サーバを構築するときに、/usrや/optや/varなどを別々のスライス(パーテーション)にしますが、これは何か意味があるのでしょうか?
私的には、/(ルート)1つに全てをインストールした方が何かと楽と思ってるのですが・・・どうなのでしょう?
どなたかご存知でしたら、教えてください。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Web 系のアプリケーションが /usr に集まっているのであれば、割り切ってアップデートの


度に /usr (いや / か)をバックアップする、のでも良いかも。

でもアプリケーションは /usr から /opt へのシンボリックリンクだったりしませんか?

身近にある Solaris は、ちょっと旧めだったりするのですが、/usr は / の
パーティションにありますね。無理に、/ と /usr を分ける必要も無い、と思いますよ。

この回答への補足

基本的にバックアップはddでハードディスク全体を取ってます。
この方法ですと時間はかかりますが、クラッシュしたときでもすぐに復旧可能かと思ってそうしてます。
ソフトのインストールやテストで1次的バックアップの場合、ufsdumpやtarで取ってます。

> でもアプリケーションは /usr から /opt へのシンボリックリンクだったり
> しませんか?
 調べたところ、/optへはパッケージインストールされたものだけのようです。
 そしてリンクでは無いようでした。

ちなみに今回ご質問の対象機種のOSはSolaris2.5.1とかなり古めです(;_;)

いろいろ丁寧に教えて頂きありがとうございました。
皆様の意見を参考に、構成を検討したいと思います。

補足日時:2001/12/05 10:05
    • good
    • 0

私がインストールするときに分ける基準は障害復旧作業時に必要なもの等の切り分けです。



一番の問題は/varがfile system fullになったときにどうするのか?とかファイルシステムがダメージを受けてシングルユーザで作業する必要がある場合にどのファイルシステム上の何が利用できるかといったことを考慮します。

OS標準のツールだけでバックアップを取っていれば問題ないのですが、特別なバックアップソフトを導入している場合にそれがインストールされている場所はどこかとか、バックアップソフトが利用しているログファイルの類がどこに収まっているかということを考えながら、場合によっては追加するソフトを標準インストールされる場所とは違う場所に入れること等も考えたりします。

この回答への補足

/varに溜まっているログが原因でfullになったことは度々ありましたが、
その原因は外部からのアタックなどによりログが溢れたときですので大丈夫かと思ってます。
しかし、今回の再構成で検討したいとは思ってます。

皆様のご意見と参考に再構成をしたいと思います。
いろいろとありがとうございました。

補足日時:2001/12/05 10:13
    • good
    • 0

> システム部をでは1台目に/と/usrを1つのスライスにしてしまっても問題ないのでは無いかと思うのですが、どうでしょう?



補足に書かれた範囲であれば、/ と /usr をひとつのパーティションにしても
問題無いと思いますよ。

bind とか sendmail は、/opt 配下にインストールしてるんでしょうか?
Web 系だと、それなりにパッチを当てる頻度が高いと思われるので、それらが
別パーティションになっていれば、良いんじゃないでしょうか。

この回答への補足

bindとsendmailはディフォルトインストールですので/usrになってます。
やはりレスポンスを考えると、別のHDDへ/optを移動しそこへインストールした方が宜しいのでしょうか?

ちなみに、WEBサーバ本体も/usrだったかと思います。
ライセンスや保守契約の関係上、OSやWEBサーバを別のものへ変更することができないのです。しかし、不安定になってきまして再インストールを検討しているのです。
Sunのnetraサーバを使ってるのですが、本体付属のバックアップCDでインストールを実施すると、/と/usrはどうしても同一パーティションへ入れたがるみたいで非常に困ってます。
/usrはインストール完了後、他のHDDへ移すことは可能なのでしょうか?
ufsdumpにてコピーを取り、別のHDDへリストアしようとしたら、リンクがどうたらこうたら・・・とエラーが出てしまい。うまく行きませんでした。

お手数ですが、ご返答よろしくお願い致します。

補足日時:2001/12/04 15:43
    • good
    • 0

a-kuma さんのおっしゃる通り、基本的には、バックアップの最適化やファイルシステムの信頼性確保の目的がメインでしょう。


/ 以下を単一のパーティションにしていると、もし / のスーパーブロック(管理領域)が壊れたらすべてのファイルを失ってしまいますが、パーティションを分けておけば、被害はそのパーティションだけで済むわけですし。

あと、ディスクを(物理的に)何台も接続したシステムでは、スピードアップの意味もあります。何十人何百人もが同時に使用するシステムの場合、/var や /tmp などは相当激しくアクセスされますので、複数のデバイスに分担して設置した方が、ディスクアクセスが並行してできるので、パフォーマンスは大幅に向上します。
(ディスク1台で1人だけで使うなら、あまり意味はありませんが…)

この回答への補足

ご返答ありがとうございます。
確かにお双方の説明とおり分割してあれば、障害復旧やアクセススピードは上がりますね。

今の構成を説明しますと、サーバ自体は基本的にWebサーバで他にDNS・Mail(中継のみ)をやらせてます。
HDDの構成としては1台目のHDDに/とswapと/opt、2台目のHDDに/usrと/exportがインストールされていて、Webのコンテンツは外付けのHDD(6台接続)に溜めてあるといった感じです。

結局何がしたいかといいますと、システムが2台に分割インストールされているために、障害等でテープより戻す場合2つのHDDを戻さなくてはいけなくて非常に手間だと思っていたのです。

上記のような構成の場合、コンテンツへのアクセスが一番激しいと考えられますが、別HDDのため無視できると思うのです。
システム部をでは1台目に/と/usrを1つのスライスにしてしまっても問題ないのでは無いかと思うのですが、どうでしょう?

たびたびすみませんがよろしくお願い致します。

補足日時:2001/12/04 00:14
    • good
    • 0

私は、「バックアップの単位」と割り切っています。



つまり、パーティションを分ける単位は、その領域が更新される単位にしておくと
いうことです。そうしておけば、バックアップを行う回数や、それに要する時間も
最適化されるんじゃないか、と期待します。

/usr は、シンボリックリンク以外は、OS に近い部分のインストールを行わないと
更新されません(*)ね。

/opt は、パッケージをインストールしたときにだけ。

/var は、日々更新されるけど、破壊されても(それほど)困らないファイルが
配置されている、と。

  (*) 昔の unix だとユーザ領域が /usr 配下に取るのが普通でしたが、最近は
    /home の下に取りますよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシャフトが軟らかいとスライスしやすい?

5年前にゴルフを始めた30歳男です。
この前クラブを持たずに練習場へ行き、レンタルの中では一番新しそうなスプーンを借りて打ちました。シャフト(カーボン)がRだったのですがいつもと同じ感覚で打つと全部スライスでした。極端なフックグリップでやっとまっすぐ飛ぶといった具合なのですが、今までウッド、アイアンともにSシャフトしか使ったことなかったので、軟らかいシャフトのせいかと思ったのですがどうなんでしょうか?
軟らかいシャフトを硬いシャフトと同じ感覚で打つとスライスし易いですか?
(最近初めて計ったらヘッドスピードは46でした。)

あとゴルフはアメリカで始めたのでアメリカのSシャフト(ウッド-カーボン、アイアン-スティール)なんですが、一般的に日本のSより硬いというのは本当ですか?
(メーカーにもよるのでしょうが…)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヘッドスピードが速い人ほど、フェースの戻りとの差が拡がり左右の曲がりは大きくなります。

nakko_november さんの場合はスライスが多かったようですが、逆にインパクトまでためて一気にリリースする打ち方の人は極端なフックになるはずです。

従ってヘッドスピードの速い人がシャフトの柔らかいクラブを振ると、その人のスイングの特徴によって左右どちらかに曲がるという事になります。 スライスだけとは限りませんね。

またアメリカで市販されているSシャフトですが、たしかに日本のSより硬いです。 

同じSでも腕力のない日本人向けに作られたクラブは比較的柔らかいです。 よくクラブに貼っているシールに 「JV」 という表示がありますが、これは 「Japan Version」 の略で、要は日本向けに作られたクラブであるという意味です。

そのような表示があるクラブのSシャフトはアメリカ向けより柔らかいという事になります。

Q/var/spool を/homeに移動できる?

お世話になります。

TurboLinux7.0でサーバー管理(Web・メール・DNS)を行っているのですが
急にメール送信が出来なくなったため調べてみたところ
/varの要領が100%になっており、さらに調べたところ
/var/spool/qmailscan/quarantine/new/
の下に「サーバー名+数字(タイムスタンプ?)」というファイルが
大量に生成されていたために/varが100%になったみたいです。
これはQmailscanの結果見つかったウイルスメールということで
とりあえず削除することで状態は回復したのですが
この先今回のように大量にウイルスメールを関知したときに
また同じような現象が起こっては困るということで

/var/spoolを/home/spoolに移動することを検討しています。
/varに別のディスクをマウントしてやれば済む話ですが
予算の関係上なるべくやりたくないようです(^^;
ということで教えていただきたいのですが
/var/spoolを/home/spoolへ移動するという作業は可能でしょうか。
可能な場合はどのような手順で移動すれば良いかご教授いただければと思います。

以上、よろしくお願い致します。

お世話になります。

TurboLinux7.0でサーバー管理(Web・メール・DNS)を行っているのですが
急にメール送信が出来なくなったため調べてみたところ
/varの要領が100%になっており、さらに調べたところ
/var/spool/qmailscan/quarantine/new/
の下に「サーバー名+数字(タイムスタンプ?)」というファイルが
大量に生成されていたために/varが100%になったみたいです。
これはQmailscanの結果見つかったウイルスメールということで
とりあえず削除することで状態は回復したのですが
この先今回のように大...続きを読む

Aベストアンサー

mkdir /home/spool
cp -a /var/spool/* /home/spool
rm -rf /var/spool
ln -s /home/spool /var/spool

とかでいいのでは?

Qトップでシャフトが目標方向より右にクロスします。

ビデオ撮影して確認したらトップでシャフトが目標方向より右にクロスします。特に右脇が空いてしまっております。その結果ダウンスイングでフェースが開きスライスになります。右脇が閉まっているときはトップでシャフトも目標方向に真っ直ぐで綺麗なストレートボールが打てます。素振りの時は右脇が空きませんがボールを打つ時は右脇が空いてシャフトがクロスしてスライスになります。なぜでしょうか?トップで右脇が空かないように意識している事などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

既に諸先輩方からアドバイスがありましたので、一言だけ。

スライスで悩まれているようですので、スライスの主な原因となるアウトサイドインの軌道とフェースの戻りが遅い事、あるいはインパクトで左脇が開くを早く直す方が先決かと思われます。

そのためには 「トップでの右脇」 よりも 「インパクト後の左脇」 を意識される方がスライス矯正に効果的だと思います。

端的に言ってトップでいくら右脇が空いていようが、多少シャフトがクロスになろうが、要はインパクト時にスクエアに戻っていればいいわけですから、この辺は 「スイングの個性」 と理解していいのではないでしょうか。 無論、程度問題でしょうが ・・・

たしかビジェイシンが練習で両脇に手袋を挟み、それを落とさないようにスイングしていたと思いますが、彼の場合は非常に体が柔らかいのでアマチュアがこれを真似してもフルスイングをするのは大変難しいため、一度左脇だけに手袋を挟んで練習してみればいかがでしょうか。

左手リードのスイングになり、かなりスライスの矯正が出来ると思うのですが ・・・

それと、どうしてもトップで右脇が空くのが気になるようでしたら、ひとつだけ。

アドレスの時に胸の 「ライン」 をイメージして、そのラインから右肘が後方 (背中方向) にはみ出さないように意識してスイングする事をお勧めします。

右脇が開きシャフトがクロスする時は、大抵の場合、右肘がこのラインが背中方向に大きくはみ出しているはずです。

既に諸先輩方からアドバイスがありましたので、一言だけ。

スライスで悩まれているようですので、スライスの主な原因となるアウトサイドインの軌道とフェースの戻りが遅い事、あるいはインパクトで左脇が開くを早く直す方が先決かと思われます。

そのためには 「トップでの右脇」 よりも 「インパクト後の左脇」 を意識される方がスライス矯正に効果的だと思います。

端的に言ってトップでいくら右脇が空いていようが、多少シャフトがクロスになろうが、要はインパクト時にスクエアに戻っていればいいわ...続きを読む

Q" /var/log/messages "の中は何を拾って来てるのですか?

初心者Addministratorです。
教えてください。お願いします。

○Domain nameまたは、WWWを付けるとURLになる、この大量の文字列はなんでPicupといいますか、logとして残されるのでしょうか?基準はなんですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「この大量の文字列」と言われても、見えないものを教えるのは無
理です。wwwをつけるとURLになるというのも、wwwがないとURLじゃ
ないというわけでもないですし。

/var/log/messages には、そのファイル名のとおり、メッセージが
記録されているわけですから、単にドメイン名があってこりゃ何で
すかというんじゃなくて、そのメッセージに何と書いてあるかが重
要です。それを掲載してください。

で、一般論として、messages には syslogd が書き込みます。
syslogd は各種のデーモンプロセスからの syslog 要求を受けとっ
て、それを記録していきます。だから、何が記録されるかは、どん
なデーモンが動いているか、またそのデーモンがどんな基準で
syslog 要求しているかしだいです。

だから、メッセージ全体を読まないと、無意味なんです。

ところで、過去の解決した質問をちゃんとしめきっていますか?

Qヘッドスピードとシャフトフレックスとが合わないと

こんばんは。

スイング時
ヘッドスピードとシャフトフレックスとの相性が合わないと、
球はどのような振る舞いをしますか?

固い   シャフトなら、球はフックに。
軟らかいシャフトなら、球はスライスに振舞うと思うのですが
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシャフトのしなりが大きくなりタイミングが合った場合は球が捕まりフック系のボールになります。但し柔らかすぎるとシャフトが撓り戻って来ずにフェースが開いてスライスする場合もあります。


上記はあくまで同じシャフトのSとRを比較した場合といった感じでご理解ください
同じSやRの表示であっても、メーカーやブランド、商品によって硬さはバラバラだということくらいはご存知ですよね?


シャフトは硬さ以外にも重量や長さ、トルクなどのスペックによっても、その撓り戻りの特徴が変わります。例えば赤マナの様なWキックと呼ばれるタイプのシャフトはインパクト時にヘッドがめくれるような動きをする物が多くあります。ヘッドがめくれるとロフトが増えて球が高くなると同時にバックスピン量も増えますので、スピン量不足で球の低い方には合います。逆に去年売れたツアーADのDIなんかはインパクトでロフトが立った状態になりやすいのでスピン量が減るタイプのシャフトです。ヘッドスピードが遅めの方は手元が硬いシャフトだと充分なタメを作れないので、手元の柔らかいタイプのシャフトが比較的向いているという傾向があります。


ミスの原因を道具によるものと判断する場合は丁度良いものを探すのも当然ですが、一度間逆のスペックを試してみることでミスがクラブによるものなのかスイングその他によるものなのかハッキリしますよ!例えば総重量280g前後のRシャフのドライバーをトをお使いなら300g以上あるSフレックスを試してみるといった感じです。


また極論を言えば飛ばしたい場合はシャフトの撓り量が多い"柔らかいシャフト!"ですが諸刃の刃で曲がる要素も大きくなります。ということで方向性重視なら若干硬めにして球の高さも抑え仮にボールが曲がっても球が低ければその分曲がりも少なく怪我が小さく済むという考え方もあります。ご自身の道具に求める機能を考えたときにどちらがより強いかによって選び方に反映させれば良いと思います。


またシャフト選びはヘッドスピードだけではなく切り返しのタイミングにもよります。スイングテンポの速い方はやや硬め、遅い方は柔らかめの方がタイミングを取りやすいと言われています。



P.S.この質問と関係ないですが以前の質問で
>レッスンプロの言う「フィニッシュ時 ターゲット方向へ歩いて行け」
はこんな感じですよ・・・という動画がありましたのでリンク貼っておきますね!
http://www.mbs.jp/shingol/housou/no38/main.html

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシ...続きを読む

Qpostfix どういう場合に/var/spool/postfix/deferredに未送信メールがたまるのでしょうか。

RHL9.0,postfixを使用しています。/etc/postfix/aliasesをつかってメーリングリストによるメール転送を行っています。しかし、添付ファイル付きのメールをこのメーリングリスト宛に送ると/var/spool/postfix/deferredディレクトリに同じメールがのこり、1時間ごとに同じメールの送信が繰り返されます。また、一部の人にはこのメールが届きません。ログを見ても何か失敗したと言うような記述がみあたりません。

Aベストアンサー

メールスプールに溜まる主な原因は
メールが正常に送信先に転送されない事に起因します。
(ユーザーがいない、ユーザーが受け取り拒否などではなく、送信先メールサーバーが停止しているなど
根本的に問題がある場合)

意図的に設定しない限りメール動作のログは、残っているはずです。ログを良く吟味して確認してください。

Q先調子のシャフトと中調子のシャフト

先調子のシャフトと中調子のシャフトを打ち比べると中調子のほうがスライスすることが減りました。距離も先調子より出ているみたいです。

ヘッドスピードは47m/秒くらいなのですが、先調子のシャフトは合わないことが多いでしょうか?

Aベストアンサー

HPより先調子は暴れるでしょうね。
プロを見て頂ければ分かるようにHPが早い人には先調子は不向きと言われています。
先調子は文字通りヘッドに近い部分がキックポイントになりますから、
切り返しで大きく捻れ遅れることになりますから、HPが早い人はヘッドが明後日方向を向いたままインパクトとになるためスライスします。
逆にHPが遅い人は戻る捻れとタイミングが合うため捻れの勢いを利用して飛距離が出せることになります。
それに比べ中調子,元調子は捻れが少なくなるため、HPが早い人用と言われる由縁です。
ヘッドの動きのイメージとして先調子は長い棒の先にひもでボールが付いているのを、元調子はヌンチャクに長い棒の先にボールが付いているのを、中調子は同じ長さの棒をイメージをして下さい。
今はひもでイメージしてボールの動きを考えましたが、今度はひもを柔らかいゴムでイメージして下さい。
先調子では少ない力でボールが捻れますが、元調子では大きな力でないと先調子と同じ捻れは出せませんから、同じ力では余り捻れないことになります。
中調子はほぼ先調子と元調子の中簡になります。
以上から先調子は大きく捻れるためヘッドの戻りが遅い、元調子は余り捻れないため、ヘッドの戻りが早くなることになります。
ですから、質問者さんのHPなら中調子でスライスが減るのは当然です。
もしかすると、元調子でも良いくらいだと思います。
しかし、HPが早くても先調子がよいと言う人もいますので、絶対と言いませんが、理屈は上記で述べた通りです。
結局は、自分にあった調子を選ぶのが一番ですので、あらゆるクラブの試打をして自分に合った調子を選ぶのが良いでしょう。

HPより先調子は暴れるでしょうね。
プロを見て頂ければ分かるようにHPが早い人には先調子は不向きと言われています。
先調子は文字通りヘッドに近い部分がキックポイントになりますから、
切り返しで大きく捻れ遅れることになりますから、HPが早い人はヘッドが明後日方向を向いたままインパクトとになるためスライスします。
逆にHPが遅い人は戻る捻れとタイミングが合うため捻れの勢いを利用して飛距離が出せることになります。
それに比べ中調子,元調子は捻れが少なくなるため、HPが早い人用と...続きを読む

Q/usr/lib にあるファイルの一部を誤ってsudoで削除

/usr/lib にあるファイルの一部を誤ってsudoで削除

Mac OS 10.5を使用している者です。
ターミナルで作業中に操作を誤り、/usr/lib にあるファイルの一部を削除してしまいました。
lsなどいくつかのコマンドでエラーが出るようになり、ターミナルもじきに落ちてしまったため、再起動を試みたところ、以降まったく立ち上がらなくなってしましました。
何か対応策をご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけないでしょうか?
まったく恥ずかしい質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バックアップがあれば、 インストールディスク等から起動 → ファイルを復元で回復するかもしれません。
だめなら、再インストールでしょうね。

Qゴルフです。シャフトが柔らかい場合、フックするとお答えいただきました。

ゴルフです。シャフトが柔らかい場合、フックするとお答えいただきました。ありがとうございました。仮にシャフトが柔らか過ぎる場合、ヘッドが元の位置に戻る前にインパクトを迎えた場合、方向は右に出てやはりスライスになるのでしょうか

Aベストアンサー

力に負ける柔らかなシャフトは、クラブヘッドが振り遅れになってインパクトを迎えます。
当然開いた状態でインパクトを迎えるので、こすり玉に成ってスライスになります。
ヘッドの返し具合で必ず右に出るとは限りませんが、その傾向は大きくなります。

しかし、ヘッドが下りてくるのをタイミング良く待ってインパクトを迎えると、シャフトのしなりが旨く利用でき、思わぬ飛距離が出ます。
ただし、そのタイミングが少しでも遅れれば、ヘッドが先に走ってフックボールが出てしまいます。
自分にあったシャフト選びが大事ですね。

なお、このご質問はスポーツのゴルフカテで質問された方が、より多くの実体験者のご意見がもらえます。
参考までに。

Q/dev/dsk,/dev/rdsk と /dev/osa/dev/dsk について

Solaris2.6を利用しています。

CPU利用率のwioの値が高い為、DiskI/Oに問題があるのかと思い、
sar -d コマンドで調べたところ、"sd339,f" に問題があるらしい事が
わかりました。

それで、/etc/path_to_inst で対応するデバイスを調べたのですが、
/dev/dsk,/dev/rdsk のいずれにもそのデバイスに対応する
デバイスファイルはなく、/dev/osa/dev/dsk にありました。

ハードディスクのデバイスファイルは/dev/dsk,/dev/rdsk にある事までは
参考書などで調べる事ができたのですが、/dev/osa/dev/dsk について記述のある
参考書やWEBページを見つける事ができませんでした。

/dev/dsk,/dev/rdsk にはなく、/dev/osa/dev/dsk にある、ということは
どういうことなんでしょうか?
(ハードディスクじゃないんですか?)
/dev/osa/dev/dsk はどんなデバイスファイルが
入っているところなんでしょうか?

また、この辺を知るにはどこを調べればよろしいでしょうか?

どなたか詳しい方、ご教授ください。よろしくお願いします。

Solaris2.6を利用しています。

CPU利用率のwioの値が高い為、DiskI/Oに問題があるのかと思い、
sar -d コマンドで調べたところ、"sd339,f" に問題があるらしい事が
わかりました。

それで、/etc/path_to_inst で対応するデバイスを調べたのですが、
/dev/dsk,/dev/rdsk のいずれにもそのデバイスに対応する
デバイスファイルはなく、/dev/osa/dev/dsk にありました。

ハードディスクのデバイスファイルは/dev/dsk,/dev/rdsk にある事までは
参考書などで調べる事ができたのですが、/dev/osa/dev/ds...続きを読む

Aベストアンサー

/dev/osa/dev/以下はOpen Storage Array(OSA)というRAID Managerのデバイスです。
今回、RAID Managerをご利用のようですので、/dev/osa/dev/dskにあるのではないでしょうか?
通常は、/dev/dskや/dev/rdsk(RAWデバイス)になります。

また、障害の件ですが、申し訳ありませんが当方では分かりかねます。
coreが吐かれている場合は、管理者やサポートに解析して貰って調査するしかないですね。


人気Q&Aランキング