システムメンテナンスのお知らせ

PK合戦で勝敗を決める、という方式はいつから採用されたものなのですか。サッカーの歴史が始まったときから採用されているものなのでしょうか?もし、そうでないとしたら、PK合戦が考案される以前はどうしていたのですか。

gooドクター

A 回答 (4件)

私の記憶が正しければ、FIFAがPK戦というルールを採用したのは1960年代後半辺りか1970年頃だと思います。

有名なジョージ・ベストが一番手で登場し『PK戦におけるキック成功者第一号』になったと何かで読んだような。
サッカーの歴史全体から見れば、そんなに古い制度ではないとも言えます。

PK戦が採用される以前、それに代わるものは#1さんが言われるようにコイントス・抽選だったそうです。PK戦も多分に運の要素が強いとは言いますが、それ以前は本当に完全な運任せだったんですね。

ワールドカップについて言えば、採用されたのは1982年からではなかったでしょうか?
74年と78年は2次リーグ1位同士が決勝進出というシステムで準決勝(トーナメント)が無く、決勝は延長戦で引き分けなら再試合だったはずなのでPK戦は必要なかったかも。
82年の大会で『今大会から導入されたPK戦が、準決勝のフランス対西ドイツで早速実現・・・』といったフレーズを耳にしたような気がします。確信はないですが。

ちなみにPK戦にもつれこんだ試合は、記録の上では『引き分け』になります。試合の勝敗を決めるのではなく、あくまで上位進出チームを決定するための手法です。
そういう意味では決勝戦でPK戦というのはおかしいはずなんですけどね。

しかし遠藤が失敗するとはなあ・・・・・。
ちょっと嫌な予感はしてたんだけど・・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ジョージベストですか。名前だけは聞いたことがあります。PKはずしたシーンを見ると、俺でも決めれるぜ、などと思ってしまいますが、疲労とプレッシャーが失敗を誘うということでしょうか。(しかし、初タイトルまでずいぶん時間がかかりました。JEFの夜明け?)

お礼日時:2005/11/05 23:42

#1です。



そうでした。
74年と78年は、2次リーグでしたね。>ken_09xさま
ご指摘ありがとうございました。

82年は確かスペイン大会。
と思って、古ーいサッカーマガジンの別冊を出してきました。(笑)

82年は、2次リーグでBest4を出して、準決勝、決勝というスタイルでした。
その準決勝、西ドイツ対フランスで、延長戦終了でも同点だったので、初めてのPK戦となったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

82年というと、そんなに昔でもないのですね。それにしても、ずいぶんふるい本をお持ちのようで、うらやましいです。このまま子々孫々、家宝として継承し、500年後くらいに「何でも鑑定団」に出品することをおすすめします。

お礼日時:2005/11/05 23:50

ワールドカップ第2回、第3回大会では延長戦で決着が付かなかった場合、再試合を行なっていたようです。



参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/wcp/WorldCupframe …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLありがとうございます。再試合とは、大変だったんですね。疲労こんぱいしてしまいます。

お礼日時:2005/11/05 23:45

ワールドカップでは、1974年大会から採用されていたような記憶があります。



PK戦がない時代は、とにかく延長戦を続けるか、抽選(コイントスなど)で決めるかしていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コイントスというのもいいですね。何かPKにかわる良い方法があればいいのですが、浮かんできません。

お礼日時:2005/11/05 23:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング