ホール式でなく、クレーマ式など、コイルを2つ極性を逆にしてつなぐ
型の直流変流器について、原理がよく理解できません。
本をみると、補助電源の波形、導体の波形などが記述してありますが、
なぜ、2次側の電流波形が方形波(整流する前)になるのかいまいち
わかりません。
つまり、補助交流電源を入れたときの導体内部のHとBの変化がよくわかって
いないのだと思います。

ご存知のかたいらしゃいましたら、宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

>流れとして、交流補助電源 磁束Φ 磁界の強さHという流れでいいのでしょうか



はい、そういう流れで考えるとわかりやすいと思います。

すみません、ちょっと訂正です。
「飽和を解消するまではコイルに大電流が流れ(B-H曲線の平らな部分)、これが方形波の頭になります。」
と書きましたが、飽和を解消するまでの期間は、コイル電流の方形波の立ち上がり(または立下り)の部分です。コイル電流の方形波の平らな部分は、わずかの電流変化で正弦波の磁束変化を作る期間です。

混乱させたかもしれません、申し訳ないです。
    • good
    • 0

No.1のymmasayan です。

方角としてはあっていたようですね。そこで、一点補足です。

> クレーマ式など、コイルを2つ極性を逆にしてつなぐ型の直流変流器

コイルを2つ逆極性でつなぐのは、コイルが一つだと上下非対称の波形になるので(上か下かどちらかが先に飽和するため)、これを対称にするため逆接続にしているか、あるいは差分を取り出しているのでしょう。(両方かも)
それと、かすかな記憶ですが、磁気増幅器(マグアンプ)の場合、出力の直線性を改善するため、負帰還(ネガティブ・フィードバック)をかけていたような気がします。
    • good
    • 0

ymmasayanさんの回答でほとんど答えになっていると思いますが、補足です。

教科書に、鉄心のB-H曲線は書かれていなかったでしょうか?これを見ればわかりやすいと思います。

B(縦軸)がコイルの磁束変化で、H(横軸)はコイルに流れる電流に比例すると考えればいいんです。そして、コイルの磁束変化は正弦波にならなくてはいけません。(理由:単位時間あたりの磁束変化がコイルの誘起電圧になり、これが電源電圧と等しくなければならないから。)正弦波の磁束変化を作るにはどんな電流が流れなければいけないかということを考えればいいです。

直流電流が作る磁界によって鉄心は飽和しているので、飽和を解消するまではコイルに大電流が流れ(B-H曲線の平らな部分)、これが方形波の頭になります。飽和が解消されたら正弦波の磁束変化を作るにはわずかの電流でいいので(B-H曲線の立ち上がりの部分)、結果的にコイルに流れる電流は方形波に近くなります。

かえってわかりにくくなったでしょうか?また、なにか間違いがあればご指摘をお願いします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変わかりやすい説明で助かります。
流れとして、交流補助電源 磁束Φ 磁界の強さHという流れでいいのでしょうか?
もうすこし悩ませてください。

お礼日時:2001/11/25 22:51

当て外れかもしれませんが。


昔、トランジスタのない時代に直流電流を増幅するのにマグアンプ(磁気増幅器)というのが使われていました。これが関係あるような気がします。
マグアンプは可飽和リアクトルに直流巻線を加えたもので、直流を増やすとリアクトルが飽和し、リアクタンスが下がって、交流電流が増え、これを整流すれば直流の電流増幅が出来るというものです。
二次巻線がある状態を考えます。二次巻線には交流が誘起されますが、直流をかけて飽和領域に近づくと、磁束が一次側に比例して増えず、頭打ちになります。これが方形波に近くなる理由でしょう。

DCCTそのものではありませんが、何か参考にでもなれば。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
確かに、参考書によっては磁気検出装置とリンクしてある本
もあるので、関係ないことはないと思います。
もう少し検討してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/22 10:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンバーター(交流→直流へ変換)へ直流電源を接続するとどうなるのでしょ

コンバーター(交流→直流へ変換)へ直流電源を接続するとどうなるのでしょうか?
また、インバーター(直流→交流へ変換)へ交流電源を接続するとどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

コンバータやインバータと言っても、
様々な種類があるので一口に語ることはできません。
また、機器の耐電圧や電源の性質によっても答えは様々です。

ブリッジ整流器に直流電圧を印加した場合、
出力は直流となるでしょう。

電圧の変換を伴う整流器(ACアダプタ)など、
初段にトランスを備えた機器の場合、
直流的にはショートとなり、発火するかもしれません。
実際はヒューズが飛んで終わりでしょう。

インバータに交流を印加した場合は
正常動作しないか、保護装置が働いて終わりだと思います。

以上はすべて電源電圧が機器の耐電圧を超えていないことが前提です。

Q直流電源装置(蓄電池・整流器)について

直流電源装置があるのですが、負荷が機器操作(VCBなど)の制御用で使用しています。
整流器についてなのですが、交流電源を蓄電池へ直流に変換して
充電する機器と考えて良いのでしょうか?。
また、整流器の交換を行う場合は、制御電源が落ちると思うのですが、
VCBの負荷側は停電状態にしないと、交換はできないものか、
教えて下さい。

Aベストアンサー

整流器
交流電源を直流にして制御機器に供給(同時に、蓄電池に充電して、短時間の停電時には蓄電池から制御電源を供給)する機器と捉えるのがよいかと思います。

整流器の交換
もし、バックアップ用の蓄電池の容量が十分あるなら、制御機器に電力を供給したまま整流器の交換が可能かもしれません。
このあたりは、装置の保守要項などを確認する必要があるので、製造メーカに問い合わせるべきかと思います。

Q交流電化を直流電化にしたJR西日本

JR西日本は、交流電化の北陸本線:米原~長浜間と湖西線:永原~近江塩津間を直流電化にした。
交流電化は、高圧送電(20kV)の為、電送損失が少なく変電所も少なくてすむ。
(新幹線は交流電化だ)
直流電化は、低圧送電(1500V)の為、交流電化に比べて電送損失が大きく変電所を増設しなければならず、コストがかさむ。
都市内地下鉄の様な短距離路線なら直流電化がいいだろうが、なぜJR西日本は直流電化にしたのか?

Aベストアンサー

 新幹線のように、大出力の電車が16両編成など長大な編成で走るなら、使用電力も大きく特別高圧の25KVなどで電化しないと、1.5KV程度の高圧なら電線もかなり太くしなければならず実用的ではありません。しかし、在来線なら直流電化でも変電所間隔を数キロ毎に設ければ、問題ありません。
 昭和30年代~40年代は、交流電化がもてはやされました。それは、変電所間隔を直流電化なら数キロしか離せないのが、交流電化だと10倍くらい約50Km~100kmくらいの間隔にでき、変電所数が1/10以下にできるというのが最大の利点でした。当時の直流用変電所は、交流を直流に変換するのに、水銀式整流器が主力で、古いところは回転式変流機なども使われていました。水銀整流器は、真空ポンプで真空にしてから、補助電極でまず起動してから、本格的に運転になるなど、真空ポンプ取扱い、圧力計監視や各種バルブ操作、冷却水の循環など、人手に頼らないとできない、自動化や遠隔制御を行いにくく、このため各変電所には最低でも2名の係員を24時間配置しなければならず、最低でも1変電所につき6名の要員が必要で、山間部の変電所など、毎日の要員交替も移動に何時間もかかったりして大変でした。そんな時代ですから変電所が減るということは、人件費削減などでものすごくメリットがありました。
 しかし、現在の大半の変電所はシリコン整流器の採用や高性能遠隔制御・監視装置のおかげで、完全無人化されています。また、最近は高速度遮断機なども静止型となったり、コンプレッサーや循環ポンプも無しの自然対流型など省メンテの密閉型変電所も増え、変電所が多くても初期投資がかかるだけで、運転コストはあまりかからなくなっていますから、昔ほど変電所が少なくなるといったメリットは減っています。
 逆に、交流電化は車両が複雑で高価とか、離隔を大きく取らなければならないため跨線橋など高くしなければならないとか、近くの通信設備などに誘導障害を与えるおそれがあるとか、昔よりも近隣家屋が増えてきた場合、デメリットが大きくなりつつあります。また、北陸線は昼間の列車本数も多く、さらに夜行列車も運転されており保守間合いの少ない線区です。直流電化なら加圧状態で絶縁はしごを使っての活線作業も可能ですが、特別高圧の交流電化では、完全に停電しないと電車線の保守作業もできず、間合いの少ない線区では直流電化のほうが保守も楽な面があります。
 さらに、北陸線は電化してから40年程度過ぎ、電気設備も車両も老朽化した物が多く、交流電化のままでも大半の設備を老朽取り替えしなければならなかったと思います。それを、京阪神から直通運転するために直流電化に変更するという理由で、かなり地元などの負担で老朽設備の取り替えもでき、地元も鉄道会社もメリットのある良い施策だったと思います。
 

 新幹線のように、大出力の電車が16両編成など長大な編成で走るなら、使用電力も大きく特別高圧の25KVなどで電化しないと、1.5KV程度の高圧なら電線もかなり太くしなければならず実用的ではありません。しかし、在来線なら直流電化でも変電所間隔を数キロ毎に設ければ、問題ありません。
 昭和30年代~40年代は、交流電化がもてはやされました。それは、変電所間隔を直流電化なら数キロしか離せないのが、交流電化だと10倍くらい約50Km~100kmくらいの間隔にでき、変電所数が1/10以下にできるというのが最大...続きを読む

Q全波整流回路の出力波形

全波整流回路での出力波形で、
∧∧∧∧∧∧∧∧
            ではなく、 ∨∨∨∨∨∨∨∨
という風に出る場合はあるのでしょうか??

分かる方、教えて頂きたいですm(_ _)m

Aベストアンサー

1. テスタを用意し、DC V の最大電圧に設定する。
2. 全波整流回路出力 (2 端子) にテスタのプローブ (2 本) をあてる。
3. テスタの針が正方向に触れれば、マイナスのプローブをあてた端子がグランド側、他の端子がプラス側。
4. テスタの針が逆方向に振れれば端子はそれぞれ逆。
5. グランド側の端子にオシロスコープのミノムシクリップを接続。プラス側端子にプローブの針を接続。

上記で上向きの波形が見えるはずです。まだ逆になっていれば INV ボタンを押してください。

Q直流電流と交流電流のこと

直流電流と交流電流について調べていて、蛍光灯を直流と交流でのつき方の違いを見てみようと思いつきました。
      ______
     =|       |=
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ↑こちら側だけ使う
10w位の蛍光灯の片側にある2本の端子(?)にそれぞれワニ口クリップをつなぎ、電源装置を使って徐々に電圧をかけていきました。
ある程度まで電圧をかけていくと、交流ではチカチカと点滅して、直流では中のフィラメントあたりが赤くなりしばらくするとパッと点灯して、蛍光灯の片側が光っている状態になりました。

両方(交流、直流)を点灯した状態から徐々に電圧を下げていくと、交流ではチカチカと点滅した状態が続き、直流ではうすく光っている状態になりました。
・この交流でのチカチカと点滅するのは、電源が交流だからなのでしょうか、それとも放電現象によるものなのでしょうか?
・直流でフィラメントが赤くなるのはなぜなのでしょうか?
この二点について教えてください。お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

予想外の面白い実験ですね。実際の動作原理とは、違う実験です。
蛍光灯は、片側の電極からもう一方の電極に放電することにより、管内面の全体に塗られた蛍光物質に電子が衝突することで、蛍光を発します。
両側のフィラメントは、点灯させる最初だけ通電し熱で水銀を蒸発させる為に使用します。
点灯後は、フィラメントは開放して通電をさせません。
交流では、フィラメントへの通電を切る時に回路に直列に入っているリアクターの誘導作用で高圧を一瞬出して放電を開始します。
直流では、電池の電圧をインバーターで昇圧するようにします。

そこで、ご質問の交流の場合には、片側のフィラメントだけの通電ですので、放電の為の空隙がありませんから、放電はしないものと思います。
蛍光が光るとしたら、それは、フィラメントの熱による熱電子放射だろうと思います。反対側に電極が無いので周辺だけに極弱く放射され不安定に光るのでしょう。
これは、不安定で断続的です。
直流の時に赤く光るのは、フィラメントの熱による発光でしょう。連続して光ります。
実験をしたわけではないので、推論です。

予想外の面白い実験ですね。実際の動作原理とは、違う実験です。
蛍光灯は、片側の電極からもう一方の電極に放電することにより、管内面の全体に塗られた蛍光物質に電子が衝突することで、蛍光を発します。
両側のフィラメントは、点灯させる最初だけ通電し熱で水銀を蒸発させる為に使用します。
点灯後は、フィラメントは開放して通電をさせません。
交流では、フィラメントへの通電を切る時に回路に直列に入っているリアクターの誘導作用で高圧を一瞬出して放電を開始します。
直流では、電池の電圧をイン...続きを読む

Qコイルについて質問です。 よく電磁弁などで、直流で作動させる物がありますが、コイルは直流には無抵抗に

コイルについて質問です。
よく電磁弁などで、直流で作動させる物がありますが、コイルは直流には無抵抗になりますよね?
なぜ直流電磁弁は作動するのですか?

Aベストアンサー

電磁弁で使われるコイル(ソレノイド)は抵抗で動いているわけではない。
電磁石になることでソレノイドの中心にある鉄心(プランジャ)を引き込んでいるのです。

Q【電気】ACアダプターって交流を直流に変えているんですよね?DCコンバーターは直流を交流に変える機器

【電気】ACアダプターって交流を直流に変えているんですよね?DCコンバーターは直流を交流に変える機器ってところかな?

ACアダプター 交流→直流
DCコンバーター 直流→交流

ところで携帯電話のACアダプターって無茶苦茶小さいですよね。

iPhoneのACアダプターなんてサイコロサイズです。

でもPCのACアダプターは筆箱サイズですよね。

同じ交流を直流に変える作業で同じなのになぜ大きいACアダプターと小さいACアダプターがあるんでしょう。

ACアダプターの中では交流を直流に整流している整流器が入っているんですよね?

整流器って交流を直流に変えるのにどうやって変えているんでしょうか?

コンデンサに一旦、蓄電させて放電させる繰り返しだとこれってプチプチ電気が途切れ途切れに送られるので交流のままなんじゃと思ったけどコンデンサで-の向きの交流を全部カットして、というか無視する回路で+だけをコンデンサに蓄電して放出させれば常に+の直流が作れる。

ACアダプターもこういう理屈で動いているんですか?

とすると交流のーの電気を全て捨てているので50%を浪費して動作していることになる。

そんなバカな仕組みじゃないですよね?

バカな仕組みがコンパクトに繋がっている?

iPhoneのACアダプターは浪費志向でPCのACアダプターはーの電気も+にすることが出来る機能が付いてるから馬鹿でかいの?

ACアダプターの動作の仕組みと原理が知りたい。

教えてください。

【電気】ACアダプターって交流を直流に変えているんですよね?DCコンバーターは直流を交流に変える機器ってところかな?

ACアダプター 交流→直流
DCコンバーター 直流→交流

ところで携帯電話のACアダプターって無茶苦茶小さいですよね。

iPhoneのACアダプターなんてサイコロサイズです。

でもPCのACアダプターは筆箱サイズですよね。

同じ交流を直流に変える作業で同じなのになぜ大きいACアダプターと小さいACアダプターがあるんでしょう。

ACアダプターの中では交流を直流に整流している整流器が入っている...続きを読む

Aベストアンサー

AC100Vの交流からDC5VとかDC9Vの直流に変換するACアダプターの構造・原理によって、大きさも重さも変わってきます。

古くからあるACアダプターでは、内部にトランス(鉄の塊みたいなもの)を組み込んであるので、どうしても大きく重くなります。ですが、このタイプのACアダプターはスイッチング雑音を出さないので電源の質としては優れており、ノイズに弱い精密電子機器には向いています。

でも大きくて重いACアダプターは使う側からするとありがたくないので、トランスを使わないACアダプターも出ていて、こちらは小型軽量になります。

いずれにも内部にはまず整流器(ダイオードをブリッジにしたもの)があって、これで交流を整流(全波整流)すると電圧が脈を打ったような直流になります。それでは使えないので、コンデンサにDCの電気エネルギーを蓄えたり引き出したりします。脈を打った電圧の高いときにコンデンサに電気エネルギーを蓄えながら使い、脈の低い(電圧の低い)ときにはコンデンサに溜まった電気エネルギーを引き出して使います。そうすると脈を打った電圧は平滑されるんです。

たとえて言うなら、私たちが日々使う生活費は、毎月1回ある給料でまかなっていますよね。つまりお金が瞬時にたくさん入って、その後はしばらく入金がありません。云わばお金が入るのはひどく脈打っています。でも1ヶ月の生活のことを考えて、入った給料は一度にドバッと使い切るのではなくて、財布に溜めたり預金したりして貯め、少しずつ引き出して均等に使っているでしょ。つまり財布や預金がコンデンサーのようなバッファーになって、出るのを均しているわけ。それと同じ理屈です。

こうして均されてDCになった電圧は、スイッチングレギュレータなどを使って所定の(一定の)電圧にレギュレーション(安定化)します。

AC100Vの交流からDC5VとかDC9Vの直流に変換するACアダプターの構造・原理によって、大きさも重さも変わってきます。

古くからあるACアダプターでは、内部にトランス(鉄の塊みたいなもの)を組み込んであるので、どうしても大きく重くなります。ですが、このタイプのACアダプターはスイッチング雑音を出さないので電源の質としては優れており、ノイズに弱い精密電子機器には向いています。

でも大きくて重いACアダプターは使う側からするとありがたくないので、トランスを使わないACアダプターも出ていて、こち...続きを読む

Qコイルの直流重畳特性

コイルの直流重畳電流とはなんですか?
また、直流重畳電流-インダクタンス(直流重畳特性)で直流重畳電流を大きくする
とインダクタンスが減少してしまう原因はなんですか?

Aベストアンサー

>磁束密度が飽和するとなぜ透磁率が小さくなるのですか?
透磁率は、定義により磁束密度と磁界の比です。
たとえば、磁束密度を縦軸に磁界を横軸にしてグラフを書いたときは、この曲線の傾斜が透磁率になります。
磁束密度が飽和したと言うことは、傾きが小さくなりやがて水平になることを意味します。
従って透磁率が小さくなります。

じつは、目視で分りやすい磁束密度を縦軸に磁界を横軸にしたグラフ(磁化曲線またはBHカーブといいます)を検索したのですが、適当な物が見つかりませんでした。
興味があれば、探して見てください。

Q直流モーターと交流モーター

直流電源を交流モーターに印加するとモーターは動きませんが、交流電源を直流モーターに印加すると動くときがあります。それはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

交流でも回る直流モーターは界磁も電磁石になっているブラシモーターです。
ブラシモーターは常に界磁と回転子が反発引き合い回転するようにブラシが回転子の電流を切り替えます。
直流の場合界磁は一定のSN極ですが、交流の場合、回転子と界磁が同時に切り替わり、ブラシによる反発引き合いの関係が保たれるので直流でも交流でも回転します。
界磁が永久磁石の直流モーターは、回転せず振動するだけです。
また、交流専用のモーターは交流によって生じる回転磁界で回転する仕組みなので回転しません。

Qアナログ波形とデジタル波形の違い

アナログ波形とデジタル波形の違いを教えてください。詳しくお願いします。

Aベストアンサー

アナログ:時間的に連続、値が連続などの条件を満たす波形
デジタル:時間的、値が不連続(離散的)などの条件を満たす波形
みたいな感じです。よく見る例がPCM(パルス符号変調)です。
#1の方が書いているURLにありますよ。
ただ波形となるとステップ波形とsin波を思い浮かべるといいとおもいます。
デジタルでもっとも注意すべき点は量子化をしてしまうと元の波形に戻せないことです。標本化(サンプリング)の段階では標本化定理により、元の波形に
戻すことができます。(これは数学的に証明されています)
たぶん、ノイズの影響などについては知っていると思うので省略します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報