『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

10年ほど前まで集めていたLDのソフトをDVDに焼きたいのですが、どのような手段が考えられるのでしょうか?できれば高画質でやけるといいのですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 LDプレイヤーはどのようなものを持っていますか。


 バブリーな高級プレイヤーなら、3次元Y/C分離機能がしっかりしてるので、そのままS端子でDVDレコーダーにつなげれば綺麗です。
 安物のLDプレイヤーの場合は、S端子を使わずにあえてコンポジットでS-VHSのビデオデッキに入力し、そのビデオデッキからDVDレコーダーにS端子でつなぐという方法が高画質にするコツです。
 LDはもともとTV電波と同じように、全ての信号をゴチャゴチャに記録してます。
 実はLDは、もともとVHSビデオと比べて特に綺麗なのではなく(少なくともSVHSの方が高機能)、情報→合成→分離→表示という無駄な処理をしないで直接中身をビデオ端子に出力して表示するから劣化が少ないだけです。
 だから綺麗に処理したいなら、安物のLD内蔵の回路より、しっかりした(SVHSデッキの)回路を使った方が良いのです。

 DVDレコーダーは画質音質重視なら東芝製品を使用。Panasonicはダメ。
 ビットレートは8.0Mbpsで音声はリニアPCMにし、まずはDVD-RWに焼きます。
 問題なければPCでDVD-Rにコピーをし、そのDVD-Rを保存版にする。
 東芝のレコーダーでは、いきなり-Rを焼くのは個人的に怖いので。

 クロスカラーが烈しいなど、どうしても補正をかけたくなったら一度PCにそのRWを取り込んで加工。
 その後改めてオーサリングソフトでDVDを作成。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

原理まで教えていただいてありがとうございました。ただ素人なので、とりあえず挑戦したいともいます。

お礼日時:2005/09/25 14:12

LDにはコピーガードがかかってないので、DVDレコーダーでダビングすればいいだけです。


松下・東芝・パイオニアのHDD内蔵型はリニアPCM音声で録画できるので音質も重視するなら、それらのメーカーの中から選んだ方がいいです。
綺麗なメニュー画面作るなら、録画はDVDレコーダーでやって、編集はTMPGEnc DVD AuthorなどのPC用ソフトでやると綺麗にできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました 詳しく教えていただきありがとうございました。挑戦します。

お礼日時:2005/09/25 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLDからDVDへダビングする方法

LDからDVDへダビングする方法を知りたいのですが、
いい方法をご存知の方、お教え願います。

Aベストアンサー

 パソコンを使ってとお考えなら、ビデオキャプチャーカードやDVD-Rドライブとオーサリングソフトなどがあれば可能です。もちろんパソコンのほうにもそれ相当のスペックが必要です。(P4,2GHz、40GBのHDが2つ、512MBのメモリ、WIN2000くらいあれば概ね大丈夫かと)

 手元にパイオニアのCLD100というプレーヤーがありますが、コピーガードキャンセラーを通さなくてもキャプチャリングできました。そのあとオーサリングソフトを通して、VOBファイルを生成し、フォルダごとDVD-Rに焼きこめば、一般のDVDプレーヤで再生できるようになります。

 途中で音飛びしたり、音と映像がずれたりといろいろと困難はありましたが、TMGPエンコーダーやTMGPオーサリングソフトのおかげで解決しました。
http://www.tmpgenc.net/j_main.html

 もちろん私の場合はLDのメディアが死にかかっているので個人的な保存のためにやむなくやってますが、著作権がからむときは十分扱いにはお気をつけください。

QレーザーディスクってDVDにコピーできますか?

私は40枚ほどLDを持っています。LDプレーヤーもほとんど使うことが無く
3年程使ったことがありません。捨てるのはもったいないのでDVDにコピー
出来たらいいなと思ったのですが、どうやったらよいかわかりません。
どなたかご存知の方教えてください。DVD-RAMかDVD-RW
の、どちらが良いのかもわかればお願いします。

Aベストアンサー

LDのコピーは問題なくできます。ただし、LDに含まれているDD信号(AC-3)は残念ながら現状では無理でしょう。

コピーの方法についてもパソコンに取り込んでDVD-Rドライブで焼く、DVD-R機を使って焼く方法があります。
前者はそれなりのハード条件、ソフトが必要です。
後者は以下のURLを参照してください。
http://www.pioneer.co.jp/dvdld/dvr/
http://www.panasonic.co.jp/dvd/ad/e20/index.html

後者の方が簡単、高音質・高画質で録画できると思います。
どちらもDVD-R(一般的に出回っているDVD-Video)は問題なく焼けると思います。勿論本機でも再生できますが、他のプレーヤでも最近の物であれば再生可能です。また、パイオニア機にはiLink端子が付いていますので、今後iLink対応のAV機器(iLinkあるいはFireWire対応のパソコンを含む)を接続するには便利だと思います。しかし、価格は松下機の方が安いですね。

DVD-RW、DVD-RAMに関してはどちらがいいのか、今のところでは今後どのようになっていくのか判断が難しいところだと思いますが、パイオニア機を選ぶならDVD-RW、松下機を選ぶならDVD-RAMとなってしまいます。いずれにせよ、保管用にはDVD-R、繰り返し録画をする場合のみDVD-RAMかDVD-RWとなると思いますので主な目的であるLD、あるいはVHSテープのバックアップであればDVD-Rだけチェックしておけば問題はないと思います。

それにしてもDVD録画に関しては規格がたくさんあってわかりにくいですよね。外れくじを引きたくないので(^^;)何とかして欲しいです。

私もLDを約200枚持っています。幸いDVD、LD兼用機を使っていますので今すぐDVD-R機を買う予定はないのですが、今しばらく様子を見てみたいと思っています。もうじきエレショーもあることですからある程度方向は見えてくるのではないでしょうか。

P.S.時々LDプレーヤも動かしてあげないとおかしくなりますよ(^^;)。

LDのコピーは問題なくできます。ただし、LDに含まれているDD信号(AC-3)は残念ながら現状では無理でしょう。

コピーの方法についてもパソコンに取り込んでDVD-Rドライブで焼く、DVD-R機を使って焼く方法があります。
前者はそれなりのハード条件、ソフトが必要です。
後者は以下のURLを参照してください。
http://www.pioneer.co.jp/dvdld/dvr/
http://www.panasonic.co.jp/dvd/ad/e20/index.html

後者の方が簡単、高音質・高画質で録画できると思います。
どちらもDVD-R(一般的に出回っているDVD-Vi...続きを読む

QLD(レーザーディスク)ってデジタルじゃないの?DVDとかと何が違うの??

こんにちは。表題の通りなのですが、LDってデジタル方式で記録されているのでは無いのでしょうか?
余り詳しくないので嘲笑されるかも知れませんが、
「デジタル=きれい」ってイメージがあって、発売当初はVHSに比べて画像がはるかに「キレイだなぁ、さすがパイオニア」って感じがしたのですが、今DVD時代になって、古い映画とかのDVD版をみてもはるかにDVDの方が画像がきれいな気がするので・・・。
画質はやはりDVDの方がはるかにイイのでしょうか?
LDはなぜDVDほど画質が良くないのでしょうか?
劣化についてはどうなのでしょうか?
どなたかご存じの方お教え下さい。よろしくお願いします。
ターミネータ2のLD買った当初は、きれいすぎてびっくりしたんだけどなぁ(笑)

Aベストアンサー

LDの発売当初から愛用しています。

私はソフトがLDとDVDの両方を同時発売していた時代も経験しており、アニメでは、「鋼鉄天使くるみ」「アキハバラ電脳組」「ターンエーガンダム」などを同時発売、同時購入しています。

デジタルマスタリングで作成された作品は、LDでもDVDでも大差ありませんでした。初めにデジタル素材として作成されたものについては、LDでも高画質で記録されているのです。

しかし、旧アナログ素材の作品だと、DVDに軍配があがりました。「ウルトラマン」など、素材がすでに著しく劣化している作品は、LD化当時も「当時最高の高画質」をアナログ補正で最大限におこなっていて、たしかに色あざやかになっていました。しかし、DVD化では、さらに進んだデジタル補正がかかったので、フィルム合成の劣化部分まで補正され、素晴らしい仕上がりになっていました。
デジタル補正は適正な使い方をして意味があると思いました。

DVD化された昔の映画をみて綺麗に見えるのは、そういう訳なのです。
LD時代の技術とは違う補正を素材に施しているからです。

現在では実現不可能ですが、同じ補正をかけた素材をつかえば、LDの方が高画質になる作品も存在します。

特に動きの速いシーンの多い作品、色、輝度の変化が大きい作品では、一コマという単位で記録できないDVDでは破綻が生じます。ここはLDの独壇場です。

「鋼鉄天使くるみ」では、初回DVDではオープニングタイトルの動きの早さにMPEG処理が間に合わず、細部がブロック化してしまい、(ディスク記録信号自体がブロック状態)1年後にニューマスター版を発売してこれを直しています。

私はLDを今も愛用し、(まだ未開封のLDが数百枚あります。)DVDだけに偏らない使い方をしています。

劣化では痛い目にあっています。
「ウルトラセブン」ではディスクを取り出したら、接着面がはがれてまっぷたつになっていました。
「きまぐれオレンジロード」は13枚、ある時期からスノーノイズが多発して見るに堪えない画像になりました。
「スーパーロボットレッドバロン」も初回購入LDはスノーノイズで早い時期に破綻したため、LDBOXを二つとDVDBOX一つを買い直しています。
半永久保存版といいながら、実際は10年から20年で破綻がはじまりましたね。

以上、ご参考になれば幸いです。

LDの発売当初から愛用しています。

私はソフトがLDとDVDの両方を同時発売していた時代も経験しており、アニメでは、「鋼鉄天使くるみ」「アキハバラ電脳組」「ターンエーガンダム」などを同時発売、同時購入しています。

デジタルマスタリングで作成された作品は、LDでもDVDでも大差ありませんでした。初めにデジタル素材として作成されたものについては、LDでも高画質で記録されているのです。

しかし、旧アナログ素材の作品だと、DVDに軍配があがりました。「ウルトラマン」など、素材がすでに著しく劣...続きを読む

QレーザーディスクをPCに取り込むには?

レーザーディスクの映画をPCに取り込みたいのですが、そのために必要な機器類を教えていただけますでしょうか?

その場合、PC上にテレビ画面を映さなければならなくなるのでしょうか?
PC上に映し出された画像をキャプチャして取り込むとなると、それは画質が相当劣化しそうですが、それ以外の方法があるのでしょうか?

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

レーザーディスク プレーヤーの出力は、テレビのビデオ端子に接続するように作られていますから、ビデオの出力と同じアナログのNTSC形式ののビデオ信号です。
従って、ビデオ入力のあるキャプチャーボードを使用すれば可能です。
最近のキャプチャーボードは、テレビを見たり、録画したりできるようにTVチューナーも付いているものが多いです。

当然PC上には、キャプチャーソフトにより映されます。
画質は、受信状態のよいテレビをパソコンに録画した時と同じでしょう。
受信時のノイズは無いわけですから、その分綺麗でしょう。

ビデオCD形式では、MPEG1でキャプチャーします。
DVD形式では、MPEG2対応の物を選んでください。
DVD形式が解像力は、はるかに良く画質もよくなります。

録画してから、どう活用するかで実用画質が、かなり変ります。
もう一度テレビで映すとインターレースと走査線の数の関係で、かなり悪くなります。

実は、この機材は、すべて持っていまして、やればやれるのですが、LDプレーヤーが健在な為、今のところは、やっておらず、古いビデオテープのみ取り込んでいまして、その経験からの推定で回答しております。

直接デジタル信号で取り込めれば、画質的には良いはずですが、知る限りはデジタルで出力できる物は無いと思います。

レーザーディスク プレーヤーの出力は、テレビのビデオ端子に接続するように作られていますから、ビデオの出力と同じアナログのNTSC形式ののビデオ信号です。
従って、ビデオ入力のあるキャプチャーボードを使用すれば可能です。
最近のキャプチャーボードは、テレビを見たり、録画したりできるようにTVチューナーも付いているものが多いです。

当然PC上には、キャプチャーソフトにより映されます。
画質は、受信状態のよいテレビをパソコンに録画した時と同じでしょう。
受信時のノイズは無いわ...続きを読む

QS端子ケーブルと一般のAVケーブル(赤白黄色のもの)の画質の違いは?

みなさん、こんにちは。

テレビとビデオなどを接続する際に、S端子ケーブルを使った場合と、一般のAVケーブル(RCAケーブルと言うのでしょうか?)を使った場合では、画質に違いがある(S端子のほうがいい)と聞いたのですが、その違いはどの程度のものでしょうか?
ぱっと見て、画質の違いがわかるのでしょうか?

よろしければ、ご回答お願いします!

Aベストアンサー

ケースバイケースなので、
実際に接続してみないと判らないというのが現実だと思います、
理論的にはS端子の方がいいのですが、
ソースとなる映像の記録状態でも違ってきますし、
映像によってはハッキリ映り過ぎる事でアラが見えてしまう事も充分に考えられますから、

それにS端子の方が心線が細くて長距離伝送には向いてなく(業務用機器では心線が細いし、ピンの折れやすいS端子は使ってません)、
受け手のTVなんかのくし型フィルタの性能が良ければ、
コンポジットの方が良くなる可能性は否定できないと思います、

また静止画にして比較すれば微細な差は比較できますが、
動いてる画面の認識では人間の目はそれほどの解像度を持っていませんので、
ほとんど差がないと感じてしまう場合もままありますね。

QS端子からD端子やHDMI端子に接続する方法は?

最近、ブルーレイはおろかDVDにすらなっていない映画をレーザーディスクで入手しました。
そこで、LDプレーヤーが必要になり、ヤフオクでLD-X1を入手。
しかし、入手してから気が付いたのは、私のテレビがパナソニックのフルハイビジョンプラズマ「ビエラ」なのですが、このテレビはS端子入力ができないこと。
黄色の映像端子・D端子・HDMIはあるのですが・・・
一方、LDプレーヤーLD-X1には黄色の映像端子とS端子の出力しかありません。
プレーヤーにS端子がついているのだから黄色の映像端子ではなくせめてS端子を接続して見てみたい。そこで、仕方なくブルーレイレコーダーにSケーブルをつないで中継して見ることにしました。
しかし、できればプレーヤーとテレビを直接つないで見たいなぁ。
そこでご相談ですが、S端子から拾った映像信号を変換してビエラのD端子あるいはHDMIに接続する方法はないものでしょうか??あるいは他に良い方法があれば教えていただきたく。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

他の回答者の説を覆すようで申し訳ありませんが、LD-X1は「S端子とコンポジット(ビデオ)出力端子が内部結線で変換されているだけ」といった当時の廉価モデルとは違い、S端子出力優先の回路設計がされています。
そうした点からS端子出力を生かしたいという質問者の希望は理解できますが、現状として、ここ数年のテレビでは、旧フォーマットの入力端子を省略する傾向があるのは、どうしようもないことだと思います。
せめてかつてのパイオニアのKUROのように、コンポジット入力に対しLD-X1のY/C分離回路より優れた動作点調整可能な三次元Y/C分離回路を備えていれば、救いがあるのですが・・・

現状としては、レコーダー経由のS端子接続と、コンポジットでのダイレクト接続を比較していい方を選択するしかありません。
コンポーネント端子があれば、かつてプロジェクターユーザーの間で流行ったアップスキャンコンバーターやタブラーでも探してきて接続する手がありますが、ないものはどうしようもないです。
業務用の機材を探せば、ご希望に添える機材もあるかもしれませんが、数枚のレーザーディスクの為に費やすには非現実的だと思います。

他の回答者の説を覆すようで申し訳ありませんが、LD-X1は「S端子とコンポジット(ビデオ)出力端子が内部結線で変換されているだけ」といった当時の廉価モデルとは違い、S端子出力優先の回路設計がされています。
そうした点からS端子出力を生かしたいという質問者の希望は理解できますが、現状として、ここ数年のテレビでは、旧フォーマットの入力端子を省略する傾向があるのは、どうしようもないことだと思います。
せめてかつてのパイオニアのKUROのように、コンポジット入力に対しLD-X1のY/C分離回路より優...続きを読む

Qレーザーディスクは、なぜ壊れるの?

最近の物でなく、4、5年以上前のレーザーディスクのプレーヤについて、
ディスクが回転しなくなるものが多いのはなぜですか?
オークションでも未開封のまま保管していたのに、ディスクが回転しないものが出品されているし…。
さきほど、壊れたプレーヤを分解して、モーターに単三電池を繋いだら、回転しました。
どうやら、モーターが原因ではないようですが。
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

LD固有の問題かどうかはなんともいえませんが、CDプレーヤにくらべるとLDプレーヤのほうがディスクトレイも大きく重たいですし、ピックアップを動かす部分も大型になるためどうしてもベルトにかかる負担は増えてしまいます。
そのためベルトの消耗がCDプレーヤに比べて早く磨耗したり、劣化で滑りやすくなったりというのはあります。

また、レーザー光については肉眼で確認するのは難しいです。(レーザー光が出ている時は通常ディスク挿入時に限定されているため、見ようとしても見られない構造です。無理に見て眼球を損傷する(失明する)などの恐れがあるためです)

ただし、レーザー自体が故障しているということは少なく、場合によってはレンズの駆動部分(フォーカスをあわせたりする微小な動作をする部分)がおかしくなりフォーカスがあわないなどが起こり、ディスクが読み取れない場合もあります。
このあたりは電池をつないでうんぬんではわかりません。マイコンなどにディスクの情報(デジタル情報)が正しく伝わっているかなどを測定する必要があります。

QFM放送を室内でキレイに聞くにはそうしたらよいでしょうか?

どの家もそうやと思うんですがFMの入りが悪いです。電波障害地域では無いので入るはずなんですが・・・。
持ってるコンポにはAM用のアンテナとFM用のアンテナが付いてました。FM用はアンテナケーブルのみ。現在コンポを窓際に置き、アンテナケーブルを外に出してますが局によって聞こえが悪いです。
昔の話ですが、アンテナとしてコンセントの接地側コンセントから電波を貰っていたと聞いたことがあります。実際にやっていたという声も聞きました。それでいけるんやったらコンポってアンテナレスが可能やと思うんですが、どうなんでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

コンポのマニュアルにFM簡易アンテナって書いていませんでしたか?

今お使いのFMアンテナは、正式なアンテナを取り付けるまでのつなぎとして使用するものです。
FM放送を受信するには、それなりのアンテナが必要です。

文章から関西圏の方とお見受けしますが、大阪湾沿岸部以外は、受信状態が不安定な地域が多いですよ。
特に奈良県南部や和歌山県では、かなり受信状態が悪いですから、専用アンテナが必要です。

とりあえずテレビに接続しているアンテナ線をつないでください。
受信状態が改善されることがあります。
またCATVに加入されている場合、FM放送が再送信されていますので、もっとも安定した受信状態になります。
但し周波数変換しているかもしれませんから注意が必要です。

Qレーザーディスクのプレーヤーのレンズクリーナーはあるんですか

今はDVDに撮っていかれた過去のLDですが
80年頃のライヴビデオを今でもせっせと
集めている私です。
VHSにはもうコリゴリですし、オークション
でも結構あるのでプレーヤーを買いました。
パイオニアのCLD-R5で割りと後期の
タイプなんですがたまにノイズがでるように
なってきました。
CD DVDのようなレンズクリーナーって
ありませんかねー。
また自分で綿棒なんかでできる方法はあります?

Aベストアンサー

答えを先に言うと、ありました。まだLDが最先端だった頃はどこのLD扱い店にも置いてありました。ですがDVDに追いやられた最近では全く見なくなりました。
ですが、新品在庫を販売しているところはあるようです。参考URLに一例を。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/tokager/270908/271343/271945/

QLDからDVDへのダビングはHDDがないとダメ?

LDの本体が壊れる前に、DVDへダビングをしようと考えています。(勿論個人で観賞用です)そこで、家電店へ観にいったのですが、HDDがついているものと居ないものでは金額が随分違っていてびっくりしました。
過去の質問等も見たのですが「つなげるだけでダビングできます」というのは、HDDがないDVDでも出来るのでしょうか。また、HDDがある場合のLD→DVDダビングのメリットがあれば教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

LDからDVDに100枚くらいダビングしました。
編集はせずにストレートでダビングしましたので、HDDは使いませんでした。DVDの録画時間は標準(SP)で行いました。

>LD→DVDダビングのメリット
小さくなって置き場所に困らなくなる事です。これだけです。

他には有りません。
画質・音質は落ちます。アナログでダビングする以上、避けられません。画質より、音質の落ち方が大きいです。
LDの画質をほとんど損なわずに記録したいのなら、新型のブルーレイに期待といったところでしょうか。音質の落ち方は変わらないのではないかと思います。使った事がなのでわかりませんが。
DVDはアナログ信号を記録する時にデジタルで圧縮して記録しますが、アナログ信号をデジタル化する回路が安物と上級機では違うと思いますので、上級機を買った方があとでがっかりせずに済むと思います。
LDのデジタル音声はDVDに記録出来ません。サラウンドもデジタル音声なので記録出来ません。

これがね。ジャケットやライナーが無くなります。ジャケットはデジカメで記録し、ライナーはコピーもしましたが。寂しい。

置き場所以外のメリットは有りませんので、置き場所に困らないならLDはそのまま置いていた方が良いと思います。私は置き場所に困りましたので、やむを得ずダビングしました。場所さえ有れば取っておきたかったです。
LD本体もパイオニア製ならまだまだ修理可能なようです。型式によりますが。

LDからDVDに100枚くらいダビングしました。
編集はせずにストレートでダビングしましたので、HDDは使いませんでした。DVDの録画時間は標準(SP)で行いました。

>LD→DVDダビングのメリット
小さくなって置き場所に困らなくなる事です。これだけです。

他には有りません。
画質・音質は落ちます。アナログでダビングする以上、避けられません。画質より、音質の落ち方が大きいです。
LDの画質をほとんど損なわずに記録したいのなら、新型のブルーレイに期待といったところでしょうか...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較