前回「このシチュエーションをなんと表現しますか」でお世話になりました。
その節はありがとうございました。
今回、また私では少し解決するのに難しい用語にぶつかりました。
その用語は「道理」です。

「道理」とは、物事のそうあるべきすじみち。ことわりであって、人の行うべき正しい道のことです。
現在「法」と「道理」がどう違うかを論じているのですが、「法」は「外的強制力」が働くけれども、「道理」はそうではありませんよね?
「道徳」に近いのでしょうか?それとも別物なのでしょうか?
別物ならば、どこが違うのでしょうか?

もうひとつ「道理を破る方はあれども法を破る道理なし」
という言い回しもありますが、これは法の法が強いということですね。
つまり 法>道理 というわけなのですが
どんなシチュエーション、またはどんな文章の時に使うのでしょうか?
この言葉がとても気になっています。

自分なりにも調べてみたのですが、言い回しなどはなかなかのっていないので
実際のニュアンスや定義に苦戦しています。
ご存知の方、いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 言葉の一般的な使われ方の話でいいんですよね?



 「道理」という言葉は、大きく分けて、二通りの意味、または、それらの融合した意味で使われていると思われます。

1.物事がそうあるはずの筋道。理屈に合っていること。当然のこと。

2.そう行われなければならない正しいあり方。善。したがって、「道徳」に近い。

 ですから、「道理を破る法はあれども、法を破る道理なし」という言葉は、「法」の優位を説く言葉には違いありませんが、最初の「道理」は2の意味に近く、あとの「道理」は1の意味に近いと思われます。つまり、「悪法が存在したとしても、法を破っていいという理屈はない」と。『太平記』では、この言葉のあとに、「況や有道の法をや」(まして、人の道に順じた法はなおさらだ)という言葉が続くのはそのためでしょう。

 こういうふうに考えれば、「法も道理もない」という言葉は、「法」と「道理」を並列していることから、2の意味に近い意味で使っていると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

そうですね。助詞の「も」は似たような意味のことばを並列させますものね。
道理の意味を2つ挙げて、どうして二(道徳)に近いかを助詞の「も」を使って論じてみようと思います。

「道理」という言葉は普段あまり使わないので
イマイチピンとこなかったんです。
古典のイメージや決り文句でしか使わなかったので・・・
けれどかなり見えてきました。

>「道理を破る法はあれども、法を破る道理なし」

これはやっぱり難しいかな??
私にはまだ使いこなせなさそうです。

ありがとうございました!

お礼日時:2001/11/08 00:44

 


  中国の思想用語のことか、西洋の思想なのか、よく分からないのですが、適当に考えます。(これらの言葉は多義的な意味を持つはずで、無前提に、「法」が「道理」がと言われても、普通困るのでは)。
 
  道理とは、中国的には、天命・天意に沿うことと言うような感じで、老荘思想的には、「自然」に備わる人倫の道というようなニュアンスでは。人として行うべき正しい道だと、それはソルレンになるでしょう。ゾルレンには強制力があるはずです。内面的な強制力とでも言えばよいものです。しかし、「自然の人倫の道」とすれば、天はそのようになっているということで、これは「無為」と「作為」の関係が前提になるのでは。
 
  無為にして、人が自然にかくあるべきこと、ゾルレンではなく、天がそう決めたということです。「法」はそれに対し、共同体のノモスという意味でしょう。共同体を維持するため、成員や指導者に課される行為規範の意味だと捕らえれば、共同体を維持しようとする、いわば「人為・作為」の力によって、自ずと、ノモス=法を破る者には、共同体からの罰則が何らかの形で課されるということでしょう。それが、外面的強制力に見えるということでしょう。
 
  道徳とは、ノモスのヴァリエーションで、内面化された法、個人の超自我的な行為規範、従って、ゾルレンの一つの形でしょう。本来、道徳は道理と同じもののように思えるのですが、この文脈では、異なるもののような感じです。人間の自由意志に基づくエティカといえば、カントかスピノザみたいですが、そんな意味ではないでしょう、この場合の道徳は。自然にして無作為な行為規範として道理があるなら、道徳とは、作為的・人為的に定めた、内面化された法の意味では。
 
  「道理を破る法はあれども、法を破る道理なし」とは、「破る・破らない」は人為であり作為であるので、共同体のノモスである法は、天の意に反する命令を出すことができるが、天の意は無為で自然なる規範であるので、法が悪法であろうと、これも、人為における「自然」であって、無為は人為と共約しないということで、道理は、法を裁くことはないという意味でしょう。
 
  さる国では、役人たちが、新しい法を定め、人民を法に従って裁いている。聞くところ、理不尽な法であり、道理に合わないこと夥しい。されど、泰山に住まう師のいうことには、「道理を破る法はある、しかし、法を破るという道理はない」。法は無法であろうと、法である限り、逆らうべきではない。天意に則れば、悪法はおのずから破れて滅びる。天の道理とはかくのごとし、なりと。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

少し哲学が入っていて混乱しましたが、だいたいわかりました。
(ニュアンスとして伝わって気ました)

>これらの言葉は多義的な意味を持つはずで、無前提に、「法」が「道理」がと言われても、普通困るので

そうなんですよね。
今回扱おうとしている〈法〉は法律に一番近いものです。

例えば
・未成年者が煙草を吸うことは法律で禁止されている。そしてこれを破ったものは法的処置をとることになる〈法〉
・電車やバスの中でお年寄りや体の不自由な人に席を譲ることは<義務>ではなく<善意>である。よって席を譲らなくても、そこには「外的強制力」は存在しないので法的に罰せられることはない〈道徳〉
・こういった例をあげるとしたら〈道理〉は何??

〈道理〉は定義するのに難しく、今まで何気なく使っていたのですが
「法も道理もない」という言葉を証明する壁にぶちあたり、混乱しています。

言葉の幅が広いですが、今回は
・法律と道理の大きな違いを簡潔に述べる
という感じです。

もう少し具体的な違いがわかると助かります。
ニュアンスではわかるのですが、言葉に限定できないのが現状です…
私自身ももう少し調べてみます。
 

最後のは漢文みたいですね。
ちなみにこういった話はすごく好きです。

お礼日時:2001/11/07 19:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字検定 勉強法

漢字検定の勉強法についてですが・・・
おすすめの参考書って 
あるでしょうか?
それとも、
地道に、日本漢字能力検定の
”漢字学習ステップ”を
使うほうが良いでしょうか?
誰か教えてください!!!

Aベストアンサー

私は2級受験の際、日本漢字能力検定の黄色い本
「漢字学習ステップ」を使いました。
私は時間がなかったのでその本しか出来なかったのですが、
確か190点以上取れました。
点数を取ることを目標とするのなら、あの本だけでも充分だと思いますよ。
ちなみに「漢字学習ステップ」は頑張れば2日間で全て終わるくらいの量でしたので、
時間があれば他の本も試してみれば良いと思います。
きっとあなたの力になるはずです。

検定頑張ってくださいね。応援してます。

Q塞破、砦破、最破、砕破これらは空手の型名サイファーの別名ですがどのよう

塞破、砦破、最破、砕破これらは空手の型名サイファーの別名ですがどのように読みますか?

Aベストアンサー

空手の剛柔流の開手型の一つですよね。
(兄が大学のときに空手部で流派が剛柔流でした)。

すべて呼び方は「サイファー」です。
塞、砦、最、砕の音読みは「さい」ですし、
砕破が一般的に用いられている漢字ですが、その他の漢字表記として
質問文に上げられた漢字があるという考え方でよいと思います。

Q漢字の勉強法 学習法

僕は高校一年生なのでですが、漢字が出来ません。
まぁ漢字の勉強というものをここ数年やってないので出来ないで当たり前なのですが・・・

で最近「漢字が出来ないとやっぱりかっこ悪いな」と思っって漢字勉強してみようと思ったのですが、何をやっていいのか解らないし、やるからには効率の良い勉強をしたいなと思い質問しました。

なので漢字の学習法や良い参考書などあれば教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

参考書は、漢検協会発行のものが最適だと思います。

まず、自分に合う級の参考書を購入しましょう。
その級の基準漢字が掲載されてますから、とにかくその漢字を何度も何度も繰り返し「書くこと」です。
「書くこと」以外に早く覚える方法はありません。

だれにでも、ふだん結構いい加減に不正確な漢字を使っていることがありますから、正確に書いて覚えることです。
「くっつける・はなす」、「はねる・はねない」、「点がある・ない」など注意しましょう。

そのとき並行して、その漢字の意味・音訓別の読み方・送りかななどを覚えるようにすれば、だんだん漢字への興味がわき、漢字の勉強が面白くなってくるはずですが~~

ともあれ、頑張ってください。

下記URLは漢検協会の公式サイトです。

参考URL:http://www.kanken.or.jp/

Q「抽象化、具体化」と「帰納法、演繹法」について

ロジカルシンキングについて教えてください。

「抽象化、具体化」と「帰納法、演繹法」はどういう関係なのでしょうか。
WEB上にある情報や書籍化された情報は混乱しています。「抽象化=帰納法、具体化=演繹法」と解説している方もいらっしゃれば、「論理展開は帰納法、演繹法のみ」としている方もいらっしゃいます。

私の認識では、「抽象化≒帰納法」です。抽象化は無駄を排除する思考法である一方で、帰納法は一般化の方法であり、これらを同義とするのは間違っていると思います。
また「具体化≠演繹法」であると認識しています。具体化は端的に言えば大カテゴリを小カテゴリに分けることで、演繹法は大カテゴリを前提としてそれに当てはまる事象を論理的に思考する方法論であり、それらは似て非なるものだと思います。。

どちらもロジックツリーで表現されることが多いですが、、ピラミッド構造化してしまうから混乱を招いているように思います。
どちらも思考の方法論ではありますが、ピラミッドの構成法は異なるものなのでないかと思います。

論理的であることにおいて「抽象化、具体化」と「帰納法、演繹法」は外せない概念だと思うのですが、それらの違いを簡単に説明してくれいてる文献がないので、どなたか分かりやすく説明いただけないでしょうか。

ロジカルシンキングについて教えてください。

「抽象化、具体化」と「帰納法、演繹法」はどういう関係なのでしょうか。
WEB上にある情報や書籍化された情報は混乱しています。「抽象化=帰納法、具体化=演繹法」と解説している方もいらっしゃれば、「論理展開は帰納法、演繹法のみ」としている方もいらっしゃいます。

私の認識では、「抽象化≒帰納法」です。抽象化は無駄を排除する思考法である一方で、帰納法は一般化の方法であり、これらを同義とするのは間違っていると思います。
また「具体化≠演繹法」であ...続きを読む

Aベストアンサー

門外漢ですが。

私もあなたの説明されるように理解しています。

ただ、ここのカテよりも「哲学」のカテの方が、求める回答は得られるとは考えます。

Q漢字検定のおすすめ勉強法

最近PCばかりで文章を書き、手書きするとき漢字を忘れてきていることを
感じるので常用漢字を中心に一通り復習しようと思っています。

どうせ勉強するなら、モチベーションにもなるのでついでに漢字検定2級の
勉強をしてとりたいと考えています。

お勧めの勉強法や、テキスト、問題集などがありましたら教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

僕は漢検3級まで持っていますが、ひたすら過去問の問題集を買って、合格点に達するまで、何回も同じ問題を解くことです。それから四字熟語の意味を答える問題や、四字熟語の穴埋め問題もあるので、四字熟語をしっかり勉強すると良いと思います。

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

Q漢字検定準1級の勉強法・おすすめ問題集

先日、テレビを見てたら芸能人が漢字検定に挑戦していました。見ててそこそこ問題がわかったので漢字検定準1級を受けてみようと思ったのですが、おすすめの勉強法や問題集がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

漢検準1級は、思うほど甘い検定では無いです。確かに「読み」はあ
る程度読めますが、「書く」のと「四字熟語」がかなり難しいので、
もし真剣にやるのであれば公式本の「完全征服」を殆ど覚えこむ位に
は最低しなくてはダメです。その上で、高橋書店の「頻出度別」や各
社の「出る順」問題集をやると、目に見える効果が出ると思います。

Q「~するも」などの言い回し

年配の人の文章によくでてくる『~を訪問するも不在』や『~を説明するも納得せず』というような言い回しは正しい日本語なんでしょうか?また、語源は『~ものの』なんでしょうか?

Aベストアンサー

昔から使われている表現ですので,正しいかといわれれば,正しいと答えてよいと思います。
ただ,いささか古風な感じはありますね。
お示しの「~を説明するも納得せず」のように,「○○すべし」「○○ならん」などが出てくるような,文語体,またはそれに近い文体には良く似合いますが,「~を説明するも納得しなかった」となるとちょっとアンバランスです。
逆接の意味の接続助詞ということができるでしょう。「ものの」の他に「~とも」「~(し)ても」などと言い換えられる場合もあります。
例:「本日に至るも返事無し」「遅くも○○日までにご返答あられたし」

語源はきちんと調べないと分かりませんが,「ものの」の省略形ではなさそうな気がします。
どちらかというと,「~とも」と関係が深そうです。(「板垣死すとも自由は死せず」の「とも」です)
おそらく,「かばかりになりては,飛び降るるとも降りなむ」(=ここまで降りてきたのだから,飛び降りたって飛び降りられるだろう。徒然草より)のように,もともとは逆接の仮定条件の意味で使われていたのが,次第に仮定の意味が失われていったのかなあ,と思っています。
(今の例でどこが逆接かというと,高いところから飛び降りたら,こけたりケガをしたりする,という話が前提としてあるわけです。そこで,飛び降りるとしたらそういう結果を招くと予想するかもしれないが,そうではなくって…という逆接になるんですね)
もっと語源をさかのぼれば,接続助詞「とも」自体が「と」+「も」に分解されそうですが,ご質問の「も」の用法の話からずれてきましたので,このへんにしましょう。

昔から使われている表現ですので,正しいかといわれれば,正しいと答えてよいと思います。
ただ,いささか古風な感じはありますね。
お示しの「~を説明するも納得せず」のように,「○○すべし」「○○ならん」などが出てくるような,文語体,またはそれに近い文体には良く似合いますが,「~を説明するも納得しなかった」となるとちょっとアンバランスです。
逆接の意味の接続助詞ということができるでしょう。「ものの」の他に「~とも」「~(し)ても」などと言い換えられる場合もあります。
例:「本日に至...続きを読む

Q小3の漢字テスト不合格の勉強法

初めて利用します。

小学3年生の娘が、2学期末の漢字のまとめテストで不合格となり、
(50問ずつ5回の問題に90点以上を3回とったら合格)
北海道なので20日以上ある冬休み中、
毎日漢字ドリルのページ一枚にのっている10個の漢字を
ノートに書き写す宿題がだされました。
ドリルには
「漢字」
「音・訓」
「画数」
「部首」
「熟語」3~4種類
が載っていますが、
「熟語を3回ずつ書く」という指示以外
細かくどのようにやるか・・・という説明がなかったのか
娘は部首は書かずにドリルの形式を写し、熟語4種類を4回ずつ書いていました。
(自分なりに頑張ろうと量を増やしたようです)

それでは、大事な部分が抜けていると思い、

部首を明記
熟語の読みも書く
練習の回数は3回に減らす

と、量を減らして質をあげる工夫をアドバイスしました。


毎日一生懸命取り組んでいますが、所要時間は50分はかかり
全員にだされているプリント学習に手が回りません。

娘は、冬場のスポーツをやっているので休み中も毎日朝から夕方まで
練習に励んでおり、お正月明けからは大会もあり、
冬休みだからといって家でゴロゴロしている生活ではありません。
本人はその為に冬に備えて過ごしてきているので、
練習や大会を減らす事はできません。

それだけに、限られた時間で冬休み中は2月に受ける漢字検定の勉強や
通信教材のおくれ分をやる事にあてようと思っていましたが、
この漢字の宿題に時間と労力をとられてしまっています。

担任の先生は男性の新卒教員で、1学期の漢字テストの際も
間違えた漢字1文字をノート片面にびっしり書く
という課題をだし、親も子も大変な目にあっていました。

その時は、娘は2文字だけの間違えだったためになんとかやれましたが、
あまりのやり方に保護者からも意見がでたのですが・・・・。

漢字が苦手な娘と一緒に2学期頑張ってやってきたのですが、
なぜか最後のテストで失敗してしまい今回の結果となりました。

せっかく漢字が好きになってきて、イヤイヤだった漢字検定にも
意欲的に取りくみ始めた矢先の不毛に思える宿題の質と量に、
親として疑問を感じています。

私は漢字は部首と書き順をしっかり理解した上で、
読みと色々な熟語を知る事で、日常で使っていけると考えています。

先生のこの宿題の出し方は
我が子だけでなく、漢字が苦手な子が更に嫌いになるだけのような気がして
このやり方がとても心配です。
親がサポートできない(しない)家庭の子は、単なる罰ゲームになっているのではないかと。

今後の勉強法を工夫するためにも、
漢字が苦手な子への補習の勉強法を教えていただければと思います。

よろしくお願いします。

初めて利用します。

小学3年生の娘が、2学期末の漢字のまとめテストで不合格となり、
(50問ずつ5回の問題に90点以上を3回とったら合格)
北海道なので20日以上ある冬休み中、
毎日漢字ドリルのページ一枚にのっている10個の漢字を
ノートに書き写す宿題がだされました。
ドリルには
「漢字」
「音・訓」
「画数」
「部首」
「熟語」3~4種類
が載っていますが、
「熟語を3回ずつ書く」という指示以外
細かくどのようにやるか・・・という説明がなかったのか
娘は部首は書かずにドリルの形式を写...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
ご丁寧なお礼の文を有難うございます。
宿題はおそらく、下記の様な図ではないかと思いますが、宜しいでしょうか?

熟語と合わせて覚えるというのは少し大変かもしれませんね。熟語は複数の文字の意味を理解できて初めて成り立つものなので(例外も多数ありますが)、1つ1つの文字の意味の理解が重要になります。
個人的には1文字ずつ取り上げていった方が良い気もしますが。

3回×4種類の熟語を書くという事ですね。メインの漢字は12回書く事になりますが、熟語として捉えると3回だけですから、反復回数としてはあまり多い方では無い様に思えます。故に理解・記憶させるには、かなり丁寧な説明が必要になりそうです。

時間は掛かると思いますが、その文字1つ1つの意味を理解しながら進めた方がいいんでしょうね。
でないと、ただの作業になり兼ねないので、宿題をする本人も苦痛しか感じないかもしれません。
今回の漢字に限らず、勉強が楽しいものと感じるようになれば、学習意欲が大きくなるので、お子さんの様子を見て、好みそうな学習プランを立ててあげるといいでしょう。

NO3の方の回答の様に遊びの要素があった方がいいかもしれません。
(具体的には雑誌で見かける漢字クロスワードパズルの様なもの)

まとめますと
・宿題は現状のまま進めていく。
・宿題とは別に勉強をして漢字の理解力を深める。
・本人が苦痛に思わないように、遊び(ご褒美)などの要素を加えた勉強法をする。

あまり具体的ではないですが、参考程度に読み流してください。

NO2です。
ご丁寧なお礼の文を有難うございます。
宿題はおそらく、下記の様な図ではないかと思いますが、宜しいでしょうか?

熟語と合わせて覚えるというのは少し大変かもしれませんね。熟語は複数の文字の意味を理解できて初めて成り立つものなので(例外も多数ありますが)、1つ1つの文字の意味の理解が重要になります。
個人的には1文字ずつ取り上げていった方が良い気もしますが。

3回×4種類の熟語を書くという事ですね。メインの漢字は12回書く事になりますが、熟語として捉えると3回だけですから、反...続きを読む

Q「~のお陰!」という言い回し!

最近TVで特に次の言い回しが気になって仕方がありません。

それは「~のお陰で・・・」です。 
例えば「あなたのお陰で彼と別れちゃったじゃないの どうしてくれるのよ」
という様な使い方です。
最近のドラマ等では必ずと言っていいほどこの言い回しが出てきます。

私はこの場合は「あなたの【せい】で・・・」が正しいと思います。

私は60年代の生まれなのですが、学校では「~のお陰」は良い結果に使うと
教わりました。
例えば「貴方のお陰で彼とよりを戻せました、有り難う」です。
対して「~せい」は結果が良くないという様な時に使い分けています。
なのに最近では良くも悪しくもすべて「~お陰」と言ってますよね?

国語的にも最近はこれが当たり前ですか?
それとも私の間違いでしょうか?

Aベストアンサー

~のお陰。
いやみ、ひにく、が入った言い回しのように思うのですが…。

すみません回答になってませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報