレイヤーはいるのか。

(2) 地域密着リーグとしてスタートしたが、リーグは地域に根付いているのか。どのようなファンサービスや地域密着活動を行ってきたか。

(3) リーグの運営はうまくいっているのか。

このようなことを教えていただきたいです。詳細が掲載されているリンク先のURLを教えていただくだけでも結構です。出来れば詳しく教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北陸の人間です。結構、盛り上がっていますよ。
ただ運営面は厳しいみたいです。
独立リーグはどこでもそうだと思います。
試合自体は面白いので地元企業も協力して地域活性化してほしいです。

Qボールが上手くなげられません。43歳です。

43歳で、娘と息子3人の子供を持っております。

キャッチボールが上手くできないのです。
現在は、末っ子の小5年生の少年野球チームの練習のお手伝いをしておりますが、
力を入れて投げると、指が引っかかりすぎて、ボールが狙った相手の胸元にはいかず、
地面をたたきつけてしまいます。
逆に指の引っかかり具合を少なくしようとすると、
力の加減を少し調整したつもりですが、相手の頭の上をはるかオーバーしてしまいます。

いまは、キャッチボールの相手をするときには、
どうしても、子供のためにコントロール重視で投げるため、
山なりのボールでなんとか相手が取りやすいように投げています。
(山なりだと何故か、少し距離感がつかめて相手の胸元近くにいきます。)

私が子供の頃は、どちらかと言いますと、
運動神経は良い方でして、野球は、打つのも、投げるのも得意でした。
部活動はやっていませんでしたが、
小学校6年生の時にはかったスピードガンで111km/h
でした。
大学生のころには、よくソフトボールや、野球サークルで、ふつうにキャッチボールはできていました。
しかし気になる点というのは、
子供のころから、コントロールをつけるためには、スピードボールを投げないと、
思ったところにいかないタイプでした。
「よく手加減して投げろ」と良く言われました。
プロ野球や高校野球などをみて、ピッチャーが一塁送球を難しそうに投げるのをみると、
「わかる、わかる」なんて思っていました。

腕の力はたぶんまだ衰えていないと思います。
いろんな飲み会などで腕相撲をしたりしますが、学生時代に一度柔道選手とやって負けて以来、
今のところふつうの人との腕相撲は負けないです。
両腕ともリストが自分は強いなと感じます。

(もちろん、腕相撲大会に良く出る人にはたぶん負けると思いますけど。)

(ノックをしますと、やはり強い打球になるので、
子供の金属バットで右手一本で力を加減、調節しながらノックしています。
一度、子供のバットで両手を使ってノックをしましたら、左肘の関節が抜けそうになりましたので、
両手でノックはやらないようにしました。)

ですから、「投げるときに強く握りすぎ」なのかなとも思っていますし、
また、腕や肩の筋肉のバランスが悪いのかなとも思っております。

そういうことがわかっていながらも、
力の調整具合がわからなくて、
コントロールを重視すれば山なりボールになってしまいますし、
ある程度力を入れて投げようとすると、地面をたたきつけるか、ホームランボールを投げてしまいます。

あるとき、「近い距離から、徐々にやってみる」とあったので、
最近はこれを実行しています。
でも、やはり近い距離は、ほとんど指に力がないまま投げますので、
相手の胸元にいきますが、距離が離れるにつれ、指の力を入れると、
コントロールがつかなくて(地面か、あいての頭上)、
指の力を調節すると、いわゆるチェンジアップのようなボールに自然となっております。

これでも、正直自分の中では解決になっていません。

普通に、ボールに回転を与えて、普通に相手の胸元にいくようになりたいです。

今でも毎週土日の夜はシャドーピッチングを軽くはやっています。

40歳をすぎた今となっては、自分のためにキャッチボールの練習をする時間がなくて、
少年野球のお手伝いでは、球拾いやバッティングのトスや小学校1~2年生のゴロ取り練習相手です。
やはり、小学校の高学年生相手に、たまには、かつての自分の球筋を見せて、
「このくらい投げられるようになってみろ」と言ってみたいです。

みなさん、上手く投げられるようになる、練習方法など、
教えていただけたらと思っております。

虫のいい話だと思っておりますが、
なるべく、効率よく、できる方法を、よろしくお願い申し上げます。
(せいぜい、少年野球チームの練習の休憩時間くらいしかなく、限られた時間しかありませんので。)

(蛇足ですが、どっかの地方公務員で、勤務時間中にキャッチボールをしていたのを見たときには、
ほんとにうらやましかったです。平日は仕事でボールを握ることなんてまずありませんので。)

40過ぎのわがままですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

43歳で、娘と息子3人の子供を持っております。

キャッチボールが上手くできないのです。
現在は、末っ子の小5年生の少年野球チームの練習のお手伝いをしておりますが、
力を入れて投げると、指が引っかかりすぎて、ボールが狙った相手の胸元にはいかず、
地面をたたきつけてしまいます。
逆に指の引っかかり具合を少なくしようとすると、
力の加減を少し調整したつもりですが、相手の頭の上をはるかオーバーしてしまいます。

いまは、キャッチボールの相手をするときには、
どうしても、子供のためにコントロ...続きを読む

Aベストアンサー

基本的な投フォームの確認をしてください。
手甲が耳に触れて、そして、前方への振り出し動作が開始され、リリース(球離れ)ポイントは、理想的には「眼の高さ」です。そういう適正なフォーム獲得には、スナップスローの形を理解することが肝心です。それには、ワンバウンドキャッチボールを繰り返すことが最良で、上ではなく下に投げることで、正しい形が身に付きます。

つまりね、もっと具体的に言えば、捕手や内野手なら、このスナップスローで良いのですが、投手や外野手は、それではいけませんよね。では、どうするのかと言いますと、最終的な「(右投げの場合)右耳に(手首を内屈させた)右手甲を触れさせる形」以降の動作は、あくまでも変更せずに、まず、

(1)手首を内側に折ってボールを軽く持ち、「肘」から上に、真っ直ぐに、引き上げます。肘から先は脱力します。すると、やがて右手甲が右耳に触れる位置がやってきます。その時の肘の高さを終始、保つよう努力します。

(2)下半身(腰)の前方移動に伴なって、右耳横にあったボールは、上肢を脱力していることで、後方に大きく残されます。肘もその高さを保ったまま、ボールを持つ手に引っ張られるように、後ろに残されます。右耳からは、遠く離れてしまいます。これがバックスイングの開始です。脱力していれば、この時、肘の外旋角度も最大を示します。即ち、ボールが後方に残れば残るほど、強い投球(送球)になります。

(3)腰の前方移動がほぼ終わって、腰の回転運動が開始される頃、再び、右の手甲が右耳に接近します。で、あとは、全ての投動作は同様になります。ここからは、捕手も、内野手も、外野手も、投手も、同じなのだと考えてください。

要するに、右耳に、右手甲が一度接近するのが、捕手と内野手の投げ方であり、二度接近するのが、投手と外野手の投げ方ということです。いずれにせよ、右手甲と右耳の接近ということを意識的に行なうことで、常に一定の投フォームができるようになるわけです。フォームが一定なら、制球も容易になります。一定のフォームが身に付けば、故障も低減できます。ポイントは、肘の高さと手甲と右耳の接近、言葉を代えれば、右耳(右手甲)・右肘・右肩でつくる三角形の形を常にイメージし、時々、目視確認をして見ましょう。この三角形の形成時、肘だけは、目一杯に高くする努力をしてください。楽することを決め込んでいますと、無意識に、肘が肩より下に下がってしまいますからね。

なお、ボールは軽く握り、最後のリリースで指先に力が加わる感じになりますね。そういう感覚も、スナップスローの習得で早期に身に付きます。

基本的な投フォームの確認をしてください。
手甲が耳に触れて、そして、前方への振り出し動作が開始され、リリース(球離れ)ポイントは、理想的には「眼の高さ」です。そういう適正なフォーム獲得には、スナップスローの形を理解することが肝心です。それには、ワンバウンドキャッチボールを繰り返すことが最良で、上ではなく下に投げることで、正しい形が身に付きます。

つまりね、もっと具体的に言えば、捕手や内野手なら、このスナップスローで良いのですが、投手や外野手は、それではいけませんよね。では、ど...続きを読む

Q大リーグでは何故ボールカウントから表示するのか?

昨今では日本人選手がメジャーで活躍していて、中継もリアルタイムにTVで観る事が出来ます。処で何故本場メジャーリーグではカウントの表示方法や表現にしてもボールカウントを優先させるのでしょうか?最も本場はアメリカですから日本が何故ストライクのカウントを先に言うなり表示するのが、おかしいのかもしれませんが...。メジャーリーグでは何か合理的な理由でもあるのでしょうか?お判りの方がいらっしゃいましたなら、宜しくお願い致します。子供に聞かれても返答ができません、適当にごまかしましたが...

Aベストアンサー

なんだ、二重投稿か。
削除され、回答した人に迷惑が掛かるので注意しましょう。
もう1コの方に答えたけど、そっちのほうが削除されそうなので
そっちからコピペします。

----------------------------------------------

逆に聞きますが、ストライクを先に言う合理的理由ってあるのですか?
私が読んだ本によると、日本だけみたいですよ、ストライクを先に言うのは。
どっちかを先にいわなければいけないんだから、
それがたまたまボールだったということで納得できませんか?


ま、多少納得のいくような説明をすると
大昔(19世紀)はバッターが投げてほしいコースをあらかじめ投手に伝え、
投手には打ちやすい球を投げる義務があったようです。

つまり、今のような投打の勝負などという発想はなく
打ってから後が勝負。
投手は単なるバッティングマシンだったわけですね。

で、打ちやすい球(ストライク)を投げるのが当たり前のことならば
当たり前じゃないボールの方を重要視して、
先に言うのは何となく分かりませんか?

#最後の段落は、歴史からの私の推測です。

なんだ、二重投稿か。
削除され、回答した人に迷惑が掛かるので注意しましょう。
もう1コの方に答えたけど、そっちのほうが削除されそうなので
そっちからコピペします。

----------------------------------------------

逆に聞きますが、ストライクを先に言う合理的理由ってあるのですか?
私が読んだ本によると、日本だけみたいですよ、ストライクを先に言うのは。
どっちかを先にいわなければいけないんだから、
それがたまたまボールだったということで納得できませんか?


ま、多少納得の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報