人間の吐息に含まれる酸素の量によって健康状態が変わるのか知りたくて質問しました。まず、私が知りたいのは健康な人の平常時の吐息に含まれる酸素が何%であるかです。一般に大気の酸素の量は21%ですから、それ以下になることは分かります。

 また、有酸素運動や無酸素運動の後の吐息に含まれる酸素が平常時より多いのか少ないのかも教えて頂けると有難いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

激しい運動の時の過度応答について.どなたから指摘があるかと思ったのですが.



酸素需要についての参考文献をお知らせしましょう。
道場.心臓病と運動.31ページ付近.朝倉

運動開始直後の無酸素運動では.血中に乳酸が蓄積しています。乳酸代謝は呼吸が激しくなってから.始まるらしく.その後低下します。酸素摂取は若干遅れて定常状態になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 分かり易い回答、ありがとうございました。
早速、御教え頂いた参考文献で調べてみます。 

お礼日時:2001/11/20 15:43

>健康な人の平常時の吐息に


ということで.精々5分程度しか続かない状態は24時間という膨大な時間に比べて0とみなし
>息がハアハアします
状態は.0に
>近時し
ました。この近似に関しては.P.E.Marrow.Health.Phys.12(2).173-202.(1966)
のちんちゃくモデルのあたりの内容を参考にしてください。

日本人は欧米人と無酸素運動の時の代謝系が異なり.炭化水素代謝となるそうです。すると.自分で激しい運動をした時の呼吸回数と自分の肺活量から大体の値は推定できるでしょう。

ただ.4の方から.数値が示されましたので.私のようなおおざっぱな計算は不要となりました。
    • good
    • 0

つたない国家試験用の知識の生き残りから…


吐気の酸素…約16%

有酸素運動していようが、していまいが、ガス交換するのは肺の肺胞。よって変わらないに一票。
ただし、酸素飽和曲線は体温によって変わるから運動によって、平常時とは変わるんじゃないかな。
これは調べたけれどわからなかったので・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 体温によって酸素飽和曲線が変わるのですか。
しかし、それによって何%変わるかは分からないのですね。
貴重な意見有難うございました。

お礼日時:2001/11/20 16:04

前の回答紹介がでていますので。

つっこみ。2の回答で
>運動量の変化で呼吸回数は変化しない。
駅まで走ったら、息がハアハアしますけど・・・
    • good
    • 0

直接の数値を覚えていないのですが.


750cc/回 呼吸が事務程度の作業中の呼吸量
1500cc/回 呼吸が激しい肉体労働時の呼吸量
運動量の変化で呼吸回数は変化しない。
事務処理程度の1日消費カロリーが2000Cal
激しい肉体労働程度(8時間/日.他は事務処理程度)の1日の消費カロリーが4000Cal
基礎代謝(睡眠時状態の消費かろりー)は1200か1400Cal/日。
睡眠時間は8時間。
蛋白質75G/日.その他のカロリーは脂肪と糖質で1:1の割合でとる。
蛋白質6Cal/G(有効桁から糖質と同じ代謝とみなす).糖質6Cal/G.脂質9Cal/g
糖質を全部葡萄糖.脂肪を全部ステアリンさんグリセリドで近時して.
化学の計算をすれば.大体の答は出ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的な回答有難うございました。
一つ間違いだと思われる点を指摘させて頂きます。
消費カロリーの単位はkcalが正しいと思います。

お礼日時:2001/11/20 15:55

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?



補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=74602
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/19 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸素消費量 酸素摂取量 有酸素運動 生理学

酸素消費量 酸素摂取量 有酸素運動 生理学



酸素摂取量が多い=吸気量が多いということでしょうか?
また、
酸素消費量は酸素解離曲線で表されるのでしょうか?

酸素解離曲線の説明で、抹消では酸素飽和度は75%に低下する。97,5-75=22,5%の酸素がヘモグロビンから離れて細胞に利用されることになる。二酸化炭素分圧の上昇やphの低下はヘモグロビンの酸素結合能を低下させるため抹消におけるヘモグロビンからの酸素の解離を増大させる。とあります。

つまり二酸化炭素分圧の上昇やphの低下は酸素消費量をあげるためには必要なのでしょうか?
持久走の選手は二酸化炭素分圧の上昇やphの低下なども必要な能力なのでしょうか?

Aベストアンサー

>二酸化炭素分圧の上昇やphの低下は酸素消費量をあげるためには必要
…これは議論が逆転しています。
末梢へ行くに従い二酸化炭素分圧は上がり、酸素が消費されて様々な酸性酸化物が出来るので、その場所へ酸素を効率良く供給するためには酸素の解離を向上させねばなりません。
…極端な事を言えば酸素がヘモグロビンと強固な結合を作り続けていたら酸素は末梢へは供給されない事になります。
…また、ヘモグロビンは二酸化炭素と結合して肺へ運ぶ働きがありますから、二酸化炭素濃度が高い場所ではヘモグロビンは酸素と解離して二酸化炭素と結合してくれなくては困ります。

この様なヘモグロビンの複雑な行動は脊椎動物が進化の途中で「苦労」して手に入れた能力だと言えるでしょう。

Q植物上陸後の大気中の酸素について

大気中に酸素が蓄積し、オゾン層が形成された時代について質問です。植物が地上に上陸した後、大気中の酸素がどのように変化し、現在の環境になったのかを知りたいのですが、詳しく載っているサイトが見つけられません。ご存知でしたら、URLを添えてご回答頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

大気中に酸素が蓄積し、オゾン層が形成された時代

これは先カンブリア紀のお話になりますが,先カンブリア紀の古大気のデーターは無いと思います。シアノバクテリアにより酸素が放出され,地表の酸化がすんだ後酸素が大気に放出されオゾン層が形成されましたが,この分野の研究は生物ではありません。酸化鉱物等の研究を含みますから,地学カテにてお聞きしてみてください。

植物が地上に上陸した後、大気中の酸素がどのように変化し、現在の環境になったのか

これはカンブリア紀以降の話になりますが,どこまで正確なデーターを求めているのかわかりません。簡単なものでしたら下記URLのようなものがあります。正確なものをお求めなら,これも生物ではなく地学ですので地学カテが良いのではと思いますが…
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/taikitokaiyonorekishi.htm

Q【人間は酸素だけを吸うと】酸素中毒になるそうですが、酸素中毒とはどんな症状が出ますか?

【人間は酸素だけを吸うと】酸素中毒になるそうですが、酸素中毒とはどんな症状が出ますか?

Aベストアンサー

正確には、酸素だけが問題なわけではなく、気圧も関係してきます。
低圧の場合では、酸素100%の状態を吸入しても、問題ありません。
酸素分圧の高い酸素を吸入すると、酸素中毒に陥り、全身の痙攣や肺の障害などを引き起こし、最悪の場合は死に至ります。

Q有酸素運動

有酸素運動を運動強度の点から説明したい(筋タイプとATP供給過程から)のですが、ATP供給過程というのが何なのかよく分かりません。
このATPというものが、有酸素運動や筋タイプ、運動強度とどう関わってくるのでしょうか?
もしかしたら分野が違うかもしれません・・・すいません。

Aベストアンサー

筋肉が収縮するにはATPという物質が必要です。
ATPは細胞内でエネルギーを運んでいる物質で、このATPを何処から調達してくるかによって有酸素運動か否か等が決まります。

人の細胞では一般的にはATPはミトコンドリアで酸素と糖を使って合成され供給されています。
この供給経路で運動するのを有酸素運動といいます。
しかし、運動強度が大きくなると酸素供給量が不足し有酸素なATP供給経路ではATPが足りなくなります。
そこで、糖を酸素を使わずに中途半端な状態(ピルビン酸)まで分解してATPを合成します。
この場合酸素を使わない(無酸素運動)のでATPを大量合成できますが、余ったピルビン酸が乳酸として蓄積し筋肉疲労の原因になります。

Q無酸素運動のエネルギー源について

無酸素運動(アネロビクス)では、グリコーゲンがエネルギーとして使われます。
体内の貯蔵グリコーゲンが枯れてる状態で、無酸素運動をすると、何がエネルギー源として使われるのでしょうか?
一般的に、体内の筋肉や肝臓に貯蔵されているグリコーゲンの量はそれほど多くなく、半日ほど絶食すればなくなってしまいます。エネルギー源はいったいなんでしょう?

推測1.エネルギー源がないのだから、無酸素運動ができない。
推測2.筋肉が分解され糖新生が行われる(もしそうなら、空腹時に無酸素運動でトレーニングをしたら、逆に筋肉量を減らすことになりかねません)。
推測3.遊離脂肪酸(もしそうなら、無酸素運動もダイエットになりますね)。

Aベストアンサー

まず、グリコゲンは、
グルコゲン→グルコースというふうに変化して、
グルコースがさらに分解されることで、エネルギーが発生します。
飢餓状態では、例えおっしゃるような運動をしなくても、
筋肉を分解してグルコースを補います。
脳の活動には大量のグルコースを必要とするからです。

遊離脂肪酸は、むしろ飢餓状態において、肝臓や心筋のエネルギーに使用されます。
無酸素運動をしなくても、例えば絶食をしてダイエットしようとしても、筋肉の量は減りますが、
空腹=貯蔵グリコゲン0とは考えにくいと思います。

半日絶食すれば貯蔵グリコゲンはなくなる、とおっしゃっていますが、
肝臓はともかくとして、筋肉に貯蔵されているグリコゲンは、絶食してもなかなか減りません。空腹時のトレーニングでは、骨格筋に貯蔵されているグリコゲンが使用されるものと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報