磁気点群,もしくは時間反転対称操作について詳しく書かれた和書をご存じの方がいらっしゃいましたら,是非紹介してください。どうか,よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

私も知りたいです、、、、というのが本音なんですが、


(何とかタイプとかコーリニヤとか、突然出てきて、おろおろ、、)
>>磁気点群
>>詳しく書かれた和書
ということは、

応用群論(犬井)、量子力学と群論(田辺)
をはじめ、

物性物理・物性化学のための群論入門(小野寺、裳華房)
物性物理学のための群論入門(バーンズ、培風館)
化学や物理のためのやさしい群論入門(藤永・成田、岩波)

なとはご承知なんだと思いますが、一応、記しておきます。
失礼しました。

この回答への補足

ご回答いただき,ありがとうございました。返事が遅くなり大変申し訳ございませんでした。

さて,ご紹介いただいた5冊のうち,3冊については図書館で入手し,早速読んでみました(残り2冊は貸し出し中)。

読んだ本の中では,物性物理学のための群論入門(だったかな?)の11章が非常に参考になりました。

洋書では「Symmetry of Magnetism」が手元にあるのですが,何せ英語なので読むのが大変な上,時間がかかってしまい…,ということで今回質問させていただきました。

これからもまたよろしくお願いいたします。

補足日時:2001/12/02 23:22
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマグネット式のバッグとクレジットカードの磁気不良について。

マグネット式のバッグとクレジットカードの磁気不良について。


マグネット式のバッグが好きでよく買うのですが、ふと気になりました。財布に入っているクレジットカード、磁気不良になったりしないのか?と。
マグネットの位置はバッグの入り口ではなく、ファスナーをしめてから、もう一つのフタでパチンをしめるというタイプです。バッグの正面にくる感じですね。


マグネットの大きさ、ボタン電池くらいでもクレジットカードの磁気にはよくないのでしょうか。
ちなみに私は一度も通帳やカードの磁気不良を起こしたことはありません。

Aベストアンサー

結構ありますよ。財布が耐磁気ではないため、バッグのマグネットはかなり強力な磁気を持っていますから、財布や通帳などがたまたま正面に来なかったのでトラブルになっていないだけです。
あの磁石にカードが触れたりすれば一発で読み取りエラーが発生します。

あとデスクに貼るタイプのフックなどのマグネットやメモ止めなどのマグネットで、通帳類の磁気異常はほとんど毎日数件直していますけど、カードはやり換えになりますね。

Qオペアンプで反転出力を得る場合は非反転と反転どちらが良いでしょうか

D-Aコンバータの出力をオペアンプを使用し、IV変換します。
その出力を一定のゲインを持たせて増幅させるのですが、増幅信号は
2種類で、反転した信号と非反転した信号を得られるようにしたいのですが、
どのようにすればよいのかはっきりとしません。
扱うのは直流ですが、高速です。
負荷は、容量負荷ですので、充電電流が確保できれば良い程度です。
容量負荷を100ns以下で充電する充電電流としてMAXでも200ma以下(ただし、振幅によっては
もっと必要になる場合もあります)です。
精度は16ビット1LSBほど必要。
帰還抵抗は精密抵抗を使用します。

何点か方法が浮かぶのですが、それぞれの利点や欠点が今一解りませんので、教えていただきたいです。

得たい信号は下記図のようになるのですが、単純にIV変換後に
反転増幅、非反転増幅にて出力を得る。
入力インピーダンスが違うので、出力電圧の違いが出る?程度?数LSB程?
出力インピーダンスはこの場合、反転増幅側と非反転増幅側のアンプゲイン
が同じなので、ループゲインも同じになり、ほぼ同じ?

         →(増幅)反転出力
D-A→IV変換
         →(増幅)非反転出力

下記のように、反転出力だけで得る方法。
IV変換後の入力インピーダンスは同じに出来るが、反転を2段にするため、
若干遅れる?反転2段の方は、ゲインをそれぞれ変えても良さそうです。

         →(増幅)反転出力
D-A→IV変換
         →(増幅)反転出力→(ゲイン-1)反転出力

下記のように、簡単にする。
IV変換部で必要な電圧を得なければならないので、ちょっときつそうです。
ユニティゲインで動作する高速高電圧アンプはあんまり無かったです。
数Vの高速アンプ(更に高ゲイン16ビット精度であるため、100dB以上は必要)はあるため、

         →出力
D-A→IV変換
         →(-1)反転出力

と言う感じで、何点か回路は浮かぶのですが、利点と欠点が見えません。
最初の二つはどれでも良いような気がするのですが、どのように考えればよろしいのでしょうか。

よろしくお願いします。

D-Aコンバータの出力をオペアンプを使用し、IV変換します。
その出力を一定のゲインを持たせて増幅させるのですが、増幅信号は
2種類で、反転した信号と非反転した信号を得られるようにしたいのですが、
どのようにすればよいのかはっきりとしません。
扱うのは直流ですが、高速です。
負荷は、容量負荷ですので、充電電流が確保できれば良い程度です。
容量負荷を100ns以下で充電する充電電流としてMAXでも200ma以下(ただし、振幅によっては
もっと必要になる場合もあります)です。
...続きを読む

Aベストアンサー

tanceです。
16ビット精度のまま挑戦されるとのことですが、それでも仕様の解釈
などはよく見直してください。本当に要求されている性能は何かと
いうことです。

高精度抵抗はたとえばこんなものですが、それでも15ビット相当くらい
しかありません。
http://www.yokogawa.com/jp-mcc/gmi/dc/gmi-2792a-001-jp.htm
値段は意外と安く 約20万円です。

現実問題として、こんな抵抗をたくさん使うわけにはいかないと思い
ます。もう少し現実的な部品としては
http://www.alpha-elec.co.jp/w2img/ww1210144653H19M07.pdf
なんかが良いと思います。それでもものによっては抵抗1本\5000くらい
は覚悟してください。

温度変化が少ない環境だったり、その場での再現性さえ良ければOK
という用途だったり、絶対値は問わないとか、何らかの楽になる要素
を探してください。そうすれば大幅に実現性が向上するはずです。

そして、さらなる難関は200mAという大電流と100nsecというスピード
です。これについてはそれこそ仕様次第なので何とも言えませんが
難関であることは間違いありません。

頑張ってください。

tanceです。
16ビット精度のまま挑戦されるとのことですが、それでも仕様の解釈
などはよく見直してください。本当に要求されている性能は何かと
いうことです。

高精度抵抗はたとえばこんなものですが、それでも15ビット相当くらい
しかありません。
http://www.yokogawa.com/jp-mcc/gmi/dc/gmi-2792a-001-jp.htm
値段は意外と安く 約20万円です。

現実問題として、こんな抵抗をたくさん使うわけにはいかないと思い
ます。もう少し現実的な部品としては
http://www.alpha-elec.co.jp/w2img/ww12101...続きを読む

Qクレジットカードの磁気

よく私の母が銀行のカードや通帳の磁気がだめになったといって窓口で直してもらうそうなのですが、クレジットカードもそうなったりしますか?
磁気のついたカードどうしをくっつけて財布に入れておくとよくないということを聞いたことがあるのですが、これが原因なんでしょうか?
もし海外でクレジットカードがこのような理由で使えなくなってしまった場合はどうしたらいいんでしょうか?
質問だらけですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

クレジットカードも磁気不良になります!
海外では、なかなか緊急再発行はできないですね。
まずは、従来方式での手書きによる決済を認めてもらうことを依頼して下さい。
磁気は一旦機械を通すと磁気が復活することがありますのでクレジットカードを銀行等のATMに挿入し、残高照会をしてみて下さい。
この方法は海外だけでなく国内でも使えますよ。
カード同士をくっ付けても磁気不良にはなりませんが、
例えばテレビの上とか時計の近く、ピップエレキバンにくっつけるなどすれば、だめでしょうね・・・。

Qランダウの「力学」のp24に,「外場がある軸について対称であれば,角運

ランダウの「力学」のp24に,「外場がある軸について対称であれば,角運動量のその軸への射影はいつでも保存される」とありますが,この理由が分かりません。
なぜ外場が軸対称だと軸周りの任意の回転に対して系の力学的性質が変わらないのでしょうか…?
式などで解説お願いします。

Aベストアンサー

系の対称軸をz軸として円筒座標を用いて、系のラグラジアンを考えると
('を時間微分として)、ポテンシャルエネルギーVを用いて
L=(m/2)(r'^2+rθ'^2+z'^2)-V(r,θ,z).
系はθによらないので、∂V/∂θ=0です。
なので、
(d/dt)∂L/∂θ'=0
より∂L/∂θ'=mrθ'が定数となります。
一方、
角運動量は、e_r、e_θ、e_zを円筒座標の基底ベクトルとすると
位置ベクトルRは
R=r e_r+z e_z
速度ベクトルvは
v=(r' e_r + rθ' e_θ + z'e_z)
なので、
L=R x mv
を計算すると
L = m(rθ' e_z + rz'e_θ + r'z e_θ + rθ'z e_r)
となります(符号があやしいです)。
e_zの成分は
mrθ'
となります。すなわち、問題の対応関係が示されました。

で質問は、系が軸対象であることと∂V/∂θ=0の対応関係が
よくわからんということかと思いますが、軸対称な系であれば、
軸を固定して座標軸を回転させたとしても、ラグランジュアンは変化なし、
でなければならないからです。同語反復的ですが、
対称軸があるということを力学的に表現しようと思ったら
そうなってしまうかと思います。

系の対称軸をz軸として円筒座標を用いて、系のラグラジアンを考えると
('を時間微分として)、ポテンシャルエネルギーVを用いて
L=(m/2)(r'^2+rθ'^2+z'^2)-V(r,θ,z).
系はθによらないので、∂V/∂θ=0です。
なので、
(d/dt)∂L/∂θ'=0
より∂L/∂θ'=mrθ'が定数となります。
一方、
角運動量は、e_r、e_θ、e_zを円筒座標の基底ベクトルとすると
位置ベクトルRは
R=r e_r+z e_z
速度ベクトルvは
v=(r' e_r + rθ' e_θ + z'e_z)
なので、
L=R x mv
を計算すると
L = m(rθ' e_z + rz'e_θ + r'z e_θ + rθ'z e_r)
となります...続きを読む

Qクレジットカードの磁気データフォーマット

現在、クレジットカードをカードリーダーでスワイプしてオーソライズするプログラムを組んでおります。
(VISA, JCB, AMEXの予定です)

で、お客様よりカードリーダをお借りしたのですが、マニュアルがないためスワイプした磁気データのデータフォーマットがわからず苦戦しております。
オーソライズだけであれば、トラックデータをそのまま送ればいいのですが、DBにクレジットデータを保持しておきたいため、トラックデータからクレジットカード番号、有効期限、名前などを取得する必要あります。

自分が調べたところでは、
・クレジットカードの磁気データはおおよそ JIS-IIに準拠している (JIS-IIの規格をどのように調べていいのかはいまだわからず)

なにか情報もしくは実際にプログラムされた方などおりましたら情報お待ちしております。

Aベストアンサー

JIS-X-6302識別カード―記録技術
が、お探しのものだとおもいますが。。。

これには、物理的なサイズとか磁気パターン、変調などについては書いてありましたが、72バイト(だったと思います)の記憶容量のどこに何を入れるかについてはなにも書いてなかったように思います(もう何年も前に読んだのですっかり忘れてしまいました)。
それは利用者側が決めることなので。

発注主から資料を得るか、クレジットカード現物を何枚かスキャンしてみて突き止めるかしかないかも。

参考URL:http://www.webstore.jsa.or.jp/lib/lib.asp?fn=/jis2005/jis05_65.htm

Q時間反転対称性

古典論は一通り教科書を読んだのですが、
量子論のいわゆる”教養本”を読んで混乱しました。

磁場中を運動する粒子の系においては時間反転対称性が破れるとおもうのですが、
これはいわゆるT対称性の破れではないのでしょうか?

そうすると、この系ではCP対称性は崩れているのでしょうか?

Aベストアンサー

磁場中で時間反転対称性が破れるというのは、電子系だけを時間反転させた時の話ですね。

宇宙全体を時間反転する事を考えると時間反転対称性(T対称性)は破れません。

Qクレジットカード等を重ねて財布に入れると、磁気が弱くなる?!

クレジットカードや、銀行のキャッシュカードなどを
重ねて財布に入れておくと、
カードの磁気が弱くなると聞いたのですが、
本当なのでしょうか??

もし本当だとしたら、財布のカード入れに、
1枚ずつカードをいれなければならないことになりますよね。
実際に磁気が弱くなられた方や、
同じ話を聞いたことがある方、
詳しい方、
教えて下さい!

Aベストアンサー

磁気記録で磁気情報を保つ力を保磁力といい、記録されて残っている磁化の強さを残留磁束密度といいます。
参考URL参照してください。
ご質問ではカードに記録された磁化の強さ、つまり残留磁束密度で、他のカードの磁気情報が影響をうけるかということになります。
磁気記録用の磁性材料には、保磁力の大きさが用途により何種類かあり、保持力が小さいほど書き換えられ消えやすくもなります。
とはいえ実際のカードでは、カードに記録されて残っている残留磁束密度の強さでは、他のカードの保磁力以上の磁界を作る強さがありませんから、重ねただけでは磁気が弱くなることは無いと思います。
磁気が消えたという現象で多い原因としては、この保磁力を超える強さの磁石が考えられます。
最近ハンドバック、ショルダーバック、財布などのファスナーや食器棚の扉、その他のロックに磁石が良く使われていますね。
他には磁気治療器やスピーカーやモーターなどにも強い磁気があります。
これらは、かなり磁気が強いので気をつけたほうが良いです。
私自身は、財布のカード入れに各種カードやテレフォンカードなどを何枚も10年以上も入れっぱなしですが、1度も不具合はありませんでした。
磁気の影響の強さは、互いの距離の「2乗に反比例」しますから、カード自体にも保護層が有りますが、もし気になれば、薄紙1枚でも離すとかなり違います。

参考URL:http://www.oji-card.com/products/magnetic/about_jiki.html

磁気記録で磁気情報を保つ力を保磁力といい、記録されて残っている磁化の強さを残留磁束密度といいます。
参考URL参照してください。
ご質問ではカードに記録された磁化の強さ、つまり残留磁束密度で、他のカードの磁気情報が影響をうけるかということになります。
磁気記録用の磁性材料には、保磁力の大きさが用途により何種類かあり、保持力が小さいほど書き換えられ消えやすくもなります。
とはいえ実際のカードでは、カードに記録されて残っている残留磁束密度の強さでは、他のカードの保磁力以上の磁...続きを読む

Q磁気回路の漏れ磁気抵抗

空隙付環状鉄心で、漏れ磁束を考慮した磁気回路を考えた時、漏れ磁気抵抗はどのように表わされるのでしょうか??鉄心からの距離によって漏れ磁束は変化すると思いますが、どこの位置での磁束を回路に流れる磁束と考えればいいのでしょうか??回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい質問です。
巻線が1つのインダクタで,空隙周辺の漏れ磁束により空隙の磁気抵抗が小さくなることを問題にしているのか,
2つの巻線のトランスで2巻線間の漏れ磁束により結合係数が小さくなることを問題にしているのかで変ります。

(1) 空隙周辺の漏れ磁束を問題にする場合
だいたい空隙の幅くらい,鉄心の周辺に磁束がふくらんで流れると考えて,空隙面積が広がったと考える。ただし,コイルの巻き方が鉄心1周に対して一様でない場合は,さらに漏れ磁束が増える。
実用的には,巻いたコイルのインダクタンスを測定し,巻数あるいはギャップ長を微調整して,所望のインダクタンスに仕上げる。

(2) 2つのコイルを巻き,その間の漏れインダクタンスを考える場合
1次コイルと2次コイルに,アンペアターンが等しい電流を流し,鉄心にかかる起磁力が全体としてキャンセルする状態を考える。1次コイルと2次コイルが重なった層の間に,起磁力がキャンセルしない空間が出来る。この空間の磁束が漏れ磁束として働く。

Qクレジットカードの磁気情報が盗まれ使われました。免許証は…?

昨日、クレジットカードのセキュリティセンターから
あなたのカードが別人に使われているようだ、と電話がありました。
しかしクレジットカードの現物はずっと手元にありました。
聞いた金額も使った覚えがないものです。
カードの磁気情報を盗まれたのでは…と言われ、ほかにも財布にカードが入っているのなら同じようにされているかもしれないので、念のためにカード会社に連絡した方がいいということなので連絡したところ、やはり使われているようでした。
カードは2枚とも破棄、今回の請求は無効となるようです。
クレジットカードはこの2枚でだけですが、免許証も入っていたので、何か悪用されないか心配です。
でもいつ盗まれたのか検討がつきません。

免許証、盗まれたわけではないので「盗難届」ではないし、今の時点で何かしておくことはありますか?
免許のコピーではどういう悪用のされ方があるでしょうか。。

心配でそわそわしています。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

クレジットカードは使ったときにデータが盗まれます。が、免許証は磁気データではないのでコピーは難しいと思います。

なかなかいいURLが見つからなかったんですが、データコピーの手口はこんなものです。

さて、最近は銀行口座を郵送で開くときにも免許証のコピーではなく、住民票の原本を求めるようになりましたが、免許証のコピーを使って悪用できるかどうか…。

参考URL:http://www2.uccard.co.jp/sos/yourcard.html

Q磁気カードの磁気データが壊れる場合について

こんにちは、

磁気カードは下記のような状況で壊れるのでしょうか?
また壊れる場合、その原因について簡単に教えてください。

1.車のダッシュボード近辺に置いて、強い直射日光を受けた場合
2.車の計器類の近辺に置いた場合
3.財布に、他の磁気カードと一緒に入れておいた場合
4.その他、磁気データが壊れるのは、強い磁気を近づけた場合なのですが、具体的にはどのような場合があるのでしょうか?

Aベストアンサー

「科学」のほうにも同様なご質問を2日前にされているようですが・・・。

1.日光には当然紫外線が含まれています。その紫外線が磁気の記録を消したのでは?

2.計器類は外部に磁場あるいは電磁波をまき散しているかもしれません。それが磁気カードの記録をかき乱すのでは?

3.それはありえないのでは?一緒に磁気カードをまとめていますが、今のところ不具合ないので。

4.スピーカーに近づけた場合ですかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報