法務局の地積測量図に記載されている境界点を現地に復元する場合、許容範囲は、どの位なのでしょうか?
例えば、地積測量図に記載されている2点の境界の距離が3.00mの場合、それを基に現地に境界杭を設置した時の許される誤差は、どの位なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

許されるとか許されないということではないと思いますが


復元した場合に再度復元した杭を測量し直し、地積測量図を提出しますが、備え付けられている地積測量図と杭の復元により新たに提出する地積測量図の誤差が国土調査法別表第四の示す許容誤差以内ならば地図訂正または地積測量図の訂正の申し出ですみ、許容範囲の誤差を超えていれば、地積更正登記の申請が必要になるということでしょう。
http://nlb.or.jp/fineness.html
ここで計算できますが最も高い精度が要求される甲1の大都市の市街地区域で3mの筆界点距離の公差は2.5cmです。しかし3mで2.5cmの誤差が出るようだと、調査士の仕事としては話になりません。せいぜい2~3mm以内の誤差で測量していると思います。
    • good
    • 0

一般的な境界測量では、市街地であれば境界点間の許容誤差が1/2000~1/3000、山地では1/1000~1/2000としています。



例)市街地で点間20mで1/2000であれば許容誤差10mm内、30mで15mm内となりますが、点間10m以内では一律で10mm内としている仕様が多いです。つまり点間10mでも1mでも10mm内となり公共機関等の検査は通りますが、実際それでは地権者が納得しない場合が多いので、容易に距離の測定できる場合(コンベックス等)には限りなく0mmにする事が望ましいでしょう。又、近くの市役所等で現場付近の用地測量を実施した時の仕様書を確認することも良いかと思われます。
    • good
    • 1

まず、その対象土地の属する地域の状況によって、精度の区分が異なります。


「市街地地域」 について甲1及び甲2
「村落農耕地域」について甲3及び乙1
「山林原野地域」について乙2及び乙3 の区分がされ、それぞれに一点のプロット誤差、2点間の測定距離誤差、面積の測定誤差についての規定があります。最小自乗法などの計算式で求められるもので、距離、面積に比例しません。その箇所毎に求める必要があります。国土調査法施行令別表に計算式が記載されています。
計算式などは、参考URLのページ(国土調査法施行令を掲載しています)最後の別表に掲載されています。
該当土地の属する精度区分を確認の上、算定してください。

また、地域の区分は法務局備え付けの法17条地図(公図=分間図とは異なります:国土調査後の図面)の右上に通常は記載されています。

参考URL:http://www.houko.com/00/02/S27/059.HTM
    • good
    • 0

不動産登記法施行令4条では地積は平方メ-トルとし、1平方メ-トルの100分の1未満は切り捨てる、とありますので(例外あり)これに準じて1Cmではないでしようか。


回答に対する自信:なし ?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本最初の木造復元天守は掛川城か白河小峰城か

最初の木造復元(=史実に基づく、よって伊賀上野城は除く)天守は平成6年の掛川城ということになってますが、平成3年の白河小峰城が先ではないですか。呼称は三階櫓ですが、江戸時代、幕府が天守という呼称を認めなかっただけで天守に相当する建物です。白河小峰城の三階櫓が天守でないとしたら、弘前城や伊予松山城も江戸時代は天守でなく三階櫓と称していたそうですが。地元自治体が「最初」とアピールしなかったから?

Aベストアンサー

白河小峰城の三階櫓が「天守」と呼称されなかったのは幕府が認めなかったからというよりは一国一城令の後に築城されたために「天守」を作れなかったため、のようです。
白河小峰城が実質的に「天守」であっても「三階櫓」としか呼称されていない以上歴史学的には「三階櫓」であって「天守」ではないと言えます。
これに対して弘前城や伊予松山城は構造的には三階櫓であっても「天守」と呼称されていた歴史的事実があるため「天守」と呼称されるのでしょう。
掛川市が「日本初」をアピールしたいための理由付けとも思えますが、歴史的事実に則して「史実に基づく最初の木造復原天守閣は掛川城」となったことも事実でしょう。
正直なところどうでもいいような気がしないではないですけどね
「日本のヘソ(中心)」が複数あるようなものではないかと思います(^^)

Q実測図と地積測量図

実測図と地積測量図の違いって何なんですか?
地積測量図が法務局にある測量図ってことなんでしょうか?
じゃあ、実測図は・・・?

Aベストアンサー

法カテなので定義といわれると困りますが、実測図その名の通り、測量区画の求積もさることながら、境界標の種類・最寄の恒久的構造物からの距離と現地での境界を判りやすく記載したり(最近ではデジカメ写真をとりこんだり)売買などの場合には、後から紛争にならぬように隣接所有者に図面に押印等お願いし取引にもちいたりします。一筆丸ごとの売買だと、登記簿の面積と異なる場合もあります。一方、地積測量図・・添付が必要な登記をしないと存在しません。分筆登記後の売買ですと、分筆登記に添付で、地積測量図も存在することになります(新たな地番のみ拘束)。・・100番の土地を分割→地番100―1と地番100―2(新たな地番)100-2の売買ですと実測図とも通常は、一致することになります。100―1に関してはやはり一致するとは限りません。あくまで法務局では、測量が伴う登記申請の添付ですので地積測量図が必ずしも存在はしませんし、境界の確定または売買等は実測図が重要です。(隣接者の押印・・境界同意済みの図面ですので)

Q復元された高田城三重櫓を見たのですが、いやに小さくちゃちく思えました。

塗装等の外観はともかく、本物もあの程度の大きさだったのでしょうか?
高田城の実質的な天守閣だと思うのですが、高さは10メートルに満たなかったような……

史実に忠実に復元したというのですが、元々あんなに小さかったんですか?

http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=8425

Aベストアンサー

高さは10メートルに満たなかった? 忠実な復元?とのこと。
建築に興味があるので、写真を拝見しました。

確かに小さいですが、3層で、1層の平均が3m程度。傾斜の急な屋根が
その上に載っているので12~13m程はあると見積もりました。

ネットを検索したところ、
<平成5年に復元されたこの三重櫓は、資料調査と発掘調査の成果を
 十分ふまえて再建されたものである。
 内容は三層三階で、東西5間(9.1m)、南北6間(10.9m)
 を基底とし、高さ15m程で外観は御殿風造りを基調としている。>
そうです。
http://53922401.at.webry.info/201305/article_28.html

思ったより高いのですが、これは1層目がかなり高い為と思われます。

当時は天守閣の無い城郭も多かったわけです。その場合は3層の
やぐらを城を象徴する建物と見て居ました。

城の一番高い石垣に3層の楼を設けた復元例は、東北なら白河に有り
ます。木造です。とても、こじんまりしていい城です。
高田城のように周囲に高い木々が無いので、より大きく見えるかも
しれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%B2%B3%E5%B0%8F%E5%B3%B0%E5%9F%8E

高さは10メートルに満たなかった? 忠実な復元?とのこと。
建築に興味があるので、写真を拝見しました。

確かに小さいですが、3層で、1層の平均が3m程度。傾斜の急な屋根が
その上に載っているので12~13m程はあると見積もりました。

ネットを検索したところ、
<平成5年に復元されたこの三重櫓は、資料調査と発掘調査の成果を
 十分ふまえて再建されたものである。
 内容は三層三階で、東西5間(9.1m)、南北6間(10.9m)
 を基底とし、高さ15m程で外観は御殿風造りを基調としている。...続きを読む

Q地積測量図・土地所在図 とはどんな内容を示すのでしょうか

地積測量図・土地所在図 とはどんな内容を示すのでしょうか



法務局で、土地の公図を申請しようとしましたが・・・・

(1)地図・地図に準ずる図面(公図)
(2)地積測量図・土地所在図       と二つの種類のチェック項目ありましたが

(2)の地債測量図・土地所在図というものは、
[その土地の距離の長さなどが数字で記載されているような内容]なのでしょうか
もし、そうであればこちらも必要となるものと判断できるので申請しなくてはなりません

ネット上で調べてみましたが、パっとしませんでしたので
どなたかお力をお貸しください  よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

地積測量図はネットで書かれているように、文筆登記を申請いる時に添付した書面で、地積の計算のもとになる辺の長さが記載されてます。
ネットで指摘されていないのは、測量技術の進歩です。
昔は縄で土地を測ってました。
縄で測った地積及び辺の値を、今信ずる人はいないと思います。
そして土地の価値が昔は余りなかったので、地積を重要視してませんでした。
ですから昔の測量図は信用出来ません。
その後、測量技術の進歩と法務局の取り扱いが何度も変更され、精度が上がってきました。
測量の基準となる境界についても、昔はうるさいことは言いませんでした。
境界がでたらめな測量は信じられませんよね。
では何時のものなら信じられるかと言われても、測量した人の技術の個人差がありますから、なんともいえません。
極端な話し、本人申請ということで素人の測量図も考えられます。

ですから使用目的によっては全く役立たない場合もありますし、参考資料となる場合もあります。
地積測量図に作成年月日が書いてありますので、それと測量技術とのかねあいでしょうかね。
普通のカメラそれからデジカメという進歩と同じように考えれば測量機器の精度の進歩はある程度理解できます。
カメラと測量機器の構造を考えれば分かると思います。
20年前のカメラと今のカメラでは比較になりませんが、地積測量図は登記申請した時のものがそのままになってますので、注意が必要です。
ここ10年でハイテク技術はものすごい進歩をしているのです。
ハイテク技術の進歩による測量誤差の違いがネットでは一切書かれていませんでした。

繰り返しますが、地積測量図は登記申請人が申請書に添付したもので、国が測量したものではありません。
登記申請人の測量機器の種類と測量技術は書面からは分かりません。
ですから参考資料程度で考えた方が無難です。

地積測量図はネットで書かれているように、文筆登記を申請いる時に添付した書面で、地積の計算のもとになる辺の長さが記載されてます。
ネットで指摘されていないのは、測量技術の進歩です。
昔は縄で土地を測ってました。
縄で測った地積及び辺の値を、今信ずる人はいないと思います。
そして土地の価値が昔は余りなかったので、地積を重要視してませんでした。
ですから昔の測量図は信用出来ません。
その後、測量技術の進歩と法務局の取り扱いが何度も変更され、精度が上がってきました。
測量の基準となる境界...続きを読む

Q熊本城の石垣の復元について

地震で熊本城の石垣が崩れてしまいましたがニュース等で復旧には崩れた石に番号を付けて写真などを頼りに一つづつパズルのように場所を特定し組み直すという方法が紹介されています。
この作業ってかなり大変だと思うのですが無理に同じ石を使って戻さなくても新しく組み直してはダメなのでしょうか?
多くのお城はすでに立て直しや老朽化による改修等ででレプリカになっているわけだし石垣だって完璧にもとに戻さなくても新築してしまった方が簡単な気もするのですがどうなんでしょう?

Aベストアンサー

熊本城の優れているところのひとつは、加藤清正が造った石垣にあります。
城本体はレプリカでも、清正がこだわって造った部分が崩れてしまった石垣にあるのですから、
どうしてもそれを再現という話が出ても当然だと思います。
実際にこれからどういう方向で修復に向かうのかは判りませんが、私は非常に興味があります。

Q地積測量図がない土地 国有地?

現在すんでいる家の裏に国有地と思われる土地があります。ついこの間、家屋調査士さんが家を訪問してきて、私の裏には3階建てのマンションが建っているのですが、そこから頼まれてきたらしく立会いをしたいとのことでした。話を聞いてみると私の家の場所の近くに川が流れていて川から私の家は4軒目にあるのですが、公図では川から二軒目あたりまで来ていないらしく。その他別の場所はマンションの土地ではないかというのです。公図は正確な寸法を示すものでないし、どこまでが水路として通っていたかわわからないと思います。川から4軒ある家は同時期に建てたらしく、地積測量図をみると、昭和46年ものです。4軒の裏の地番はマンションの地番ではないので、法務局に行ってみて確認しましたら、その地番は一度合筆して、また分筆するなどして、なにもわからない状態になっているらしい。
いろんな資料を見せていただいたが、結局誰の土地なのか経緯がわからず、困ってしまってます。
それとは別に川の反対側のお隣さんですが、(川から5軒目の人)、私の家の裏の場所でお隣さんと隣接している側の一角が船着場があったということで、隣の土地だとし10年前の新築時にブロックで囲ってしまい、裏のマンションに隣接してブロックで囲った状態になっています。仮に私の裏の土地を
確保しても一部お隣さんが取っているので、有効利用しずらいのが現状です。
お隣はもともと昔からいる方で私は同時進行で10年前に土地を買い家を建てた次第です。
今の現状の隣の地積測量図はなく建て替える前のものしかないので土地の形状がどうしていびつに
なっているのかと不思議です。私も当時越してきたばかりなのでなにもいわなかったのですが、今になっておかしいのではないかと思います。今回の場合10年以上たったら占有権の時効というものが発生するのでしょうか? お隣は新築したときに周りをかなり占有したので固定資産税は増えたのでしょうか?法務局では形状などなにもわかりませんでした。 箇条書きになって読みづらいですが、お分かりいただけたでしょうか? このままだと裏のマンションと隣の方との所有権争いになりそうで、どうしたらよいでしょうか?よろしくお願いします。

現在すんでいる家の裏に国有地と思われる土地があります。ついこの間、家屋調査士さんが家を訪問してきて、私の裏には3階建てのマンションが建っているのですが、そこから頼まれてきたらしく立会いをしたいとのことでした。話を聞いてみると私の家の場所の近くに川が流れていて川から私の家は4軒目にあるのですが、公図では川から二軒目あたりまで来ていないらしく。その他別の場所はマンションの土地ではないかというのです。公図は正確な寸法を示すものでないし、どこまでが水路として通っていたかわわからない...続きを読む

Aベストアンサー

地籍測量図が無くても私有地であることはよくあります。
昔不動産関係の仕事をしていたときに公図と登記簿の突合を何百筆となくやったことがありますが
登記簿があるのに公図に文筆腺が入ってない物や、公図上の地番と登記簿についている測量図上の地番が異なる物などたくさんありました。

さて、質問についてですが川から昔船着き場だったところまでは私有地で船着き場に倉庫などがありその所有者が川からの船の引き込みの為に開削していたのではないでしょうか?
この場合、水路としていた部分を分泌し地目変更をしなければならないのですが当時そういう手続きを取っていなかったのだと思われます。
現在、登記簿は電子化が進んでいますが過去の紙の登記簿は閉鎖登記簿として永久保存されているはずですので登記簿閲覧で閉鎖簿も含めた閲覧をすればある程度は判るのではないかと思います

時効による取得ですが、時効取得には自分の土地では無いことを承知で自己のみの使用目的で占有することが必要ですが、周辺の方々も利用しているように見受けられますので時効取得は難しいと思います。

又、隣の方の土地を含め分合筆を繰り返しているようですが合筆の時には測量図が不要だとしても文筆の時には必須の書類ですのでそれも合わせて法務局で確認してみてください
尚、字や町名を超えた合筆はできませんので分筆した時の隣接地番も地籍測量図には記載する必要がありますから確認してみてください

地籍測量図が無くても私有地であることはよくあります。
昔不動産関係の仕事をしていたときに公図と登記簿の突合を何百筆となくやったことがありますが
登記簿があるのに公図に文筆腺が入ってない物や、公図上の地番と登記簿についている測量図上の地番が異なる物などたくさんありました。

さて、質問についてですが川から昔船着き場だったところまでは私有地で船着き場に倉庫などがありその所有者が川からの船の引き込みの為に開削していたのではないでしょうか?
この場合、水路としていた部分を分泌し地目変更...続きを読む

Q首里城

沖縄の観光地で有名なものに「首里城」ってありますよね?
しばしば「がっかり観光地」と言われているのを聞くのですが、なぜですか?
今の首里城は最近復元された建物ということは知っているのですが、それが原因だと思えません……。

Aベストアンサー

本土にある城は、基本的に戦争に備えてのものでしょう?
ところが首里城は、それらとはまったく違った発想で造られたものです。
なぜかというと、首里城は軍事目的としてよりも政治の中心地としての
役割を中心にして設計されているからです。
こんな発想で造られ、しかも世界遺産です。
それを「がっかり観光地」といわれたら沖縄の人間はたまりません。

一度「首里城の歴史」を検索してみてください。どんなに素晴らしい
ものであるか判る筈です。

そして、まわりの人たちに首里城のことを伝えてください。

早急に「がっかり観光地」などという汚名は返上されると思います。

Q地積測量図の作成者は、調査士じゃなきゃダメ?

私は、建設会社で働いている建築士です。
先日、義理の母から住宅のリフォームを頼まれ、その流れで地積測量図の写しを法務局に取りにいったところ、敷地が縦に3分割になっており、その真ん中に住宅が建っており、その前後の土地は地積測量図が登記されていない事が発覚しました。
早速登記したいのですが、自分なりに登記方法をネットで調べたところ、
「自分の土地を自分で調査、測量、製図することは出来ますが、業として依頼を受けて地積測量図を作製することの出来るのは土地家屋調査士だけです。」との事でした。
では、業としてではなく、無償で行うのはOKなのでしょうか?
実際に私が測量しますし、測量、作図は日頃業務でやっているので、精度的にはまったく問題ありません。
地積測量図の作成は、全くのプライベートで行おうと思っております。
もちろん、今回の事での報奨金はどこからも発生しません。
「業として」の業がどういう範囲なのかが分かりません。どなたか似たようなケースを経験されている方、ご教授いただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

仰る通りですが、その地籍測量図を登記の添付書類とするには、質問者さんが土地測量士の資格がなければ無理です。
つまり、登記申請の名義人(登記申請人)は義理の母で、質問者さんではないから、地籍測量図の作成者が義理の母なら大丈夫ですが、質問者さんの作成となると、代理作成になります。(地籍測量図に作成者名の署名捺印しますから。)

>実際に私が測量しますし、測量、作図は日頃業務でやっているので、精度的にはまったく問題ありません。<

確かに実務も為されていますので、地籍測量図に何ら問題がありませんが、他人の(義理の母)登記申請の添付書類とする場合は、建築士の資格では無理で、測量士の資格が必要です。
また、無償・有償は関係ありませんし、有償になれば違法行為になります。

Q熊本城の現在

今月下旬に「熊本城」に行く予定なのですが、現在、本丸御殿などの復元工事中とのこと。天守閣の眺め
はどのような感じでしょうか。天守閣付近が眺めが悪くなっているような写真をみたのですが。あまり眺めが悪いようだと行っても・・・。と思うので今の熊本城の状態をお教え頂きたく存じます。

Aベストアンサー

こんにちは。私も去年の12月に熊本城に行ってきました。

 #1さんの言うとおり、工事は天守閣の真下でやっているので、天守閣からの眺望に問題はありませんでした。
 重要文化財の宇土櫓からの眺めにも問題ありません。

 また、外から天守閣を見るにしても、
 一番の写真スポットの頬当門からは、工事現場は見えないので大丈夫♪
 長塀小路、ホテルキャッスルとかあるあたりからだと、
「あの白いのなんだろうな?」って程度に工事シートが見えました。(でも、そんなに違和感なかったですよ。)

 総合的に見て、問題ないと思います。
 めったにないものと割り切って、行って見ては?
 
 では、旅行楽しんできてください♪

Q地積測量図と登記簿の数量の差異について

地積測量図と登記簿の数量の差異について教えてください。
地目が雑種地などの場合、地積測量図では小数点以下第2位まで
数量の記載がちゃんとあるのですが、
登記簿では小数点以下の数字がなくなっております。
この場合は、どちらが数量としては正しいのでしょうか?
もしくは、登記簿数量と地積測量図数量には、
そもそも差異があるということなのでしょうか?

Aベストアンサー

>地目が雑種地などの場合、地積測量図では小数点以下第2位まで
数量の記載がちゃんとあるのですが、

地目にとらわれず
地籍測量図は
小数第二位以上の
フル桁で表示されています。

>登記簿では小数点以下の数字がなくなっております。

これは決め事で
不動産登記規則 100条

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17F12001000018.html#1000000000003000000002000000002000000000000000000000000000000000000000000000000
だけのこと。

>登記簿数量と地積測量図数量には、
そもそも差異があるということなのでしょうか?

尺貫法の
謄本面積では
当然、差異があり
現行測量技術でも
測量者の技術、気温により
測るたびに
相違があります。
そのために
測量誤差が存在します。
http://homepage2.nifty.com/tohruohba/residual.htm

>地目が雑種地などの場合、地積測量図では小数点以下第2位まで
数量の記載がちゃんとあるのですが、

地目にとらわれず
地籍測量図は
小数第二位以上の
フル桁で表示されています。

>登記簿では小数点以下の数字がなくなっております。

これは決め事で
不動産登記規則 100条

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17F12001000018.html#1000000000003000000002000000002000000000000000000000000000000000000000000000000
だけのこと。

>登記簿数量と地積測量図数量には、
そもそも差...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報