紅茶からカフェインを抽出する実験をやったのですが、なぜ抽出液を氷で冷却させるのですか?あと、分液ろうとにジクロロメタンと抽出液を入れて分液したのち無水硫酸ナトリウムで脱水するのですか?教えてください!お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

紅茶の葉からお湯でまず抽出し、それをジクロロメタンで再度抽出した、ということでしょうか? だとするとジクロロメタンの沸点が39℃と低いので、お湯と混ぜると沸騰してしまうので冷やすのでしょう。

揮発したジクロロメタンを吸引しないように気をつけてください。決して体に良くありませんので。

 脱水するのは、ジクロロメタンは沸点が低いため減圧にするとすぐ揮発して容易に濃縮できるので、溶質(この場合カフェイン)を単離することができますが、ジクロロメタン中に水が存在すると、ジクロロメタンを濃縮した後に水が揮発せずに残ってしまうからです。水は粘ばくてなかなか飛ばしにくいんですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!やっぱりジクロロメタンの沸点の低さに関係があったんですね。

お礼日時:2001/11/10 08:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカフェインについて

こんばんは。
妊娠中にカフェインを過剰摂取すると、流産のリスクが高まる、とよく言われます。
それで思ったのですが、
植物にカフェインを与え続けた場合、生長になんらかの影響が出るのでしょうか?
やはり生長は阻止されますか?

Aベストアンサー

動物と植物の違いを習ったはずですが/??

植物は、たんぱく質やらでんぷんやら、カフェインのような化合物は意味ありません。取り入れられるのは無機物だけです。水とか二酸化炭素とか、銅イオンとか・・
 動物は、それらの植物が作った物質を食べることで生きています。その後食物連鎖で次々に・・・そして死んだら無機物まで分解され・・
 ですから、基本的にはなしです。

 とはいっても全部ではなく、植物の根の半透膜を通過できるものの一部は植物に作用することがありますが、カフェインなどのアルカロイドはいくらなんでも。
 カフェインがなぜ、人の神経系に影響を与えるかを考えるとなし・・植物には神経はないし、ホルモンなどもまるで違うし・・

Q無水硫酸ナトリウムによる脱水

 有機溶媒に無水硫酸ナトリウムを加え脱水すえう方法について質問があります。
 500mlの溶媒に対して無水硫酸ナトリウムを加えた後、何時間ぐらいで脱水は終わるのでしょうか?
 また、どうやって脱水が終わったことを確認するのでしょうか?
 どなたか分かる方よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

硫酸ナトリウムは、脱水容量が大きいけれど、脱水速度が遅いとされています。

これまでの経験では、乾燥は一昼夜とか、昼休み中、あるいは乾燥中、器具の洗い物をするとかで、時間は掛けてました。少なくとも(加える量にもよりますが)、30分から1時間は掛けたら安心ですね。

ついでに他の乾燥剤の特徴も書いておきます。

CaCl2:アルコール、ケトン、アミン、フェノールは不可
MgSO4:やや酸性 (MgSO4・7H2O)
CaSO4:脱水速度速い、容量小さい (CaSO4・1/2H2O)
Na2SO4:脱水速度遅い、容量大きい (Na2SO4・10H2O)

終点は確認しませんね!

Qカフェインを含む/含まない飲料が売れる理由?

Red BullやMONSTERなどカフェインが多く含まれる飲料が売上を伸ばす一方で、カフェインレスのコーヒーや緑茶紅茶の商品も流通拡大していると思います。

カフェインをあえて添加した飲料市場と、カフェインをあえて取り除いた飲料市場の背景に何があるのでしょうか?

「コーヒー/お茶以外でもカフェインを取りたい」、「カフェインは取りたくないけどコーヒー/お茶を楽しみたい」といったカフェインの薬理作用に関連したニーズがあるのでしょうか?


***
質問とは直接関係ありませんが、個人的にはカフェインを含むものが好きで、1本飲むと6時間位集中力が持続する効果と単純に味が好きなので1日1本位飲んでいます。同様な理由で好まれる方が多いと思います。

一方でカフェイン摂取は急性慢性でも身体精神に異常をきたす副作用もありますし、またアレルギーなどでカフェインが取れない方もいらっしゃるなどがカフェインゼロが好まれる理由なのかなと想像します。(個人的には、アレルギーなどの理由は除いて、少し神経質なのでは?と思ってしまいます。私が知識不足だけかもしれませんが)

Aベストアンサー

こんにちは。

カフェイン添加の商品が売れる理由は良くわかりませんが
私はカフェインレス派です。

アレルギーとまではいきませんが、カフェインに過剰に反応する方です。
市販の風邪薬にはほぼカフェインが入っていますが
それで目が冴えて寝つきが悪くなってしまう程度です。

でも、炭酸飲料が好きなので、カフェインレスのコーラが出た時は嬉しかったです。
それまでは、特に夏場はどうしてもコーラが飲みたくて飲んでしまい
夜寝れなくなる…という事がたびたびありました。

何か飲みたいけどジュースの気分ではない。
でも水では味気ない。
少し寝付きは悪くなるけどお茶かな…なんて時に
カフェインレスのお茶があれば、私なら買ってしまいます。
自販機やコンビニでもともとカフェインの入っていない麦茶はあまり売っていませんしね…

少なくともカフェインレス飲料に私のニーズはあります。

私のような者から見ると、神経質とは思わず
むしろ、カフェインに対して意識のある方って少ないなぁと感じます。
副作用があると認識されている方も少なく感じます。

差し入れを頂くことがありますが、昔から栄養ドリンクやコーヒーが多いです。
栄養ドリンクに入っているカフェインだと多すぎて
頭が冴えすぎて気持ち悪くなり、朝方飲んでも寝つきが悪くなりますし
コーヒーはカフェインプラスおなかを壊すので飲めません。
両方とも有難く頂きますが、飲める人に譲るといった感じです。

カフェインがダメなのは少数派なので仕方ないと思っていますし
それに対して文句を言った事はありませんが
差し入れ=疲れが取れる物=カフェインと思っている人が多いし
それを欲しがる人も多いのだなと思います。
そして、カフェインに過剰に反応する体質があるという事を知っている人は
あまりいらっしゃらないのだなと思います。

私はカフェインレスのお茶や飲料が出てきた事について有難いと思います。

多分、おっしゃっているように
カフェインレスを好む方は私のような方や
ご病気で止められていたり、中毒性や副作用の可能性を知っていらっしゃって避けているけど
コーヒーやお茶、コーラ等の味を楽しみたい方ではないでしょうか?

こんにちは。

カフェイン添加の商品が売れる理由は良くわかりませんが
私はカフェインレス派です。

アレルギーとまではいきませんが、カフェインに過剰に反応する方です。
市販の風邪薬にはほぼカフェインが入っていますが
それで目が冴えて寝つきが悪くなってしまう程度です。

でも、炭酸飲料が好きなので、カフェインレスのコーラが出た時は嬉しかったです。
それまでは、特に夏場はどうしてもコーラが飲みたくて飲んでしまい
夜寝れなくなる…という事がたびたびありました。

何か飲みたいけどジュースの気...続きを読む

Qベンゼン抽出液に苛性ソーダ溶液を加え分液すると・・・

ベンゼン抽出液に苛性ソーダ溶液を加え分液すると、苛性ソーダ溶液は黄色に着色するのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

ニトロベンゼンですか。
ベンゼンを使っているので、そのあたりだろうとは思いましたが・・
ベンゼンをニトロ化したということでよろしいですね。

先ほどの私の説明も悪かったのですが、目的物以外のものが着色の原因になっていることが多いので、「何を抽出するか」ではなく、「どのような反応を行ったか」を訊ねるべきでした。

まず、ベンゼンをニトロ化したのであれば、副生成物として、m-ジニトロベンゼン(黄色)が生成する可能性があります。これは、わずかに水に溶けますので、これである可能性は否定できません。ただし、もしもそうであるならば、ベンゼン層にもこの物資が存在することになりますので、ベンゼン層も黄色になるはずです。

具体的な可能性のある黄色いものといえば、この程度しか思いつきません。

しかし、おそらく原因はm-ジニトロベンゼンではなく、No.1でも述べた「構造不明の微量の不純物」ということになると思います。

有機化学の実験を行うと、予想外の、あるいは説明できない色の変化が起こることがよくあります。
また、その色の変化に興味を持ち、その理由を知りたがる学生さんが多くいることも事実です。
それが、明快に説明できればよいのですが、困難な場合が多いです。
言い訳になりますが、有機化学反応の場合、説明困難な副反応が起こることも多く、すべての生成物の構造を知ることは不可能な場合がほとんどです。
また、それらが、仮に濃い着色の原因になっていたとしても、量は極めてわずかであることも多くあります。
したがって、現実問題としては、それらは無視されます。深入りしても得られるものが少ないと考えられるからです。

いささか歯切れがわるいですが、
「それは何かわかりません。色は濃く見えても、量はは少ないので、全体の結果に大きな影響が及ぶことはありませんので、気にしないで下さい。」
という回答になってしまいます。

・・・先生に質問されてもおそらく似たような回答が返ってくると思いますし、ニトロ化に限らず、別の実験でも出てくるかも知れない回答だと思います。

ニトロベンゼンですか。
ベンゼンを使っているので、そのあたりだろうとは思いましたが・・
ベンゼンをニトロ化したということでよろしいですね。

先ほどの私の説明も悪かったのですが、目的物以外のものが着色の原因になっていることが多いので、「何を抽出するか」ではなく、「どのような反応を行ったか」を訊ねるべきでした。

まず、ベンゼンをニトロ化したのであれば、副生成物として、m-ジニトロベンゼン(黄色)が生成する可能性があります。これは、わずかに水に溶けますので、これである可能性は...続きを読む

Qノンカフェインの飲み物

現在妊娠3ヶ月の妊婦です。
妊娠してから飲み物のカフェインに気をつけなければと思い、普段飲んでいる好きな飲み物を調べたらほとんどカフェインが入っていました。コーヒーだけなら1日2~3杯ならよいという話は聞きますが、その他にも数種類の飲み物を1日トータルすると結構な量のカフェインをとっている事になります。何よりずっとノンカフェインだと思って飲んでいたほうじ茶にもカフェインがはいっていたのがビックリです。
そこで身近な飲み物で、ノンカフェインのものを知っている方、教えてください。
また、子供たちが好んで飲んでいるカルピスウォーターなどにもはいっているのでしょうか?

Aベストアンサー

お茶ですと、「十六茶」も、ノンカフェインですよ。私もいま7ヶ月ですが、この夏はほぼ「十六茶」で過ごしました。

コーヒーも、紅茶ももちろんカフェインは入っていますが、今はカフェインカットされた、ノンカフェインがあります。
これは全て除去できたわけではないですが、ほとんどカットできているようです。

私もコーヒーは好きなのですが、初期は我慢していました。でも、スタバのノンカフェインのコーヒーを知って、普通のを飲むならと思い、今はスタバにも通っています。
注文方法は{デイカフェ}と言います。ミルク入りは{デイカフェのカフェミスト}です。
0%ではないけど、妊婦やカフェインを取れない人でも飲めるようです。


紅茶も、ハーブティーや、ノンカフェインの紅茶があるので、私はそれを飲んでいます。
これから、寒くなるので暖かいものがいいですもんね。

麦茶もノンカフェインですが、全てがノンカフェインではないようですので、お調べになったほうがいいと思います。私は、あまり飲まないので、詳しく解りません。ごめんなさい。

カルピスウォーターはカフェインはないですが、糖分は多いでしょうね。あれは確か乳製品なんですよね?(不確かですが)

参考までに。お互いマタニティーライフを楽しみましょうね♪

お茶ですと、「十六茶」も、ノンカフェインですよ。私もいま7ヶ月ですが、この夏はほぼ「十六茶」で過ごしました。

コーヒーも、紅茶ももちろんカフェインは入っていますが、今はカフェインカットされた、ノンカフェインがあります。
これは全て除去できたわけではないですが、ほとんどカットできているようです。

私もコーヒーは好きなのですが、初期は我慢していました。でも、スタバのノンカフェインのコーヒーを知って、普通のを飲むならと思い、今はスタバにも通っています。
注文方法は{デイカフェ...続きを読む

Qラウリル硫酸ナトリウム (ドデシル硫酸Na)

ラウリル硫酸ナトリウムの構造を教えてください・

ネットでの検索でSから6本の手が出ているっぽいのが出てきたんですが、
Sって6本も結合の手あるんですか?

Aベストアンサー

>ネットでの検索でSから6本の手が出ているっぽいのが出てきたんですが、
そういうのがラウリル硫酸ナトリウムの構造といえるでしょう。要するに、硫酸を基準として、片方の水素がドデシル基(C12H25)となり、他方の水素がNa+で置き換わり、それと結合している酸素がO-になっていると考えれば良いわけです。
なお、問題はイオウと酸素の結合の表記ですが、これはネット上で出てきたように、S=Oのような二重結合を考えるのも一つの方法です。イオウは第3周期の元素であり、結合形成にあたり価電子の数が8個を超えてもかまわないという考え方です。
それが嫌であれば、配位結合を考えることも可能です。その場合、イオウが提供する電子対を酸素とイオウで共有することになります。配位結合を考えるのであれば、S=Oに相当する結合を矢印で表すことになり、S→Oのような表記になります。

Qカップ1杯のカフェインの量はコーヒーと紅茶とどちらが多いのでしょう。

まず、カップ1杯に使う、コーヒーの中に含まれるカフェインの方が、同じく1敗の紅茶の茶葉の中に含まれているカフェインの量より少ないのは確かなようですが、ある大学の先生が、コーヒーのカフェインは豆が砕かれているのでお湯に溶けやすいけれど、紅茶の場合、カフェインが、繊維に押さえつけられているので、飲む段階では、紅茶の方が、カフェインは少ないと言いました。でも、それっきりで、それに対する反論も同意もなく、それとは無関係に、いまだに紅茶の方がカフェインが沢山含まれていると言われています。
実は、僕は紅茶のカフェインなら何でもないのですが、コーヒーのカフェインには弱いんです。でも真剣な研究はされていないようなので、カフェインの種類が違うのかも知れませんし、何が本当なのか分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カフェインは高温で昇華するため、焙煎したコーヒーでは少なくなるのではないかと思います。

あくまで想像ですが、浅煎りのコーヒーだったら紅茶よりカフェインが多いのではないでしょうか。

ところで、紅茶は平気でコーヒーがだめということなら、コーヒーアレルギーという病気ではないですか。

Q硫酸銅水溶液に硫酸を入れる理由

電気分解の実験を行い、現在プレゼンを作成中です。
それで今頃になって分からない部分というか、整理できていない箇所がありました。
電解槽に入れる溶液は、硫酸銅水溶液、硫酸、水、エタノールなんですが、硫酸を入れる理由が分からない状況です。
硫酸酸性は関係なく、どうやらイオン、鉄に関する2つの理由があるみたいです。ご存知の方がいらっしゃれば教えていただけませんか。

Aベストアンサー

No.1の補足への回答です。

ご質問の答はわかりませんが、銅の電解精製(電解精錬ともいう)の実験と思われます。また、鉄というのは、陽極(粗銅)に含まれる不純物と思います。
(化学便覧応用化学編に、「電解槽中を鉄イオンが往復し、陽極でFe3+になり、陰極でFe2+になることで電流効率[析出した銅の物質量÷流した電気量]が下がる、という意味のことが書いてありますが、関係あるかどうかわかりません)

http://forum.nifty.com/fchem/log/rika/2460_main.html
この掲示板で、銅の電解精錬で、硫酸を加える理由が議論されています。結論は出ていないようです。

電解工業の専門家の方がいらっしゃればいいのですが…

Q米国にカフェイン無しの飲料が多いのは?

こんにちは。素朴な疑問ですいません。
先日、アメリカを訪れる機会があったのですが、向こうでカフェインフリーの飲料(カフェイン抜きのコーラやDCafと呼ばれるカフェイン抜きのコーヒーなど)が非常に多く出回っているのを見て不思議に思いました。日本ではあまり見かけないからです。向こうではカフェインは体に悪いとか思われているのでしょうか?その割にはコカコーラに2倍のカフェインが入っているC2(これは日本にもありますよね)など出てたりして。また、カフェイン抜きのコーヒーなど日本のカフェで出せばそこそこ売れる気がするのですが、なぜ無いのでしょうかね?そもそもカフェイン抜きのコーヒーを飲む意味がわかりませんが。寝る前によっぽどコーヒーを飲みたいときならわかるんですが(笑)。

Aベストアンサー

こんにちは。
#3です。
少し補足します。

お礼に書かれているような
マーケティングの意味合いも多分にありますが
個々のアメリカ人の趣向や健康に対する考え方、
生活の方法に対する考え方が
日本人に比べると
実に多様で幅広いのではないかと感じます。

また、
モルモンを信仰している友人が
何人かいて聞くと
どうもカフェインの有無で
飲み物を選別しているのでは
ないようです。
答えは「刺激物」の有無でした。

コーヒー、紅茶は飲まないと言います。
緑茶は飲むか飲まないか
人によって分かれました。
ハーブティーはOKの答えでした。
コーラ類は種類に関係なくすべて飲むと
答えてくれました。
実際のところ何が正しいのかは
私には判別できませんが・・・。

Q(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るに

(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るには、何グラムの水を溶かせばいいか?

(2) (1)でつくった水溶液に5.0パーセントの塩化ナトリウム水溶液200グラムを加えると、何パーセントの塩化ナトリウム水溶液になるか。

Aベストアンサー

(1)20%というのは溶液全体の20%が塩化ナトリウムということです。
従って、80gの水を加えると溶液全体が100gになるので、濃度が
20%になります。
(2)(1)の溶液には20gの食塩が入っています。
200gで5%の水溶液には10gの塩化ナトリウムが入っています。
混ぜると溶液全体の質量が300gになり、塩化ナトリウムは30gに
なります。従って、濃度は10%です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報