インド仏教と日本仏教の共通点や相違点を教えてください。
日本では、お盆やお彼岸がありますが、インドにもあるのでしょうか。
また、お墓を作る思想はインドにもありますか?
除夜の鐘もインドにあるのか・・・知りたいことがいっぱいあります。
どんな小さなことでもいいので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

インドでは仏教が滅んでいますので答えにくいですね。

お盆はスリランカでもありますが日本のお盆とは随分違います。お墓は当然ありますがrou-shi様が知りたいのは本家本元と日本の諸宗派がどれだけ隔たっているか、または隔たっていないかということではないでしょうか

結論をいえば当時の教えはどこの国でも正しく伝わっていません。大乗・小乗ともに仏陀の教えを伝えている部分と失った部分を持っています、どちらが正しいという問題ではありません。また形式については地域と時代により大きく変わるのが当然のためインドにない習慣が日本にあるといっても始まりません、要は教えの中身が大事なわけです

しかしその中身も時代や地域に合った教えでなければ救済にはなりません。理解できない教えで救われるはずもないですし納得できない教えを実践できないからです

トリビア的にいえば
仏像-アレキサンダー大王の遠征でギリシャの神像カルチャーが伝わりできました。それ以前は仏塔に礼拝していました
本尊-本来は釈尊のみ、中国・日本では諸仏あります
袈裟-柿色の意味です。出家者は死者を巻く布を拾って柿色に染めて着衣としました
出家-本来は家を出て屋根の下で寝ないという意味です
法華経-知的に高くないカルトの人々によって編纂された教典。中国・日本ではクマラージュの名訳で格調の高い御経として人気

以下参考までに
小乗(上座部)仏教
出家者は戒律をよく守り則を越えないため在家とは違うオーラをもつ
在家の救済は出家者に布施することで開かれるため菩薩になるというダイナミックな成仏は説かれない。また仏陀の立場が大乗より弱い

大乗(大衆部)仏教
信の教えで門戸が広い。人間釈迦は地上での仮の姿でありその本質は久遠の仏とする。超越者を信仰するキリスト教はじめ世界の大宗教と同様の信仰形態である
反面、修行や教学が薄くなり、近代その弱点をついた邪教を多数輩出した
(○○を唱えれば救われる、○○で病気が治る、曼陀羅は○○、etc)

密教(金剛乗)
インドで仏教からのドロップアウト組が土着宗教をとりいれて作った教えで元もとは仏教ではない。中国へ仏教と共に伝来したため仏教の宗派の一つとなる
超人的体験を重視するため現代では超能力系・御利益系邪教を生みやすい(因縁を断つ、オ○ム教,etc)
    • good
    • 2

現在の仏教は、大きく、南伝仏教(上座部仏教)、チベット仏教(密教)、大乗仏教(日本宗派仏教)に分類されます。

この中で、日本に伝えられたのは大乗仏教だけです。南伝仏教(上座部仏教)は、インドではなくて、スリランカ、タイなどに残っています。インドでは仏教は、極少数派で、ヒンズー教に組み込まれているとも聞きました。

仏教は、紀元前5世紀頃にお釈迦様によって説かれたもので、仏陀になることを勧め、仏陀になるための修行法を説く宗教です。

お釈迦様の仏教(根本仏教)は、南伝仏教(上座部仏教)の「阿含経典」(あごんきょうてん、アーガマ)にのみ説かれています。阿含経典にのみ、仏陀になるための修行方法(七科三十七道品)が記されています。それは、瞑想を中心とした修行です。

法華経を含む全ての大乗仏教経典は、インドの後の人々によって創作されたもので、お釈迦様がお説きになったものではありません。(これは、世界および日本の宗教学で検証済みのことで、日本の大乗仏教の信者に知らされていないだけのことです。)

お釈迦様の仏教は、本来、「現世」において瞑想を中心とした「仏陀」になる(=現世成仏)ための修行法を実践するものです。

お釈迦様が、大乗仏教で行われているような、お題目を唱えさせたり、念仏を唱えさせたり、仏を神様のように信仰させて現世利益を祈願するよう指導したためしはありませんし、そうするはずもありません。お釈迦様の仏教は、仏を神様のように信仰したり、現世利益(金、地位、名誉、権力、政治力、支配力)を仏に祈願したりするものではありません。

大乗仏教は、神様を信仰し現世利益を祈願する多神教のヒンズー教の影響を受けたそうです。

中国天台宗、智顗の五時教判は、仏教を、
「華厳時、阿含時、方等時、般若時、法華時、涅槃時」と分類しましたが、現在では、これは誤りであることが分かっています。

なお、「妙法蓮華経方便品 第二」に「・・・此の諸の仏子の為に 是の大乗経を説く 我是の如き人 来世に仏道を成ぜんと記す」とある通り、法華経は、「現世成仏」ではなく「来世成仏」を目的としています。これは、お釈迦様の教えではありません。

仏教:
http://www.geocities.jp/zen9you/
バウッダ(中村・三枝著):http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4094600809.h …
    • good
    • 1

まず「インド仏教」といった場合、おおまかではありますが、


 1)歴史上のブッダ(シャカ族の王子だったあの方です)から「根本分裂」までの時代
 2)仏教史上の「根本分裂」から密教の成立と発展までの時代
 3)インドへのイスラム勢力の進入による仏教の壊滅以降の時代
 4)近代以降の「欧州逆輸入仏教」の時代
などと、区別して考えねば意味がありません。

とうぜん「日本仏教」という場合も、
 1)禅宗的な、自分自身の修行を目的とするもの
 2)浄土宗的な、仏菩薩に救済されることを目的とするもの
 3)祈祷などによる、現世利益を目的とするもの
を、区別しておいたほうがよいでしょう。

正直なところ、「インド仏教」と「日本仏教」には相違点のほうが多い……相違点しかないと考えられます。(たとえば司馬遼太郎『空海の風景』を参照してください)
共通点は、歴史上のブッダ(釈尊)を理想の人格として、あの方に近づこうと努力するという意志ということでしょうか? (もっとも大乗仏教のなかには、その意志を放棄することによって逆説的に高次の宗教的次元に達しうる宗派・教派もあると判断できます)

「仏教が多くの部派に分裂して、しかもそれぞれの部派が、仏教であると公認されていたのは、仏教が本来、個人の自由なる思索や悟りを重んじたためである。すなわち、仏教は自覚の宗教であった。」平河彰『インド仏教史』春秋社・上巻5頁より
    • good
    • 1

No.6の方のおっしゃる事が理解できません。



「月の国の仏教である釈迦仏教は月の運行と同じく西から東に流布してきたのです」

日蓮の残した文書には、そういう記述があるとは聞いていますが、
月は北極軸の上空から見た場合、地球を反時計回りに公転しています。
地球は同じく反時計回りに自転していますので、地球上では月は東から西に移動するはずです。
    • good
    • 0

 まず、インド仏教とか日本仏教という概念が間違っています。

仏とは肉体においては私たちと同じですが、主徳・師徳・親徳の三つの徳を持つ覚者を云います。仏はキリスト教におけるゴットのような架空の存在では無いのです。
 すなわち地球上に出現したのがインドのブッタ=釈迦でありますが、他方といってこの大宇宙には人がすむ星が無数にあり、その数ほど仏はいます。
 仏は信じがたい悠久の時間をもって衆生を救う化導をしているのです。
 インドに(正確にはネパール)出現した釈迦は50年間説法をしており、その42年は方便の教えです。のこり8年で出世の本懐たる法華経を説いたのです。ゆえに法華経の開教たる無量義経には「四十余年には未だ真実を顕さず」といい、法華経の方便品には「世尊は法久しくして後、かならずまさに真実を説くべし」さらに「正直に方便を捨てて、ただ無上道を説く」というのです。釈迦は九輪説法と言って経典を文では残していません。しかしアナンソンジャ(漢字忘れました)という弟子が卓越した記憶力の持ち主で、釈迦の説法全てを記憶して伝えたのです。その法華経を羅汁三蔵(何人もの人が漢訳している、何故羅汁三蔵のものだけが用いられたかも理由があります)が漢訳したものが中国で広く流布し、事実、天台大師もこの法華経を読んでいました。ゆえに聖徳太子は小野妹子を遣隋使として法華経をとってこさせ、それを元に法華義抄を顕し、また法華経を元に鎮護国家の法を定めたのです。しかしこの法華経の力も釈尊滅後二千年で潰えます。ゆえに鎌倉時代より叡山(日本の仏教の根本道場)は乱れていくのです。当然発祥の地、インドも日本に伝来した国、中国も釈迦仏教は滅していきます。もっと云えば、インドは古来より月氏といい、日本は古来より日の本です。月は太陽が無ければ輝けない。ゆえに月の国の仏教である釈迦仏教は月の運行と同じく西から東に流布してきたのです。余談ですが日本を極東というのも其の故でしょうか?いずれにせよ聖徳太子は隋との国交を開く時、「日いずる国の天子処日の沈む天子に送る。つつがなきや・・・」という表現をしていますが、日本の国にたいする誇りと確信を感じます。日いずる国ゆえに釈尊の仏教をはるかに凌駕する仏が出現する国を意味するのが日本という国名です。 釈迦自身が法華経神力品に「日月(にちがつ)の光明の能(よ)く諸(もろもろ)の幽冥(ゆうみょう)を除くが如く、この人世間に行じて能く衆生の闇を滅せん」と述べています。意味合いは末法に全人類を救う人は、上行菩薩(じょうぎょうぼさつ)ただ一人であるという重大事の予言なのです。 まさに末法に入り、鎌倉時代に釈迦の仏教は滅し、同時に出現されたのが釈迦のいう上行菩薩であり、その御方こそ「下種の本仏」たる「日蓮大聖人」なのです。
    • good
    • 2

一時はインドの国教となった仏教は5世紀ごろに宗教弾圧を受け、多くの仏教家がインド国外へ流出してしまいます。


また、14世紀ごろのイスラム教徒の侵入で偶像を否定するイスラムの教えによって寺院や仏像が破壊され、事実上、インドでの仏教が消滅します。
現在のインド国内の仏教は、周辺諸国(バングラディシュなどの東南アジア諸国)からの再流入です。
    • good
    • 0

#1です。



 お礼とコメント有り難うございました。

 煩悩の数に関してですが、数に関してはインド由来ですね。それを大晦日という節目の行事にするというのは中国の考え方で、広く行なわれるようになったのは日本という、3カ国合作みたいな行事です。行事ひとつとってもこういう具合ですので、興味深いというかややこしいというか・・・面白いものです。「中国経由」というのも、日本仏教を見る上での重要な点ですね。

 インドでも学派によって煩悩の数は変化があり、一定ではないですね。108煩悩の数の出し方も数説あります。(←すべては知らないです。)
 一説には(細かい用語に関しては手元に資料がないのですが・・・)、六根(=感覚器官と心。眼・耳・鼻・舌・身・意)が六塵(六根それぞれの対象。色・声・香・味・触・法)に対したとき、それぞれに好・悪・平が生じるので18種類、その18種には染・浄の2種があり36種、さらに過去・現在・未来の三世でカウントするので108種類ということになるらしいです。
 除夜の鐘は中国の宋の時代に始まり、日本の行事はそれが伝わったものだろうと言われています。
 では。
    • good
    • 0

 >仏教がインドで衰退したのは、何か意味があったのでしょうか?



 そもそも釈迦の出世(偉くなる事ではなく、『この世に生まれ出た理由』の事)の理由からして、いずれ衰退するのは目に見えていた事だと思われます。
 それは、釈迦はあくまで人類救済を謳わず、遥か昔に成仏(死ぬ事ではなく、文字通り『仏になること』。成仏得度とも言う)し損ね、長い長い時を経て再び人として生まれた者を改めて仏の教えに導き、成仏させる事を目的とした仏だったからです。
 逆に言えば、こうした人々がことごとく成仏してしまえば、釈迦としての目的は達せられてしまうので、その後の繁栄などは全く考えられないのは当然の事、衰退は当然の道だったように思います。このことは釈迦自身が経文の中で、「白法隠没(ビャクホウオンモツ)」といって、いずれ自分の教えが隠れて没してしまう事を予言しています。

 聞きカジリですのであまり本気にしないで下さい。
 人づてでこんな話を聞いた事があります、ということで。
    • good
    • 0

インドは今や仏教の国ではありません。


仏教徒の人口は全国民の1%にも満たない状況です。
基本的にはヒンズー教の国といえます。

サンスクリット語で書かれていたインドの仏典は、鳩摩羅什(くまらじゅう)と玄奘三蔵によって漢文に訳され、このことにより仏教は中国で発展してゆく
のです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
 インドの仏教徒の人口は1%しかいないのですか。そこまで少ないとはしりませんでした。
 仏教がインドで衰退したのは、何か意味があったのでしょうか?

お礼日時:2005/10/03 01:12

こんばんは。



 少々仏教書(概説書程度)を読んだことのある者です。また、仕事でお寺さんと接する機会が多いです。ご参考になるかわかりませんが、少し記してみます。

 ご存知とは思いますが、仏教はインドが本家本元ですので、その他の地域にとっては「外来宗教」ということになります。日本にとって仏教とは、いくら幅広く根付いているように見えても、外から来たものであることは事実で、これは重要な点だと考えています。

 インド仏教には、お盆・お彼岸はありません。仏教はもともと祖先祭祀を行なう教義を持っていませんから、日本独特の、あるいは中国由来の習俗に仏教教義を後付けしたものです。もしお釈迦さまが日本の仏教を見たら、教えを説いた本人が理解に苦しんで頭を抱えるか、吉本新喜劇の「えっえっ、えーーーー」をかますのでは?と思います。(けど、自分は時間をかけて見てもらうと、お釈迦さまも「へー自分の教えがこうなるのね」と感心されるのでは?とも思っています。どんなに形が変わっても、確かに筋はあるんですね。そうなった是非・良し悪しはともかくとして・・・)

 お墓ですが、インドでは王族・貴人・偉大な宗教家などは、その功績を讃えてお墓を作る習慣があったらしいのですが、一般の人々は、河に流す、土葬・風葬というような埋葬が行なわれており、その後で死者を供養するための法事を行なうというような習慣は仏教以前も以後もなかったようです。(今もないと言って差し支えないと思います。)
 お釈迦さまも、自分の葬儀は気にしなくていいから、とおっしゃっていたようですが、結局あちこちにお釈迦さまの遺骨(=舎利)を納めた塔が建てられました。これが、五重の塔や塔婆の由来となっていきます。

 以前(だいぶ前)「祇園精舎に鐘はあったか?」を真剣に論争したことがあったらしいですが、インドではいわゆる釣鐘はなかったと考えられていて、中国由来のものではないかとされています。「祇園精舎の鐘の声」は世が世なら公共広告機構にでも訴えられそうな(?)不確かな話しのようです。インドでは木製の打楽器は使われていたとされているのですが、金属製の物がどういうものがあったか、勉強不足で自分は知らないです。

 前述の通り、日本にとって仏教は外から来た宗教です。そして日本人は、受容能力が高い民族といいますか、自分達に合うように物事を「作り変える」ことを得意にする民族であると言えると思います。インドのカレーが英国経由で日本のカレーライスになったように、インド仏教は中国経由で、表面上似ても似つかない「日本仏教」になりました。けれども確かに仏教が見出し展開した一側面であり、一応(?)ちゃんと「仏教」なんだな、と感じています。

 それこそ、一つ一つの事柄を書き上げれば、小冊子ができるぐらいになりますし、こういうテーマを扱った本も実際何冊もあると思います。ご興味に合いそうなものをお読みになるとよいと思いますよ。

 自分が重要と考えている点を駆け足で記しますと、

 「国家仏教」輸入品の仏教は国の宗教として国主体で導入されたわけです。これは悟ったお釈迦さまただ一人から始まったインド仏教とは全く異なる展開です。
 「日本古来の神道と習合したこと」これが1国2宗教(?)状態を違和感なく定着させ、祖先崇拝を初めとする日本仏教の数々の特徴を生んでいった重要な要因だと思います。
 「宗派仏教になった」インドでは「学派」はあっても日本のような「○○宗」というような宗派はありません。ある意味バラエティーに富み、しかもお互いがなぜか共存する「宗派」というものは日本独特の形態ですね。
 「檀家制度」これは、江戸時代にキリシタンのあぶり出しと寺院が政治勢力を持つことを排するためという一挙両得を狙った幕府がまんまと成功させた、日本独特の、そして宗教的根拠がない制度です。日本人をすべて仏教徒とし、どこかのお寺の檀家として登録・管理させ、寺院勢力には檀家という「食い扶持」を用意してやることでフォアグラを作るガチョウ状態にしたわけです。うまいこと考えたなーと思いますね。

 結局、現在の日本仏教は、この江戸幕府の策略から抜け切れていないように思います。脂肪肝を通り越して生活習慣病患者みたいですが、なんとかシェイプアップしてあるべき姿を模索していただきたいな、と思っています。

 思いつくまま(かなり勝手気ままに)書きましたが、何かの参考になればよいのですが。では。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ポイントを絞りきれないままの質問に、一つ一つ、ご丁寧に答えてくださり、ありがとうございました。
 中国経由で伝わった仏教は、さらに日本風にアレンジされたのですね。
 日本人が「自分達に合うように物事を「作り変える」ことを得意にする民族」というお言葉、納得です。仏教までも・・・・。
 除夜の鐘、インドではないのですね。
 108つという煩悩の数も、日本オリジナルですか?

お礼日時:2005/10/03 00:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の仏教とタイなどの仏教は違うのでしょうか?

日本の仏教とタイなどの仏教は違うのでしょうか?
ずいぶん昔(まだ子供のころ)、お坊さんのお話でそのようなことを言っていたのを思い出したのですが、何が違うのか忘れてしまいました。。。
日本の仏教の方が、寛容でいいな、と思ったのは覚えています。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さんがいくつくらいの年齢なのか知りませんが、それらの違いは高校の世界史や倫理で習います。

日本→大乗仏教
タイなどの東南アジア→上座部仏教

仏教の歴史
釈迦(ゴーダマ=シッダルタ)がインドのマガダ国で仏教を開く。当時のバラモン教を批判。すなわち、カースト制度(身分制度)を批判。
    ↓
インド初の統一王朝であるマウリヤ朝のアショーカ王が仏教に帰依する。この時の仏教は上座部仏教。
上座部仏教とは…仏教を篤く信仰したもののみが救われるという考え方。
    ↓
次の統一王朝、クシャーナ朝は大乗仏教を信仰。
大乗仏教とは…信仰するしないなんて関係ない。仏様は万人を救済してくださる。故に上座部仏教を蔑視し、万人救済する自分たちの大乗仏教に対して信仰した者しか救われないとする彼らを「小乗仏教」と
蔑視。
    
日本に仏教が伝播した過程

紀元後1c、中国の後漢に大乗仏教伝来。第二代明帝は洛陽(現在の西安)に白馬寺建立。
      ↓
朝鮮にも伝来。そして、朝鮮の百済が日本に仏教を伝播させる。その当時の日本は飛鳥時代。その仏教を受け入れるか否かで蘇我氏と物部氏の戦争が起こる。

東南アジアにどのようにして上座部仏教が伝播したかは、あいにく知りません。しかし、東南アジアは上座部仏教圏。(インドネシアは世界最大のイスラム教国)

つまり…大乗仏教→万人救済を目指している。日本や中国はこれ。細かい宗派の違いはわかりません。
  上座部仏教→信仰を篤くしたものが救われる考え方。タイなどの東南アジア。大乗より戒律が厳しい。

>日本の方が寛容
その通りだと思います。日本は仏教よりも儒教なんじゃないでしょうか。礼儀を重んじるなど、親・兄弟を大切にするなどといったのを日本人は重視していると思います。だから日本は儒教国です。
日本が仏教国なら真面目な仏教徒は怒ります。なぜなら、仏教では牛は神聖なる生き物です。それを日本人は食いまくってます。仏教国なんて、とんでもありません。つまり、犬を食う韓国人が野蛮だとか、鯨を食べる日本人は野蛮だとか、ロブスターなどを生きたまま調理するのは動物虐待だとかほざいている西洋人は自分たちも牛や豚を食いまくってるんですから、私たちのことをとやかく言う権利はありません。文化の違いです。なお、現在のインドでは仏教の発祥地にもかかわらず、ほとんど信仰されていません。民間信仰のヒンズー教とイスラム教のどちらかです。ベンガル分割令だって、ヒンズーとイスラムの分離でしたし、仏教は世界でもかなりマイナーな宗教です。

私は仏教よりも、どちらかというとキリスト教の方が詳しいので、これくらいのことしか教え切れませんが、質問者さんに役に立ったら幸いでございます。

質問者さんがいくつくらいの年齢なのか知りませんが、それらの違いは高校の世界史や倫理で習います。

日本→大乗仏教
タイなどの東南アジア→上座部仏教

仏教の歴史
釈迦(ゴーダマ=シッダルタ)がインドのマガダ国で仏教を開く。当時のバラモン教を批判。すなわち、カースト制度(身分制度)を批判。
    ↓
インド初の統一王朝であるマウリヤ朝のアショーカ王が仏教に帰依する。この時の仏教は上座部仏教。
上座部仏教とは…仏教を篤く信仰したもののみが救われるという考え方。
    ↓
次の統一王...続きを読む

Q仏教の発祥の地はどこ?

仏教の発祥の地はどこですか。
インドだと思っていたのですが、「ネパールのルンビニです」とネパール人に言われました。
ネットで調べてみると、インドと書かれているもの、ネパールと書かれているものと両方あります。
ん~どこなんでしょう???

Aベストアンサー

ネパールのルンビニ村は、
ブッタ族の王国の都だったところで、
釈迦が生まれて
「天上天下火唯我独尊」と名乗られた所ですので、
仏教の発祥を、釈迦の誕生からとすれば、そうなります。


仏教界では、
釈迦が悟りを開かれた菩提樹のあるインドのガヤ村(ブッタガヤ)
を発祥の地とする説や、
その後、初めて、人々に仏法を説かれたインドのサールナートを
仏教発祥の地とする説が、強いです。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Qインドから中国に伝わった仏教について

仏教がインドから中国にどのように伝わったか教えてください。伝わったことで中国にはなにか影響とかあったのでしょうか?それから後世どんな感じで発展したのでしょうか?

Aベストアンサー

経路について。
1・1)仏図澄・鳩摩羅什に代表される「西域僧」による仏教東漸。
1・2)法顕・玄奘・義浄に代表される中国僧による仏教移入。
2・1)北回り(西域経由)でのいわゆる大乗仏教。または北伝仏教。
2・2)南回り(海路経由)での上座部仏教。または南伝仏教。

重要なことは、いわゆる阿含系経典(中村元『ブッダの言葉』など)も大乗系経典(『法華経』・『浄土三部経』)も、歴史的成立順とは無関係にインドから中国へと導入されたということです。そのため中国では「教相判釈」と呼ばれる経典解釈学が成立しました。この解釈上の立場によって、どの経典を重視するかの立場が発生し、現在いうところの宗派が発生したと理解していいでしょう。もっとも中国における宗派というものは学派というほどで、日本における宗旨の違いほど厳密なものではありません。
中国の仏教を史的に概観すると、隋唐時代をエポックとしてその前後に分けて考えることができます。それ以前は貴族たちの趣味的な援助を受けての導入期、隋唐時代は国家的な援助を受けての発展期、それ以降は個人の宗教としての成熟期、となるでしょうか。(ここでの「○○期」の用語には学術的背景はありません。筆者の気分です。)
言い換えるならば、隋初に天台智顗による『法華経』を中心とした教相判釈が確立したことをもって中国独自の仏教が完成し、唐代に密教が移入された後、「会昌の廃仏」をもって仏教の興隆が終った、とみなすことができるということです。以降、中国の仏教は禅と浄土との流れにまとまっていきます。
以上、インドから中国にどのように伝わったかについてでした。仏教の中国への影響や、後世の発展の詳細については省略させてください。

経路について。
1・1)仏図澄・鳩摩羅什に代表される「西域僧」による仏教東漸。
1・2)法顕・玄奘・義浄に代表される中国僧による仏教移入。
2・1)北回り(西域経由)でのいわゆる大乗仏教。または北伝仏教。
2・2)南回り(海路経由)での上座部仏教。または南伝仏教。

重要なことは、いわゆる阿含系経典(中村元『ブッダの言葉』など)も大乗系経典(『法華経』・『浄土三部経』)も、歴史的成立順とは無関係にインドから中国へと導入されたということです。そのため中国では「教相判釈」と呼...続きを読む

Qなぜ日本ではキリスト教の普及率が悪いのか?

 ありきたりですが、気になるのでよろしくお願いします。もともと仏教だから、といった紋切り型の理由ではやはり説明できそうに思えません。まず、韓国の爆発的な普及、台湾や中国など。日本人はキリスト教の福音活動の話を聞こうともせず、はなから拒絶するのに対し、彼らは一応耳を傾ける傾向があります。これはオウム真理教などの影響もありそうですが・・・しかし、占いなどや細木和子は信奉できるというのも、不思議に思います。
 できる限り、感情的返答は避けていただきたいと思います。できれば、学問的に宗教社会学・哲学などの手法で、お答えをいただきたく存じます。

Aベストアンサー

 むしろ、何故、韓国や台湾でキリスト教が人気があるかを考えるべきです。

 各国に昔からある宗教というのは、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められた歴史を持っています。韓国や台湾では、歴史的に中国本土の支配者の圧政を受け、社会構造的に、国民は、伝統的な仏教は自分たちに何もしてくれなかった、自分たちを支配してきた、という思いが強いのではないでしょうか。従って、自分たちを、より自由にし平等に扱ってくれそうな、外来のキリスト教を理想化して期待しているのだと思います。

 しかし、西洋では、キリスト教は、実際には、当初(ローマ帝国時代)から支配者によって人々を支配するために創作され、歪められ、利用され、戦争の原因でもありました(現在も)。「三位一体」、聖母マリアの処女懐胎、最後の審判、も創作されたものですよね。

 日本は、国際法に反してキリスト教国のアメリカから原爆を落とされ、アメリカはそれをいまだに正当化しています。欧米のキリスト教では、非キリスト教徒の日本人を対等な人間と見ていないでしょう。・・・日本人にはキリスト教に対する不信感があります。そのような尊敬すべからざるキリスト教徒に自らなろうとは思わないのではないでしょうか。日本人は、キリスト教国の経済的な豊かさにあこがれているだけです。

 キリスト教は昔から福音活動に熱心ですから、日本人はその内容を皆おおかた知っていると思います。しかし、上述のように、キリスト教も、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められいますから、イエスキリストの教えが、どの程度、聖書にもとのまま残っているかは、分かりません。日本人はそのことを知っているのです。欧米のキリスト教の多くの研究者でさえ、聖書の大部分が事実でないと考えます。

 キリスト教の神を信じれば悪人でも天国に行くことができ、信じないものは善人でも地獄に落ちる・・・そのような、日本人の長い歴史にわたって体験してきた因果応報の法則に反し非常識で不道徳な教えは、日本人には通じないのだと思います。

 また、日本人は、元々、自然を崇拝し、多神教でしたから、人間のように嫉妬する尊敬できない絶対的唯一神に強い違和感を持つのだと思います。

 今や、ニューエイジの時代です。質問者様、キリスト教にこだわることなく、「プレアデス+ かく語りき」バ-バラ・マーシハニック(太陽出版)、「テオドールから地球へ」ジーナ・レイク(たま出版)、「シルバーバーチの霊訓」アンドゥーリー(潮文社)、「神との対話」ニール・ドナルドウォルシュ(サンマーク出版)をお読み下さい。日本において、なぜキリスト教が浸透しないのかを、より深くご理解いただけると思います。

 むしろ、何故、韓国や台湾でキリスト教が人気があるかを考えるべきです。

 各国に昔からある宗教というのは、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められた歴史を持っています。韓国や台湾では、歴史的に中国本土の支配者の圧政を受け、社会構造的に、国民は、伝統的な仏教は自分たちに何もしてくれなかった、自分たちを支配してきた、という思いが強いのではないでしょうか。従って、自分たちを、より自由にし平等に扱ってくれそうな、外来のキリスト教を理想化して期待しているのだ...続きを読む

Q法華経の教えを簡単に言うと

1.生きとし生けるものは全て仏の心がある
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう

この2点でしょうか?

どうぞ簡単に簡潔に教えてください m(_ _)m

Aベストアンサー

1.生きとし生けるものは全て仏の心がある
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう

この2点でしょうか?

○法華経の主眼は、簡単に言えば、「1.生きとし生けるものは全て仏の心がある。」つまり、全てのものに仏生があるので、
三宝に帰依してしっかり修行をして仏性を磨いて今世を生ききれば、必ず来世、来来世あるいは未来世で菩薩になれる。という教えですね。言い換えれば、「2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう。」ですね。だから、2点でほぼ正しいのですが、菩薩への修行には、釈迦如来が実践したように、衆生伝道も含まれるのですね。これは菩薩が立てる四弘請願で明らかですね。簡単に言えば己を磨き、衆生を助ける「上求菩提下化衆生」ですね。
鎌倉期以降は「上求菩提下化衆生」が「上求菩提」と「下化衆生」型宗教に分かれてなにやらわからなくなってしまってますが、
1.生きとし生けるものは全て仏の心がある。
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう。
3.学んだ教えを広めましょう。
の3点が本来的な主題ですね。仏教では正しく物事を観る、判断することを「正見」といいますがこれは「正信」つまり、正しい信仰を持つことと同じ意味ですね。
仏教では釈迦如来に帰依することが「正信」ですから、本尊は釈迦如来以外にはないですね。
釈迦如来を役割の違いで阿弥陀仏や大日如来と言い換えているだけですね。表現方法は寛容ですね。ということで仏教においては、弟子やお経は本尊には決してなりませんね。

1.生きとし生けるものは全て仏の心がある
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう

この2点でしょうか?

○法華経の主眼は、簡単に言えば、「1.生きとし生けるものは全て仏の心がある。」つまり、全てのものに仏生があるので、
三宝に帰依してしっかり修行をして仏性を磨いて今世を生ききれば、必ず来世、来来世あるいは未来世で菩薩になれる。という教えですね。言い換えれば、「2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう。」ですね。だから、2点でほぼ正しいのですが、菩薩への修行には、釈迦...続きを読む

Q何故東南アジアにイスラム教の国が多いのか

カテが分からなかったのでここで質問します。
インドネシアとかマレーシアはイスラム教国家と言っても良いと思います。
一方日本ではキリスト教は宣教師によって迫害はあったもののキリスト教
が入ってきましたがイスラム教の伝道氏が活躍したと言う話は聞いた事が
ありません。
又この両国はインドに近い割には仏教徒よりイスラム教徒の方が多い(国教なのか)様に思います。
中東で生まれたイスラム教はどの様な経路で両国に入り浸透したのかそれが分かりません。やはり宣教師の様な聖職者が世界に散って布教したのでしょうか。

Aベストアンサー

イスラム教に伝道師は存在しません。イスラム教は専業的宗教家の存在を否定します。宣教師も聖職者も存在しません。布教したという事実はありません。

事実はイスラム商人が東南アジアの豊富な産品を求めて出没したというだけのこと。東南アジアの胡椒がヨーロッパで馬鹿みたいな値段で売れたので儲かってしかたがなかったからです。彼らを通してイスラム教が広まりました。東南アジア諸国の王様は交易利権を独占する為に雪崩を打ってイスラム教に改宗しました。

イスラム商人が胡椒貿易を独占していたのが大航海時代の動機になっています。ラクダで担げるぐらいの量でも儲かるぐらいですから、船で運べば天文学的利益になるだろうと考えたのです。陸路をイスラム商人に抑えられていて、参入できなかったからスペイン・ポルトガルの商人は海路を開拓したのです。イスラム商人は布教したわけではありません。イスラム商人との長い付き合いによって自然と広まっただけです。

日本にはイスラム商人は来なかった。なぜなら陸路では日本に辿りつけないからです。日本に来たのは東南アジアに拠点を作ったキリスト教の商人だけでした。そしてキリスト教の商人に迎合して公益利権を独占する為に九州の戦国大名は、キリスト教に改宗し、せっせと土地を寄進しました。ライバルに鉄砲を売られたら困るから、自分にだけ売って欲しかったからです。

イスラム教に伝道師は存在しません。イスラム教は専業的宗教家の存在を否定します。宣教師も聖職者も存在しません。布教したという事実はありません。

事実はイスラム商人が東南アジアの豊富な産品を求めて出没したというだけのこと。東南アジアの胡椒がヨーロッパで馬鹿みたいな値段で売れたので儲かってしかたがなかったからです。彼らを通してイスラム教が広まりました。東南アジア諸国の王様は交易利権を独占する為に雪崩を打ってイスラム教に改宗しました。

イスラム商人が胡椒貿易を独占していたのが大航...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報