車が事故を起こしてガソリンがもれて火をつけたら一気に燃えるんでしょうか?

というのは以前ガソリンは火つけても燃えないって聞いたことあるんですが真相はどうでしょう?
くだらない質問ですけど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

ガソリンは気体になった状態で燃えます。


(液体そのものが燃えるのではなく、表面上で気体になったガソリンが・・・という意味です)

質問者さんが聴いたのはそういう意味ではないでしょうか?
    • good
    • 0

以前にボーイスカウトでキャンプしてた時にバーナーやランタンの燃料に引火したことを思い出しました。


特に布などにしみた場合はよく燃えました。
モクモクとした煙は無かった様です。
これはホワイトガソリンの例です。
車の燃料としてのガソリンはもっと不純物が多いので黒いススも出てきます。
危険なのはタンクや缶に入ったガソリンが直射日光などで温まって気化した場合です。
これに引火すると爆発します。
車の動力はこれを利用してます。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

燃えますよ。


ガソリンは、揮発油なので火を近づけるのは危険です。
セルフでガソリンを入れたことがありますか?
入れているときに、給油口の近くを見ると、なんか、もやもやって歪んで見えます。あれに火をを近づけると多分燃えます。(やった事が無いので推測ですが…)
スパークプラグの火花で、燃焼するのですから、間違いないでしょう。

この回答への補足

やっぱり燃えるんですか に訂正

補足日時:2005/09/23 00:03
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさんありがとうございます。
やっぱり燃えないんですか。
じゃなんだったんだろ以前燃えないって言ってたのは・・

お礼日時:2005/09/23 00:02

間違いなく燃えます!しかも爆発的に。


昔原付にガソリンを入れようとした(ガススタではなく空き地かどこかで)少年がタバコを吸った途端火がついて・・・・というのが新聞記事になってました。

灯油だとなかなか火がつきませんが、ガソリンは危険です。
    • good
    • 0

中学校の授業で先生がやっていました。


(今思うと、学校でそんなことしていいのか?と思います)

目の前で見たのですが、おもいっきり燃えます。ハイ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画の様に、漏れたガソリンにタバコで火で付ける事は可能ですか?

以前TVで、漏れたガソリンに火のついたタバコを投げると、映画では火が点いて大爆発になりますが、
実際は、真夏の炎天下等で、よほど条件が揃わなければ、タバコの火では温度が低いので、火は点かないと言っていました。
しかし、ガソリンスタンドに勤務している友人に聞くと、火は点くと思うと言っていましたが、
私も友人も実際に試した事はありません。
実際に試した事の有る方、どうなったか教えて下さい。
また、最近見たX-MENの映画では、爪で火花を散らして、漏れたヘリの燃料に引火させて爆発して
いましたが、火花でも火は点くのでしょうか?(ヘリの燃料と、ガソリンは少し違うと思いますが・・・。)

Aベストアンサー

実例を、
知人はガソリンバーナー(野外で使うコンロ)用のガソリンをガラスびんに入れタンスの上に置いて入浴していた。このびんが何らかの理由で倒れタンス裏に落下、蓋が外れガソリンが流れ出した。彼の義母が喫煙したままタンスの引き出しから衣類を取り出そうとしたところガソリンに引火、家屋全焼となった。義母はガソリンの知識がないので、臭いに疑問を持ちながらも対処できず悲惨な結果(火災保険なし)を招いてしまった。気化したガソリンが燃焼範囲の混合気になっていると引火の可能性はあるようです。

Q・灯油って燃え易いんですか?

仮にですが(実際にしませんよ!)
ガソリンでなく灯油を乗用車にまいて
発砲したり火の付いたマッチを投げたりしたら爆発はしなくても
簡単に炎上するものでしょうか?

放火などのシーンでドラマなどででてきますが、
「ガソリンを乗用車にまいて火をつけても意外と燃えにくい。」との回答ですから---.

Aベストアンサー

たくさん回答が書かれていますが内容がバラバラです。
ガソリン、灯油の燃焼の性質の違いは高等学校のレベルの内容です。
引火点、発火点の違いと燃えやすさについて混乱があるとは思いませんでした。
引火点や発火点、燃焼範囲などの値は市販の危険物乙4のテキストには載っているものですから特別に秘密にしなければいけないものでもありません。乙4、または丙の資格を持っている高校生はたくさんいます。ガソリンスタンドでバイトをしている高校生も多いです。
ただ資格を持っているといっても意味も分からずに暗記だけで通ったという人も多いようです。
燃えるとはどういうことか、引火点、発火点、燃焼範囲の説明や関係を授業でやってきました。火をつければどういう燃え方をするかもやりました。
引火点が-40℃以下のガソリンよりも引火点が40℃以上の灯油の方がよく燃えるというような誤解がどこから出てくるのでしょうか。ふしぎです。

ビーカーに灯油を入れてマッチを近づけます。火は着きません。マッチを放り込んでも火はつきません。チャッカマンでやっても同じです。
引火点が40℃以上という事はその温度以下では蒸発が弱くて蒸気と空気の混合気体の中の灯油の蒸気の割合が燃焼範囲の下限の値に達していないということです。燃えるためには空気との混合気体の中での割合がある範囲内になければいけません。燃えるものの割合が少なすぎても酸素の割合が少なすぎても燃えないのです。
灯油の入ったビーカーをバーナーで加熱します。マッチで火がつくようになります。温度が上がれば蒸発が盛んになりますので燃焼範囲に入れば火がつくのです。その温度が引火点です。
火がついてもガラス板をかぶせればすぐに火は消えます。
灯油の燃えているビーカを水の中に漬けて温度を下げてやると火は消えます。燃え始めてすぐの、ビーカーが手で持てる程度の温度であれば消すことが出来ます。

灯油は燃えにくいからこそ家の中での暖房に使うことが出来るのです。余熱や芯の工夫で何とか燃えるようにしているのです。揮発性が高ければ危なくて使うことは出来ません。先日、ガソリン混じりの灯油を売ってしまって大騒動になったというニュースがありました。灯油ストーブは灯油の蒸気発生量に対応しています。揮発性のガソリンが混じればガソリンの蒸気が室内に漏れて引火するという可能性があるということでした。ガソリンスタンドのタンク一杯分が廃棄処分ということになりました。

ガソリンをビーカーに入れてマッチを近づけます。すぐに火がつきます。普通の温度では十分に蒸気が発生していますから燃焼範囲に達しているのです。でもやはり濃すぎても薄すぎても燃えないというのは成り立ちます。ビーカーに半分ほどガソリンを入れてニクロム線式の点火器でで火をつけてみます。点火器を液面すれすれの位置に持っていってからスイッチを押します。点火器のニクロム線が赤くなってきても火はつきません。液面すれすれの所では空気不足の状態になっています。ガソリンの蒸気の濃度が高すぎるので火がつかないのです。赤くなった点火器を徐々に引き上げていきます。空気の濃度がある程度高くなったところで初めて火がつきます。

燃焼範囲は爆発範囲とも呼ばれています。でも爆発と燃焼とは異なります。爆発は空気との混合の割合の範囲がもっと狭いところで起こります。完全燃焼の割合に近い方が起こりやすいと考えていいでしょう。
うまく混ぜればアルコールでも都市ガスでも爆発します。
ガソリンか灯油かということは関係がありません。

doc sundayさまの回答はジーゼルエンジンとガソリンエンジンの点火方式の違いを燃料の燃えやすさと混同されたものだろうと思います。ガソリンエンジンは圧縮した混合気体に電気火花で点火します。これは引火です。ジーゼルエンジンは圧縮だけで点火します。高温の熱源のない状態での発火です。軽油の発火点(230℃)がガソリンの発火点(300℃)よりも低いということも利用しています。 圧縮率を高くして発火点以上の温度を実現しています。

>ガソリンを乗用車にまいて火をつけても意外と燃えにくい

燃えます。
「意外と」というのは何と比較してのことですか。
こういうのをどこで仕入れてきたのですか。

映画にある「崖から車が落ちると爆発、炎上する」というシーンは嘘です。火薬を使って爆発させているはずです。

たくさん回答が書かれていますが内容がバラバラです。
ガソリン、灯油の燃焼の性質の違いは高等学校のレベルの内容です。
引火点、発火点の違いと燃えやすさについて混乱があるとは思いませんでした。
引火点や発火点、燃焼範囲などの値は市販の危険物乙4のテキストには載っているものですから特別に秘密にしなければいけないものでもありません。乙4、または丙の資格を持っている高校生はたくさんいます。ガソリンスタンドでバイトをしている高校生も多いです。
ただ資格を持っているといっても意味も分か...続きを読む

Q灯油は引火しない?

灯油の中に、火のついたマッチを落としても、燃えないって、聞いたことがあるんですけど、本当ですか?

Aベストアンサー

常温の灯油であれば引火は起きないですから,マッチが灯油に
達した時点では灯油には火が付いていません。
マッチはこのまま灯油に漬かることになります。これによって
・マッチの熱が灯油に奪われ,灯油の温度が引火点
 まで上がる前にマッチの火が消える。
・マッチが灯油の中に入ることによって酸素と遮断
 されマッチの火が消える
ということになるので,まあ燃えなという現象は起こります。
逆に言えば,灯油の量がすごく少ない場合はマッチの熱で引火点を
超えてしまい,酸素も遮断されないという現象が起こりうる
わけですから,灯油にマッチを入れても燃えないということは
必ずしも正しくありません。

これは引火点の説明をするために「燃えやすいと思われている灯油
でさえ,引火点の関係で燃えないことがあるんだぞー」と言いたい
がための例に過ぎません。
もしくはガソリンの危険性を説明するための比較材料でしか
ありません。決して灯油の安全性を保証するためのものでは
ないでしょう。
ご質問の回答に関しては
「常温においては起こりうる現象です」

常温の灯油であれば引火は起きないですから,マッチが灯油に
達した時点では灯油には火が付いていません。
マッチはこのまま灯油に漬かることになります。これによって
・マッチの熱が灯油に奪われ,灯油の温度が引火点
 まで上がる前にマッチの火が消える。
・マッチが灯油の中に入ることによって酸素と遮断
 されマッチの火が消える
ということになるので,まあ燃えなという現象は起こります。
逆に言えば,灯油の量がすごく少ない場合はマッチの熱で引火点を
超えてしまい,酸素も遮断されないとい...続きを読む

Qガソリンをこぼしたときの処理は

ガソリンをコンクリートの地面(掘り込み車庫内 シャッターなし)に気温30度前後、500ccくらいこぼした場合、ふき取らずに放置した場合、どれぐらいの時間まで引火?火が付くのでしょうか?
濡れている間は危険ですか?それとも、気化し終わったら安心?
ふき取った場合、そのタオルはどう処理すればいいですか?
また、ホワイトガソリンの場合もご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

基本放置で。

バイクいじりなどでガソリンを少量こぼしてしまうことがありますが、特に気にすることも無く作業しています。
まぁ換気にだけは気をつけていますが。

ホワイトガソリンも同様、特に何もしないですね。
ガソリンをふき取ったタオルは外に置いておけば自然にガソリンが気化してただのタオルになります。
水に濡れるのとガソリンで濡れるのでは液体の種類が違うだけで乾かしてしまえばどちらも普通のタオルです。

乾かしてもガソリン臭いタオルは嫌なので、自分なら作業用のウエスにしてしまいます。
特に使い道が無ければそのまま捨てて問題ありません。

Qガソリンの処分方法

バイクを長期間乗らずに保管するため、
ガソリンタンクにはガソリンを満タンにしておきました。
この度復活させて乗り出すことになったのですが
古いガソリンをどう処分しようか困っております。

ガソリンはおそらく有料で処理してもらえると思うのですが、
どこにお願いすればよいのでしょうか?
処理費用はいくらぐらいなのでしょう?

ちなみにガソリンは1年ほど前のものです。
捨てずに再利用する方法があればいいのですが。
それとも1年前ぐらいのガソリンだったら、
そのまま使っても平気なものなのでしょうか?

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。

Aベストアンサー

 実はガソリンスタンドでは廃ガソリンは原則として引き受けてはもらえません。スタンドには2キロリットルほどの廃油タンクが設置してあるところが多いのですが、これがいっぱいになる頃を見計らって廃油屋さんが回収にきます。で、この廃油を再生して重油として売るわけですが、このときガソリンが混ざっていると処理ができません。また廃油ローリーに油を移すとき、一種の真空ポンプを使いますがガソリンが混ざっているとまずいのです。

 そこまでわかっているスタンドなら廃ガソリンの受け入れはしてはもらえないのが普通です。私は車やバイクの部品を洗うのに使い、残りは焼却設備を備えた業者に引き取ってもらいました。タウンページで調べると容易に見つかるはずです。処理費用はまちまちだと思いますが、数年前の私の場合は20リッターのジョリ缶(携行缶)で2000円くらいだったと記憶しています。ちょっと高いですが、どっか流して地下水汚染漁業被害でもおこした日にはどえらい騒ぎになります。

>それとも1年前ぐらいのガソリンだったら、そのまま使っても平気なものなのでしょうか?

 キャブが詰まる程度のことで自分で対処できるならいいと思います。ただし朝晩の湿度の日格差などでタンク内の油の液面から上の部分で結露が発生することがあります。これがたまって結構な量の水が入っていることもありますのご注意ください。また、ガソリンはいろいろなものを溶かしますし、いたずらされて砂糖やコーラでも入れられていたらそれこそエンジンはおシャカです。大事をとってきちんと処理した方がよいかと思います。

 ちなみにガソリンはわずかな蒸気含有率でも発火源があれば爆発引火しますし、蒸気の比重は空気の4倍以上あります。まったくにおいを感じなくても、引火爆発可能な蒸気が足下周辺にあることがあります。取り扱いには十分お気をつけください。

 実はガソリンスタンドでは廃ガソリンは原則として引き受けてはもらえません。スタンドには2キロリットルほどの廃油タンクが設置してあるところが多いのですが、これがいっぱいになる頃を見計らって廃油屋さんが回収にきます。で、この廃油を再生して重油として売るわけですが、このときガソリンが混ざっていると処理ができません。また廃油ローリーに油を移すとき、一種の真空ポンプを使いますがガソリンが混ざっているとまずいのです。

 そこまでわかっているスタンドなら廃ガソリンの受け入れはしてはも...続きを読む

Q不要のガソリンを廃棄する方法。

いつもお世話になってます。

バイクのような小型エンジンにガソリンを入れて、エンジン始動を試みましたが壊れていることが判りました。
ひとまず、給油したガソリン(約2L)をシュポシュポ(灯油をポリからストーブに移すスポイト)で抜き、携行缶に戻そうと思います。

その戻したガソリンは、ゴミや水などの不純物があると嫌なので、車に給油したくはありません。

この2Lのガソリンを廃棄する場合、どうすればいいのでしょうか?

スタンドに持ち込めば、廃棄してもらえるのでしょうか?


※バイクを拾ったまたは盗難した質問者を想像したお叱り回答はご勘弁下さい。

Aベストアンサー

消防法で売ったガソリンスタンドに引き取り義務があります、遠慮なく引き取ってもらいましょう。私なら気にせず車に使いますがね、燃料タンクにはフィルターが付いてますから。たいていのゴミや水はフィルタ^で防いでくれます。

Q自家用車(軽自動車)に砂糖を入れられました。

タイトルのままなのですが、先週の金曜日にガソリンの値上げに備えて半分以上ガソリンが入っていたのですが、満タンにしようと思いセルフSSに行きました。
まず、運転席から給油口のレバーを引っ張っても蓋が開かず、カード等を使っても開かず、ディーラーに持って行きました。
つまみ部分が壊れていた為に開かなかったらしいです。
そこでもう一度SSに戻り、ガソリンを給油しようとキャップを回して開けたら、粉で一杯でした。
思わず固まってしまい、店長を呼んで確認をしてもらうと「砂糖」を入れられていました。
直ちに警察に連絡をして被害届を出したのですが、車が壊れた訳ではないので受理出来ないと言われました。
(給油口の蓋の損傷と運転席側の後部ドアに刺したような傷があり、それについては「器物損壊」になりました)
しかし車両保険に入っていたので、全額修理代が出る事にはなりました。
現在はディーラーで修理中なのですが、ポンプの掃除とフィルターの交換等をするらしいです。
でもどれくらい入れたのか分からないし、どれくらい走行したのかも分かりません(もちろん犯人も分かりません)
修理に出して直してもらっても、エンジンの調子が悪くなったりはしないのでしょうか??
ディーラーの整備の方を信用するしかないのですが、不安で一杯です。
やっと一回目の車検を受けたばかりだったのに。。。

物凄くショックで日ごと恐怖感が増してきています。
警察でも悪質な怨恨による犯罪だっと言われました。
思い当たる人はいるのですが、怖くて聞けません。
一週間前に彼のバイクのシートとタイヤを切られる事件があったばかりなので。。。

長くなってしまいまいましたが、砂糖でエンジンが焼きつくと言われているのは、本当でしょうか???
修理(ポンプの洗浄、フィルター交換等)で大丈夫なのでしょうか??
どなたか教えていただけませんでしょうか???

宜しくお願い致します<m(__)m>

タイトルのままなのですが、先週の金曜日にガソリンの値上げに備えて半分以上ガソリンが入っていたのですが、満タンにしようと思いセルフSSに行きました。
まず、運転席から給油口のレバーを引っ張っても蓋が開かず、カード等を使っても開かず、ディーラーに持って行きました。
つまみ部分が壊れていた為に開かなかったらしいです。
そこでもう一度SSに戻り、ガソリンを給油しようとキャップを回して開けたら、粉で一杯でした。
思わず固まってしまい、店長を呼んで確認をしてもらうと「砂糖」を入れられてい...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。興味深い内容だと思いました。
私が過去に見たことが参考になれば。

>砂糖でエンジンが焼きつくと言われているのは、本当でしょうか???
※ガソリンに砂糖を混入させると、エンジンが焼きつくのは「本当」です。都市伝説ではありません。紹介のサイトの理屈は「机上の空論」。

ガソリンに含まれる水分、そして燃料系統にガソリンから分離して溜まっている水に砂糖が溶け込むと、徐々にシリンダー内に運ばれます。また、普通の砂糖ならともかく、三温糖などは粒子が細かいのでガソリンに溶解しなくてもガソリンの流れに乗って、フィルターを通り越してシリンダーに到達する場合もあります。結果として、シリンダー周辺の高温部に焼きつき、対応が遅ければ致命的な結果となります。(砂糖を使った嫌がらせの手段はまだまだあるのですが、悪用されると危険なのでこの程度で)。

以前赴任していた土地の自動車整備工場で、ガソリンに砂糖を混入されたと言う車のエンジンを見たことがありますが、そこの整備工場の社長のお話では、その土地で偶にある事と言っておりました。(そこの土地は、ある種の差別問題があったて、地域住民の間でトラブルが絶えなかった所でした)。ディーゼルエンジンでも同様の現象が起きるそうです。
この手の嫌がらせは、主に昭和のマイカーブームの頃に全国的に流行したとの事ですが、現在でも漁師等は同業者同士のトラブルの際にする事があるそうです。(なんせ漁船のエンジンは1台で1千万以上しますから)。

>修理(ポンプの洗浄、フィルター交換等)で大丈夫なのでしょうか??
エンジニアを信じるしかないでしょう。もし自動車が戻って来ても、異常があったら出来るだけ早く専門家の判断を仰ぐべきだと思います。しばらくは遠乗りや高速道路の利用は控えた方が良いと思います。

一応犯人の心当たりはあるようですが、この事から、犯人像が浮かんできませんか?
メカに詳しいと言うよりも、そう言うマイナーな知識を持ている、あいは情報を得る事が出来る人間。執念。用意周到さ・・・。

狙われないような対策をするのであれば、防犯装置を導入したり、或いは今までの駐車場所から少し離れた賃貸駐車場や知人の所などに車を預け、犯人に見つからないようにすると言う方法もあると思います。
半端な気持ちで犯行に及んだわけじゃないようです。
私はこの程度しか助言できませんが、元気を出してください。

こんばんは。興味深い内容だと思いました。
私が過去に見たことが参考になれば。

>砂糖でエンジンが焼きつくと言われているのは、本当でしょうか???
※ガソリンに砂糖を混入させると、エンジンが焼きつくのは「本当」です。都市伝説ではありません。紹介のサイトの理屈は「机上の空論」。

ガソリンに含まれる水分、そして燃料系統にガソリンから分離して溜まっている水に砂糖が溶け込むと、徐々にシリンダー内に運ばれます。また、普通の砂糖ならともかく、三温糖などは粒子が細かいのでガソリンに溶解し...続きを読む

Q自動車事故での火災って、あまり見ませんよね?

自動車事故での火災って、あまり見ませんよね?
昨日、とある映画を見ていて、
自動車が事故って、炎上。そこに、ガソリンが漏れ出していて、
「危ない!引火するぞ!」
みたいな感じで、逃げ出して、そこに爆発。
ギリギリで、爆発から回避。
というような、そんなに珍しくもない展開でした。
それで思ったことなんですけれど、自動車が事故って、炎上するってのもあまり見ませんよね?
自動車事故の現場を見ることなんて、よくよくあることですけれど、たいてい凹んでるだけですし・・・・・・
それに、あんな機械のカタマリがどうしたら火を起こすのか・・・
変な質問ですみません。
自動車が火災を起こすとして、それはどういうことが原因なのでしょう?
ご回答、お願いします。

Aベストアンサー

車両火災対策が設計に生かされているからではないでしょうか、加熱する触媒マフラーと給油口はできるだけ離れて設置、穴が空いてもガソリンが漏れない樹脂製タンクの採用、内装材の不燃化対策、、自動車は衝突事故で車体が変形すると、ガソリンが配管やタンクに亀裂が生じ、そこからガソリンが漏れ、電気コードの絶縁被覆が破損して、シャーシに接触によるショート火花で気化したガソリンに着火すると思われます、ですから漏れないようなタンク、配管、内装材はタバコを喫煙中に床マットに落としても燃え広がらない、素材です、又不燃化されている素材ですので、燃え始めても可燃ガス充満するまでに屋外へ逃げ出す時間が稼げます、これらをシュミレーションして対策がされてきた結果です、昔の車はそれだけ安全対策がされていないので中古車は乗りません

Q携行缶でガソリンを買いたいとき。

携行缶でガソリンを買いたい時は何処に行けば良いのでしょうか。
GSやセルフGSでは、携行缶ではガソリンを売ってくれないと聞きました。
他にガソリンなど扱っているところはあるのでしょうかー?
(関係ないかもしれませんが、乙4は持っています。)

Aベストアンサー

セルフでないガソリンスタンドだと間違いないと思います。

セルフは給油取扱所でも専ら車両にユーザーが自分で給油する施設と法で規定されていますので、基本的にガソリン、軽油は車両以外への給油は出来ません、法的には従業員が携行缶に給油することは可能ですが、対応していない店舗もあります、もちろん有資格者であっても客が携行缶に入れることは出来ません、危ないからとかでなく法で規制されているからです。

ちなみに、有人のガソリンスタンドでも専ら車両に給油する施設なので、車両以外への給油は1日に指定数量(ガソリンだと200リッター)未満しか販売できません。
また、ガソリンの購入だとすぐに指定された缶でないとダメと回答がありますが、指定数量の20分の1以下の量であれば消防法に適合した容器でなくても、法的には問題ありません。

Qガソリンの爆発

可燃性液体が燃えるにはその蒸気濃度が燃焼範囲になければならないということです。
もし、ガソリンの給油中に、注入口の近くで何らかの火種があってガソリンに引火したとします。
その場合、ガソリンタンクの中まで引火して、爆発ということになるのでしょうか。
それとも、注入口から中は燃焼範囲を超える蒸気濃度なので、引火は注入口付近だけで終わるのでしょうか。
前から疑問に思っていたので、どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ガソリンの爆発限界は
大気中の百分率が1.4~7.6です
タンク内は可燃ガスが充満しているので直ぐには爆発はしません
先ず口で燃焼が始まります
ボンと音がして炎が噴出します
噴出した勢いで中のガスが吸引されてタンク内の気圧が下がり外気がタンク内に入ります
内部で爆発が起こりますがタンク内の可燃ガスの量が少ないので破裂することは無くガソリンが噴出します
これはタンク内のガソリンの充填状態でも違います
一杯に入っているときは穏やかに少ないときは激しいのです
エンジン内では可燃ガスが圧縮されてしかも密閉状態なのであのような大きな爆発力になるのです
火炎速度は開放状態と閉鎖状態ではちがいます
閉鎖状態のほうが速いのです


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報