お世話になります。

一般的な質問なのですが、為替リスクのヘッジの仕方として為替予約と通貨オプションとがあると思います。

現在よりも円高になると資産が目減りして困るとした場合に、あるレートで予約をすればどれだけ円高になっても損失は発生しません。ところが円安になった場合には円安メリットが享受できません。

一方オプションの場合は権利だけを購入するので、上記のような場合は権利を行使せずに円安メリットが享受できます。円高の場合は権利を行使すれば損失はありません。

ということで、通貨オプションの方が為替予約に対して優位性があると思うのですが、通貨予約の存在意義というのはあるのでしょうか??

通貨オプションより為替予約を選ぶ方が良い場合というのがあればご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>現在よりも円高になると資産が目減りして困るとした場合


1)外貨売りの為替予約をする。円高になっても目減りは防げるが円安になったときにそれを享受できない。
2)オプション料を払ってプットオプションを買う。
  円高による資産の目減りは防げるが、為替予約に比べてオプション料の支払い分だけ資産は目減りする。
  円安になるとき、オプション料を上回る円安にならないと、円安を享受できない。

オプションは都合がよさそうだけど、オプション料の支払いがあるこに注意する必要があるということです。
もし為替レートが変わらなかったら、オプション料だけ損します。

しかし、オプションは買うだけでなく、売るという手もあります。上記の例で、コールオプションを売れば、為替相場が変わらなければ、オプション料は丸儲け。円高に行ったときは、資産は目減りしますが、もらったオプション料だけ目減りが防げます。円安になったときは、相手に権利行使されますが、手持ちのドルを渡せばよいので損はありません。これを、カバードコールといいます。

オプションについては、とても書ききれません。コールオプション・プットオプションの買いと売り、ストライクプライス、期間、それに先物などをうまく組み合わせることによって、様々な戦略を立てることができます。


>通貨オプションより為替予約を選ぶ方が良い場合
外貨資産を、この水準の為替レートで固定できるなら満足と思えるときは、下手にオプション料を支払うよりも、その水準で為替予約をしたほうが、オプション料を支払う必要のないだけ得です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親切かつ丁寧なご回答ありがとうございます!!お書き下さったことを自分なりに咀嚼いたしますと、為替相場が大幅に変動するような場合には、オプションの取引が良いのだろうし、そんなに変わらなかった場合にはオプション料を払う分だけ損してしまうということでしょうか。詳しく勉強すれば、その分岐点がきっとあるのでしょうね。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/30 20:45

#2です。

コピペで最後の行が意味が逆になってました。

正しくは:


しかし、最初に書いたところにもどりますが、一般企業は投資・投機しているわけではないので、前者の「オプション放棄により差益を獲得」することを取るよりも、後者の「差益を失う」ことを取る。
すなわち『差益はでてはいないが、輸出入において最初の目的を達せられた』と考えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2005/10/30 21:06

一般企業は必ずしも投資や差益目的で金融商品を売買しているわけではないので、それぞれの特徴をうまく使っているだけではないでしょうか。



先物予約は
・予約料は不要(先物相場に折り込まれているそうです)
・最低扱い額は特にない

オプションは
・買いポジションではプレミアム(オプション料)の支払い発生
・タイプによっては満期前の権利行使ができない(ヨーロピアン)
・最低取り扱い高が決められている


オプションでは、プレミアム支払いと権利行使のタイムラグのリスクがあります(転売は可)

また取引で、予約とオプションのどちらも望まない方向に価格が進んだ場合、差損を回避する部分は同じです。
逆の予想外に企業の貿易等にとっておいしい方向に価格が進んだ場合、おっしゃるように

>ところが円安になった場合には円安メリットが享受できません。

です。
言い換えると「オプション放棄により差益を獲得」するか「予約実行により100万円の差益を失う」ということになります。

しかし、最初に書いたところにもどりますが、一般企業は投資・投機しているわけではないので、後者の「差益を失う」ことよりも、前者の「オプション放棄により差益を獲得」すなわち『差益はでないが、輸出入において最初の目的を達せられた』と考えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご説明ありがとうございました。おっしゃるように、メーカーであれば本業のもうけで勝負するのであって、為替レートの取引で儲けを考えたりするのはあまり望ましい姿ではないような気がしてきました。個人の資産であれば、損得があっても結局は自己責任で片付きますが、大企業とかでは失敗しましたではすまされませんものね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/30 21:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直物と先物為替レート?

二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか教えてください。
直物為替レート?先物為替レート?というのもいまいちピンときませんのでどういうことなのかよろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利差がある」というのが味噌ですが、
この金利が、先物取引の時点まで同じようにずっと続くということが前提です。
2.為替レートが、投資家の資金運用のみで決まり、金利にすべてその思惑などが織り込み済み。

こうしたことを仮定すれば、
もし、先物と直物で差がなければ、
金利が高いほうでは、どんどんその国の通貨で金融資産を持っていれば、放っておけば増えるので、
みんな金利が高いほうの通貨を持つほうが有利でしょ?
だから、将来よりも現在その通貨を買って運用したいと思うので、金利差の分だけ、金利が高い国の直物為替レートのほうが、先物為替レートより高くなるのです。

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利...続きを読む

QFX 為替取引 ドル 円高 円安 ドル高 ドル安

最近FXの勉強しながらバーチャル取引をしてます。
ある時ふと思ったのですがこのFX取引って確かに相場を当てるのが難しいです、それがわかれば誰でも儲けられますよね。
ここからが本題なんですが
僕が思うにパチンコやスロットするより絶対FXをやったほうが勝算はあると思うんですけど。
FXもギャンブルって言う人もいますがパチンコとFXはどっちらが金になるかってるなるとFXですよね?
ぜひみなさんの意見をお聞かせください。
この場合楽しさは別として毎日やったらどちらがお小遣い程度稼げるかってなるとやっぱFXですよね?

Aベストアンサー

パチンコを打たなくなって久しい者です。
確率300分の1、1回の大当たりで確変込みで平均3000個の出玉を期待できる等価交換の台があったとすると、1000円で25回回るとトントンです。
では、FXでは300回トレードしてトントンなら、同じことでしょうか。上がるか下がるかだけなら確率2分の1ですが、FXでは、どこで利益確定し、どこで損切りするかという問題が出てきます。
パチンコの釘読みがFXではチャート読みになりますか。結論として、どちらにしても、楽に儲かるということはないと思います。

Q為替レートの決定について

為替レートの質問です。

U.Sドル対ユーロの為替レートが決まれば、
円対ユーロの為替レートも自動的に決定されるのでしょうか?

普通に考えれば、一つの通貨を基準に為替レートを決定すれば効率的だと思いますが、
円対ユーロの相場決定と、ドル対ユーロの相場決定は別々に行われていればそうはならないでしょうし。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃられているのは
対ドル
EUR/USD
USD/JPY
の為替レートが決まれば、
EUR/JPYも決まる
ということでしょうか?

そういう意味であれば
そのとおりです。
というかそうなってます。

現在、基軸通貨は明らかに米ドルで
円でユーロを買うにも
インターバンク上では
円→ドル→ユーロ
となります。

つまりクロス円と呼ばれている
EUR/JPY
AUD/JPY
など
双方の対ドルでレートで決まるのです。

2015/7/9 10:40時点で
EUR/USD 1.1070
USD/JPY  120.78

このレートをかけあわせます。

1.1070×120.78
=133.703

EUR/JPYのレートになったでしょう。

『×』からクロス円と呼ばれているのです。

AUD/JPYでもやってみてください。

いかがでしょう?

Q為替 円安 円高 ドル安 ドル高

無知な質問だと思いますがよろしくお願いします。
現在ニュースで為替のことが騒がれてますがこれは日本にとって良くないことなのでしょうか?
1ドル96円代って日本にとってはだめなんですか?
私の考えだとドルを96円で替えるなら得だなぁーと思うんですけど。
小学生でもわかるように説明お願いします。
無知な質問ですいません。

Aベストアンサー

小学生でもわかるように説明…との事ですので、中学生の息子への説明に挙げた例をひとつ書いてみます^^

日本を代表する大企業の某自動車メーカーは、日本から米国に多くの車を輸出し、決済にドルを使っています。

1台1万ドルの車は、1ドル100円で計算すると100万円になりますが
ドルが1円安くなり、1ドル99円で計算すると99万円になってしまいます。

この自動車メーカーは、ドルが1円安くなると、約350億円の損失となってしまうそうです。

また、車の部品を作る鉄などの鉱物や輸出運搬のためにかかる輸送費(原油や人件費)などは
年々価格が高くなってしまっているため、実際の損失はもっと多くなる事が予測されます。

最近、ドルがとても安くなり、外国からの輸入品を今までよりも安く買えるようになった気持ちになりますが
ドルが安くなると、このように日本を代表する多くの輸出関連企業が大きな損益を被る事になってしまうのです。

日本の株価を支えているような各大企業の損失が見込まれると
それら企業は人兼費削減のために新規雇用数や社員数を減らしたり、
生産に関連する下請け企業までもが、賃金や部品などの値下げを迫られてしまったりします。

また、これら大企業の利益や、それらに勤める人々の所得から、各種税金をとって支えにしている日本政府は
その税金の収入が予定以下のものになれば、消費税や個人の所得税などを上げてでも
国の予算をまかなわねばならなくなってしまうのです。

ドルなどの外国為替を買う側の人や、大手企業などに直接関連しない個人にとっては
輸入商品が安く買えたり、海外旅行に安く行けたりするので、とてもお得な印象を受けますね。

今は関連している人々にとって極端なドル安は悪問題ですが
関連していない人々にとっても、後々になって、自分でもこうむってしまうような悪問題なのです。

小学生でもわかるように説明…との事ですので、中学生の息子への説明に挙げた例をひとつ書いてみます^^

日本を代表する大企業の某自動車メーカーは、日本から米国に多くの車を輸出し、決済にドルを使っています。

1台1万ドルの車は、1ドル100円で計算すると100万円になりますが
ドルが1円安くなり、1ドル99円で計算すると99万円になってしまいます。

この自動車メーカーは、ドルが1円安くなると、約350億円の損失となってしまうそうです。

また、車の部品を作る鉄などの鉱物や輸...続きを読む

Q為替レートがかわらないなら-----

FXでは朝何時かの為替レートがその日の為替レートに決まるんですよね?
そしたらその日のうちに売買をしても為替レートがかわらないのだから手数料などを取られるだけで儲けはないということでしょうか。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>朝何時かの為替レートがその日の為替レートに決まるんですよね?
それは銀行の仲値です。外貨預金や外貨両替のもとになるレートです。

Q1年後の為替について 円高?円安??

ドルとユーロについてなんですが、
1年後どうなる?で一番メジャーな意見ってどんな意見なんでしょうか。
(そんなのわかりっこないってのはなしで)

Aベストアンサー

ドルの長期の基本トレンド
ドルはオリンピクの年は円高(ドル安)です。
アメリカ大統領選挙あるから。
アメリカ大統領選挙の前の年はアメリカの株が上がりやすい。
選挙に有利でしょ。

来年はドル金利は天井に近い(ドル安要因)
日本からの投資は増えそう (円安要因)
日本の金利が上がるかな  (円高要因)

長期チャートみて空想して下さい



ユーロは円との対比でなく
ユーロ/ドルを基本に動く
1.3を超えるとユーロの中央銀行に人は
ユーロは高すぎるていいます。
でも、ユーロの人はユーロ高が好きです
(正常な感覚してます ユーロの価値が高いのが好きだから)
(日本人は円の価値が安いのが好き 輸出国だから)
*私は円の価値が高いの大好きです 輸出してないから 

Q購買力平価、理論値、実質為替レートの問題

購買力平価、理論値、実質為替レートの問題


こんにちは。興味本位で勉強を始めた経済学ですが、センスが無いのか本を読んでもよく分からないため、この問題の答えを詳しい方に解説をして頂けると助かります。

初級レベルの問題で申し訳ありません。

問題:

1973年平均の円ドル為替レートは1ドル260円で適性レートと考えられた。その後2003年1月までに日・米の両国の消費物価指数がそれぞれ2.5倍、6.5倍に上昇した。
だが2003年1月平均の名目為替レートは1ドル118円である。
問題(1)2003年1月現在の購買力平価に基づく為替レート(理論値)はいくらか
  (2)2003年1月現在の実質為替レートはいくつか。これは円の過大評価か、過小評価か。
  (3)この状態は日本の財の貿易にいかなる影響を与えるか

以上の3問です。この問題の回答とその解説をして頂けたら大変助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私も初心者なんですが回答してみますね.(しかも購買力平価とか実質為替レートって十分上級な内容な気がしますが…)


◎購買力平価
物価があまり上がっていない国→通貨高状態で輸入に有利になったのが理由→通貨高と考えられる
物価が上がった国→通貨安状態で輸入に不利になったのが理由→通貨安と考えられる

スーパー単純にいえば,長期的にインフレ傾向が続く国は通貨安・デフレ傾向が続く国は通貨高と判断するのが購買力平価説かと.(間違ってたらすんません…)

問題(1)
基準時点の為替レート×日本の物価指数÷米国の物価指数=購買力平価
260×2.5÷6.5=100


◎実質為替レート
1ドル=110円のとき,アメリカで1ドルのコーラを買いたい時は110円が必要ですね.もしそこから1ドル=100円になれば1ドルのコーラを買うのに100円だけで済むわけです.(ようは為替レートが円高になれば購買力が上がるということ)

短期的にはこれでいいんですが,長期的に考えると物価水準も考えなくてはなりません.

上の事例でその1ドルのコーラが20%の物価上昇によって1.2ドルになってしまったらどうでしょう.100円ではそのコーラは買うことはできなくなり,それどころか以前の110円よりもっと払わなければならない事態(120円払わなければならない)になってしまうのです.
このように物価上昇は実質的にその国の通貨高と同じ働きをいたします.通常の為替レートに物価指数を加味した指標が「実質為替レート」になるわけです.


問題(2)現在の為替レート÷基準時点の為替レート×米国の物価指数÷日本の物価指数×100=実質為替レート
118÷260×6.5÷2.5×100=118


この事例では「本来の」実力と考える購買力平価のレートが1ドル100円,「現状の」実力と考えられる実質為替レートが1ドル118円なので,円は現状では過小評価されていると考えられます.(つまり円安状態)

過小評価(円安)されているならば,貿易に関しては輸入に不利で輸出に有利ということになりますかね.

以上の回答を作成するのに使ったページ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%BC%E8%B2%B7%E5%8A%9B%E5%B9%B3%E4%BE%A1%E8%AA%AC
http://www.nomura.co.jp/terms/japan/si/jissitu_kr.html






これだけだと回答としてつまらないので,購買力平価を用いて「実践的な経済」を少々.(回答とは少し脱線するので,関係ないと思ったらスルー推奨)

購買力平価といえば「ビッグマック指数」が有名ですね.上の事例では2国間の比較のみでしたが,ビッグマック指数は世界全体の購買力を量ることができます.

ビッグマック指数
http://www.oanda.com/currency/big-mac-index

Implied PPP rate + が購買力平価での為替レート.Valuation against the USDが現状過大評価(+)か過小評価(-)かという判断基準になります.

これを見ると軒並み「北欧諸国」(デンマークとかスウェーデン)が過大評価されているのがわかりますね.過大評価されている国は将来的に是正されることで,為替の暴落の危険がある訳です.(現に過大評価されていたユーロがリーマンショック以降かなり評価を下げました)
北欧諸国全体が過大評価されているってことは,北欧諸国がクレジットイベント(大企業の破綻・ソブリンデフォルトなど)に巻き込まれたら一気に為替レートが暴落する危険があると考えられます.

そしてもっとヤバイのはスイス….現状スイスは為替介入をしており,通貨安にしようとがんばっているのですが,ビッグマック指数ではものすごく過大評価….これはスイスフランバブルと考えられます.しかしもしUBS(スイスの大銀行,現状危ないとも言われていますね)のようなリスクを抱える大企業に暗雲が立ちこめるとどうなることやら.将来的なスイスフランの暴落の可能性は非常に高いと思われますね.

私も初心者なんですが回答してみますね.(しかも購買力平価とか実質為替レートって十分上級な内容な気がしますが…)


◎購買力平価
物価があまり上がっていない国→通貨高状態で輸入に有利になったのが理由→通貨高と考えられる
物価が上がった国→通貨安状態で輸入に不利になったのが理由→通貨安と考えられる

スーパー単純にいえば,長期的にインフレ傾向が続く国は通貨安・デフレ傾向が続く国は通貨高と判断するのが購買力平価説かと.(間違ってたらすんません…)

問題(1)
基準時点の為替レート×日本の物価指数...続きを読む

Q公示相場にない通貨での為替予約

海外支店との取引の際、売主側の通貨で売買を行っています。
円高で支店からの売掛回収が難しくなり、為替予約を検討中ですが、よくわかりません。

まず、当該支店は、銀行の外国為替公示相場にない通貨なのですが、その場合は日本でも為替予約可能なのでしょうか?

そして、海外支店から日本へ円建てで送金する場合、為替予約の手続きをするのは海外支店になりますか?
それとも、日本側になりますか?

Aベストアンサー

海外支店で円転して送金するならば、その予約は海外支店が行います。
日本で為替予約するならば、海外からは現地通貨で送金を受け、日本到着時点で予約の現渡しを行い決済します。

Q為替の実勢レート

 日本だと、土日に為替の実勢レートが止まってしまい、月曜まで為替実勢レートがが動きません。
 土日の為替の動きを見たいのですが、可能なのでしょうか。可能な場合、アメリカ等、海外のサイトで結構ですので、土日の実勢レートを見れるアドレスを教えてください。

Aベストアンサー

きわめて例外的ですが
土日も取引されている市場があります。

イスラム教国で金曜日が休みであるバーレーンの市場です。
もっとも、その取扱量は全体の0.2%ともいわれ、
そのプライスを反映するFX業者は見かけません。

プラザ合意の際などはずいぶん注目されたようですが
現在では国内の実需筋がメインのようです。

Q【為替取引】3通貨ペアってどういう意味ですか?3通貨ペアでの取引が基本となりますってどういうこと

【為替取引】3通貨ペアってどういう意味ですか?

3通貨ペアでの取引が基本となりますってどういうこと???

Aベストアンサー

こんなサイトがありますよ。

http://fxdaytrade.lbcso.com/trade1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報