マルシェル新規登録で5000円分当たる

商品系の外国為替証拠金取引、証券系の外国為替保証金取引という漠然としたイメージしか持っていないのですが、取扱商品名としてどちらを用いるのか、法令諸規則などによる明確なルールがあるのでしょうか?
法令諸規則および二手に分かれるようになった背景について教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

単なる名称の違いだけで中身は同じです。


「外国為替証拠金取引」「外国為替保証金取引」「外国為替預り金取引」などです。
法令等でどの名称を使用しなければならないという決まりはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。預り金取引というのもあるのですね。もう少し調べてみます。

お礼日時:2005/09/07 13:18

以前に同趣旨の質問をしました。

名前の違いだけで、同じものだと回答がありました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1536851
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/09 13:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q証拠金と保証金の違い

委託証拠金と差入保証金の違いはなんでしょうか?

仕訳ではどのような場合に使い分けた方がよろしいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

名称の違いよりもその取引の違いによります。
委託証拠金は主に差金決済などで使われる用語で、差入保証金は一般的な売買契約に多いと思います。
保証金としての性質は同じですが、取引方法が全く異なりますので、保証金の扱いが異なってきます。
証拠金は預け金的性質を持ち、保証金は代金の一部としての性質を持ちます。
これ以上はその契約次第。


人気Q&Aランキング