こんにちは。Tosshie-Toshikoと申します。
 歴史か格闘技かと迷ったのですが、ひとまずこちらのカテゴリに致しました。宜しくお願い致します。

 幕末の或る人物について、その姻戚に当たる方(当該人物の実弟の、娘の夫)が書かれた伝記的文章の中に、次のような一節がありました。

■■ 以下引用 ■■

 <前略>とくに剣道に長じて北辰一刀流の剣客となり、その下段白眼は同流のなかにありても評判の構えにして、敵の胴に切り込む太刀さきがもっとも鋭く、ひじょうに派手な剣術を使った。<以下略>

■■ 引用終わり ■■
     出典 『新選組史料集コンパクト版』(新人物往来社 1995)
          「伯父 伊東甲子太郎武明」 小野 圭次郎 より 【p.158 下段】

 下段の構えは調べればわかるのですが、下段白眼の構え……?
 中段の構えを青眼の構えとも呼ぶ(書く)ことがあるので、その関係かな? とも考えたのですが、それにしては、どの辞書の「白眼」の語義にもそれらしいものがなく、用例も見当たりません……。
 誤植かとも疑いましたが、「げだんはくがん」とルビまで振ってあって誤植というのも、可能性として低い気がします。
 もしかして、元々の著者(小野氏)の勘違い……?

 自分でも辞書やネットで色々と調べてみたのですが、探し方が拙いのか、手がかりすらつかめません。

 実は趣味で物書きをしており、適うことならこの“下段白眼”をきちんと拙作中で描写したいと願っておりますので、もし具体的にどのような構えなのか御存じの方がいらっしゃいましたら、お教えいただければ幸いです。
 仮に御存じでなくとも、手がかりになりそうな(入手可能な)書籍等御紹介いただけると、大変有難く存じます。

 勿論、武道の専門家の方からの「え? そんな構え、何処の流派でも聞いたことないよ(笑)」という類の御回答でも、大歓迎です(笑)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

私も初めて聞く構えですが、文脈からちょっとした想像ができます。

>敵の胴に切り込む太刀さきがもっとも鋭く~というのですから、相手の胴に切り込む時に非常に有効と思われます。

とすると、実際にある構えとしては、普通に下段に構えた太刀を右に倒し、刃の側面を相手に向ける構えが考えられます。
これだと、光が当たると、相手は太刀の刃の輝きを見ることになるので、それを称して「白眼」かもしれませんね。

胴を抜くときは、相手の出足に乗じて右前に踏み込み、太刀を下から上に切り上げます。
剣道などの抜き胴ではなくて、相手と切り合った後には、相手の後ろ側で太刀を真上に振り上げているわけで、とても派手な技に見えると思います。

以上実際にある構え・技ですが、そういう名前では聞いたことがないので、かなり空想が入ってます。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 うわああ、下の方へお礼を書いて投稿したら、既に第二の方の御回答が……(爆)
 こ、こんなマニアックな質問なのに……感激です。

 myeyesonly様、早速の御回答、有難うございます。
 手が遅いせいでお礼の投稿が遅れてしまい、申し訳ございません。
 剣道の有段者でいらっしゃるのですね(済みません、何処かで御一緒した記憶がありましたものでユーザ情報ページへ参りまして、その時にコメント欄を拝見致しました)。ど素人と致しましては、心強いです(笑)。

 > 実際にある構えとしては、普通に下段に構えた太刀を右に倒し、刃の側面を相手に向ける構えが考えられます。
 > これだと、光が当たると、相手は太刀の刃の輝きを見ることになるので、それを称して「白眼」かもしれませんね。

 太刀を右に倒す……というのは、刃を寝せる(例えば、天然理心流の平晴眼の構えのように)のとは違うのかしら……それとも同じなのかしら……
 普通に下段に構えたままで、対手に刃の側面を見せるわけですよね……?
 右手首の内側が上を向く……のかな?
 正面から見ると、構えは下段だけど刃が寝ている(刃の部分が左向きで峰の部分が右向き)……という感じ?
 あれっ、でも、それだと、すれ違いざまに胴を斬り上げようとすると、峰打ちになる……? (あ、刹那に返せばいいのか?)
 (何故か「倒す」がイメージ出来ずに、ど素人の頭は混乱中……)

 もし御面倒でなければ(お時間等が許せば)、このお馬鹿な混乱を一刀両断いただけると幸いです。

 > 胴を抜くときは、相手の出足に乗じて右前に踏み込み、太刀を下から上に切り上げます。
 > 剣道などの抜き胴ではなくて、相手と切り合った後には、相手の後ろ側で太刀を真上に振り上げているわけで、とても派手な技に見えると思います。

 こ、これはイメージがありありと目の前に! (笑)
 思わず知らず、ドキドキしてしまいました……。
 彼が真剣で人を斬った記録は京都で暗殺される時の一点しか残っていないようですが(但し、史料によっては、刀も抜かない内に致命傷を受けて落命(嘆息))、江戸では“川向こう一の使い手”と評判の人物だった(深川で道場を開いていた)そうですから、恐らく道場で結構「はでな剣術」を披露していたのでしょうね~。

 > 以上実際にある構え・技ですが、そういう名前では聞いたことがないので、かなり空想が入ってます。m(__)m

 いえいえ、非常に参考になりました。
 簡潔な中に体感の重みが窺える myeyesonly様の描写を見習って、少しは“らしい”文章を書けるように頑張りたいと思います。有難うございました。

 なお、誠に勝手なのですが、出来るだけ色んな方のお説を伺ってみたいので、締め切るのは暫く先にさせていただきたく存じます。どんなに遅くなっても1か月後の12月5日には必ず締め切りますので、何卒御寛恕くださいませ。

お礼日時:2001/11/05 21:08

こんにちは。

またまたすいません。何やら補足があったようで。&、一部間違えを書いていました。左右が反対です。m(__)m

まず訂正から。

>>胴を抜くときは、相手の出足に乗じて右前に踏み込み~
太刀を右に倒した時は、自分からみたら左に抜けます。相手の右側ですね。
同じように太刀を左に倒す構えもあり、この時は、自分からみて右に抜けます。

次に、

>例えば、天然理心流の平晴眼~は、太刀を斜め上(相手の喉元、顔方向)に向けてから横に倒し(刃を寝かせ)ますよね。
その反対で、太刀を斜め下(相手の膝方向)に向けて横に倒す(刃を寝かせる)わけです。

剣道では、太刀を右側に倒す形は、「構えを解く」時の姿勢として使われます。体育でいうところの「休め」みたいなところでしょうか。

>すれ違いざまに胴を斬り上げようとすると、峰打ちになる……? ~は、ちょっと違って、元々刃が横を向いてるので、斜めに(右に倒した時は左上に)振り上げれば、刃は自然と上向きになるので素直に胴に切りつける事ができます。
流派によっては逆げさと言ったそうな。
木刀などで一度試されるといいでしょう。

もちろん普通の下段の構えから上に斬り上げようとすると手首をひっくり返さないと峰打ちになります。

また、普通の上から振り下ろして胴を打つ、現代剣道の胴打ちはしっかり手首を返さないと竹刀の側面で打ってしまって、試合でも有効打突になりません。

但し、普通の下段の構えから、相手を斬るんじゃなくて、突く技が有名で結構メジャーだと思います。
剣道じゃないので、喉を突かなきゃいけないなんてことないですから、胸、みぞおちや腹を突いたようです。

>有段~と言ってもたかだか初段ですから、お恥ずかしい限りです。(^^ゞ

この回答への補足

 こんにちは。Tosshie-Toshikoです。
 最後の回答が付いて10日が経過しましたので、そろそろ締め切り時だろうと思い、やってまいりました。

 ryuiti様、myeyesonly様、改めて御礼申し上げます。このような一種マニアックな質問に迅速にお答えいただきまして、誠に有難うございました。
 おふた方に20ポイント差し上げたいのですが、システム上それもならず……
 ので、二度もいらしてくださったmyeyesonly様に、20ポイントを差し上げることに致します。ryuiti様、御了承ください。真っ先にいらしてくださった御恩は忘れません。

 「下段白眼の構え」が何なのかということがハッキリと判明した……というわけには参りませんでしたが、おふた方のおかげで、色々な、自分になかった知識、有用な知識を得ることが出来ました。
 此処で頂いた知識を生かしつつ、拙い作品を書いてゆこうと思います。

 この質問と御回答が、将来、伊東甲子太郎先生に関心を持ち「下段白眼の構えって何だ?」と疑問に思われた方の検索結果に引っかかって、お役に立てますように。
 (私の場合、検索サイトを片っ端から回って「下段白眼」で検索し倒し、引っかかった所へ「それっ!」と行ってみたら、「下段白眼ってどんな構えなんでしょうね」といった書き込みだった……りしましたもので(笑))

補足日時:2001/11/16 10:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再びお時間を割いてくださいまして、誠に有難うございます。
 今日に限って打ち合わせだ資料作成だと急ぎの仕事が雪崩れてきて、またもお礼が遅くなってしまいました。申し訳ございません。

 > 太刀を右に倒した時は、自分からみたら左に抜けます。

 ……あ、左右が反対だったのですね(笑)。それで前回の混乱と疑問が綺麗さっぱり氷解致しました(^_^;;

 > 天然理心流の平晴眼~は、太刀を斜め上(相手の喉元、顔方向)に向けてから横に倒し(刃を寝かせ)ますよね。
 > その反対で、太刀を斜め下(相手の膝方向)に向けて横に倒す(刃を寝かせる)わけです。

 詳しい御説明を頂き、大感謝でございます。とおっっても乱暴に言えば、天然理心流の平晴眼に構えた後でスッと下段に下ろしたようなもの(勿論、厳密には違いますが)と思えばいいわけですね(笑)。 ← 甚だしく違っていたら、突っ込んでやってください(汗)。

 > 元々刃が横を向いてるので、斜めに(右に倒した時は左上に)振り上げれば、刃は自然と上向きになるので素直に胴に切りつける事ができます。

 はい、向かって左に斬り抜けるのでしたら、何の疑問も持ちません……と申しますか、それ以外の状態だと私には何だか不自然に思えて、混乱してしまいます(笑)。
 ちなみに、木刀は流石に持っておりませんので、物書きの為に色々やってみる時には1m近い物差しを握って振り回しております(爆)。ちょっと握りにくいし、峰にも返しにくいんですけれど、傘の類だと得てして刃の向きがわからなくなりがちなので(^_^;;
 でも、いずれにせよ、軽いのがネックですね~。
 真剣での実戦に一番近い感覚が味わえるのは、やはり木刀かなあ……。

 > 有段~と言ってもたかだか初段ですから、お恥ずかしい限りです。(^^ゞ

 いいえ、実際に対手と刃(竹刀とはいえ)を合わせた経験が豊富な方のお話を色々と伺うことが出来て、本当に参考になりました。私など、スポーツチャンバラの体験(しかも相手に打たれっ放しでロクに反撃も出来なかった10分程度(汗))止まりですから……

 改めて、御礼申し上げます。有難うございました。

お礼日時:2001/11/06 20:46

こんにちは。

下段白眼?私も始めて聞く構えです。
私の知っている限りの話をしますと、剣先を目線に構えることを青眼(もしくは正眼)と言って いわゆる標準的な構えですよね。仏教の言葉の表現で鼻を白、口を黄、目を青、耳を黒、額を赤とするらしいのです。良くくちばしが黄色とか、黄色い声援とか言うでしょ。鼻白むとも言いますよね。目線に構えることを青眼と呼ぶのもこのへんに由来しているらしいのです。質問の下段とは そのもの下段のことでしょう。その時目線も下に落としていたので目が白目に見えていたのではないでしょうか?それとも目線を鼻あたりにつけていたので白眼(目を青眼、鼻を白眼)と呼んだのかもしれません。実際真剣で構えた場合かなりの重さに腕が耐えられなくて、対峙している時間が長くなれば青眼は不利と言われています。多少でも切り合いの経験が出来てくると下段に構える方が有利であるとわかるので達人は下段構えの人が多かったみたいです。
そして相手に一撃目を振らせておいて下から切り上げることが考えられます。今の時代劇のようにそもそも刀を刀で受け止めるなんてしないはずですしね。きっと先手を打たせて後手で切る技でしょう。いわゆる「先の後」が得意だったのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ryuiti様、早速の御回答、有難うございます。
 当分回答が来ない質問だろうなーと思っていたので、吃驚致しました(笑)。
 顔の部分と色との対照、な、成程~、大変参考になりました。

 > その時目線も下に落としていたので目が白目に見えていたのではないでしょうか?

 わあ、大笑いです……実は私も全く同じことを可能性のひとつとして考えていたのですが(笑)、想像したら結構怖かったので(半眼ならともかく~)、質問には書かなかったのです。伊東先生の熱烈なファンの方に怒られそうで(苦笑)。

 > それとも目線を鼻あたりにつけていたので白眼(目を青眼、鼻を白眼)と呼んだのかもしれません。

 むむむ。これは妥当な(穏当な(笑))線でしょうね。
 他の文献でもこのような用例が出てくれば一番なのですが……
 直接「下段白眼」という言葉が使えずとも、さりげなくそういった描写をしてみるのはアリかも……(現在は、強いて書く時には「半眼」を使っています)

 > 実際真剣で構えた場合かなりの重さに腕が耐えられなくて、対峙している時間が長くなれば青眼は不利と言われています。

 確かに……
 流石に本物の日本刀は握れないので、身近な物で先の方が重い物を……と、フライパンで大量の炒め物をした時に暫く両手で(左手を柄頭(笑)に添えて)持ってみたことがあります。……日頃鍛えていないせいで、腕が攣りました……

 > きっと先手を打たせて後手で切る技でしょう。いわゆる「先の後」が得意だったのでしょう。

 そうですね~。恐らくそうだろうと推察して、そういう書き方をしております。
 基本的には(……基本的には(笑))穏やかな人物だったようですし、あんまり、自分から斬り込んでゆく……という感じはしないのです。

 「白眼」の謎はまだまだ(自分の中では)残りますが、ryuiti様の御意見を伺って、自分の書き方が多分見当外れではないだろうという自信をちょっと持つことが出来ました。有難うございます。

 ……誠に勝手なのですが、色んな方のお説を伺ってみたいので、締め切るのは暫く先に致したく存じます。どんなに遅くとも1か月後の12月5日には必ず締め切りますので、何卒御寛恕くださいませ。

お礼日時:2001/11/05 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛知県産の活あさりには、 ①海水&塩水で砂抜きできる品質のものと②国産の浅蜊で唯一、砂抜きできないこ

愛知県産の活あさりには、
①海水&塩水で砂抜きできる品質のものと②国産の浅蜊で唯一、砂抜きできないことが初めから分かっているものとが、全国に流通しています。そのため産地である愛知県のスーパーでは、②の産業廃棄物的存在の浅蜊は取扱いがありません。②は日本人が二枚貝を塩水で砂抜きする習慣を利用しての だましたれ食材です。
みなさんがお住まいの都道府県で販売されている『愛知県産のあさり』は①②どちらですか?

なお
愛知県産の砂抜きできない浅蜊の流通及び悪品質に違法性はありません。愛知県漁民誇りの海産物です。 
愛知県産の浅蜊=5漁法2品質。
砂抜きできないことが初めから分かっている浅蜊は愛知県産だけです。

Aベストアンサー

>2014年~質問していても威力業務妨害で逮捕されないのは存在するからだ。
それ、証拠でもなんでもないですよね

Q【日本を創った人物、世界を創った人物】日本を創った人物、世界を創った人物を見ていて傾向が見えて来たん

【日本を創った人物、世界を創った人物】日本を創った人物、世界を創った人物を見ていて傾向が見えて来たんですが、、、

まず

宗教家が世界を作り、

帝国時代を迎え皇帝(天皇も含む)が世界を作り、

政治家が世界を作り、

文化人が世界を作り、

経済人が世界を作り、



経済人の次に世界を作るのは誰だと思いますか?

後世の歴史教科書に載るとしたら安倍首相ではなくアップルの創業者だと思いますし、次に載るならテスラモーターズの創業者かバージングループの創業者だと思うんですよ。

いま世界を作っているのは明らかに政治家ではなく経済人が作っている。

政治家は経済人から金を巻き上げている一昔前の皇帝と政治家の図式と同じなので政治家が世界を作る時代はもう終わりになる気がします。

政治家は汚職ばかりで安倍首相も麻生太郎も汚職してると思います。お金は貰ってないけど口利きはしていると思います。政治家の仕事は口利きですよね。政治家から口利きを取ったら何も残らない。

けどもう口利きで国を作っていく時代は終わったのだと思う。

国を創っている人物は文化人と経済人で政治家は経済人や文化人の口利きに動いているに過ぎない。

その文化人、経済人が世界を創る時代が終わったとして次に世界を創っていくのはどのジャンルの人になるのか予想してください。

民主主義と言いながら民主主義として機能していない政治の時代は終わりました。

政治家は口利きしてなんぼなので口利きしただけで汚職と言われ逮捕される時代が来ます。韓国はまさにそれで日本もそうなると思います。口利きが出来なくなった政治家に存在価値はありません。民主主義という名の口利きの時代は終わりです。

【日本を創った人物、世界を創った人物】日本を創った人物、世界を創った人物を見ていて傾向が見えて来たんですが、、、

まず

宗教家が世界を作り、

帝国時代を迎え皇帝(天皇も含む)が世界を作り、

政治家が世界を作り、

文化人が世界を作り、

経済人が世界を作り、



経済人の次に世界を作るのは誰だと思いますか?

後世の歴史教科書に載るとしたら安倍首相ではなくアップルの創業者だと思いますし、次に載るならテスラモーターズの創業者かバージングループの創業者だと思うんですよ。

いま世界を...続きを読む

Aベストアンサー

貴方にお勧めしたい本があります

古典
史記
文学 特にロシア

よくお勉強してから 質問しなさい

Q愛知県について教えてください。

今、学校で愛知県について 調べことをしています。
でも、あまりよくわからないので、
ヒントをもらえたらいいな、と思って、ここに書き込みました。


・愛知県の有名な観光地、名所
・愛知県で有名な食べ物
・愛知県へいくなら、どんなお土産を買えばいいか。
・そのほか、おすすめのプラン

上の4つを教えてください。
もしあれば、参考になるHPも教えてください。

Aベストアンサー

学校で調べていらっしゃるのなら、知名度があり誰もが知っている情報は
得られてるのでは・・・と推測して
ここで私がお伝えするのは、いわゆる「地元」ってやつです。(個人的にお勧めするものです)
参考までに。

観光地
名古屋駅の近くに「ノリタケの森」という所があります。
「ノリタケ」とは百年の長きにわたり世界中で愛されてきた
愛知県の食器総合ブランドです。
ノリタケの森は陶磁器に関する複合施設になっており、
広いガーデンやレストラン、アウトレットショップなどがあります。
とても優雅な空間で、犬を連れて散歩をしている人や、
家族でお茶を飲みに来ている人、ガーデンで寛いでいる人もいます。
まるで外国にいるような感覚を味わえます。
とってもおすすめです。

食べ物
「台湾ラーメン」は名古屋ではとても有名です。
台湾料理店は数多く、その中でも「味仙」というお店は地元の人は誰もが知っている有名店です。
お土産の話も出ていましたが、名古屋駅構内にあるキヨスクで持ち帰り用のものがあります。
ただし味仙のラーメンが置いてあるのは、
数多いキヨスクの中でも一件だけです。辛いですがお勧めです。

その他のプランですが
愛知県に瀬戸市という町があります。(セト物の瀬戸です)
そこで歴史ある瀬戸物屋さんを回り、食器を見て歩くのも楽しいです。美味しいうなぎ屋さんも沢山あります。
又、万博があった長久手もお勧めです。
長久手の戦いがあった古戦場公園で歴史を学び、
愛地球博記念公園では自動総合センターもあり、大芝生広場で昼食もとれます。

興味がありましたら、ぜひ調べてみて下さい。

学校で調べていらっしゃるのなら、知名度があり誰もが知っている情報は
得られてるのでは・・・と推測して
ここで私がお伝えするのは、いわゆる「地元」ってやつです。(個人的にお勧めするものです)
参考までに。

観光地
名古屋駅の近くに「ノリタケの森」という所があります。
「ノリタケ」とは百年の長きにわたり世界中で愛されてきた
愛知県の食器総合ブランドです。
ノリタケの森は陶磁器に関する複合施設になっており、
広いガーデンやレストラン、アウトレットショップなどがあります。
とて...続きを読む

Qレポートにオススメな人物 歴史を大きく変えた人物 おもしろい歴史人物

などなど、題名の通りです。
レポートを書く時にまとめたらすごく良いものが仕上げられそうな人物はいないでしょうか?
どの時代でも結構です、歴史を大きく変えた、有名な人物はいないでしょうか?
また、調べたらおもしろい、私たちの知らないことが分かるような奥が深い人物はいないでしょうか?

なぜいいのかということも添えてもらえたら非常に嬉しいです。
では、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こういったレポートの類では割と有名人が日本全国津々浦々の学生さん達に資料上でストーキングされていそうですね~歴史上のアイドル(?)には現実のアイドルと同様に私生活はあって無い様な物かもしれません。


とまぁ、余談はさて置いてこう言った課題で余り教科書には出てこない人物に親しむというのも有りとは思いませんか?


幾つか僕の個人的趣味丸出しなんですが・・・

山田方谷
時代は幕末!!日本全国の三百諸侯は財政難に喘いでいた。ある藩は密貿易に精を出し、またある藩は借金の踏み倒しに突っ走る!!彼の祖国「備中松山藩」もその一つだった。改革に成功すれば武士らしからぬ大悪人として天誅の刃。失敗すれば切腹という時代に生きた異端者の生き様とは?

ユリアヌス帝
ローマがローマで無くなる時代・・・4世紀。それは暗黒の中世の到来である。幼少の頃に実の従兄弟によって家族を失った少年はそれでも健やかに育ち、哲学を愛する健全な若者となった。
譲れない想い。守りたかった物。そして、幸せで満たされた過ぎ去った日々。彼は暗黒の時代の招来を阻止する事ができるのか?
彼に敵対した人は後にこう記している。
「彼は神の教えに対する裏切り者であったが、人類に対する裏切り者では無かった」と・・・



光武帝
数百年も続いた栄光ある帝国。だがどんな存在であれ永遠たり得ない。落日の後は古今東西繰り返されるであろう混沌。
倹しく、変化なんて有り得ない。故郷の村で晴耕雨読の毎日を過ごし、平凡ではあるけれど幸せな家庭を築き、孫に囲まれて往生する・・・漠然と思い描いていた未来。 しかし時代はそれを許さなかった。兄と共に兵を興し勝ち取った栄光の数々とその代償としての兄弟の死。彼の元に集いし将は二十八人。
後に名君として称えられ、中興の祖として帝国の再現を果たした唯一の人となった平凡な若者が歩んだ非凡な物語。


立見尚文
先駆者達は死に絶え、共に歩んだ戦友達が時代の彼方に飲み込まれた後に訪れた新時代「明治」。その時代を駆け抜けた武士(もののふ)が居た。
戊辰戦争、西南戦争、日清戦争、日露戦争・・・
近代国家「日本」は常に硝煙の詩と共にあった。
かつて手にしていた剣を小銃に換え、駆け抜ける日々。
其の時、老将の胸に去来したのは何だったのか?
若き日々の誓い?かつての戦友達の鎮魂?
「明治」の元勲達に最も恐れられた武士は皮肉にもその彼らを救う事になる。
何故、黒溝台の惨劇は広く知られること無く、陸奥の囲炉裏端で細々と語られる二十世紀最初で最後の「御伽話」となったのか?





んーついつい長文になってしまいましたね。
僕はミーハーなので熱く語りすぎた様ですね~
他の時代や国にも素敵な人は沢山いるからついつい目移りしちゃうんですよね~

こういったレポートの類では割と有名人が日本全国津々浦々の学生さん達に資料上でストーキングされていそうですね~歴史上のアイドル(?)には現実のアイドルと同様に私生活はあって無い様な物かもしれません。


とまぁ、余談はさて置いてこう言った課題で余り教科書には出てこない人物に親しむというのも有りとは思いませんか?


幾つか僕の個人的趣味丸出しなんですが・・・

山田方谷
時代は幕末!!日本全国の三百諸侯は財政難に喘いでいた。ある藩は密貿易に精を出し、またある藩は借金の踏み倒...続きを読む

Q愛知県の交通事故死ワースト1

当方愛知県に住んでいます。
今日ニュースで「愛知県全国交通事故死ワースト1」と聞きました。
割と耳にする言葉なので恐ろしい事にさほど驚きませんでした。
しかし、愛知県はどうして交通事故死が全国ワースト1になる率が多いのでしょう。

Aベストアンサー

愛知県在住者です。

仕事柄、色々な地方で車に乗る機会があります。

大阪 事故が多いようなイメージがありましたが、
雑然としているだけで運転マナーは良好でした。

東京 混んではいますがとくにマナーが悪いとは
感じません。

名古屋 道が広く、他の地域と比べると明らかに制限速度オーバーの車が多いです。
特筆すべき点は、他府県ナンバーの車が合流を試みても絶対にスムーズには入れさせない車が多いです。

つまるところ、車も多い、マナーを弁えない者が多い地域ではないかと思います。

耳が痛い話ですが、現実に住んでいて感じるところです。

Q墓が多数の人物、墓が無い人物

相当な人物であるにも関わらず、墓が存在しない人物と、墓が尋常でないくらい多数存在する人物の考察について、ご助言いただければ、幸甚に存じます。

Aベストアンサー

墓は奥が深いですね。外国のことは知らないのですが、日本だけでも
かなりかなり‥です。

・本墓とは別に、実際に故人の「しるし」が埋納されている
 供養塔 分骨・髪・爪・歯・灰・その他(遺品など) 
・火葬した場所 火葬塚
・ゆかりのある場所に、子孫や後世の人が建てた 供養塔
・墓を複数建てるという当時の有力者の風習 供養塔・一部は本墓
 高野山や地元の有力寺院などへの建墓、大名の江戸・国許双方の墓、
 門跡が歴任した寺院それぞれに建墓、などの例
・伝説化した歴史上の人物の墓は全国各地にある

遺体を埋葬した墓とは別に詣り墓を設ける地方もある、最近の永代供養
墓(最初から無縁仏となる?)など、他に様々な風習もある

本墓がない・見つからない場合は、上記が墓とされている場合も多い。
また、墓の概念自体が上記のように一元化されるようなものでもない
ので、明らかな捏造は別として、「どれが本当の墓か」という議論は、
あまり意味がない。

数の多さという点では、安徳天皇や長慶天皇ですね。いわゆる潜行伝説
がある各地に「御陵」と称するものがあります。安徳天皇に至っては、
宮内庁「陵墓参考地」として、今でも5ヶ所が国の管理です。長慶天皇
も旧宮内省の指定で2ヶ所ありましたが、既に指定解除されています。
あと、将軍綱吉生母桂昌院の墓(供養塔)も、意外な所でちょくちょく見
かけますね。寺の再建に援助したとかとかが理由のようですが‥

墓は奥が深いですね。外国のことは知らないのですが、日本だけでも
かなりかなり‥です。

・本墓とは別に、実際に故人の「しるし」が埋納されている
 供養塔 分骨・髪・爪・歯・灰・その他(遺品など) 
・火葬した場所 火葬塚
・ゆかりのある場所に、子孫や後世の人が建てた 供養塔
・墓を複数建てるという当時の有力者の風習 供養塔・一部は本墓
 高野山や地元の有力寺院などへの建墓、大名の江戸・国許双方の墓、
 門跡が歴任した寺院それぞれに建墓、などの例
・伝説化した歴史上の人物の墓は...続きを読む

Q愛知県の名物をおみやげに・・・

私は愛知県在住で、今度、県外の方に愛知県の名物(食べ物限定)をお土産に持っていこうと思っています。
そこで愛知県以外にお住まいの方で、こんな物をもらって嬉しかったor美味しかったという愛知県名物を教えてください!もちろん、人によって好き嫌いがあるとは思いますが、、、
ちなみに、その方は大阪府在住(関西は薄味だと聞いていますし、地域によって多少味の好みも違うかなと思い書きました)の、ご年配のご夫婦です。

Aベストアンサー

愛知県命の都民です。
愛知県って、美味いもの多いですよ。私、名古屋に出張で行くの好きです。

これまでの名古屋方面の出張歴で感動した食べ物。
1)手羽先
2)味噌煮込みうどん
3)味噌カツ
4)きしめん(だしが最高!)
5)天むす
6)赤福
7)ひつまぶし
8)ゆかり
9)ういろう
10)守口漬け

あと、ぜひ次回の名古屋で試したいのが、
あんかけすぱ、台湾らーめん、小倉トースト、すがきやらーめんなどなどです。

また、私は名古屋に行ったら、必ず赤味噌を買います。コンビニで赤味噌を見かけたときは感動しました。

Qそれぞれの時代の人物で、一番人気の人物

それぞれの時代の人物で、一番人気の人物は誰だと思いますか?

(1)旧石器時代

(2)縄文時代

(3)弥生時代

(4)古墳時代

Aベストアンサー

旧石器時代  狩りで獲物をたくさん取って来る人

縄文時代  器をデザインするようになった時代、土器つくりの名人

弥生時代 肉から穀物への食文化の変化、料理人

古墳時代 王様が死んだあと、その墓を作る土木工事の監督さん。

Q関西のテレビ番組を、愛知県で見たい

この度、愛知県に引っ越すことになったのですが、関西地方の民放テレビの番組を愛知県で見る方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

愛知県内を放送エリアとする民放各局の情報は、既に出ていますが、濃尾平野から名古屋市、知多半島の西側なら、UHFアンテナを立てることにより、三重テレビ放送が受信できます。
ただし、放送エリアより離れており、電波が弱くブースターが必要になるかも知れません。

放送内容は、三重のローカルが多いのですが、時間によっては、関西テレビのビデオ録画放送(数週間遅れ)を見る事が出来ます。
三重テレビは、独立U13局なんですが、東海テレビ(フジ系)と関連があり、その昔は、フジテレビのF1グランプリ(鈴鹿)の放送を手伝ったりもしてました。余談ですが…

やしきたかじん「たかじん胸いっぱい」、上沼恵美子「快傑えみちゃんねる」など…が見られます。


CATVによっては、三重テレビと岐阜放送が受信できるケースもあります。わが家がそうですから…

三重テレビのHP
http://www.mietv.com/index.html

参考URL:http://www.mietv.com/index.html

Q(/_;) 江戸城の秘密を守るため……これがほんとうなら、大工さんがあまりにもかわいそう……

 本を読んでいて、びっくりしました。徳川家康は、江戸城が完成したあと、いっしょうけんめい働いた多くの大工さんを、城の秘密がもれないように皆殺しにしたとか……。そんなことって、、ほんとうにあったんでしょうか? 史実として、たしかな証拠があるんでしょうか?
 それが史実なら、家康は大工さんの家族に、こんにちのおカネでいえば一人あたり何億円かの賠償金のようなものを支払うべきだと思うんですが、じっさいはどうだったんでしょうか? 
 家族は、「おとうちゃんがいつまでも帰ってこない!」と、大騒ぎしたと思いますが……。

Aベストアンサー

こんにちは。
とても心優しいコメントですね。
辛い話ですが、本当である可能性は高いと思います。
皆殺し、ではないかもしれませんが、特に細部にわたって全体像を把握していた人物は。。。
特にとても戦略にたけ、非常に用心深かったといわれる家康公のことですから。

大工さんが全員処分されてしまったのかどうかということですが、真偽のほどは私にはわかりかねますが、日本に特有な話というわけではなさそうです。

古代エジプトのファラオのピラミッドの建築に携わった奴隷は一緒に埋められたとか、殺されたという話もあります。(墓泥棒、墓あらしを防ぐため)

また、古代でなくとも、インドには有名なタジマハールという王妃のお墓がありますが、(アグラということころにあります。)
そのタジマハールに携わった大工さん(大理石で作られているのですが、その大理石の細工は見事です。これらの細工をなさった職人さんのことですが)は
全員手首から上を切り落とされたそうです。また、総責任者や設計士のトップの人は殺されてしまったそうです。この場合は、王妃を深く愛した王様が、この美しいタジマハールに匹敵する建造物が今後一切建造されることがないようにしたかったためです。

賠償金の話ですが、
賠償という考え方は現代的ですよね。両者が対等の力を持っていて、
そして賠償請求するという法的・社会的制度、あるいは精神が整っていることが必要ですよね。

しかし、江戸時代のことですよね。
士農工商といって、階級がはっきり分かれていた時代ですから。
欧米の奴隷制度ほどひどくないにしても、
『上』のものが『下』のものの、運命を決める事に関して、
少なくとも『上』の人はあまり抵抗なかったでしょう。
また、『下』の人たちもほぼあきらめの心境だったでしょう。
あがなえない力が働いているような。。。
また、『上』のもののために『下』のものが落命をする。。。
名誉なことだと考えさせられていたでしょうし。。。
つまり、『上』のものにとっては賠償なんて、とんでもないってことですよね。

以上、私の知っている限りでお答えさせていただいたので、正しいとは限りませんが、参考程度におねがいします。

こんにちは。
とても心優しいコメントですね。
辛い話ですが、本当である可能性は高いと思います。
皆殺し、ではないかもしれませんが、特に細部にわたって全体像を把握していた人物は。。。
特にとても戦略にたけ、非常に用心深かったといわれる家康公のことですから。

大工さんが全員処分されてしまったのかどうかということですが、真偽のほどは私にはわかりかねますが、日本に特有な話というわけではなさそうです。

古代エジプトのファラオのピラミッドの建築に携わった奴隷は一緒に埋められたとか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報