『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

お世話になります。

一般的な質問なのですが、為替リスクのヘッジの仕方として為替予約と通貨オプションとがあると思います。

現在よりも円高になると資産が目減りして困るとした場合に、あるレートで予約をすればどれだけ円高になっても損失は発生しません。ところが円安になった場合には円安メリットが享受できません。

一方オプションの場合は権利だけを購入するので、上記のような場合は権利を行使せずに円安メリットが享受できます。円高の場合は権利を行使すれば損失はありません。

ということで、通貨オプションの方が為替予約に対して優位性があると思うのですが、通貨予約の存在意義というのはあるのでしょうか??

通貨オプションより為替予約を選ぶ方が良い場合というのがあればご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>現在よりも円高になると資産が目減りして困るとした場合


1)外貨売りの為替予約をする。円高になっても目減りは防げるが円安になったときにそれを享受できない。
2)オプション料を払ってプットオプションを買う。
  円高による資産の目減りは防げるが、為替予約に比べてオプション料の支払い分だけ資産は目減りする。
  円安になるとき、オプション料を上回る円安にならないと、円安を享受できない。

オプションは都合がよさそうだけど、オプション料の支払いがあるこに注意する必要があるということです。
もし為替レートが変わらなかったら、オプション料だけ損します。

しかし、オプションは買うだけでなく、売るという手もあります。上記の例で、コールオプションを売れば、為替相場が変わらなければ、オプション料は丸儲け。円高に行ったときは、資産は目減りしますが、もらったオプション料だけ目減りが防げます。円安になったときは、相手に権利行使されますが、手持ちのドルを渡せばよいので損はありません。これを、カバードコールといいます。

オプションについては、とても書ききれません。コールオプション・プットオプションの買いと売り、ストライクプライス、期間、それに先物などをうまく組み合わせることによって、様々な戦略を立てることができます。


>通貨オプションより為替予約を選ぶ方が良い場合
外貨資産を、この水準の為替レートで固定できるなら満足と思えるときは、下手にオプション料を支払うよりも、その水準で為替予約をしたほうが、オプション料を支払う必要のないだけ得です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親切かつ丁寧なご回答ありがとうございます!!お書き下さったことを自分なりに咀嚼いたしますと、為替相場が大幅に変動するような場合には、オプションの取引が良いのだろうし、そんなに変わらなかった場合にはオプション料を払う分だけ損してしまうということでしょうか。詳しく勉強すれば、その分岐点がきっとあるのでしょうね。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/30 20:45

#2です。

コピペで最後の行が意味が逆になってました。

正しくは:


しかし、最初に書いたところにもどりますが、一般企業は投資・投機しているわけではないので、前者の「オプション放棄により差益を獲得」することを取るよりも、後者の「差益を失う」ことを取る。
すなわち『差益はでてはいないが、輸出入において最初の目的を達せられた』と考えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2005/10/30 21:06

一般企業は必ずしも投資や差益目的で金融商品を売買しているわけではないので、それぞれの特徴をうまく使っているだけではないでしょうか。



先物予約は
・予約料は不要(先物相場に折り込まれているそうです)
・最低扱い額は特にない

オプションは
・買いポジションではプレミアム(オプション料)の支払い発生
・タイプによっては満期前の権利行使ができない(ヨーロピアン)
・最低取り扱い高が決められている


オプションでは、プレミアム支払いと権利行使のタイムラグのリスクがあります(転売は可)

また取引で、予約とオプションのどちらも望まない方向に価格が進んだ場合、差損を回避する部分は同じです。
逆の予想外に企業の貿易等にとっておいしい方向に価格が進んだ場合、おっしゃるように

>ところが円安になった場合には円安メリットが享受できません。

です。
言い換えると「オプション放棄により差益を獲得」するか「予約実行により100万円の差益を失う」ということになります。

しかし、最初に書いたところにもどりますが、一般企業は投資・投機しているわけではないので、後者の「差益を失う」ことよりも、前者の「オプション放棄により差益を獲得」すなわち『差益はでないが、輸出入において最初の目的を達せられた』と考えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご説明ありがとうございました。おっしゃるように、メーカーであれば本業のもうけで勝負するのであって、為替レートの取引で儲けを考えたりするのはあまり望ましい姿ではないような気がしてきました。個人の資産であれば、損得があっても結局は自己責任で片付きますが、大企業とかでは失敗しましたではすまされませんものね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/30 21:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q短期借入金と長期借入金の違いについて

経理初心者です。短期借入金と長期借入金の違いについて質問したい
のですが、社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが
(理由については詳しく聞いてないので、聞いてみます。)
今のところ返済している様子がありません。
私は今月から経理を任されているのですが社長からこれはおかしいですか?と質問されました。
あまり長く貸し付けていると『長期借入金』になってしまうと思うのですが
どうなのでしょうか?このまま期をまたがってしまうと問題でしょうか?
『短期借入金』が膨らんでしまうので心配です。
『短期借入金』と『長期借入金』の性質なども教えて頂けると
ありがたいのですが...。このような質問で恐縮ですが、よろしく
お願い致します。

Aベストアンサー

社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが

短期と長期の違いは1年を超えるかどうか(ワンイヤールール)ですが
借入には返済が伴うし、利息も伴います。返済どころか利息も取っていない
と粉飾決算になってしまうし、返済計画のない借入はありえないことです。
現象についての質問に対する答えを出すことはできますが、はっきりいって
自分の経験とか、ネットで検索して探すような無責任なやり方でしか出せません。というのも、これによってお金を貰っているわけではありませんから。
あなたの質問は、簿記検定の問題を質問するようなものでなく、現在の実務
上の問題を聞いています。税理士を頼んでいないようですが、こういう傾向のものついては、ぜひとも専門家に金銭を支払って聞くべき問題だと思われますので税理士、会計士を頼むことを検討するほうが先決ではないでしょうか。

Q年の前に付くFY 例FY2003のFYとは?

FYの意味や正式な言い方
日本語で同じ物はあるのでしょうか?
どなたかご存知の方おしてください

Aベストアンサー

「fiscal year」または「financial year」の事です。
日本語では「会計年度」「課税年度」に相当します。
日本で「平成15年度」が「H15年4月~H16年3月」を表すのと同じで、1月1日から始まらない「年度」を表します。

Q特別償却準備金とはなんでしょうか。

特別償却準備金とは・・・
法人の所有する減価償却資産で特別償却の適用を受けることが出来る場合に、その特別償却を減価償却資産から直接減額することに変えて特別償却準備金として積み立てたときには会社が損金経理により繰り入れ(又は積み立て)た金額のうち特別償却限度額に達するまでの金額については、損金算入が認められます。
http://houjinzei.com/visitor/quick/jyunbikin/toku/t000.htm

とありましたが、恥ずかしながら全くなんの事なのか分かりませんでした。
前述の文に具体的数値を加えて、もう少し分かり易く教えて頂けますでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

前提として特別償却はご存知でしょうか?

特別償却でもっともメジャーなものに情報通信機器等の特別償却というものがありますが、これは通常の減価償却限度額のほかに取得価額の50%を初年度に償却できるという税務上の特典です。

例えば200万円のなんらかの情報通信機器を期首に購入したとすると、仮に耐用年数を4年とすれば、

2,000,000×0.438=876,000の減価償却費と、

2,000,000×50%=1,000,000を当期の減価償却費として計上できるというものです。つまり事業供用年度にいきなり1,876,000も減価償却費が計上できるわけです。しかし翌年後の減価償却限度額が減りますので減税ではなく課税の繰り延べ措置です。

「その特別償却を減価償却資産から直接減額すること」というのがこの方法です。

しかし、この規定はあくまで税法上のものであり、商法をはじめとした企業会計においては存在しない概念のため、業績開示が義務付けられている企業ではこの規定を適用したくても企業業績を歪めてしまうこの方法では採用することができません。

そこで考えられたのが特別償却準備金なのですが、この方法には2種類あって、貸し倒れ引当金のように引き当て計上する方法(「損金経理により繰り入れ」る方法)と
利益処分による方法(「積み立て」る方法)があります。

引当金のように費用計上する方法では、結果的に当期純利益を少なくさせてしまうことから、これが使われることはほとんどなく、利益処分経理によるものが主流です。
利益処分で積立てる分には利益に影響を及ぼさないので業績開示も歪めないというわけです。

この方法は利益処分なので費用処理したわけではないのに、法人税の申告書上で利益処分で積立てた特別償却準備金を損金として処理できます。

具体的には別表4で積立額を減算留保して、翌事業年度から原則7年間(今回の例は4年間)で均等に取り崩して益金に算入していくというものです。なお、この場合の減価償却費は通常の876,000ですが、積立額100万を減算するので、所得金額は直接減額する方法と同じになるわけです。

「特別償却準備金として積み立てたときには会社が損金経理により繰り入れ(又は積み立て)た金額のうち特別償却限度額に達するまでの金額については、損金算入が認められます」
というのは、今回の特別償却限度額は100万円ですが、法人が120万積立てても100万だけ損金算入を認め、
もし80万しか積み立てなければ80万だけ損金算入を認めるという意味です。

特別償却といっても一時償却や割増償却があったり、資本金要件や青色申告してる法人のみ適用できるものがあったり、取得資産の金額に要件があったり実際は色々複雑ですが概要はこんな感じです。

前提として特別償却はご存知でしょうか?

特別償却でもっともメジャーなものに情報通信機器等の特別償却というものがありますが、これは通常の減価償却限度額のほかに取得価額の50%を初年度に償却できるという税務上の特典です。

例えば200万円のなんらかの情報通信機器を期首に購入したとすると、仮に耐用年数を4年とすれば、

2,000,000×0.438=876,000の減価償却費と、

2,000,000×50%=1,000,000を当期の減価償却費として計上できるというものです。つまり事業供用年度にいきなり1,876,000も...続きを読む

Qエクセルで数式の結果が反映されない(自動計算になっているのに)

すいません、教えてください。

エクセル(XP)で数式が自動計算されなくなって
しまいました。

  ※ツールのオプションはちゃんと自動計算に
   なっているのに全く反映されません。

今まで全く問題なく作業できていたので
原因が分からず困っています。

数式等のエラーだとは考えにくいです。
と言うのも数式のあるセルをダブルクリックして
選択し、そのままEnterキーを押すと計算結果が
反映されます。
ただ、今まで全て自動計算されていたのが
全く動かなくなってしまったんです。

同じようなトラブルを経験された方、又は
詳しい方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

原因は分からずじまいになってしまいましたが
同じことがありました。

「Officeの救急隊」を試してみましょう。
ボタン一発で全ての設定が元に戻ります。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se247118.html
(ツールバーなども初期状態に戻ります)

私の場合はコレで直ってしまいました^^

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se247118.html

Q「記」「以上」の使い方に付いて

仕事上の文章で社内外どちらの発信と限らず「下記の通り」等の表現を用いた場合、
「記」の後に詳細を記入し、「以上」で文面を〆めるものを頻繁に目にします

ところが、最近異動して来た上司が「以上」で〆る文章は社内のみで対外的には使用するべきではないと言っているのを耳にしました

その時は慌しさに追われて確認もしなかったのですが、
今、ふと思い出して、疑問に感じています

自分自身、全く知らずに「記」「以上」を乱用していたのですが、
この上司の言う事は常識でしょうか?
そうであれば、「記」のみで〆るのですか?
具体的な例を是非ご伝授下さい

Aベストアンサー

記書きスタイルのことですね。
社内でも社外でも、最後に「以上」で締めくくるのは、「お伝えしたいことは、これで全てです」と明確にすることが目的なので、どちらでも使います。

一番良くないのは、「以上」を書かずに文を終えること。
特に、使用した用紙の後半まで文章があるような場合、以上で締めくくっていないと、読み手は、「ひょっとして2ページ目があるのかな?」と不安な気持ちになるものです。
相手に余計な不安を与えたり、手間をかけたりすることが、ビジネスに置いては、×なのです。

主に、業務遂行に直接関わるようなものの文書に記書きは使われます。
なので、決まったスタイルに則って、簡潔に書くことが大事です。(社外宛なら、本文の前に「拝啓」、最後に「敬具」と書き、十分、礼は尽くした形になっているのですし。)
一方、お礼やお詫びなどの文書の場合は、記書きを使うことはありません。拝啓で始まり、敬具で終わる一般の手紙と同じスタイルになります。

その辺の使い分けが、上司の方は、ごっちゃになっているような気がします。

Qネット有利子負債とはどのようなものですか?

 ネット有利子負債とはどのようなものですか?

 わかりやすく教えて下さい。

 よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

> それの意味って何かあるのでしょうか?

有利子負債は、返済せずにおくと(単利にしても複利にしても)利子分だけ負債が膨らむ性質のものですから、企業評価の際には軽視できません。

そして、有利子負債の返済は現預金でなされるものですから、(グロスの)有利子負債から現預金を差し引いた額は、その会社が直ちには返済できないものとなります。

> その会社の財務体質を知るためでしょうか?

そうだと思います。

Q長期(5年間)の為替予約を取引銀行と行っており、毎月決まったレートで決

長期(5年間)の為替予約を取引銀行と行っており、毎月決まったレートで決まった額の米ドルを買って、輸入分のドル建て決済を行っています。最近の急激な円高で為替差損がでているのですが、リスクヘッジとはいえ、何故5年間もの長期契約をしているのか疑問に思っています。
取引銀行とは短期借入を毎年継続していますが、銀行から長期の為替予約を短期貸付の融資条件にすることは良くあることなのでしょうか?
為替予約と短期借入がパッケージになっているとすれば、流動負債が固定化しているのと同じことだと思うのですが、逆に銀行側から見れば、顧客の囲い込みにイイ方法といえます。
為替予約と貸付をパッケージとして融資を提案することは良くあることなのでしょうか?

Aベストアンサー

数年前に三井住友銀行が借入と長期予約をパッケージにしていたと言うことで問題になったことがあったと思います。
現在は建前上は、融資と為替予約とをパッケージにすることはないと思いますが。

長期為替予約契約がヘッジとして有効である条件は、実際の為替レートが予約レートから上下各20%以内にあることです。20%を超えて乖離したならば、ヘッジとしての有効性が否認されますので、その長期予約契約の時価評価額を損益として認識しなければなりません。
この評価損益は税務上も計上を要求されています。(法人税法61条の5,61条の6)


人気Q&Aランキング