今大学でタナゴについて調べています。タナゴの保護策としてなにかよい提案はないものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 例えば、バラタナゴであればタイリクバラタナゴとの交雑を防ぐために後者を駆除するための措置を執るべきでしょうし、イタセンパラであれば、淀川のワンドの破壊を阻止し、重機を使って復活させるとともに、現在ダムによって出水の起こりにくくなっている川の流量に変化を付けて、ワンドの水位を自然に変動させるなどの措置が必要でしょう。

このように、具体的な対象種名が分かればより答えやすいです。
 その上で、タナゴ一般ということであれば、カラスガイなどの淡水二枚貝(タナゴはここに産卵する)の減少を防ぐため、池または川の底を自然の砂や泥のままにすること(現在コンクリートならば、戻すこと)、水質をこれらの貝の生息に適した水準にまで回復させることがまず考えられます。
 次に、捕食者として無視できない移入種であるブルーギルやブラックバスを駆逐することも効果があるのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼遅くなってすみません。
大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/05 12:37

質問が漠然としていて的確な回答かどうか全く自信がありません。



絶滅危機種の保護のためには
1.まず自然生息している(いた)環境の調査
2.養殖の研究。繁殖。
3.放流先の確保

1)と2)は個人や学校レベルで可能ですが3)は地域社会や行政を巻き込まなければ実現不可能でしょう。農業用の溜池の目的が変わり池が汚染してしまっているケースや農業用水路がコンクリートで塗り固められている場合は、まず自然環境の回復が先決となります。

幸い現在自然な状態で生息している場所を保護したいのであれば、先ず市役所や
地域のJA(農協)に調査結果を報告し、近くの小学校や中学校にも働きかけて共同で保護運動を進めては如何でしょうか。

質問の意味が保護のための養殖であれば添付URLを参考にしてください。

http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/na …

http://www5a.biglobe.ne.jp/~galu/84448242/

参考URL:http://www.town.namegawa.saitama.jp/sightsee/tan …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLありがとうございます。
いろいろな情報を集めて考えていきたいと思います。

お礼日時:2001/11/28 12:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタナゴの仲間

本日釣ったのですが、
何たなごでしょうか。
取ったところは滋賀県です。

Aベストアンサー

カネヒラっぽいですが、自信はありません。
カネヒラで画像検索してみてください。

Q簡単に今の北海道、日本全体の酪農の問題と解決策や、おもしろそうなアイデア等ありましたら教えてください

簡単に今の北海道、日本全体の酪農の問題と解決策や、おもしろそうなアイデア等ありましたら教えてください!

Aベストアンサー

単純ですが、情報発信力の強化に尽きます。
北海道は、酪農を含め、農産物、魚介類の宝庫。良い物がたくさんあります。
皆に知ってもらうことだけです。その良さを。
言葉、写真、動画も大切ですが、実際に味わってもらうことです。

Qタナゴにカビ・・・!?

たなごを飼っているのですが、最近体にカビのようなものが生えてきました。病気なんでしょうか?解決方法か何か知っている人がいたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

私は魚を飼ってないので詳しくは解りませんが
こんなページがあったので参考までに。

参考URL:http://w2223.nsk.ne.jp/~mint-ye/sub7-2.htm

Q絶滅危惧種として保護の対象になるのか

ゴキブリ、ハエ、カ、寄生虫など人にとって好ましくないと考えられている種でも絶滅の危機に瀕したら保護の対象になるのでしょうか。

Aベストアンサー

絶滅危惧種はレッドデータブック(RDB)に登録が
なされていますが、その一部を紹介すると次の通り

絶滅危惧II類(VU) ハエ目 マガリスネカ
絶滅危惧II類(VU) ハエ目 クロマガリスネカ
絶滅危惧II類(VU) ハエ目 ゴヘイニクバエ

準絶滅危惧(NT) ハエ目 オオハマハマダラカ

つまり、既に対象になっております。

Q金魚とタナゴの共存

主人は、タナゴが飼いたく、私は、金魚が飼いたいのですが、同じ水槽での、共存は可能でしょうか?
めだか、金魚は飼った事があるのですが、
タナゴは初めてなんです。
タナゴの飼い方のコツ等も教えて貰えると、助かります。

Aベストアンサー

下記サイトの下のほうにタナゴの飼い方が載っていますが、以前飼っていたときは良く水槽外に飛び出しましたので水槽に蓋をした方が良いと思います。
朝起きて数が少ないので水槽の周りを見たら干からびていたりしました。
産卵期になると体色が虹色に輝いてとても綺麗だった記憶があります。
楽しみですね。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/2102/kaikata.htm, http://pet-4.dot.thebbs.jp/1067086345.html

Q今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩

今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩化炭素や、フロン)をこどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?
簡単な説明の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

オゾンホールはフロンが原因ということになっています。しかし、それは濡れ衣でした。
フロン原因説では、フロンが成層圏で塩素を放出して、これがオゾンを壊すという説なのですが、その反応には紫外線が不可欠です。
オゾンが減るという場所と時期は、南極の春先です。南極の春先では日光は水平に入射しますから、大気の中を通過する長さは、垂直入射の10倍になります。ということは、紫外線は宇宙へ散乱してしまってほとんど存在しません。

オゾンホールのフロン原因説のウソ
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss021/t01.htm#s13

>こどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?

オゾンホールの問題は、代替フロンの特許をもっている企業が仕掛け、その御用学者が宣伝して歩きました。

Qタナゴの保護策

今大学でタナゴについて調べています。タナゴの保護策としてなにかよい提案はないものでしょうか?

Aベストアンサー

 例えば、バラタナゴであればタイリクバラタナゴとの交雑を防ぐために後者を駆除するための措置を執るべきでしょうし、イタセンパラであれば、淀川のワンドの破壊を阻止し、重機を使って復活させるとともに、現在ダムによって出水の起こりにくくなっている川の流量に変化を付けて、ワンドの水位を自然に変動させるなどの措置が必要でしょう。このように、具体的な対象種名が分かればより答えやすいです。
 その上で、タナゴ一般ということであれば、カラスガイなどの淡水二枚貝(タナゴはここに産卵する)の減少を防ぐため、池または川の底を自然の砂や泥のままにすること(現在コンクリートならば、戻すこと)、水質をこれらの貝の生息に適した水準にまで回復させることがまず考えられます。
 次に、捕食者として無視できない移入種であるブルーギルやブラックバスを駆逐することも効果があるのではないかと思います。

Q自然保護ほど<人工的なもの>はないのではないでしょうか?

人類が破壊した自然環境を、人類がまた元に戻そうとしています。これほど<人工的なもの>はないのではないでしょうか?「自然と共生する」と言いますが、もし自然に口があるのなら、「一緒がいいなら何故分けた!?」と反発することでしょう。人類自らが破壊し汚染したグチャグチャな<自然>とどう共存していくかを考えることこそ、人類の責務ではないでしょうか。もちろん自分の身体がむしばまれていくリスクはあります。でも、それを回避して「自分のきれいな体は守っていきたい。自然も浄化したい」というのは、虫が良すぎるのではないでしょうか。

Aベストアンサー

そうですね、私も「自然を回復させる」という行為は人工的だと思います。

>人類自らが破壊し汚染したグチャグチャな<自然>とどう共存していくか

共存するためには自然のシステムの力を借りる必要があります。
つまり「自然を回復させる」というのは、現在の環境とどう共存するかを考えた結果たどりついた答えの一つなのではないでしょうか。

余談
この手の話をする時によく出てくるのが「人工と自然は区別されるものか、人工は自然の一要素か」というものです。
可能でしたらこれについてどう考えているか補足をしていただけると嬉しく思います

Qタナゴの飼育

タナゴの飼育については過去に何回か質問をさせて頂きました。

タナゴの飼育は小さい4リットル程度の水槽で飼う場合、二匹程度が限界かと思うのですが…タナゴの性格上、縄張り争いで相手を殺してしまう悲しい結果になることがわかりました。

そこで初歩的な質問で恐縮ですが、雄雌の場合でも縄張り争いをしてしまうのでしょうか?

ご指導願います。

Aベストアンサー

> タナゴの飼育は小さい4リットル程度の水槽で飼う場合、二匹程度が限界かと思うのですが…タナゴの性格上、縄張り争いで相手を殺してしまう悲しい結果になることがわかりました。
・これは、タナゴに限った話ではありません。
コイ科の魚を中心に、小型水槽で飼育すると2匹では、強弱がハッキリし、弱者が殺されることになります。

4Lで2匹は殺し合いになっても、8Lで5匹だと上手く飼育出来ます。
コレは、いじめっ子の攻撃が他の魚に分散され、一匹に集中しないためです。

そして、2匹の飼育でも、個体差による所が大きいデス。
体格が同じくらいで、力関係が拮抗している場合だと、水草や浮き草、流木、割れ鉢などのアクセサリを多めに設置することで、トラブル無く飼育出来ることも結構普通にあります。
ま、ここら辺は、混泳させるまでわかりません。

> そこで初歩的な質問で恐縮ですが、雄雌の場合でも縄張り争いをしてしまうのでしょうか?
・繁殖期以外はオスもメスも無関係です。
一般的にオスとメスは体格に差があるので、大きな個体が優勢です。

Q地球温暖化について調べてみると 海の酸性化 というものを見つけました。 私はこれを初めて聞いて驚きま

地球温暖化について調べてみると
海の酸性化 というものを見つけました。
私はこれを初めて聞いて驚きました。
皆さんは知っていましたか?
できるだけ多くの意見を聞きたいと
思っています。
回答お待ちしておりますm(_ _)m

Aベストアンサー

二酸化炭素が増えることによる地球温暖化に異を唱えるつもりはありませんが、太古から地球の二酸化炭素濃度は現在より桁違いに高かったことは知っておいてください。

なので私は、地球温暖化に付随して起こるあれこれに関しては、やや注意して対応することにしています。


人気Q&Aランキング