お薦めの三島由紀夫と大江健三郎作品を教えて下さい。

本はそれなりに読むのですが、話題作などの小説が中心で文学小説などは
全く読んでおらず、これではいけないと思い少しは読もうと思っています。
今、読もうと思っているのは三島由紀夫と大江健三郎です。
しかし、2人に全く知識がなく、どういった作品を書いているのかなど
分かりません。
文学小説、歴史物、時代物が苦手なのですが、そういった趣味思考で
お薦めの2人の作品はどれになるのでしょうか。

普段読む小説で良かったと思うのは「容疑者Xの献身(東野圭吾)」
「明日の記憶(荻原浩)」「最悪(奥田英朗)」など、軽く読めるものの
軽すぎないものです。

「罪と罰」は面白いと感じずに読むのに大変苦労しました。
「泥の河(遠藤周作)」は普通に読めました(面白いとは思いませんでしたが)。
この様な状態なのですが、どの作品がお薦めでしょうか。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

下記のURLは個人の方のサイトなのですが、大江健三郎さんの作品を読むにあたってとても参考になると思います。

内容の紹介がたくさんあります。

他の方がおっしゃっているように、「死者の奢り・飼育」は短編なので読みやすいと思います。

わたしは、「取り替え子」、「二百年の子供」、「M/Tと森のフシギの物語」などが好きです。「二百年~」「M/T~」はSFファンタジー、神話みたいな感じなので、お好みに合うかどうか難しいかもしれませんが・・・

三島由紀夫作品はすでにたくさん他の方があげていらっしゃるようなので・・・

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.cogito-kobo.net/OeKenzaburoTop.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLはとっても参考になりました。大江作品はどの方も「死者の奢り・飼育」を推しているので入門書として適切なのでしょうね。有り難うございました。

お礼日時:2005/10/25 10:10

三島由紀夫はライトノベルの達人でもあります。

ラブコメみたいなジャンルも書いており気軽に楽しめる小説も多いです。無論、三島ですから奥が深いですが。参考までに3点ほど挙げておきます。
「夏子の冒険」父を殺した熊に復讐を誓う青年と青年に恋するお嬢様の冒険活劇
「永すぎた春」婚前交渉をするや否や!微妙なカップルのラブコメディー
「美しい星」ある日突然自分たちが宇宙人であると自覚した家族と悪の宇宙人とのサイキック戦争
    • good
    • 1
この回答へのお礼

異色の軽いお話のようで読み易そうですね。チェックしておきます。有り難うございました。

お礼日時:2005/10/25 10:09

まず大江健三郎の方ですが、全部読んだわけではないですが、「死者の奢り・飼育」辺りが初めてならよいのではと思います。


三島の方は文庫になっている物はほぼ全て読みましたが、個人的にはNo.2の方が挙げておられる「奔馬」が一番おもしろいですが、初心者向けではないと思いますので、「金閣寺」「仮面の告白」ですかね。

月並みな回答で申し訳ありませんが、やはり有名作から入った方が読みやすいと思いますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構読んでいらっしゃるようで、とても参考になります。アドバイス、有り難うございました。

お礼日時:2005/10/25 08:22

大江健三郎はわかりませんが、三島作品の中で一番軽くて読みやすそうなのはこれじゃないかと思います。


『三島由紀夫レター教室』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480025 …

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480025 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タイトルからのイメージとは異なり、小説なのですね。他に比べると、取っつきやすそうですね。有り難うございました。

お礼日時:2005/10/25 08:21

 大江氏の本はわかりませんが、三島氏の作品ならばご紹介できると思います。


 私が高校生のときにひどく感動した三島氏の作品は、『豊饒の海』(四部作・新潮文庫)です。
 ちょっと仏教用語が多いところがあり、難しいと感じるかもしれませんが…。
 探されるときは、タイトルが
「春の雪 豊饒の海(一)」
「奔馬 豊饒の海(二)」
「暁の寺 豊饒の海(三)」
「天人五衰 豊饒の海(四)」
となっていますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タイトルからして、もう読めません。三島氏の本はやはりどれも難しそうですね...。チェックしておきます。有り難うございました。

お礼日時:2005/10/24 10:52

三島由紀夫


確か割腹自殺した作家ですよね?テレビ中継をライブで観た覚えがあります・・・(古~)
今映画化されて話題になってる「春の雪」はいかがですか?
どちらかというと恋愛小説系ですが・・・。
後は「金閣寺」ですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/ …

大江健三郎
はっきり言って、読んだ事ありません。でも、ノーベル文学賞受賞されましたよね?
検索してみました。
このあたりの短編集からいかがでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101126 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

amazon参考にさせていただきました。ただ、どれも小難しそうです。不条理の世界はダメですし。取っつきやすい本は書かなかったんですかね。アドバイス、有り難うございました。

お礼日時:2005/10/24 10:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大江健三郎…?

大江健三郎は何故日本という国が嫌いなのですか。
大江健三郎は何故日本国籍のままでいるのですか。
大江健三郎は何故好きな国に帰化しないのですか。

Aベストアンサー

 なぜ嫌いかというと、戦後ながく、反政府・反日的な言動をとることが文化人としてのステイタスであった時代が続いたから。鳥越俊太郎とか、小田実とか。その当時の考えに固着しているんじゃないかな。
 なぜ日本国籍のままでいるのか、なぜ好きな国に帰化しないのかって点は、多分よその国では相手にされないからじゃないかな。彼の著作が海外で売れているって話は聞かないし。(なんでノーベル文学賞がとれたんだろう)

Q文学作品おすすめ

最近、読書にはまっています。
有名な作品から読んでいっているのですが、知っている作品はあらかた読み終わりました。
そこで、新たに読みたい作品を探しているのですが、なかなか見つかりにくいので、
国内外問わず、皆さんのおすすめの作品を教えてもらいたいです。
急いでいるわけでもないですし、興味を持てたらたくさん読みたいので、
できるだけ多くの文学作品を教えて下されば幸いです。

Aベストアンサー

nicoco120さん、こんにちは。

英米文学を名文句と共に・・・(若干受け売りあり)
読んだことがあるのなら失礼。

「自由とは 二足す二が四だと言える自由のことだ」
   オーウェル『1984年』

「そして我々は前へ進み続ける。流れに逆らう船のように、絶えず過去へと押し戻されつつ」
   フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビィ』

「大切なのは、決して不安になり過ぎないこと。すべてのことは時が来ればうまくいく」
   ヘンリー・ミラー『北回帰線』

「賢い人と一緒に損する方が、愚か者と一緒に儲けるよりいい」
   ジェフリー・アーチャー『カインとアベル』(だったと思う・・・)

「I want to still be me――」
   カポーティ『ティファニーで朝食を』
   クールな言葉ですね。この後に有名な
   「たとえ、あるよく晴れた朝に目覚めて、ティファニーで朝食をとることになったとしてもね」
   と続きます。ティファニーにお食事処はありません。これもクール。

「Beauty is nothing, beauty won’t stay」
   ブコウスキー『町でいちばんの美女』

「I’d just be the catcher in the rye and all」
   サリンジャー『ライ麦畑で捕まえて』
   and allがクール。

nicoco120さん、こんにちは。

英米文学を名文句と共に・・・(若干受け売りあり)
読んだことがあるのなら失礼。

「自由とは 二足す二が四だと言える自由のことだ」
   オーウェル『1984年』

「そして我々は前へ進み続ける。流れに逆らう船のように、絶えず過去へと押し戻されつつ」
   フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビィ』

「大切なのは、決して不安になり過ぎないこと。すべてのことは時が来ればうまくいく」
   ヘンリー・ミラー『北回帰線』

「賢い人と一緒に損する方が、愚か者と一...続きを読む

Q朝日新聞と大江健三郎について

11月06日の朝日新聞の書評で高橋源一郎氏が、大江健三郎著「さようなら、私の本よ!」について次のように書いてます。
「 大江健三郎は、現存する、最大の顰蹙(ひんしゅく)作家である、とぼくは考える。
例えば、戦後民主主義へのナイーヴな信頼や、政治的アクションへの止(や)むことのない参加は、高度資本主義下の日本人の多数にとって、顰蹙ものである。
さらに顰蹙をかうのは、その作品だ。」と、続きます。
http://book.asahi.com/review/TKY200511080298.html

なんか、私には、大江氏のことをすごいけなしてるようにみえるけど、そうゆう風にとらえていいんでしょうか。
だって、朝日新聞と大江氏は仲いいんじゃなかったでしたっけ。

Aベストアンサー

…もっと何度も熟読される事をおすすめします。
「顰蹙を買うことを恐れずに書き続けている」というニュアンスかと思われますが。

Qお薦めの歴史小説を教えて下さい。

お薦めの歴史小説を教えて下さい。
日本史、世界史そして、時代背景など問いません。
今までは、日本の戦国時代ものを読んでました。
他の時代の歴史小説も、読んでみたいのです。もちろん、戦国時代もいいです。
人物伝を、主に読んでます。

Aベストアンサー

山本兼一「雷神の筒」
戦国時代ものなので、もしかしたらもう読んでるかも。
信長の配下のマイナー武将橋本一巴を主人公にした小説です。
剣戟でなく当時発展途上の武器火縄銃にスポットを当てるあたりに面白さを感じました。


同じ山本兼一さんのだと「いっしん虎徹」(主人公・長曽祢虎徹)や「命もいらず名もいらず」(主人公・山岡鉄舟)も好きです。

参考になれば幸いです。

Qノーベル賞作家「大江健三郎」の反国家思想とは

ノーベル賞作家「大江健三郎」の反国家思想とは
先日の韓国併合100年韓日知識人共同声明にて大江健三郎氏が反国家という考えの持ち主であることを知りました。
テレビなどでインタビューを聞いていても常識的な考えの人だと思っていたので正直驚きました。
そして大江氏の反国家の考えはどういうものなのか疑問に感じました。
天皇 民主主義 朝鮮 というキーワードを軸に教えてください。

Aベストアンサー

回答になるかどうか分かりませんが。
彼の思想が本心でそう思っているのか営業的な思想なのか分かりませんので理解しようと考えることは無駄のように思います。

「大江健三郎」氏は、純粋文学でノーベル賞を受賞するだけの才能が有りませんので、お粗末な才能でノーベル文学賞を取るにはどうしたら良いかと考え、「反日」を選択した卑しい作家ですので、最初に本来の思想があってその上で小説を描いた作家では有りません。従って彼の思想はマーケティングの結果である可能性が高いので相手にする必要は有りません。

欧米では、有色人種は下等で白人には叶わない。世界は白人が支配すべきだ。・・・と考える者が多く、その幻想をぶち破った日本に反感を持つ者が多数おります。また中国・韓国は自分たちの方が儒教秩序では上位なのに下位の日本が評価が高いのはけしからん。・・・と嫉妬もあり考える者が多数おります。

従って「反日」に対し喝采を送る人が多いので、彼らが溜飲を下げる様な材料を提供すると彼らの評価を得ることができます。また「反国家」だと普通の国だと迫害されますので国家の迫害を恐れぬ勇者扱いしてくれます。

回答になるかどうか分かりませんが。
彼の思想が本心でそう思っているのか営業的な思想なのか分かりませんので理解しようと考えることは無駄のように思います。

「大江健三郎」氏は、純粋文学でノーベル賞を受賞するだけの才能が有りませんので、お粗末な才能でノーベル文学賞を取るにはどうしたら良いかと考え、「反日」を選択した卑しい作家ですので、最初に本来の思想があってその上で小説を描いた作家では有りません。従って彼の思想はマーケティングの結果である可能性が高いので相手にする必要は有りません...続きを読む

Q小説家志望者へ薦める本

作家を目指している僕に小説作法の本を教えてください。
具体的な文章技術よりもモチベーションを維持できるような本を知りたいです。
作家になろうという気持ちをなくしてしまいそうになる記述のない本を希望します。

以下の本が今まで読んだ中で良かったです。
「あなたも作家になろう」ジュリア・キャメロン
「書きたい!書けない!-なぜだろう?」マリサ・デュパリ
「本当の自分を見つける文章術」ブレンダ・ウェランド
「プロになるための文章術」ノア・リュークマン

Aベストアンサー

丸山健二「まだ見ぬ書き手へ」

が、ご意向にぴったりかもしれません。読んだのは
昔で内容がうろ覚えですが、インパクトが非常にあ
りました。今調べたら、アマゾンの書評欄で、「こ
の本を読んですぐに原稿用紙を買いに走った」など
とも買いてありましたので。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022641460/qid=1113148581/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-7789906-6781825

直接の内容は少し違いますが、吉本隆明は「ひきこもれ」
という本で、「どんな職業でも10年続ければ一人前にな
れる」ということを、自分の「物書き」としての修練を引
き合いに出しながら書いています。この一言だけを、机
の前に飾っておいたりするとよいのかも。

Q大江健三郎の文学史における位置づけは?

日本の近現代文学史に関して質問します。
ある文学史に関する選択肢回答方式の問題を解いていますが、大江健三郎について悩んでいます。外国で発行されたと言われるある資料によれば、大江健三郎は「第三の新人」の代表的な作家だとされていますが、いろいろ検索していると「第三の新人」の後続グループであるとする記述しか見当たりません。かと言って、どのグループ(例えば社会派)に属すると明記されている記述も見当たらず、大いに混乱しています。その資料が間違いであるとすれば比較的簡単に解決できますが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

大江健三郎の小説自体を社会派と言うのは極論のような気がしますが、現代の状況を元にして発想された小説世界は社会派と言っても良いでしょう。
作家個人の行動としては、社会活動家としての側面も多いわけですから、そう考えると社会派と言っても良いかもしれません。

Qお薦めな作家、小説

お薦めな作家・小説を教えてください。ジャンルは特に問いませんが、ラブラブな恋愛小説、生々しい医療系は苦手なのでそれ以外でお願いします。

【好きな男性作家】吉田修一、伊坂幸太郎、村上春樹、乙一。この4名の本は全て読了済みです。その他奥田英朗、東野圭吾、本多孝好など。

【好きな女性作家】角田光代、森絵都、あさのあつこ、瀬尾まいこ、佐藤多佳子、宮部みゆき。この6名も大体読み終わっています。その他豊島ミホ、桜庭一樹、桐野夏生など。

最近好きな作家の本を読み尽くしてしまいました。新しく良い作家さんを発掘したいのですが、なかなか見つかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなり手強い方とお見受けしました(笑

大抵は一通りお読みのようですが、7番のお礼で高村薫さんに触れてらっしゃらないので、もしかしたら未読でしょうか?
でしたら是非一度お読みになって下さい。
私のお勧めは『神の火』『我が手に拳銃を』『李歐』『マークスの山』です。
『我が手に拳銃を』を元に『李歐』が書かれましたが、同じ人物・同じ舞台で違うストーリー展開になっています。

それと「医療系」ではありますが「生々しい医療系」ではない、海堂尊さんの『チームバチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラルルージュの凱旋』はいかがでしょうか。
キャラクターがとても魅力的です。
読まれる場合は、シリーズ物ですので上記の順番でお願いします。

Q大江健三郎の文章ってただヘタクソなだけじゃないですか?難解な語句を使い

大江健三郎の文章ってただヘタクソなだけじゃないですか?難解な語句を使いまわしたりまどろっこしい言い方をしてますが、本当に文章力があるならもっと簡潔に分かりやすく表現できるはずだし、物語も全く読者として評価できるものでもないし、印象に残るものでもありません。
 ノーベル賞受賞作家だそうですが、受賞理由も受賞ありきでむりやり考え出されたような、審査員自身もよくわかっていないような抽象的で曖昧な評価でした。

ここまで言っておいて、大江健三郎ファンの方には申し訳ないのですが、彼の小説をどんなふうに評価しているのか、彼が文学界に貢献したことってどんなことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大江健三郎は多くの大作家の例もれず、時間とともに変貌の著しい作家です。東大の学生時代に描いた出世作、「芽むしり」、「仔撃」等は確かに感受性がきらきらしていて、ああ、素晴らしい、いい作家が出てきたろ思ったものでした。
 しかしノーベル賞をもらったころ書いていた「万延元年のフットボール」に代表される四国の山奥を舞台にした一連の作品は「大江ワールド」と呼ばれるように、彼の代表作でありますが、これは考えさせられる作品でありました。
 一つは「これは何の価値があるのか、日本に世界に何を言いうるのか」という疑問です。もとより実存主義的発想に立てばそのような問題設定は噴飯ものなのかもしれませんが、世界は小説家だけで構成されているのではない、私は技術屋ですが、技術屋は、つまり小説家以外は、何を読み取れば良いのかと素朴な疑問の解が見つかりません。小説の要件を満たしているのでしょうか。
 もう一つは、たとえばカフカは「人生は悪夢にほかならない」と言っているように思いますが、カフカの作品には引き込まれます。大江健三郎は「世界はすべて四国の山奥で起こったことで説明がつくのだ」と言っているとしたら、余りに整理不足で、美しくない、透明感がない、古新聞の三面記事と同じレベルだと感じざるを得ません。つまり、小説はそんなものなのだと言っているのでしょうか。それは一つの見識であって、否定するつもりはありません。小説という文化の一つの形態の限界、終焉を提示しているとしたらそれは卓見でありましょう。
 その後、障害児の洸さんを取り上げたいくつかの作品を書き、最近はまた奇怪な試みを行っていると聞いています。

 というような見方をしながら彼の作品を読み解こうと、折に触れて考察を深めています。毒なのか薬なのか解らないけど何かあるという感じはするのです。

大江健三郎は多くの大作家の例もれず、時間とともに変貌の著しい作家です。東大の学生時代に描いた出世作、「芽むしり」、「仔撃」等は確かに感受性がきらきらしていて、ああ、素晴らしい、いい作家が出てきたろ思ったものでした。
 しかしノーベル賞をもらったころ書いていた「万延元年のフットボール」に代表される四国の山奥を舞台にした一連の作品は「大江ワールド」と呼ばれるように、彼の代表作でありますが、これは考えさせられる作品でありました。
 一つは「これは何の価値があるのか、日本に世界に何...続きを読む

Q恋愛、ミステリー、SF以外でお薦めの小説

恋愛ものがどうしてもだめです。(架空の話だと割り切れず、読んでいて、しんどくなってしまう)
ミステリーも、ぜんぜんおもしろいと思えません。
SFは、たくさん出てくる空想の言葉についていけなくて苦痛になってしまいます。
また、想像力そのものが無いのかも知れません。

と、読書の好き嫌いに偏りがあります。特に、好きな作家と言うのは居ません。
これまで夢中になって読めたのは、「少年H」「博士の愛した数式」など。
平凡すぎる淡々とした話は好きではなくて、上記のような、緩やかな中で
深い感動、悲しみ、などが伺える話が好きなようです。

急に時間ができたので、本をゆっくり何冊か読みたくなりました。
簡単なあらすじと、タイトルを教えてくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「日曜日たち」(吉田修一)
「赤ひげ診療譚」(山本周五郎)
「スティル・ライフ」「バビロンに行きて歌え」(池澤夏樹)
「彗星物語」(宮本輝)

あたりで・・

「バビロンに行きて歌え」

http://www.shinchosha.co.jp/book/131811/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報