普段、車に乗る時はエンジンを暖機してから乗っています。
そこでふと疑問に思ったのですが、エンジンオイルの温まりやすさというのは、そのオイルの粘度(硬度?)に関係してくるのでしょうか?
(温度に対する粘度ではなく、一定時間経過後のオイルの温度上昇率のことです)
私の想像では、低粘度のオイルの方が早く温まりやすい感じがするのですが・・・
忙しい朝などはさっさと車を発進させたいものですから、素早く温まってくれるオイルを使いたいんです。
(エンジンスターターを使えばいいと言われればそれまでですが・・・・)
どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

>エンジンオイルの温まりやすさというのは、そのオイルの粘度(硬度?)に関係してくるのでしょうか?



言葉をそのまま捕まえて解釈すると
物質の「比熱」がそれに相当します。
比熱が大きいほど物質はあたたまりにくくなります。

さてこれのことをおっしゃって
いるのではなさそうですね
オイルの粘度と水温の上昇は
現実問題として さほど関係はないでしょう。

オイルに関しては
この場合温度というより
結果として 適正な粘度が大事なんですね
レースをやるわけでもないでしょうから
一般のものを使っている限り
気にする必要は無いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>オイルの粘度と水温の上昇は
>現実問題として さほど関係はないでしょう。

そーなんですか。勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/30 18:15

停車状態で暖気しているようですが、これではキチンと暖機していることにはならないと思います。


他にオイルを使用しているミッション、デフは温度変化が無いからです。
エンジンの暖機が終了したからと、いきなり負荷を掛けていったのでは、すぐに問題は出ないもののミッション等に負荷が蓄積されていってしまうと思います。

自分は、エンジンを掛けてオイルが循環するに必要であろう1分前後を経過後、走らせてしまいます。
ただ、いきなりアクセルを踏み込むような急激な負荷を掛けるのは避け、適度な負荷(2000rpmぐらい)で走り、水温計が適正位置に来たら、普通に走るような感じです。
その方が、停車時よりも水温計が上がるのも早いし、ミッション等も適正温度になるので、良いと思います。

エンジンオイルの粘度についてですが、低温側粘度(例:10W-40の10Wの方。40は高温側粘度)が低い方が、エンジンに掛かる負荷も少なく、水温が上がるのも早いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり柔らかいオイル(0Wや5W)のほうが温まりやすいのですね。
現在は10W-50を使っていますので、もう少し柔らかいオイルを使います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/30 18:12

 こんにちは。



 「エンジンを暖める」という意味では、
硬いオイルの方が負荷が大きくなって熱が多く発生するような気もしますし、
柔らかいオイルの方が熱が伝わり易いような気もしますし、
すいません、よく解かりません。
ただ、冬季はエンジンの始動性を高める為に、
柔らかいオイルを使うべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/30 18:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセラミックスについて勉強しています

セラミックス-金属の接合は現在も課題になっているとききますが
セラミックス同士は比較的馴染みが良いのでしょうか?
そのセラミックスがどちらも酸化物の場合はどうなのでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ございません。
また、セラミックスを学ぶにつき、良い本などございましたら
ご紹介お願いいたします。

Aベストアンサー

セラミックス一般では、接合と接着は、junctionとcontantという意味で使われているわけではありません。セラミックスで言う接合は、joiningで、「2つ以上のものを直接くっつける」という意味です。回答2にあるような半導体や電子材料の人が使う接合junction(pn接合など)と、セラミックスの接合joiningでは意味が全く違いますので、混乱しないで下さい。

接着bondingは、接着剤(高分子系からセメントまでいろいろありますね)を使って2つのものをくっつける、接合joiningは、接着剤なしでくっつけるというイメージでいいのではないでしょうか。

無機材料の接合で一番問題になるのは、熱膨張の違いです。セラミックス同士でも、組み合わせによっては2~5倍の線膨張係数の差がありますし、セラミックスと金属なら線膨張係数は金属が一桁大きいです。セラミックスを金属と組み合わせて使うのは、やっぱり高温環境ですよね。室温ではうまくくっついていても、高温になるとセラミックスが割れる、逆に、高温でくっつけても、室温に戻すとセラミックスがはがれてしまう、というのは主に熱膨張差が原因です。
 これを解消するために、熱膨張の異なる材料の間に、中間程度の熱膨張の層(緩衝層)を作って、熱膨張差を緩和したりすることはよくやられています。
 それから、金属にセラミックスをつける場合には、金属を高温で酸化して、表面に酸化膜を作って、酸化膜を緩衝層として使う(例:Tiを酸化して、表面をチタニア(TiO2)にして、その上にアルミナ(Al2O3)をつける)という方法も一般的です。酸化によってできるTi/TiO2界面は、かなりの強度があります。

セラミックスの教科書ですが、A. R. WestのBasic Solid State Chemistryなんかがお勧めです。

セラミックス一般では、接合と接着は、junctionとcontantという意味で使われているわけではありません。セラミックスで言う接合は、joiningで、「2つ以上のものを直接くっつける」という意味です。回答2にあるような半導体や電子材料の人が使う接合junction(pn接合など)と、セラミックスの接合joiningでは意味が全く違いますので、混乱しないで下さい。

接着bondingは、接着剤(高分子系からセメントまでいろいろありますね)を使って2つのものをくっつける、接合joiningは、接着剤なしでくっつけるという...続きを読む

Qエンジンオイル粘度指数

御世話になります。

 簡潔に

0W-30 のオイルは、 -30℃~40℃

5W-30 は、-20℃~40℃

 の外気温でのエンジン保護油膜性能 と判断してよろしいのでしょうか?

 それとも オイルの種類(鉱物油や100%シンセ)によって
 違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>>それとも オイルの種類(鉱物油や100%シンセ)によって違うのでしょうか?

その考え方の方が適切かと思います。5W-30であっても0Wに近い低温粘度を有する物もあれば
40に近い高温粘度を有する物もあります。
加えて、粘性の持続能力は粘度指数やAPI表示では判断・評価出来ないので難しいところです。

Qセラミックスについて

セラミックスについてよく分からないのですが私たちの身の回りには
沢山のセラミックス製品があって、不要になった物はどう処理するんですか?
後、環境に優しいセラミックスの利用法を教えてください。

Aベストアンサー

まず「セラミックスとは何ぞや?」ですが、参考URLでの議論での私の回答をご覧ください。とりあえず最低限の説明は書いたつもりです。

不要になったセラミックスですが、基本的に不燃物ですので「燃えないゴミ」として処理されます。
砕いて新しい材料に再生して使うような材料もあります。
いわゆるトラディショナルセラミックス(やきもの)は、最後は土に帰ります。

日常使うセラミックスは人体や環境に害のあるものは少ないですが、一部鉛を含むもの(圧電材料など)などがあり、これらは鉛が環境に放出されないようそれなりの処分がされます。

「環境に優しい」セラミックス利用法ですが、
・素焼きの筒を河川などに沈めておくと微生物が住み着いて水質が浄化される(例えばhttp://www2.saganet.ne.jp/haniwa/kank_top.html)
・ディーゼルエンジン排気中の粉塵を捕捉する(例えばhttp://www.sei.co.jp/whatsnew/prs038_s.html)
等があります。(他にもたくさんあります。http://www.aist.go.jp/NIRIN/Dept/cera-ou/kankyou-cera/などもご参考に)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=74405

まず「セラミックスとは何ぞや?」ですが、参考URLでの議論での私の回答をご覧ください。とりあえず最低限の説明は書いたつもりです。

不要になったセラミックスですが、基本的に不燃物ですので「燃えないゴミ」として処理されます。
砕いて新しい材料に再生して使うような材料もあります。
いわゆるトラディショナルセラミックス(やきもの)は、最後は土に帰ります。

日常使うセラミックスは人体や環境に害のあるものは少ないですが、一部鉛を含むもの(圧電材料など)などがあり、これらは鉛が環境に放出さ...続きを読む

Qエンジンオイルの粘度について

ファンカーゴに乗っています。
5W-20のオイルが推奨のようですが、燃費向上や冬場のエンジンのかかりの良さなどで、0W-30などの0W粘度のオイルを入れても大丈夫でしょうか。また、本当に燃費向上などになるでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは!
自分は、10W-30が標準になっているクルマに、5W-30を入れています。
10W-30(鉱物油)で平均6.2km/Lだった燃費が、5W-30(鉱物油)に変えてから平均7.0km/Lへ
一気に向上しました。エンジン音も静かになったし、高回転でのレスポンスも向上しました。
また、エンジンブレーキもよく効くようになり、エンブレを多用して走っています。
エンブレを使うことで燃料カットされ、燃費も向上するんですよ!!

ファンカーゴの5W-20は、ちょっと夏場は厳しいような気がします。
夏場(6~9月)は、5W-30もしくは0W-30を入れていた方が、エンジン保護になると思います。
それ以外の時期は、0W-20や5W-20で良いと思います。
実際、冬場に10W-30から5W-30に変えましたが、朝一発目の始動性が全然違いました!

粘度は、5W-30よりも10W-30の方が固いです。なので、0W-30と5W-20は同じくらいかな?
全然、分からないので、参考URLで確認してみて下さい(^^;
僕は、Vervis Pureを使っています。
2500cc以上の燃費対策&フィーリングアップにオススメしています。
決してBPの回し者じゃないですよ(汗)

最低気温によって0Wだとか5Wとありますが、それはあくまでも限界値です。
余力を多く持たせた方が、何かとメリットがありますね!
そろそろ暑くなってきたので、次は5W-40を試してみようかと思っているyoshiでした!

参考URL:http://www.bp-oil.co.jp/

こんばんは!
自分は、10W-30が標準になっているクルマに、5W-30を入れています。
10W-30(鉱物油)で平均6.2km/Lだった燃費が、5W-30(鉱物油)に変えてから平均7.0km/Lへ
一気に向上しました。エンジン音も静かになったし、高回転でのレスポンスも向上しました。
また、エンジンブレーキもよく効くようになり、エンブレを多用して走っています。
エンブレを使うことで燃料カットされ、燃費も向上するんですよ!!

ファンカーゴの5W-20は、ちょっと夏場は厳しいような気がします。
夏場(6~9月)は、5W-30も...続きを読む

Q比熱比

定圧比熱と定積比熱の比である比熱比の値は自由度でかわってくるそうですが、比熱比の物理的意味とはなんなのですか?
比熱比が大きい場合と小さいばあいではどのような異なった特徴があるのでしょうか?
質問の意味がわかりずらくすいません。

Aベストアンサー

 物理的な意味ではないですが、気体の物性的パラメーターの一つであるポアソン比νに等しいという関係もあります。
 比熱比の理論が知られる以前には気体の性質を把握するパラメーターとしては圧縮率kが使用されていた。定義は
断熱変化における圧力と体積の比例係数k1
k1dp=-dV/V
等温変化における圧力と体積の比例係数k2
k2dp=-dV/V
種々の気体において実験をした結果、k1とk2の比がいくつかの一定値に集まる事が知られてポアソン比と呼ばれた。

 同じ事を状態方程式pV=RTと比熱比によって検証すれば
断熱変化pV^γ=一定よりdV/dp=-V/(γp)、式を比較して
k1=1/(γp)
等温変化pV=RT=一定よりdV/dp=-V/p、式を比較して
k2=1/p
従って、k2/k1=γすなわちポアソン比とは比熱比のことであった。

Qマニュアル車のエンジンのかけ方から発進までを教えてほしいです。車に乗ってから何をするかの順番がごち

マニュアル車のエンジンのかけ方から発進までを教えてほしいです。
車に乗ってから何をするかの順番がごちゃごちゃになってしまい焦っています。
サイドブレーキ、クラッチ、エンジン、
まずどうするのでしたっけ…
ド初心者ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

久しく運転してないんですけどこんな感じでやってたかなあ。

1.運転席に座る
2.クラッチを踏み込む
3.キーを回してエンジンを始動する
4.ギアをローに入れる
5.サイドブレーキを解除
6.アクセルを少し入れる
7.クラッチを少しづつ離しながらアクセルを入れてつなぐ

Q定積モル比熱とか定圧とか何が違いますか?

定積モル比熱、等圧モル比熱の違いってなんですか?
等温モル比熱なんてものもあるのでしょうか、変換はどうしたらいいのかと、単位とただの比熱と何が違うのか教えて下さい。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E7%86%B1%E6%AF%94

算出の為の条件が違うだけで、表す内容の本質は同じなので、当然単位は同じ。
比熱を求める過程から、等温…はありえないですね。


固体・液体と違って、気体は温度変化により大きく体積が変化します。そこで、体積が変わらないように、無理やり固定して求めるのが定積モル比熱(イメージ的には、強固な容器に閉じ込める:体積が変わらない代わりに圧力が変化します)、自由に体積を変化させる[、ただ、それだけでは支離滅裂になるので]但し圧力一定と言う条件をつけて求めるものが等圧モル比熱(イメージ的には、容器に入れない(あるいは伸縮自在な容器に入れる):その圧力条件下で与えられる体積に変化します)。

等温 即ち 温度一定の条件下で比熱を求められるかな??? 考えてみて

QGエンジン専用オイルとDエンジン専用オイルの混合

GエンジンにはDエンジン専用オイルを使用しても、当面の間は問題なく使えるとの記載があちこちのHPに記載があります。

DエンジンにGエンジン専用オイルは、酸中和性能の関係で使用はできないとの記載もあります。

もちろん、専用指定されているエンジンオイルを指定以外のエンジンに使うというのはよくないことはわかるのですが、後者の場合(Dエンジン)に、Gエンジン専用オイルを実際に使用した場合、または、補充時のオイルがガソリンエンジン専用のものだった場合に、実際にはどうなるのでしょうか?
実際に使用されて問題が発生した方、いらっしゃいませんか?

エンジンオイルに対する性能要求が厳しくなってしまった結果、兼用オイルが減ってきているように思えるので、今回の質問となりました。
兼用できなくなってきているというのは、SJ以降の二輪車に対する適用もJASOのMA・MB指定が無い物は使わないようになっていたりと、エンジンオイルの専用化が進んでいるので、ますます選択が困難になってきていると感じますよね。

Aベストアンサー

将来的に考えれば・・・起こるでしょうね。

50対50での混合
間違えて入れたのなら抜いて、新たにちゃんとしたオイルを入れればいい話ですし、仮に半分しかオイルが無かったなら、違うオイル(ディーゼルエンジンにガソリンエンジンオイル)を補充せず、規定量の半分でもオイルとしての機能は果たしますので、同一銘柄・同一粘度を後に補充しましょう。

もしかして、ガソリンエンジンオイルとディーゼルエンジンオイルをブレンドして兼用オイルとして使いたいのでしょうか?
銘柄が同じで粘度のみが違う場合なら、兼用オイルになりますが。Dオイル・Gオイルの混合←この場合は、得体の知れないオイルになり両者の機能は失われている と思ってください。
(醤油とソースを混ぜるとどんな味?)

もし、兼用オイルとして使いたいのならディーゼル用の低粘度のものを使えば、問題は軽微なハズです。
(超低燃費車・超低排気ガス車・コモンレール式ディーゼル車を除く)

ただし、バイクに4輪用のオイルの兼用はダメです。(湿式クラッチが張り付きます)

Qセラミックス加工について

 他の質問の回答を拝見して、セラミックスとはどういう物があるのかは分かりました。陶磁器やガイシ、ガラス等色々あるんですよね。
しかし、いまいちセラミックス自体がピンと来ません。と言うより理系は不得意分野なので・・・・。(^^ゞ

セラミックス化とはどういう事なのか、またセラミックス加工とはどういう加工を行うのか教えてください。出来るだけ易しくお願いします。(;^_^A

一概には言えないと思いますが、セラミックス加工って、単純に木炭みたいに炭化させると言った訳ではないですよね?(^^ゞ

全くの無知で申し訳ございませんが、ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

>セラミックス加工により建材として
2つ可能性があります。
一つは.貝殻を粉砕(加工・成形)して.貝殻をカルシウム材料として使用する場合
もう一つは.貝殻の形状を保ったまま.表面に適当なガラスを塗り付けて焼く場合
です。建材ならば前者でしょう(セメント原料として北海道産ホタテ貝貝殻が使用されている)。
ただ.単に焼き(熱分解して).酸化カルシウムを主体とする石(アルミやけいせきも多少含まれているのでカルシウム系焼結体になります)にすると.貝の粒子は粗い粒子を有機物で押えているだけですから.表面がでこぼこになり.イオン交換機能が上昇してカルシウムが溶けやすくなり.凝集しやすくなることが見当つきます。

>下水汚泥焼却残渣、
これは.主に泥です。有機物を熱分解して残る泥(関東地方では関東ローム)に粘土鉱物を混ぜれば.見た目を気にしない建築材料として使用可能です。
>清掃工場焼却灰
これは.主要成分がカルシウムとアルミ(アルミ缶焼却物)です。粘土鉱物を適当に混ぜれば.見た目を気にしない(鉄(鉛など顔料)が含まれているので色が黒くなる)建築材料として使用可能です。

>セラミックス加工により建材として
2つ可能性があります。
一つは.貝殻を粉砕(加工・成形)して.貝殻をカルシウム材料として使用する場合
もう一つは.貝殻の形状を保ったまま.表面に適当なガラスを塗り付けて焼く場合
です。建材ならば前者でしょう(セメント原料として北海道産ホタテ貝貝殻が使用されている)。
ただ.単に焼き(熱分解して).酸化カルシウムを主体とする石(アルミやけいせきも多少含まれているのでカルシウム系焼結体になります)にすると.貝の粒子は粗い粒子を有機物で押えてい...続きを読む

Qギアオイルの粘度について

メーカー指定のものより柔らかいものに替えシフトを入りやすくすることは可能でしょうか。またこのようことは車にはよくないでしょうか。柔らかいものに変えることのデメリットなどありますか。

Aベストアンサー

一応、可能です(現に私も冬季間だけ軟らかい物入れてました)が、異常をきたす恐れがあるのでやる場合は“自己責任”でお願いします。

デメリットですが、軟らかくなる為、油膜の保持性が指定品より劣ってきますのでシンクロやベアリングのヘタリが早くなる可能性が出てきます。


人気Q&Aランキング