水溶液(塩化アンモニウムと塩化銅)の微小なちりを取るために、ろ過を
しようと思うのですが、化学実験は殆ど素人なので、ろ紙の使い方から
して、ちょっと困っております。

よく、入門書を見ると、ろ紙の大きさは、ロートよりも十分小さいもの
を使って、最初に、水等で、ぴたっとロートに貼り付けてから、ろ過を
始める、と書いてあります。
素人目には、ロートより、大きめなろ紙を使った方が、ろ紙とロートの
隙間から、ゴミが入り込まないので良いと思うのですが、どうして、小さな
ろ紙を使うように指示されているのでしょうか?

豆を挽いてコーヒーを入れるときでも、ろ紙の大きさは、大抵、
ドリッパーより、一回り大きなものを使います(私だけかな?)。
どうして、化学実験の際のろ紙は小さいものを使うのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

rei00 です。

お礼拝見しましたが,チョット補足致します。

> 私の目的(殆ど塩化銅と塩化アンモニウムは解けていて、
> 微小なチリを除去したいだけ)では、ひだつきを使った方が
> 良いような気がしてきました。
 すみません。余談で混乱させたかも知れませんね。spinflip さんの目的であれば,ひだ付きではダメだと思います。

 ひだ付きろ紙が使えるのは有機溶媒を濾過する時だけです。これは,有機溶媒の濾過速度が速いため可能なことであって,瀘加速度の遅い水溶液にひだ付きろ紙は使えません。と言うか,使うべきじゃありません。


・・・・・・・・・・・・・・・・
以下は有機溶媒の濾過の話であって,水の場合ではありません。ご注意を。

 上では,「瀘加速度が遅くなるので,水溶液の濾過にはひだ付きろ紙は使えない」と書きました。通常のろ紙で濾過速度が速いのであれば,何故有機溶媒にもそれを使わないのでしょうか。ひだ付きろ紙を折るのは面倒ですよね。

 それは,ひだ付きろ紙の方が表面積が大きくなり,瀘加速度が早くなるからです。有機溶媒の場合,粘度が低いため元々瀘加速度が早いので,ロ-トとの間に隙間ができるデメリットを表面積の増加のメリットが上回るために,ひだ付きろ紙の方が濾過が早くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早とちりで(というか私の無理解)お手数をおかけしました。
>>有機溶媒
ちょっと、とんちんかんな誤解をしていました。
アセトンとかアルコール系の溶液ですね。
すみませんでした。

確かに、塩化アンモニウムと塩化銅の水溶液は、「ものすごく」
ろ過速度が遅く、はっきり言って、気が狂いそうです。それで
大きなろ紙の方がいいのかなあ、と思ったのですが、、、、、。
大きなロートとろ紙を買った方が良いみたいですね。

お礼日時:2001/11/06 15:15

rei00 です。

しつこい様ですが追加です,

> 確かに、塩化アンモニウムと塩化銅の水溶液は、「ものすごく」
> ろ過速度が遅く、はっきり言って、気が狂いそうです。

 念のためですが,ロ-トと受器の間に紙などを挟んで隙間を作ってみて下さい。

 時々ロ-トが受器にピッタリ合った場合に,受器中の空気の逃げ場が無くなって濾過が極端に遅くなる事があります。その場合は,上記のようにして空気の逃げ場を作ってやればスピ-ドアップがはかれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ちょっと、情けない思い込みをしていました。
水溶液だと思っていたら、エタノールの飽和溶液でした。
(ごめんなさい。どうか、あきれかえらないで下さい。)
ということは、ひだつきを使って良いわけですね。

それから、受器はビーカですので、空気の逃げ場についてはOKです。

お礼日時:2001/11/06 23:48

> ロートよりも大きいものを使った方が、液のこぼれも無いですし、


 ロートより大きな濾紙を使ったとして,溶液はどこまで入れますか?たとえ濾紙が大きくても,溶液はロートの在る範囲しか入れられません(それ以上入れるとこぼれます)。ですので,ロートより大きい濾紙を使ってもあまりメリットはありません。逆に,学生などでは溶液を入れ過ぎてこぼす事があり,デメリットの方が大きいです。

> 隙間からの染み込みも無いので合理的な気がするのです。
 隙間からの染み込みであれば,ろ過はされた状態ですのであっても構いません。もちろん,隙間からの抜けは困りますので,濾紙をロートに密着させる必要があります。そのためには,ロートより少し小さめの方が上手くいきます。


 ちなみに,有機溶媒のろ過をする際には「ひだ付き濾紙」を使用しますが,この時にはロートよりも少し大きいものを使用します。これは,ひだを付ける事で濾紙が丈夫になるため,ロートよりも少しぐらい多く溶液を入れてもこぼれないのと,有機溶媒のろ過は水溶液と異なり濾紙を密着させる必要がない(速度が速いため)からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わかりました。濡れたろ紙は案外柔らかいので注意、
という点が、小さめのろ紙を使うエッセンスなのですね。

>>これは,ひだを付ける事で濾紙が丈夫になるため
絶対に密着+小さいろ紙が必要というわけではない
こともわかりました。私の目的(殆ど塩化銅と塩化アンモニウムは
解けていて、微小なチリを除去したいだけ)では、ひだつきを
使った方が良いような気がしてきました。

これからもよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/11/06 10:39

確かに小学校で小さなろ紙を使うように習いました。


めちゃくちゃ素人考えで、ロートの外にろ紙が出ていたら毛細管現象が発生したら液が外に漏れるように思うのですが。
    • good
    • 1

こんにちは。



あらためて「なぜ」と聞かれると困ってしまいますが。濾紙のふちを、漏斗の内壁にぴったりくっつけるためと、濾紙のふちから液がこぼれないようにするためでしょうか。また、濾紙を60度より鈍角に折ったときはこのほうが安定します。

ただ、「十分小さいもの」というほど小さい必要はなく、確か漏斗の大きさの八分目ぐらいを目安にするという記述をどこかで読んだことがあります(漏斗の角度は60度なので、例えば直径90mmの漏斗を使うときは直径150mmの濾紙を使うなど)。

濾紙のふちをぴったりくっつける理由は、気密にすることにより、漏斗の足の部分にできた液柱の吸引力によって濾過を迅速にするためらしいですが、よくわかりません。

沈殿がたくさん入った母液を濾過するとき、濾過の遅さはいらいらさせるもので、濾過を迅速にするためのこのような工夫はいろいろ実験書には書いてあります。例えば、二重になった濾紙の折り目の角を破くとか(より密着する)、濾紙を折るとき少しずらして折って角度を60度より鈍角にするとかですが(濾紙のふちはより密着するし、濾紙の下のほうは漏斗に密着しないのでろ液が流れやすくなる)、個人的にはあまり差はないような気も……(他の方はどうでしょうか?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>>濾紙のふちをぴったりくっつける理由
わかりました。ただ、
一番お聞きしたかったのは、
>>十分小さいものというほど小さい必要はなく、確か漏斗の大きさの八分目
のところなのです。私の素人考えですと、八分目ではなく、ロートよりも
大きいものを使った方が、液のこぼれも無いですし、隙間からの染み込み
も無いので合理的な気がするのです。なぜ、ロートよりも、たとえ少しでも
小さなろ紙を使うのでしょうか???

お礼日時:2001/11/05 18:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1-a≦(5a^2-26a+5)^2≦a-1⇔0≦(5a^2-26a+5)^2≦a-1?

aはa≧5をみたす定数として、
1-a≦(5a^2-26a+5)^2≦a-1と
0≦(5a^2-26a+5)^2≦a-1
は同値でしょうか?
1-a≦(5a^2-26a+5)^2≦a-1⇒0≦(5a^2-26a+5)^2≦a-1も
0≦(5a^2-26a+5)^2≦a-1⇒1-a≦(5a^2-26a+5)^2≦a-1も真なので同値だと思うのですが。

Aベストアンサー

前半)
> aはa≧5をみたす定数として、
この↑条件下では同値ですね。

後半も
>> aはa≧5をみたす定数として、
この↑条件下では同値ですね。

Q極性分子はどれか 塩化水素 二酸化炭素 四塩化炭素 メタン 答えは塩化水素ですが、基本的なことが分

極性分子はどれか
塩化水素
二酸化炭素
四塩化炭素
メタン

答えは塩化水素ですが、基本的なことが分かっていません。
教えてください><

Aベストアンサー

二酸化炭素の分子の形を知ってなきゃ答えられないというだけです。
また、sp³とかsp²とかも必要ないです。
1) 単純に異なる元素の原子は電子を引き付ける力が異なる。
2) 分子の形は
 塩化水素 は二原子分子ですから、直線一択
 二酸化炭素 は三原子分子ですが、分子模型を作ったらわかるように直線
 四塩化炭素 は正四面体の形
 メタン   も正四面体の形

 よって、相対的に電荷が偏るのは、塩化水素だけになります。

★ 水分子は、二酸化炭素と同じ二種類の元素による三原子分子ですが、水は「く」の字に曲がっている。--厳密にはメタンと同じ形で正四面体の4つの頂点の二つに水素原子、残り二つには単に電子対だけなので強い極性を示します。

 さんざん分子模型は作らされたと思います。化学の教室には備品として整備しなければならないのでね。それを実際に手に取っていろいろな分子もの模型を作ってみさせられたと思います。その時の記憶はあるのでは??

Q5Aの電源ヒューズ

ETC装着の為にヒューズ電源をとろうと思っていますが、5Aのヒューズから電源をとろうと思ったのですが、「エーモン」の「ヒューズ電源」は7.5Aからになっています。(7.5Aから5Aの電源がとれる)
元々5Aのヒューズに7.5Aのヒューズ電源は使えないのでしょうか。

Aベストアンサー

良否をいえるような立場ではありませんしご指導できるほどの知識もございませんが、考え方の方向はあっておられるのではと思います。
今までのやり取りで、電源分岐の仕方やヒューズ電源の使い方について思慮いただいたのでおそらく今後トラブルが起こったときに対処ができるのではないかと思われます。
重要なのは自分で納得できる答えを出す為の技術的思考力(技術的な裏づけを求める力)です。
おそらくcberrushさんはお持ちだと思います。
私が出した色々な案はそれぞれ微々たる差とも考えられるので、どうするかの最終決定はあとは使用者の経験と好みとセンスによると思います。
”最上”の事ができれば一番ですが、それができないなら”最適”解を選らばなければならず、なにを重要視するかで最適は人それぞれ変わります。

私なら、
+ ------------|
      5A-fuse
負荷側配線なし|--------1Afuse----ETC

がだめなら、
+ ------------|
      5A-fuse
--------------|--------1Afuse----ETC
でも、どちらでもいいかと考えます。負荷側の配線の末端の絶縁処理はちゃんとされているものだと経験上おもうので。

よって、
+ ----|--------1Afuse----ETC
    ×5A-fuse(溶断済み)
 -----|

のように溶断済みのフューズまでは使わなくても、BOX2次側の配線は絶縁されているだろうからよいかなと思います。また、1Aの手前の配線の経路にスキマを通したくないので(ここが私の重要視ポイント)、やらないと思います。

ちなみに私はこだわり派なのでヒューズBOXの裏からなんとかして分岐させるかな。

ただ、ツレからどうしてもBOX裏の配線はいやで市販のヒューズ電源を使いたいと相談されたなら、妥協して
+ ------------|
      7.5A-fuse
--------------|--------1Afuse----ETC
にすると思います。
もう一度書きますが、最適解は人それぞれです。

良否をいえるような立場ではありませんしご指導できるほどの知識もございませんが、考え方の方向はあっておられるのではと思います。
今までのやり取りで、電源分岐の仕方やヒューズ電源の使い方について思慮いただいたのでおそらく今後トラブルが起こったときに対処ができるのではないかと思われます。
重要なのは自分で納得できる答えを出す為の技術的思考力(技術的な裏づけを求める力)です。
おそらくcberrushさんはお持ちだと思います。
私が出した色々な案はそれぞれ微々たる差とも考えられるので、ど...続きを読む

Q先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シングル/ダブルビームの違いはビームの数で、特徴として、シングルビームは常に同一セルを使えるが毎回参照を測定し、試料の測定結果から補正しなければならない。
ダブルビームはセルが二つ入れられ、常に(交互に)参照と試料を測定しているので、長時間使っていてもデータのブレが起こりにくい、ということだと理解しています。

そこで質問があります。上記以外の基本的な特徴は下記のとおりで合っていますか?
●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
スペクトルを見たいときのみ使う。

それとも、シングル/ダブルの方式の違いと、
波長をスキャンしてスペクトルを得られることは別ですか?
「大型で、吸収スペクトルを測れるシングルビーム」や、
「小型でスペクトルは測れず吸光度のみが表示されるダブルビーム」
なども存在するのでしょうか?
(そんな装置も作れるけれど、わざわざダブルビームにするのに、
スキャン機能を省略することはない、ということでしょうか?)

恥ずかしい質問かもしれませんが、宜しくお願いいたします。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シン...続きを読む

Aベストアンサー

●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
→スペクトルは測れますが、対照補正が出来ないので、正しいスペクトルとはなりません。

測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
→主にこの使い方となるでしょう。

装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)
→小型かどうかは、どうでしょう。今シングルのものはあまり販売していないのでは。

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
→ダブルのものでもかなり小さいものもあります。

スペクトルを見たいときのみ使う。
→スペクトルを測る場合のみではなく、対照吸光度補正が出来るので、通常の吸光度を測る場合に使用します。

Qa^8+a^6+5a^4+4a^2+4の因数分解

a^8+a^6+5a^4+4a^2+4
次数の最高が4次になるように因数分解したときの
途中計算?解法?が知りたいです

答えは(a^4+4)(a^4+a^2+1)です

見やすくすると
式→ a^8 + a^6 + 5 a^4 + 4 a^2 + 4
答→( a^4 + 4 ) ( a^4 + a^2 + 1 )
になります。

Aベストアンサー

a^8+a^6+5a^4+4a^2+4

前2つの項の係数が 1 で、後ろ2つの係数が 4 で、
この 1 と 4 をたすと、ちょうど真ん中の項の係数 5 になるから、

5a^4 を a^4 と 4a^4 にわけて、

a^8+a^6+a^4+4a^4+4a^2+4

とすると、

a^8+a^6+a^4 は a^4 でくくれて、 a^4(a^4+a^2+1) になり、
4a^4+4a^2+4 は 4 でくくれて、 4(a^4+a^2+1) になるから、

これで、 a^4+a^2+1 が共通因数になってくくれるな。

と思えれば、いいかと。

a^8+a^6+5a^4+4a^2+4
=(a^8+a^6+a^4)+(4a^4+4a^2+4)
=a^4(a^4+a^2+1)+4(a^4+a^2+1)
=(a^4+4)(a^4+a^2+1)

Q化学科の実験について… 大学での化学科の実験で使う薬品は身体に何らかの影響がありますか? (腎臓とか

化学科の実験について…
大学での化学科の実験で使う薬品は身体に何らかの影響がありますか?
(腎臓とか肝臓)
また何らかの影響が出た方はいますか?

Aベストアンサー

非常にありますね!
SDSというものが、化学製品、薬品には添付されています。
急性毒性、眼刺激性、皮膚刺激性、生殖毒性、生殖細胞変異原性、発癌性などが記載されています。
これらを読んで、ゴーグル、不浸透性手袋、マスク、白衣や作業着を着て、法定吸引風速以上のドラフト内で作業して下さい。
また、実験室は作業環境測定を行い、ジクロロメタンなどの特定化学物質は記録を30年間保管しなくてはいけません。
大学は企業に比べて安全衛生管理がルーズです。自分の体は自分で守って下さいね。有機化学系は特によくないです。

QディアマンテF25Aの外装

ディアマンテF25Aを中古で購入(ほとんどただw)する予定なのですが、外装が痛んでいるため、部品取り車を物色しなければ、と考えている次第です。
そこで質問なのですが、ディアマンテに詳しくないために詳しい方々のお知恵を拝借したいと思います。
「ディアマンテF25Aにポン付で使える外装を持つディアマンテの車種(F13AとかF15Aとか)は何か?」というのをお教え頂きたいのです。
安く手に入れた車なので、極力修理費にお金をかけたくないので宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 たぶん、排気量と駆動方式の違いだと思いますので、F25AにはF12A、F13A、F17A、F27Aのパーツは取付可能だと思います。
 但し、中古部品を使う際の、塗装の色あせの具合とか見えない箇所の腐食とか、いろいろと問題があるかもしれません。最終的には全塗装したほうが安上がりになるケースもありますので、一度板金屋さんと相談してみた方がいいとおもいますよ。

Q塩化ブチル実験の収率について

t-ブチルアルコール37gとHClを反応させ、塩化t-ブチルを精製する実験を行いました。
結果25gの塩化t-ブチルができました。収率は約54%でした。

この収率は良いのでしょうか、悪いのでしょうか?
どういう基準で良いのか悪いのか、どう調べていいかわからなかったので、ぜひ知っている人がいればよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

反応の種類によります。非常に困難な変換であれば50%程度でも高いといえるかもしれませんし、容易な変換であれば80%でも低いということになります。
したがって、その判断はアバウトなものです。また、単離精製した収率なのか粗生成物の量なのかによっても違うでしょう。

いずれにせよ、ご質問の反応について述べるなら、容易な反応の部類にはいると思います。だとすれば、収率が良いとはいえないでしょう。しかしその反面、学生実験にありがちな、必ずしも適切な器具を用いたものでなく、操作も大雑把な実験でそういう収率が出たというのであれば、低いとも言い切れませんね。要するに状況次第ということです。

まあ、レポートに書くのであれば、「収率が低かった」と考え、そのなった理由を考察するというのがもっとも無難な書き方でしょう。これを「収率が良かった」などと書くと、取りまとめが大変です。

Q12V5Aの電流を12V1Aにしたい

12V5Aの電流を12V1Aにしたい

太陽電池で充電するような電子工作をしています。12V5Aで出ている電流を12V1Aまで落とす必要があるのですが、知識も予算もなく困っています。

安価な部品で実現する方法はありますでしょうか?

ぜひアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

定格出力が12V5Aの電源を使って、定格12V1Aの機器を使用しても、使用機器には1Aしか流れません。
使用機器が何か分かりませんが、音響機器では音量のボリュームを上げる事によって、電流が沢山流れる様になります。
もし、ボリュームを上げる事によって5倍もの電流が流れるなら、それはそれで正常なのです。
また、自動車で使用する場合等は、12Vといってもアクセルを吹かせば14V位まで上がり、普通の機器ではそれ位は十分耐えうるようになっています。
・・・・・
オームの法則 E(V)=R(Ω)×I(A)
書き換えれば、I(A)=E(V)÷R(Ω)です。
電圧(E)が12Vで、電流(I)を沢山流そうとすれば、抵抗(R)を小さくするか、
抵抗(R)が一定なら、電圧(E)を上げないと、電流(I)が大きくなりません。
つまり、使用機器が壊れるか、電圧を上げない限り、過電流が流れる事はありません。
多分、チャージコントロールの故障か、サージ電圧がかかって瞬間的に高電圧となり、過電流が流れたのではないでしょうか。
中国製の、チャージコントローラが原因だと思います。
チャージコントローラの故障もチェックして下さい。
・・・・・
サージ電圧の回避方法としては、
1.定電圧装置を間に挿入する。
(接続方法)
太陽電池
  ↓
チャージコントローラ → 定電圧装置 → 使用機器
  ↓
バッテリー

又は、
2.バッテリーを利用して、平衡を保つ方法も有ります。
(接続方法)
太陽電池
  ↓
チャージコントローラ
  ↓
バッテリー → 使用機器
こうすれば、少しばかりのサージ電圧なら回避できると思います。
・・・・・
抵抗を並列につけるなんて、電力の無駄です。
せっかくの太陽電池が泣きます。
頑張って下さい。

定格出力が12V5Aの電源を使って、定格12V1Aの機器を使用しても、使用機器には1Aしか流れません。
使用機器が何か分かりませんが、音響機器では音量のボリュームを上げる事によって、電流が沢山流れる様になります。
もし、ボリュームを上げる事によって5倍もの電流が流れるなら、それはそれで正常なのです。
また、自動車で使用する場合等は、12Vといってもアクセルを吹かせば14V位まで上がり、普通の機器ではそれ位は十分耐えうるようになっています。
・・・・・
オームの法則 E(V)=R(Ω)×I(A)
書き換えれば...続きを読む

Q塩化t-ブチルの合成実験について

大学でt-ブチルアルコールから塩化t-ブチルを合成する実験を行ったところ分からないことがでてきました。
tert-ブチルアルコールに塩酸を反応させ、過剰分を炭酸水素ナトリウムで中和し、塩を水で洗って、塩化tert-ブチルを得ました。その後リービッヒ冷却器を使って蒸留し、精製するという実験です。
最後の精製の段階で、蒸留したときに初留で白濁した液体が出てきました。これはいったい何なのでしょうか?

溶液コロイドが乳化したゾルだという話を聞いたのですが、関係あるのでしょうか?もし溶液コロイドだとしたら、それは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

>過剰分を炭酸水素ナトリウムで中和し、塩を水で洗って、塩化tert-ブチルを得ました

上記の操作で水洗後乾燥剤を入れて水分を除いていませんので、恐らく「共沸」で出てきた水かと思います。無水硫酸ナトリウムを用いて十分乾燥後蒸溜すれば良いかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報