糖の変旋光について教えてください!!
ラクトース、マルトース、セロビオース、トレハロースそれぞれの水溶液の中で旋光性が変化する(変旋光)のはどれですか?
色々な文献を調べているのですが分からないので、知っている方がいたら教えてください。お願いいたします。

A 回答 (4件)

rei00 です。



 ayubatake さんの勉強のためにヒントだけと思ったのですが,hikaru_mac さんの回答がありましたので,補足しておきます。

 まづ「旋光性」の意味はご存知でしょうか。化合物が偏光面を右又は左に回転する現象です(hikaru_mac さんの説明は,この「旋光性」の説明です)。この性質を示す化合物を「光学活性化合物」といいます。

 問題の「変旋光」とは,『旋光性をもつ純粋な物質を溶かして溶液にしたとき,何らかの互変異性化をおこして,その比旋光度が経時的に変化すること』(「理化学辞典 第5版」岩波)です。

 具体的にグルコ-スで説明してみましょう。グルコ-スは結晶状態にはα-グルコ-スとβ-グルコ-スの2種類があります。たとえば,α-グルコースの結晶を水に溶かした時,初めは,比旋光度+111°を示しますが,放置すると+52.5°で平衡値(終極値)に達します。一方,β-グルコースの結晶を水に溶かした時は,初め比旋光度+19.2°を示しますが,やがてα-グルコ-スの時と同じ+52.5°で平衡値(終極値)に達します。

 この現象は,水溶液中でα-グルコースとβ-グルコ-スが開環したアルデヒド構造を仲立ちとして平衡を保っているために起こります(「新・化学ノ-ト」↓の「4.有機化学関係 3.糖類 」を参照下さい)。つまり,この平衡が起こるには,開環したアルデヒド構造をとる必要があります。開環したアルデヒド構造をとるには,アノマ-位(糖の1位,開環構造でアルデヒドになる位置)がフリ-(別の糖などが付かない OH の状態)で存在している必要があります。

 後は,教科書あるいは下のペ-ジなどで各二糖の構造をご覧になればわかると思います。

参考URL:http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/ch_c …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さらに詳しい説明、ありがとうございます。
URLもとても助かります。
まだまだ勉強不足で・・・。本当にありがとうございました!!

お礼日時:2001/11/15 10:47

三度 rei00 です。



 hikaru_mac さんへのお礼の「そっか・・・。光学異性体を持たないものを探せばいいんですね。」が気になりましたので,よけいな(?)一言を言わせていただきます。

 質問にある「ラクトース、マルトース、セロビオース、トレハロース」は,全てグルコ-スが2個つながったものです。そのつながり方が異なるために別の名前がついています(つまり異性体です)。ですので,全て光学異性体を持ちます。


> hikaru_mac さん
 お書きになっている説明は「光学異性」あるいは「旋光性」の説明であり,「変旋光」ではないと思いますが。「変旋光」と「偏光」を勘違いされていませんか。
    • good
    • 0

すぐに解答してほしいと言うことなので、自信はあまりないですがお答えします。

(正確なことは今日中にお調べいたします。)

--
光学異性体は御存じですか?
光学異性体を持つ物質(糖)は、変旋光します。
ちなみに任意の物質の光学異性体が同じ量ずつ入った容器(ビーカー)を通った光は変旋光しません。
理由は、光学異性体同士をA、Bと区別すると、Aだけの時もBだけの時も同じ角度ずつ逆まわりに変旋光します。それで、同じ量混ざっていると左回りと右回りが同じ角度ずつで結果的に変旋光しないのです。

ようするに光学異性体を持たないものを問題の四つの糖から探し出せばいいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そっか・・・。光学異性体を持たないものを探せばいいんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 10:40

 変旋光が何故起きるのかはご存知ですか。

糖のピラン環のまき直しに伴うα-アノマ-とβ-アノマ-間の平衡化によります。

 という事は,変旋光が無いのは,フリ-のアノメリック位を持たない化合物ですね。

 後は教科書等でそれぞれの構造をお探し下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグルコースとグリコールは別物ですか?

ちなみに、違う物質なら、どう違うのですか?

Aベストアンサー

どういう場面であなたがその疑問を持ったのか分からない
ので、一般的な答えしかできません。もし、より詳細な
答えが必要なら、どういう場面で思ったのかなどの追加を
お願いします。

今の段階での回答は、
 違う物質です。グルコースは別名ブドウ糖というとお分かりに
 なるかもしれませんね。
 糖類は、○○ースというのが多いです。
 たとえば、砂糖はサッカロースです。
 一方、グリコールというのは一つの物質の名前ではありません。
 その前に何か付いて一つの物質の名前になります。
 たとえば、エチレングリコール。昔、ワインに添加されていて
 問題になった悪者ですが。一般的に○○ールというのはアルコ
 ールです。たとえば、私たちが飲んでいるアルコールはエタノ
 ールです。
 また、ガムなどに入っていることで聞いたことがあると思い
 まますが、キシリトール。これは糖アルコールと呼ばれている
 ものです。ただ、エタノールのように酔うことはありません。

 

Q比旋光度・変旋光の結果から溶液の濃度比を求めるには

どうすればよいのでしょうか?
例えば

α-D-グルコピラノースの旋光度は+112°、β-D-グルコピラノースの旋光度は+18.7°、平衡混合物の比旋光度は52.7°を示す時、
水中において平衡状態に達したとき、αとβの比率は36.4:63.6になる。(wikiより)

とありますが、αとβの比率を割り出す計算式がよくわかりません。

ご存じの方があれば教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

α体の比率をx、β体の保率を1-xとすると
112x+18.7*(1-x)=52.7
93.3x=34
x=0.364

Q筋肉と脂肪組織はグルコースに変換出来るか。

筋肉内のグリコーゲンは、アドレナリンなどの作用により分解され体たんぱく質のアミノ酸(アラニン)がグルコースアラニン回路で肝臓へいき糖新生されると思います。
しかし、筋肉は自身のエネルギー産生だけを目的としてグリコーゲンを合成・蓄積しているので、筋肉のグリコーゲンはグルコースに変換されないと理解していいのですか?

それと脂肪組織も、中性脂肪がホルモン感受性リパーゼによって分解されグリセロールになり糖新生されると思います。
しかし、脂肪組織からグルコースは変換されないと教科書にかいてあるんですが、どういうことなんでしょうか・・・。

わかりにくくてすいません。
詳しい方どうかよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

当方学生でありその道の専門家ではありません。
御理解の助力となれば幸いです。

(1)筋肉はグルコース過剰時グリコーゲンを貯蔵、代謝時には筋肉内でグリコーゲンをグルコースへ分解します。(アドレナリンは  グリコーゲン→グルコースを促進)
 産生したグルコースは筋肉内で代謝されピルビン酸となり、グルコースアラニン回路ではピルビン酸がアミノ基転移反応により アラニンとなり、そこから肝臓へと運ばれアラニン→ピルビン酸→グルコースとなり新糖生されます。
 
 結論的にグリコーゲンはグルコースへと変換されます。

(2)中性脂肪が新糖生されると記述が当方の教科書にあったので、変換されないという記述の理由がわかりません。
 その教科書の前後の文脈がわからない限り当方は、何もすることはできません。

拙い文章で申し訳ありません。

Q糖の還元・変旋光について

フェーリング試薬を還元する糖は、必ず溶液が変旋光を示すと言えるでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

いえません

Qブドウ糖とグルコースは同じ物?

中学校の理科では,デンプンが分解されるとブドウ糖になると習いました。
しかし,高校に入ると,なぜか「ブドウ糖」と言う単語は出てこなくなり,
そのかわり「グルコース」という単語が多く見られるようになりました。

ブドウ糖とグルコースって同じ物質ですか?
もし,同じ物質なら,なぜ中学と高校で呼び名が異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、ブドウ糖の英語がグルコースです。
中学の理科では、英語と日本語を混在させると混乱するから日本語に統一しているのではないでしょうか?
高校に入ると、理科ではなく生物や化学となり、より複雑な構造式などを教える際、グルコース、フラクトース、スクロースと表記を英語にした方が、構造式の元素の数などの比較がしやすいので、そうしているものと考えます。

Q硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。

硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。
そのときの、化学反応式を教えてください。

Aベストアンサー

CuSO4+Ba(NO3)2→BaSO4+Cu(NO3)2

Qグルコースとグリコーゲンの違いは何ですか?

グルコースとグリコーゲンの違いはあるのでしょうか?私は糖が血液にいる間はグルコースで、糖が筋に入るとグリコーゲンに変わるという解釈をしています。具体的な違いを教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

植物は光合成などによりグルコースを合成しますが、人間や動物はグルコースの形のままで体内に貯蓄される事はほとんどありません。グルコースのままではかさばるからだと思います。たいていは脂肪や、筋肉や肝臓に貯えられるグリコーゲンの形で存在します。グルコースは糖を構成する基本的な単位であり、グルコースが何個もつながったものがグリコーゲンです。グリコーゲンはグルコースが何個も連なり、更に枝分かれして、大変貯蓄に適した形となっています。
糖をエネルギーに変える反応には、無酸素時に糖を分解する解糖系と、有酸素時に糖からできたピルビン酸を分解するTCA回路というものが存在します。人間でマラソンなどをするときは、はじめの7分くらい(はっきり覚えていないのでこの7分という時間には誤りがあるかもしれません)は、無機状態で糖を分解しますが、有酸素時にはTCA回路が主に働きます。
この有酸素時に筋肉にどれだけグリコーゲンが蓄えられているかで、運動の持久力も変わったりします。
以下のURLはとてもわかりやすく生化学が説明されています。どうぞ勉強してみてください。

参考URL:http://www11.ocn.ne.jp/~nutrbio/kanri-biochem.html

植物は光合成などによりグルコースを合成しますが、人間や動物はグルコースの形のままで体内に貯蓄される事はほとんどありません。グルコースのままではかさばるからだと思います。たいていは脂肪や、筋肉や肝臓に貯えられるグリコーゲンの形で存在します。グルコースは糖を構成する基本的な単位であり、グルコースが何個もつながったものがグリコーゲンです。グリコーゲンはグルコースが何個も連なり、更に枝分かれして、大変貯蓄に適した形となっています。
糖をエネルギーに変える反応には、無酸素時に糖を分...続きを読む

Q酢酸水溶液と酢酸ナトリウム水溶液の調製

0.2mol dm^3酢酸水溶液200cm^3 の調製方法がわかりません。
教えてください。

酢酸(17.3mol・dm^-3)

また、酢酸水溶液ナトリウム水溶液200cm^3の調製方法もお願いします。
CH3COONa・3H2O

Aベストアンサー

0.2mol/Lが0.2Lですから、必要な酢酸は0.04molです。
CH3COOH=60 ですから、24gの酢酸に水を加えて200mlにすればOKです。

酢酸ナトリウムのほうは濃度が判りませんが、n mol/Lとしておきましょう。
CH3COONa・3H2O=136 ですから、136nグラムのCH3COONa・3H2Oを水に溶かして最終的に1Lにすればn mol/Lになります。

QGLUT2がフルクトースを運ぶのにグルコーストランスポーターというのは何故ですか?

GLUT2がフルクトースを運ぶのにグルコーストランスポーターというのは何故ですか?

Aベストアンサー

GLUT2は、「グルコース・フルクトース・ガラクトースなどのトランスポーター」と呼ぶ方が正しいと思います。
基質特異性の低いヘキソーストランスポーターというような言いかえもできると思います。
ただ、グルコースを輸送することに変わりはないので、グルコーストランスポーターと言っても誤りではありません。
GLUT2は、基質特異性の低いヘキソーストランスポーターでありますが、グルコースの輸送活性はあるからです。
また、GLUT2が他のヘキソースも輸送する可能性も考えられます。

トランスポーターの中には、基質特異性が広いものがありますが、多選択性の(ジェネラル)トランスポーターというような言い方をしたりすると思います。
アミノ酸の場合、多選択性アミノ酸トランスポーター(ジェネラルアミノ酸トランスポーター)というような言い方になります。

トランスポーターは、このように、ほどほどにいろんな基質を輸送する場合が多くありますから、その場合にどういう輸送基質のトランスポーターであるか名前をつけるのは難しい場合があります。

Q水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別実験

水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別する実験の方法を教えてください。
使っていい道具
ビーカー・ガスバーナー・試験管・マッチ・三角架・金網・薬さじ・ろ紙・漏斗・スタンド・リトマス紙・BTB溶液・フェノールフタレーン液・ガラス棒・スライドガラス・金属皿・駒込ピペット・メスシリンダー・マグネシウムリボン・べネジクト液・沸騰石・試験管ばさみです。量は限りがないものとします。
「混ぜて白く濁らる」以外であればお願いします。
※禁止事項
・息を吐いて二酸化炭素を入れる
・手を入れてみる、触ってみる
・においをかぐ
・見た目(ただし、色の違い・気体発生などの明らかなものは可)
・手で重さを比べる

Aベストアンサー

水酸化ナトリウム水溶液と水酸化カルシウム液のそれぞれを、ビーカーに100ccほど採り、駒込みピベットで少量ずつ塩酸を入れ、両方の水溶液が中性になったところで、塩酸を入れるをやめる。両方の水溶液が中性になったかどうかは、リトマス試験紙で確認する。中性になったそれぞれの水溶液を、それぞれの試験管に入れ、試験管ばさみで試験管を持ち、ガスバーナーで、結晶が出てくるまで加熱する。そして、それぞれの結晶をスライドグラスにのせ、結晶を顕微鏡で見る。塩化ナトリウムの結晶が見られる方が、水酸化ナトリウム液となる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報