シュウ酸の電離度を詳しく知りたいのですが。
小数点以下は4桁でいいので教えて下さい。

A 回答 (3件)

> 濃度は0,40mol/lです。

温度は常温です。

 お書きの常温が何度かわかりませんが,20℃又は25℃でしょうか。その温度での酸解離定数 Ka 又は pKa = -log(Ka) を「化学便覧」などで調べて下さい。

 後は先の回答で示した式 α = (Ka/2c){(1+4c/Ka)^(1/2) - 1} に,その Ka 値,濃度(c = 0.40)を代入して計算して下さい。
    • good
    • 1

 MiJun さんの参考 URL のペ-ジにもありますが,電離度は酸の濃度と温度によって変化します。

したがって,「シュウ酸の電離度を詳しく知りたいのですが」だけでは,温度も濃度も不明ですので回答困難です。それとも,温度,濃度,電離度をまとめた一覧表みたいな回答をお望みでしょうか?

 また,何故「小数点以下は4桁」なのでしょうか。いくつか関連しそうなデ-タを見たのですが,いづれも小数点以下2桁で表示されています。通常なら4桁までは不要では?

 なお,「アトキンス 物理化学 第6版(下)」には,電離度(α)と酸解離定数(Ka)の次の関係式がでています。これを使えば,MiJun さんの参考 URL ペ-ジのデ-タから一応計算はできると思います。

 Ka = α^2・c/(1-α),α = (Ka/2c){(1+4c/Ka)^(1/2) - 1} c:濃度

 いかがでしょうか。必要なら補足下さい。

この回答への補足

あ、すみません。2桁でもいいのですが出来るだけ詳しく調べようとしたので。
濃度は0,40mol/lです。温度は常温です。
でも自分馬鹿なんで計算の仕方がよくわからないんです。(汗)

補足日時:2001/11/12 21:51
    • good
    • 0

>小数点以下は4桁でいいので教えて下さい。


有効数字を4桁にとる意味があるのでしょうか・・・?

2桁ですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「酸とは何か」

「シュウ酸」の酸解離定数であれば、「化学便覧」に記載があります。

補足お願いします。

参考URL:http://www.daimon-h.tym.ed.jp/study/95/1chem/CK1 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸のモル濃度×価数×電離度、また塩基のモル濃度×価数×電離度はそれぞれ何を表しているか教えてください

酸のモル濃度×価数×電離度、また塩基のモル濃度×価数×電離度はそれぞれ何を表しているか教えてください!

Aベストアンサー

水素イオン指数と水酸化物イオン指数
水素イオン指数とはpH
水酸化物イオン指数とはpOH

また1気圧、25℃のもとで、pH+pOH=14である。

Q濃度0.0500mol/Lのシュウ酸標準溶液1Lをつくる。 (A)シュウ酸二水和物(COOH)2・2

濃度0.0500mol/Lのシュウ酸標準溶液1Lをつくる。
(A)シュウ酸二水和物(COOH)2・2H2O
□gを純粋約500mlに溶解する。
□に入る値を求めるんですが、二水和物とかとなっているとどう処理すればいいですか?
解答はそのままシュウ酸二水和物の分子量を出して、0.05molと掛けて出しているんですがどうしてそのまま掛けていいのか分かりません。

Aベストアンサー

溶液になってしまえば、区別はつきません。
はかり取る重量には二水和物の分は含まれますよね?
ですから、二水和物の分子量からmol数を出す必要があります。

Q37℃でのシュウ酸カルシウムの溶解度積が知りたい

37℃でのシュウ酸カルシウムの溶解度積が知りたい

化学Iも受講した事が無いのに、こんな事になってしまいました…。
実験して調べないと分からない数字らしい、というのをチラと聞いたのですが、なんとか分かる方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

Wikiにありますよ.詳しくは化学大辞典を参照してください.

Ksp = 1.78×10-9

18℃の値ですが、37℃でも大きくは変化しないと思います.

Qシュウ酸の電離について

0.1Mのシュウ酸アンモニウム(NH4)2C2O4を水に溶かしたときの
液性について考えています。

まず水に溶解したとき、
(NH4)2C2O4 → 2NH4^+ + C2O4^(2-)

さらにそれぞれが加水分解し、
NH4^+ + H2O ←→ NH3 + H3O^+
C2O4^(2-) + H2O ←→ HC2O4^- + OH^-

ここで質問なんですが、HC2O4^-はさらに次のように加水分解しますか?
HC2O4^- + H2O ←→ H2C2O4 + OH^-

また、電離度(25℃)から[H^+]と[OH^-]の大小を考える場合、
係数(や2段階の電離)についてどのように考えればいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考え方はあなたの別の質問に対する回答で示したとおりです (現時点では私の回答は無視されているようですが.苦笑).

> さらに次のように加水分解しますか?

平衡が存在する以上,当然します.ただし,最終的な非解離型のシュウ酸が議論に値するほどの濃度になるかどうかは別の話ですが.

> 電離度(25℃)から[H^+]と[OH^-]の大小を考える場合、

電離度は pH を変えれば変化してしまうので,電離度から議論することはできません.こういう計算の場合に頼りになるのは解離定数だけです.

QpH=3の水溶液中におけるシュウ酸カルシウムの溶解度

こんばんわ。化学の問題で行き詰ってしまったのでご教授お願いします。
問題はタイトル通りでpH=3の水溶液中におけるシュウ酸カルシウムの溶解度を求めるものです。
与えられている定数は、
シュウ酸の酸解離定数(Ka1=5.9x10^-2 , Ka2=6.4x10^-5)と、
シュウ酸カルシウムの溶解度積(Ksp=2.6x10^-9 M^2 )です。

まず、
Ka1xKa2= [H^+]^2x[C2O4^2-]/[H2C2O4]=3.8x10^-6 M^2 …(1)
として、次に、
Ksp= [H^+]^2[C2O4^2-]=2.6x10^-9 M^2 …(2)
という式を考えました。


そして、(1)・(2)式を連立して[H^+]と[C2O4^2-]を消去して、

2.6x10^-9/[H2C2O4]=3.8x10^-6

という式が得られ、
[H2C2O4]=6.6x10^-4 M
という答えに行き着いたのですが、問題には『pH=3における』と書いてあります。
この解き方だとpH=3がどこにも出てこないので困ってます(実際これでバツでした)。

どうすればpH=3の条件をクリアして答えを導き出せるのでしょうか。
回答よろしくお願いします。

こんばんわ。化学の問題で行き詰ってしまったのでご教授お願いします。
問題はタイトル通りでpH=3の水溶液中におけるシュウ酸カルシウムの溶解度を求めるものです。
与えられている定数は、
シュウ酸の酸解離定数(Ka1=5.9x10^-2 , Ka2=6.4x10^-5)と、
シュウ酸カルシウムの溶解度積(Ksp=2.6x10^-9 M^2 )です。

まず、
Ka1xKa2= [H^+]^2x[C2O4^2-]/[H2C2O4]=3.8x10^-6 M^2 …(1)
として、次に、
Ksp= [H^+]^2[C2O4^2-]=2.6x10^-9 M^2 …(2)
という式を考えました。


そして、(1)・(2)式を連立...続きを読む

Aベストアンサー

いきなり式を組み合わせた計算になっていますね。
溶液の中でどういうことが起こっているのか、どうして溶解度が決まるのかを考える手順が抜けている様に思います。
平衡定数が出てきたら必ずそれに対応する平衡の式を書いてみる必要があります。平衡定数が3つ与えられていますから平衡の式は3つあるはずですね。
まず式をきちんと書いていればKspの間違いにも気がつくはずです。
CaC2O4 ⇔ Ca^(2+) + C2O4^(2-)  Ksp
H2O4H2 ⇔ H^(+) + C2O4H^(-)  K1
C2O4H^(-) ⇔ H^(+) + C2O4^(2-)  K2
[H+]=1.0×10^(-3)M

[Ca^(2+)]が分かれば溶解度は分かります。式が4つ、変数が5つです。1つ式が抜けています。
[Ca^(2+)]=[C2O4^(2-)]+[C2O4H^(-)]+[C2O4H2]
これで解くことができるようになりました。
(最後の式は「物質収支の式」といいます。)

蓚酸カルシウムが溶けるとCa^(2+)とC2O4^(2-)が生じます。このC2O4^(2-)が平衡移動でC2O4H^(-)、C2O4H2と形を変えて存在することになります。その分、[Ca^(2+)]の値が大きくなります。

この問題では[H+]が指定されています。蓚酸以外の酸性物質があらかじめ加えられていると考えていいでしょう。
水に対する溶解度を求める場合であれば[H+]の指定はありません。
平衡の式と物質収支の式の4つでは条件不足です。
もう1つ式が必要です。中性のCaC2O4を中性の水に入れるのですから電荷の合計=0が成り立っていなければいけません。

2[Ca^(2+)]+[H^(+)]=2[C2O4^(2-)]+[C2O4H^(-)]

平衡の式からpHを求めたり、溶解度を求めたりする時はいつも平衡の式と物質収支の式、電荷の保存の式を考える事になります。
この問題のようにあらかじめpHが指定されている場合は未知の負イオンが存在することになります。[H+]の値は蓚酸の電離によるものと未知物質によるものの合算です。[H+]の値を使えば電荷の保存の式を作る必要はなくなります。 

いきなり式を組み合わせた計算になっていますね。
溶液の中でどういうことが起こっているのか、どうして溶解度が決まるのかを考える手順が抜けている様に思います。
平衡定数が出てきたら必ずそれに対応する平衡の式を書いてみる必要があります。平衡定数が3つ与えられていますから平衡の式は3つあるはずですね。
まず式をきちんと書いていればKspの間違いにも気がつくはずです。
CaC2O4 ⇔ Ca^(2+) + C2O4^(2-)  Ksp
H2O4H2 ⇔ H^(+) + C2O4H^(-)  K1
C2O...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報