ニュース等を読んでいて、私の価値観では理解できないことがあります。

それは、アメリカやロシア・フランス等の国が自国で開発した戦闘機等(以下、武器と称します)を他国に売るという行為です。

私の単純な考えでは、自国で開発した武器を他国に売ったら、自分の国にとってマイナスなのでは?ということです。
相手の国より優れた武器を独占しておくほうが、戦略上、自国にとって有利だと思うんですが・・・

それとも同じ武器は武器でも、輸出品は性能や品質等を下げた物なのでしょうか?

悩めば悩むほど理解できないので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>軍事機密となり得る武器を輸出してしまっては、技術の流出という面でデメリットがあると…



という点に関してですが、たとえばイージス艦などの高度な電子技術を用いた武器システムの原理的な心臓部に関しては、いわゆるブラックボックスとなっていると聞いたことがあります。つまり、技術的な情報を供給せず、もしその部分に故障が発生しても、必ずライセンスを管理する輸出国の責任で修理やメンテナンスをかけるという条約上の縛りがあるはずです。

 戦闘機に関しても型落品に関しては、国際武器見本市のようなところに並んでいるのをテレビで見かけたことがあります。作っている国にとっては、その戦闘機と戦う羽目になっても、相手の十分な技術情報と、それを戦術的に上回る最新鋭機がすでに手中にあるからだと考えられます。

 それから武器商人とメーカーはあくまでも違います。トップメーカーは国家的な管理とも言える制約を受けますが、死の商人たるブローカーは、国籍や信条とは関係なく、自らの利益のために商売をします。なんらかのつながりがあるとは思いますが。

 過去、民族紛争地域では大国同士の代理戦争をしたり、さまざまな利害の対立が水面下でおこり、入り組んだ利害を代表する形で戦闘行為が行われてきました。そこに武器を供給する大国の巧妙に隠された意志が、まれに歴史の表面に浮かび上がって来ることがあります。唾棄すべき事だと、私は思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

poor_Quarkさんですね!たびたびスミマセン。
なんか予想以上にご回答をいただいてまして、返事をかくのが辛くなってきたところです^_^;

poor_Quarkさんの2度目のアドバイスで、私の疑問は解消へと向かいつつあります。
なるほど、そういう取り決めみたいなものがあるんですね。
そうですよね、肝心の中枢部に手を出せなければ意味が無いですものね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/21 16:35

まず、買うほうとして先進国の高性能な武器が欲しいというのがあります。


(使いこなせるかは別です)
戦闘機などハイテクの塊は自力では開発できない。
でもA国のは欲しい、となれば買うしかないですよね。
で、売りつければ、兵器を開発する力が押えられるし、
運用ノウハウはそのA国の兵器に特化しちゃうから、ずーっと顧客囲い込みができます。
兵器開発力を削げば、その国が勝手に戦争を起こすことができなくなります。
A国が兵器供給を止めるとどうしようもないですから、
そうなるとA国の言うことを聞かなければなりません。

さらに、実戦テストというのもあるでしょう。
ちょっとキナくさいところに兵器を送り、戦争が勃発すれば
自分の手は汚さずに戦闘機、戦車などの実戦テストができ、
得られたデータを元にさらなる「新製品」がつくれます。

>自国で開発した武器を他国に売ったら、自分の国にとってマイナスなのでは?
 実際、イギリスは兵器を輸出しまくって、第1次大戦(だったかな)では、その武器で自国民が殺されましたし、
 今アフガンで使われている地対空ミサイルなどはアメリカから供給されたものです。
 さらに世界のテロリストが使う兵器の99%はアメリカやロシアなど先進国製です。
 ま、よくあることです。

>それとも同じ武器は武器でも、輸出品は性能や品質等を下げた物なのでしょうか?
輸出先の環境や運用形態に合わせた改装がされている場合はあります。
あるいは退役した1世代前の兵器とかも多いです。

一番の理由は「武器は儲かる」からでしょう。
破壊される一方で、それが何かを生み出すわけではない消耗品ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

兵器を提供することによって、相手国の軍事開発能力を抑えるということなんですが、逆に、提供したことによって、その兵器を分析されるといったことはないんでしょうか。

なんか又疑問が湧いてきちゃいました。

お礼日時:2001/11/21 16:42

すでに回答された方の答えにも重複しますが、武器を商品として考えるなら、


やはりそれなりに商品をさばく市場(マーケット)が必要です。

なぜなら物というのは基本的に大量に作れば作るほど、コストダウンが
進行できるからです。安くなればそれだけ自分たちにも、また他国(常識的に
考えるなら友好国・同盟国)への普及がしやすくなりますし、それによって
自国の安全保障を堅実なものにできます。また、自国向けだけに武器を
作っているだけでは、あまりにも早く商品の供給を満たしてしまいますが、
ある程度でも自国以外に市場が開ければ、さらなる供給も望めますし、
戦闘による破壊や故障などで、新たな需要も期待できますから一石二鳥です。

また、ある国が自国の武器を使用していると言うのは、違った見方をするなら
その国の軍事力・軍事能力を自国が操作しやすくなるという事にもなります。
旧ソ連と共産圏の国々の関係がいい例だと思います。

ちなみに日本では軍事兵器の輸出は認められていないので、
かなり日本製の軍事兵器(航空機・戦車など)のお値段は、
他国に比べると割高だと何かの本で読んだ記憶があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

マーケットが必要だというお考えはよく理解できます。特にアメリカなどでは、軍需産業での就業者が多いですから、なおさらです。

ただ、私がどうしても解からないのは、最先端の科学技術の粋を集めて造った兵器を、他国に提供することが理解できないのです。
そこには機密事項も含まれていると思うからです。

それとも私が考えている程の問題じゃないんでしょうか。

お礼日時:2001/11/21 15:21

えっと,とりあえずは軍用機などの大型兵器について。



まず一般的に知られていることは,
「軍用機などの価格のその殆どは開発費である」ということです。
開発費を回収するためにも,大量に生産できるぐらい発注が無いと,
利益が出ません。そのため,数多く生産して,利益を出すわけです。
(たとえばB2ステルス爆撃機は1機10億ドルの価格の半分以上が開発費)

ここからは小火器も含めて。

武器の輸出をすることによって自国に不利益になるのか?
冷戦時代においては,NATO,もしくはワルシャワ条約機構の内部では,
確かに武器の輸出入は存在します。もしくは,輸出入ではなく,
他国の企業でのライセンス生産になります。
仰せのとおり,他国よりも優れた武器を保有することは,
自国の軍事的アドバンテージを取ることにつながります。
しかし同盟国相手の場合は,武器提供することにより,
その同盟国に武器を提供することにより強化し,
敵対勢力に対して間接的にも有利な状況を作ることが出来ます。
(ベトナム戦争中に共産圏が防空レーダーを提供したのが好例)
つまり,同盟国が敵の支配に陥るくらいならば,
武器を提供して抵抗させたほうが遥かにマシというわけです。
さらには,同盟国では武器を作るときの規格を合わせて生産しています。
例えばNATOでは軍用ライフルには5.56ミリ口径のライフル弾を使用しています。
このライフル弾はアメリカの制式軍用ライフルでも,
フランスの制式軍用ライフルでも,使えるようになっています。

さて,それでは冷戦終結後は一体どうなっているのか?
冷戦終結後ソ連の圧力から開放された旧共産圏諸国では民族紛争が激しくなり,
これが大きな国際問題となっています。
そこに自分が支援する勢力があれば,紛争終結後その国と地域の覇権を,
間接的に掌握することが出来ます。対抗勢力は今は存在しないわけで,
武器提供は比較的容易に行うことができる
実際に軍隊を派遣して支援すれば,一歩間違えば国際世論から非難が起こりかねません。
そのため,金銭,もしくは武器の援助をするわけです。
(それで今アメリカが痛い目に遭っているのは周知の事実ですが…。)

ちなみに,現在では武器の輸出よりも,ライセンス生産が主流と言われています。
(小火器などは特にこの傾向が強い)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばらしいご回答ありがとうございます。

なるほど、同盟国に武器を輸出することによって自国に有利な世界情勢にもっていくということですね。

ただ、そこで疑問があるのですが、世界の国の中には、アメリカやロシアといった大国の武器を両方持っている所もあるということです。

例えば、身近な所では、韓国などは最近アメリカ製のF15導入を契約したらしいのですが、一方でロシア製の大型輸送機も発注したということです。・・・ちなみにこの記事は月間「丸」に載っていたもので、事実は確認しておりません。

たしかに現在は冷戦も終結し、両大国の戦争などということは考えられなくなりましたので、こんなことが起こっても別段変ではないのですが、それにしても疑問なのは、膨大な費用と最先端の科学技術をかけて開発した兵器の情報を、ライセンス生産するとしても、そんな簡単に渡してしまってもいいんだろうか?ということなのです。

それとも私の考えすぎなのでしょうか。大国は他国に武器を渡しても、屁とも思っていないんでしょうか?

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/21 15:07

考え付くことだけお答えします。



1.武器商人は、国益など関係ない
 国家的戦略に基づいて武器を供与する場合を除いて、重火器の流通は『武器商人』を通じて行われるようです。
彼らは、自分の利益が優先ですから、自国が不利益になることは、自分の不利益になりません。
かえって、自国が不利になるような武器が輸出できれば売上が上がります。

2.国家的戦略に基づく場合
 今回のアフガンが用いた高性能の対空砲は、アメリカが「対ロシア(ソ連だったかな?)」戦略の重要性から供与したものです。
まさかその後に、自国に向けて使用されるとは思っても見なかったのでしょう。
しかし、もし将来自国に向けて使用される恐れがあっても、その時点における世界戦略上での価値観から判断されたのだと思います。

3.軍事予算の足し
 冷戦の終結により、各国とも(一部の例外を除く)軍事予算が削減されています。
しかし、兵器の進歩は日進月歩で、開発の手を緩めることは許されません。
そのため、「格落ち」の兵器を放出して、軍事予算の足しにすることも考えられます。
超大国からすれば格落ちでも、ゲリラ戦法を得意とする軍隊には格好の兵器となってしまうこともあるのではないでしょうか。

以上思いつくままに列記してみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「武器商人」って言葉は私もよく聞きますが、それって「武器を造っているメーカー」のことでしょうか?
また、武器商人の利益の為というのは理解できるんですが、国家の意に反して取り引きしているということなのでしょうか?

小火器類の取り引きに関しては、別段国家を左右する程の兵器ではないので、その考え方もわかるんですが、武器商人って戦闘機なども勝手に売ってるんでしょうか。

なんか解からないことだらけでスミマセン。

お礼日時:2001/11/21 14:47

 お尋ねの件は、実は私の価値観でも理解できません。

まず、武器は抑止力となる以外は戦争にしか使われませんので、製造そのものが人道に反する行為です。皮肉にも世界の平和を先頭に立って創設するべき国連安全保障理事国がそろいもそろって武器輸出国となっています。

 輸出も他国におおっぴらに行っています。もちろん他国と言っても基本的には敵対国、あるいは敵対国になるおそれのある国には売りません。日本でもココム規制と言って対共産圏輸出規制があります。ですが、聞くところによると国際武器マーケットが形成されていて、どこの国でもブローカーから、ある程度は自由に買えるらしいです。

 ところで、武器といえでも商品にすぎません。大きな需要が発生すれば作っている企業はもうかるわけですから、セールスには余念がありません。国内の景気にも大きな影響を与えるとなれば、国家的なバックアップが行われる訳です。また、武器も工業製品の一つであるわけで、経年劣化に伴うリプレース需要もありますので、地域紛争や戦争がなくても需要は発生します。

 また、一般の工業製品でも武器に転用できるものや、武器を製造できるものがあり、実際上それらを細かく検討し輸出禁止にはできないというのが現状です。

 武器の流通をめぐる状況は、複雑な国際社会情勢を色濃く反映していて、一国の利害に支配されるほど単純ではないと言えます。

 私見ですが、こういった話は、いかに人間がバカな生き物であるかという証明でもあります。武器や殺し合いのない国際社会が、早く実現することを祈るばかりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

敵対国となりうる所には売らないそうですが、たとえ同盟国でも、軍事機密となり得る武器を輸出してしまっては、技術の流出という面でデメリットがあると思うんですが、ここのところはどう理解したらいいんでしょうか?

ちょっと複雑になってきたみたいです。

お礼日時:2001/11/21 14:36

何となくおもしろそうなので参加します。


軍事評論などの知識は全くないので、以下は全て想像ですが。

1.儲かるから
 説明はいりませんね。

2.戦闘機にしても、火器にしても、それそのものでは使用できないから
 最近の航空機には精密電子機器が大量に搭載されており、交換部品なども
 そう簡単には独自に開発できないでしょう。つまり、ある国で米国製の
 航空機が制式採用されれば、実質その機種は対米国戦においては使用
 できないのでは。

3.武器だけでは戦争できないから
 たとえば、人的資源の減少、世論、地理的条件・・・
 様々な要因によって、米国に兵器を集中しているよりも
 ある程度友好関係にある他国に兵器を分散させていた方が
 有利なのでしょう。
 たとえば、兵器を輸出しているような国はそのほとんどが
 本土での戦闘など想定していないでしょう。自国から離れた
 場所での紛争解決にはその方が便利なのでしょう。

4.自分で作った兵器ならその性能、運用法なども熟知しているから。
 仮に第三国を経由するなどの理由で自分の交戦相手が自国産の
 兵器を使用していたとします。そういう状況は、むしろ
 幸運なのでは。あのミサイルは??kmしか飛ばないから
 これだけ離れていれば大丈夫。といった情報が既に
 手元にあるわけですから。

なんだかそれっぽいことを書いてみましたが
「自信なし」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、自国で開発した武器のことは当然熟知してるから、あまり問題にならない。ということですね。
なんとなく分かったような・・・

軍需産業がその国の経済活動を支えているということは解かります。ただ、経済活動の為だけに、自国の武器を他国に使わせることのデメリットが理解できないんです^_^;

お礼日時:2001/11/21 13:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国無双3の武将武器について。

戦国無双3で、
(私が持っているのはWii版です)(猛将伝も持ってます)

武家屋敷→知行獲得→「新武将武器追加」 ってありますよね?

そこで、風魔小太郎の武器を獲得しようとしたのですが、
なぜか一覧にありませんでした。
説明書には、「プレイできる武将の武器を…」と書かれていたので、
使えると思ったのですが…。

なぜ風魔の武器だけ使えないのでしょうか?
他にも、武器を獲得できない武将っているのでしょうか?

Aベストアンサー

使えないのは仕様です。バグなどではないです。
他の武将では、そういうことはないようです。

風魔小太郎の武器は手甲です。
彼の攻撃は腕が伸びるなどの特異体質によるところが大きいため
単純に武器だけ追加されても、彼と同じ攻撃はできません。

新武将が彼の武器を使えるようにするということは
新武将も同じように腕が伸びるようにするということ
専用の攻撃モーションを追加する必要があるということです。
製作側がそれを作る労力とニーズを考えて、削ったのではないかと思います。

Qなぜ韓国は、他国のものを自国が起源と言うのか?

質問が2点ありますがよろしくお願いします。
1.なぜ韓国は、他国のものを自国が起源と言うのか?
2.どういうものを自国の起源といっているのかも教えてください。

ものは物・者の2点がありますのでものとさせて頂きました。

Aベストアンサー

結局は「見栄っ張りで恥知らずな国民性」に尽きます。
韓国社会のデタラメさがよくわかる記事があるので紹介します。

韓国製菓メーカーが日本製品を模倣した?
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/02/02/20050202000061.html

写真を見れば、日本人なら皆このパクリの悪質さが理解できると思いますが、彼等にかかれば「告発は韓流ブームを妨害する下心に違いない」と逆切れする始末です。

これが韓国でも権威ある日刊紙の記者署名記事である、ということだけで、韓国人の性根が知れるというものです。


その他参考ページをご紹介します。

剣道・折り紙・盆栽・桜だけじゃない。韓国起源説
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/kigen.html

韓国のホームページを日本語で読む
http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/index.html

QFF13 武器改造について

FF13プレイ中です。
武器の改造について質問させて下さい。

今作は武器は改造によってレベルが上がってゆきますが、
武器それぞれの基礎的な能力(?)に差はほとんどないのでしょうか?

例えば、現在、AとBとCという武器を持っているとします。
このABCの中で一番攻撃力が高いCの武器を装備したとします。
そしてそのCの武器を改造によってどんどんレベルを上げてゆきます。
その後、Dという武器を拾うか買うかによって手に入れたとします。
当然そのDの武器はレベルが1なので、今まで改造してきたCの武器の方が現状では性能が良い事になります。
この場合、そのCの武器をそのままMAXまでレベルを上げていけばいいのか、
それともDの武器に乗り換えてレベルを上げてゆけばいいのかの判断がつきません。

どうやって武器を選べばいいのでしょう?
それぞれ武器のもともとの攻撃力に大差はなく、
それ以外の点(物理向け、魔法向けなど)で好きな武器を選んで、レベルを上げてゆけばよいのでしょうか?
どのロールをメインにしてるかによって、選ぶ武器も変わって・・・くる?

今装備している武器のレベルをなんとなーく上げていっていますが、
新しい武器を拾ったり、ショップに新しい武器が入荷されるたびに迷ってしまいます。
今の武器でいいのかなーと。
しかし、今までレベルを上げてきたのに、新たに違う武器のレベルを上げるとなると、
素材がなかなか苦しいです。

ちなみに現在はグランパルスに来たところです。

お答えいただける方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

FF13プレイ中です。
武器の改造について質問させて下さい。

今作は武器は改造によってレベルが上がってゆきますが、
武器それぞれの基礎的な能力(?)に差はほとんどないのでしょうか?

例えば、現在、AとBとCという武器を持っているとします。
このABCの中で一番攻撃力が高いCの武器を装備したとします。
そしてそのCの武器を改造によってどんどんレベルを上げてゆきます。
その後、Dという武器を拾うか買うかによって手に入れたとします。
当然そのDの武器はレベルが1なので、今まで改造してきたCの武...続きを読む

Aベストアンサー

私もそこから少し進んだ程度ですが
ファングの初期装備を除けばどの武器も
バランス型・物理攻撃メイン・魔法攻撃メイン・攻撃力が低いが特殊効果付き
という違いはあるものの総合的には同じ程度になるようです。

改造した際に性能が上がる量も元の特徴を維持したままで大きな差はありませんが
「攻撃した際にATB回復」のようなロールを問わず効果の出るような武器は成長度合いが少なく、
「ブレイク不可能」のようなペナルティに近い能力のつく武器は成長度合いが大きいようです。

過去シリーズのことを考えればペナルティつきの武器が最終的には最強武器になりそうですが
1回レベル25まで上げてアイテムチェンジをしてもペナルティは消えず
相当な量の材料と高価な触媒が必要になりそうですので、
それ以外の武器から好みの戦い方に合わせて選べばいいと思います。

例えばヴァニラをブラスターとして使うのなら魔法攻撃力の高いもの
ヒーラーとして使うなら「ケアル回復量アップ」のついたもの
ジャマーとして使うなら「弱体成功率アップ」のついたものを選ぶという風になると思います。

私もそこから少し進んだ程度ですが
ファングの初期装備を除けばどの武器も
バランス型・物理攻撃メイン・魔法攻撃メイン・攻撃力が低いが特殊効果付き
という違いはあるものの総合的には同じ程度になるようです。

改造した際に性能が上がる量も元の特徴を維持したままで大きな差はありませんが
「攻撃した際にATB回復」のようなロールを問わず効果の出るような武器は成長度合いが少なく、
「ブレイク不可能」のようなペナルティに近い能力のつく武器は成長度合いが大きいようです。

過去シリーズのこと...続きを読む

Q先進国と開発途上国

ふと思ったのですが。

先進国と開発途上国の差が激しいですよね。

一体先進国は何をしているんでしょうか?

iPS細胞などの研究よりも、飢餓に苦しむ人々や良い環境に住めない人々のためになることを科学者はするべきではないですか?

Aベストアンサー

飢餓に苦しむ子供たち→先進国は何をやっているんだ!
という論調は良く見ますよね。

しかし実際は飢餓に飢えている国でも、十分に食料があったり、援助物資が届いているものなのです。
それがなぜ飢餓に飢えた必要な人に届かないかというと、その国政府の汚職(横流し・密売など)や部族抗争により政府側ではない部族に援助しないなどの、国内事情によることが多いのです。

欧米諸国は植民地政策などの歴史的経緯から、その国の政府にまで介入して、問題を解決しようとしますが、それが癒着を生んだり、隣の国(つまりとなりの国を援助している国との摩擦)で援助される国同士が争ったりすることも起こっているのです。

ですので食料援助や途上国の住環境をよくするという点では、科学者の活躍するところは非常に少ないのです。

むしろIPS細胞の研究成果により、安価に薬を開発できる環境が整い、小児ポリオワクチンなどを途上国の資金でも購入できるようになったりすることのほうが、ずっと役に立ちます。

Q最強の武器

(1)投擲武器、射出武器、近代兵器、爆発物、架空の武器、生物兵器などを除いて
(2)体に付ける防具はヘルメット(工事現場の)
レザーアーマー(キュール・ブイ)
(3)武器の数は身につけれる範囲で、盾、二刀などOK。
(4)使うのは各武器の達人
この条件ではどの武器が強いでしょうか?
強さを求めたら竿状武器ばっかりになる気もしますがユニークな意見、
詳しい人も詳しくない人も気軽に答えてくれたら嬉しいです。

Aベストアンサー

面白い質問ですね。

武器と武器の強さの差を比べるという事ですので、
まず、戦うもの同士の身長、体重、筋量など全て同じ物と考えます。

生物兵器の境界線として、自己代謝のある生命体を利用した物以上の武器全て除外します。
よって当然目に見えないような細菌も無しです。
使用ごとに減る物や、液体や粉末、薬物や毒物を使用した武器も無しとします。

まず、思いつく武器を大まかに絞ります。(他回答者の武器もいくつか参考)
剣系、攻防のバランスがとれているので、有り
槍系、使える環境は絞られるがリーチがとても長い、有り
斧系、構造上剣に劣る、無し
鞭系、隙が大き過ぎる、素肌ならともかくアーマーには刃が立たない、無し
ヌンチャク、攻撃が打撃である、リーチが短い、ほぼ無し
モーニングスター、振りが遅い、隙が大きい、無し

ややこしい大剣ですが、先ず、剣にくらべ振りが遅い、攻撃力という点では群を抜いているが、
人間の体重から考え剣を振り回す前に振り回されてしまう。
大きい者が剣と同等に振り回せるのであれば剣を凌ぐ武器になるとは思うが、
だがそれでは武器と武器を対等に比べる事が出来ないため大剣は、無しとします。


先ず、一対一の場合。
場所が広いのあれば槍系ではないでしょうか。
他の武器に比べリーチが長い為一方的な攻防を繰り広げる事が可能です。
上下前後左右自由に動き回るスペースがない場合は、剣系が有効ではないかと思います。

多対多、多対一などの場合
一般的には攻撃防御のバランスがとれた剣系が有効ではないかと思います。
場所が非常に広いのであれば立ち回り方や人数により槍系の方が有効かもしれません。

ちなみに裏路地のような非常に狭い場所、又は障害物が不規則に存在する場所の場合は、
剣系の武器か、短剣の様な刃が比較的短い武器、
又はヌンチャクやトンファーなどの腕に密着するタイプの物が有利ではないでしょうか。


話をまとめると必ずしもこの武器が強いという事は無いと思います。
中には意図の分からない物や効率の悪い武器もそりゃありますが、
基本的に武器と言うのは少なくともその場その場の環境に適した形をしています。
ですから環境によって発揮できる強さも変わってくると思います。
ただ、総合的に見た場合、使える場所や状況が最も幅広い武器はやはり普通の剣ではないでしょうか。

面白い質問ですね。

武器と武器の強さの差を比べるという事ですので、
まず、戦うもの同士の身長、体重、筋量など全て同じ物と考えます。

生物兵器の境界線として、自己代謝のある生命体を利用した物以上の武器全て除外します。
よって当然目に見えないような細菌も無しです。
使用ごとに減る物や、液体や粉末、薬物や毒物を使用した武器も無しとします。

まず、思いつく武器を大まかに絞ります。(他回答者の武器もいくつか参考)
剣系、攻防のバランスがとれているので、有り
槍系、使える環境は絞...続きを読む

Qなぜ国(政府)は躍起になって、自国の利益を追求するのでしょう

領土、領海、領空、資源、軍・・
なぜ自国の利益のために、増やそう増やそうと、それぞれの国は争ってきたのでしょう。
国って政府ですよね?
政府が躍起になって血を流してまで国を肥やして、その動機は何でしょう。特に第2次大戦以前の社会。
国民がそうしろと言ってるからですか?

まとまらない質問ですが、うまく答えてくださる方待ってます(笑)

Aベストアンサー

国というのは、安全保障の最大の単位です。
安全保障とは、他の国から攻められるということだけでなく、経済的な保障(雇用問題など)、福祉的な保障(幼児・病人・老人などのケア)・住環境整備など、人が暮らすために必要なありとあらゆるものです。逆に安全保障の最小の単位は、家族(血縁者)です。

国=政府ではありません。少なくとも民主主義の国家では、国とは国民のことです。政府はその国民の声を反映して政策を実行する組織にすぎないのです。
古代や小さな国なら、直接代表制といって、国会を国民全員で行うところもあるのです。このような国でも、政府はあります。それは、日常専門的に誰かが政府の仕事しなければ、他国や貿易、税務や治安などの対応ができないためです。
しかし方針は国民全員の投票で決めるのが、直接民主制です。

また国が戦争をしてもよいことになっているのは、国が自国の利益のみを考えれば良かったからです。
今では考えられませんが、地球が有限であると認識されるようになったのは、有識者で第2次大戦後、一般人にはアポロの取った地球の写真が大きく影響し、ようやく「宇宙船地球号」「有限の星」「宇宙に浮かぶ私たちの星」という概念が出来てきたのです。

それ以前は、国が最大の単位ですから、私たちの国が大きくなれば、私たちはより豊かに、そしてより安全になると、権力者も国民も考えていたのです。
また、自国の安全を考えたとき、隣の国から攻められるより前に攻めれば、より安全であるとして戦争を起こすということもありました。
さらには、隣の国の神は許せないから、戦争して廃止しちゃおうという歴史的・文化的背景を持った戦争もあります。
たとえば、イスラエルが難しいのは、ユダヤ・キリスト・イスラムの聖地が同じ場所で、それぞれの信徒が自分たちの国にしたいと今でも思っているからです。

ですので、「私たちの星」という概念が出来た1970年以降、それ以前のような他国を侵略する戦争はほとんど起きていません。起きた場合は、国際社会(国連など)が仲裁するようになりました。

人間は集団を作り、社会を作らなければ、生きていけません。戦争を含めた争いは人間が、自分たちの利益を考えたときに必ず起こる宿命なのです。その点では、会社同士の競争や国同士の経済摩擦も戦争と違いはありません。(単に人が死ぬか死なないかだけで、利益を取りたいというのは一緒です)
これから先は、人類が協力し合わなければ、地球温暖化などの進行を止めることを出来ないでしょうし、そうなれば自分たちの破滅です。
しかしこのような思想が生まれたのは、たった40年前なのです。

国というのは、安全保障の最大の単位です。
安全保障とは、他の国から攻められるということだけでなく、経済的な保障(雇用問題など)、福祉的な保障(幼児・病人・老人などのケア)・住環境整備など、人が暮らすために必要なありとあらゆるものです。逆に安全保障の最小の単位は、家族(血縁者)です。

国=政府ではありません。少なくとも民主主義の国家では、国とは国民のことです。政府はその国民の声を反映して政策を実行する組織にすぎないのです。
古代や小さな国なら、直接代表制といって、国会を国...続きを読む

Q武器について

武器についてなんですけど、武器によって攻撃力とかがかわるんですか?
同じ敵に攻撃しても2つの武器をくらべると全然攻撃力がちがったんです。
それまで一緒だとおもってたんですけど・・・

あと、七曜の武器あるじゃないですか、それって武器を改造して同じものを4つつけたとしたら、同じ名前の武器になるんですか?

ちょっとばかし気になってますー
教えてくださいませー

Aベストアンサー

武器による固定の攻撃力は無いと思うんですが・・・
アビリティによる差だと思いますよ?

ちなみに七曜の武器に関しては以下の通りです。

アルテマウェポン(ティーダ/日輪)
ワールドチャンピオン(ワッカ/水星)
ロンギヌス(キマリ/木星)
ゴッドハンド(リュック/金星)
の4つの武器は、最大HPに対する現在HPの割合が高いほど攻撃力が上昇。

正宗(アーロン/土星)
は最大HPに対する現在HPの割合が低いほど攻撃力が上昇。

ニルヴァーナ(ユウナ/月輪)
ナイト・オブ・タマネギ(ルールー/火星)
の2つ武器は最大MPに対する現在MPの割合が高いほど攻撃力が上昇。

ある七曜の武器を七曜の印を使って封印を解くと、
対応した召喚獣のダメージ限界が99999になる。
ニルヴァーナ      → ヴァルファーレ
ワールドチャンピオン  → イフリート
ロンギヌス       → イクシオン
ナイト・オブ・タマネギ → シヴァ
正宗          → ようじんぼう

てな感じですか?
ちなみに下記URLより記事抜粋です。

参考URL:http://ff-11.com/

武器による固定の攻撃力は無いと思うんですが・・・
アビリティによる差だと思いますよ?

ちなみに七曜の武器に関しては以下の通りです。

アルテマウェポン(ティーダ/日輪)
ワールドチャンピオン(ワッカ/水星)
ロンギヌス(キマリ/木星)
ゴッドハンド(リュック/金星)
の4つの武器は、最大HPに対する現在HPの割合が高いほど攻撃力が上昇。

正宗(アーロン/土星)
は最大HPに対する現在HPの割合が低いほど攻撃力が上昇。

ニルヴァーナ(ユウナ/月輪)
ナイト・オブ・タマネギ(ルールー/...続きを読む

Qどんな国でも自国の誇れない歴史隠して

どんな国でも自国の誇れない歴史隠して
よいことを取り立てることはあると思います。
その例としてどんなことが上げられますか?

Aベストアンサー

韓国、北朝鮮では、新羅以来1000年以上も、中国の属国だったのに、国民には隠しているそうです。
朝鮮を侵略したのは、有史以来、日本だけなんだそうです。
事実は、中国の王朝が変わるたびに、攻め込まれて、朝鮮人の強制連行なんて、毎度のことだったそうです。
朝鮮は、1000年以上、中国の朝貢属国です。
毎年、美女3000人、牛3000頭、馬3000頭とか、中国に献上させられたそうです。
それで、朝鮮では、女性が早婚になったそうです。
中国に献上する美女は、処女で、美女でなくてはいけなかったから、結婚すると、逃れられたそうです。
そういった中国に対する屈辱の歴史は、国定歴史教科書の中では、葬っているそうです。

Qグランブルーファンタジーでキャラ武器があると思うのですが、キャラ武器の武器を売るとキャラは消えますか

グランブルーファンタジーでキャラ武器があると思うのですが、キャラ武器の武器を売るとキャラは消えますか?

また、リストや強化画面からキャラ武器がどれかわからないんですが何か見分け方やほかの画面があるんですか?

Aベストアンサー

>キャラ武器の武器を売るとキャラは消えますか?
消えない

>何か見分け方やほかの画面があるんですか?
直接わかるものは無い。ショップへ行って「シェロカルテの特別交換券」の「キャラ開放武器」のところを見れば大体わかる。

売るだなんてとんでもない!スキル上昇の餌にするとか、分解してエレメントにするという(Sレア以上)大事な役割があるのに。

Q戦争になって他国に攻め込むときにもパスポート等、入国に必要な書類を持っていくのでしょうか

戦争になって他国に攻め込むときにもパスポート、その他、入国に必要な書類を持っている必要があるのでしょうか。

Aベストアンサー

もちろん、必要ありません。
ていうか、どんな書類を用意しようが侵略するという目的であれば、
入国は許可されません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報