腰をひねってしまい、筋がちがえてしまいました。そこでやすめば良かったのに続けて無理な姿勢でトレーニングをして、胸の筋までいためてしまいました。
胸は息をすっても痛いほどです。なくなくトレーニングは休んでますが、早く直す方法はありますか?
マッサージなどはしないほうがよいのでしょうか?
又、筋を違えるのと、肉離れとはちがうものですか?
1日も早くトレーニング復帰したいので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お気持ちお察しします。


休養も大事ですよ。
体を育てるということには
運動、栄養補給、休養が大切ですから、、、

運動するということは
強化をするという意味と
筋繊維間の血液を入れ替える
という効果があります。

筋肉はぬれた雑巾のようなもので
収縮する度に血液を入れ替えます。
(第2の心臓ともいいます。)

もし少しでもはやく現場復帰されたいなら
無負荷でトレーニング姿勢を見直してはどうでしょう。
主動筋・拮抗筋にあまり負荷をかけず
回復に栄養分を吸い取られた血液を
筋肉から押し出してやるのがよいでしょう。

また、これを機にトレーニング姿勢を見直し
協調筋(小さな筋肉)を正しい角度で動かすことを
覚える(強化する)ことで
怪我の再発を防ぐことができます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大胸筋の付け根の違和感とトレーニング間隔について

 ウェイトトレーニング後の身体がどれくらい回復したかの判断についてお伺いさせてください。
 ベンチプレスなどでそれなりに筋肉痛が出ます(背中や脚はそこまで追い込めてません)。大胸筋そのものの筋肉痛は、だいたいいつも中2日で取れます。しかし、胸と胸の間、みぞおちより少し上辺りの違和感が中3日くらいは残ります。それ以上経ってからでも、何かの拍子に感じることもあります。もっとも、中3日以上あけることはあまりないのですが。
 いつも行っている市営体育館の職員がいたとき(普段は誰もいません)に聞いてみると、そこは筋肉ではなく、筋肉と骨の付け根だから関係ないですよ、中2日でトレーニングして問題ありません、といわれました。
 一度は納得していたんですが、どうもこの違和感は気になって仕方ありません。
 この違和感も引くまでトレーニングは再開すべきではないでしょうか?気にするほどのことはないでしょうか?

 ちなみに、39歳男です。ベンチ台にセーフティバーがない上、職員も常駐していないので、運動強度は「オールアウトするまで追い込む」というレベルではないと思います。

 ウェイトトレーニング後の身体がどれくらい回復したかの判断についてお伺いさせてください。
 ベンチプレスなどでそれなりに筋肉痛が出ます(背中や脚はそこまで追い込めてません)。大胸筋そのものの筋肉痛は、だいたいいつも中2日で取れます。しかし、胸と胸の間、みぞおちより少し上辺りの違和感が中3日くらいは残ります。それ以上経ってからでも、何かの拍子に感じることもあります。もっとも、中3日以上あけることはあまりないのですが。
 いつも行っている市営体育館の職員がいたとき(普段は誰もいませ...続きを読む

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

●>みぞおちの上、胸の筋肉がないあたりです(女性で言うところの谷間)。

■大胸筋は

「鎖骨の内側半(鎖骨部)」
「胸骨前面(★俗に胸の谷間)と5~7肋軟骨(胸肋部)」
「腹直筋鞘前葉(腹部)」

の3箇所から始まり(起始)

「上腕骨の大結節稜」

に終わります(停止)。

この筋肉が収縮すると、上腕を内転(体幹部側へ腕を振る)と内旋(体幹部側に腕をねじる)します。

■胸のトレーニングをした場合に大胸筋は「胸骨前面(★俗に胸の谷間)と5~7肋軟骨(胸肋部)」から始まっていますので、ここに違和感が出てもごく普通の現象と思います。

私も筋肉痛の他に、胸の谷間部分と、上腕の付け根部分はいつも痛くなります。

トレーニングをして、一時的損傷するのは、筋線維だけではありません。

「筋(筋線維)」
「腱」
「関節」
「骨」

も損傷していきます。

これらの、傷つき具合を見ながら(体感しながら)トレーニングメニューの変更、プログラムを組んでいきます。

■御質問者様は「胸骨前面(★俗に胸の谷間)と5~7肋軟骨(胸肋部)」に違和感をお感じのことということですが、トレーニング動作が出来ない程でしょうか?。

★フィットネス(健康増進)レベルでしたら、違和感が取れるまで休んだ方が良いとお薦めします。

★ボディビルレベル(健康を2の次にして筋肉を付けたい人)でしたら、トレーニング動作が出来るのであれば、■<様子を見ながらのトレーニング>をお薦めします。

■<様子を見ながらのトレーニング>

アップ(ウォームアップ:低負荷、高回数)で十分に筋肉、関節、体を温め、血行を良くします。
20回くらいの高回数で、負荷はメインセットの50%以下を使用します。
2セットを推奨します。
必ず、このセットの間には★1分~3分の休みを入れてください。

この時は、関節の可動を小さい所から始め、痛い(違和感)所までを確認しながら★そこで止めます。
暖まると、痛み、違和感が通常は消えていきますから、★徐々に可動域を大きく取っていきます。
ここで痛みが消えない、または痛くなるようでしたら、★トレーニングは中止します。

胸の種目はストッレッチ種目が多いので、可動域を大きくしていき、負荷に各部(筋、腱、関節)が耐えられるか★見極めを付けます。

メインセットではアップの様子を見て、★最大負荷を扱って行うか、★少し負荷を落として高回数、スロトレで行うか判断します。
また、バーンセットなどの、追い込みセットなど付加するかも判断します。

このようなトレをリハビリトレーニングと私は呼んでいます。

このように★自分の体と対話しながら、★臨機応変にメニューを変えていきます。
今までの経験で学んだ、私のトレ方法です。
怪我、故障をして、休み明けにトレを再開するより、ずっと効率が良くなります。

■腱と骨の接合部

腱と骨の接合部は、トレーニングなどの負荷で変形することがあります。
骨が引っ張られ出っぱたり、曲がったり、そこまで行かなくとも、骨棘(こつきょく)が出来る事があります。
骨棘は骨のトゲです。

腱の引っ張り刺激で、腱付着部に出来ます。
こうなると、慢性的な痛みと闘いながらトレをしていくことになります。
私の右肘がこうなってます。(泣)

十分にアップで温め、サポーターで圧迫し痛みを分散したりしてトレをします。
目的によっては、★トレーニングで健康を害することも良しとしなければなりません。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

●>みぞおちの上、胸の筋肉がないあたりです(女性で言うところの谷間)。

■大胸筋は

「鎖骨の内側半(鎖骨部)」
「胸骨前面(★俗に胸の谷間)と5~7肋軟骨(胸肋部)」
「腹直筋鞘前葉(腹部)」

の3箇所から始まり(起始)

「上腕骨の大結節稜」

に終わります(停止)。

この筋肉が収縮すると、上腕を内転(体幹部側へ腕を振る)と内旋(体幹部側に腕をねじる)します。

■胸のトレーニングをした場合に大胸筋は「胸骨前面(★俗に胸の谷...続きを読む

Q脊柱起立筋と大?筋のトレーニング間隔について

こんにちは。

週一回、脊柱起立筋(デッドリフト)と大?筋(スクワット・ヒップエクステンション・ヒップリフト)のトレをやっています。
大?筋のトレのみを週二回に増やしたいのですが、大?筋のトレ種目は脊柱起立筋も鍛えられてしまい、脊柱起立筋の超回復(96時間?)を考えるとオーバーワークになってしまいそうな気がします。

大?筋のトレぐらいでは脊柱起立筋に影響は無いのでしょうか?
もしくは週一回にとどめておいた方がいいのでしょうか?

部位によって超回復の期間が異なる以上、他の筋群のトレでも似たような事態はあると思うのですが・・・。

良いアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

脊柱起立筋はもっとも回復しにくい部位の一つですし、週一回でも十分鍛えられます。ですからトレーニングサイクルは大体いいと思います。なお、木曜日のヒップエクステンションは火曜日に回してもかまいません。

ただ、筋肉痛があるときにはその部位のトレーニングは避けてください。毎週毎日決まったメニューをこなそうとするより、その日の体調に合わせて柔軟にメニューを組み替えたり、省いたり、あるいは休んだりしたほうが結果として大きな成功を収めます。
身も心も充実した状態でのトレーニングを最優先にしてください。

ヒップリフトは背中をしっかり台や地面につけてやってください。高く上げようとするあまり背中をそらせたり、浮かせたりすると腰に負担がかかります。

また、足をピンと伸ばしてやると、腰やハムストリングに余計な負荷がかかります。刺激を与えないコツは、ひざを少し曲げるか、足を組んで行うことです。
回数はさほど問題ではありません。最初から最後まで正確なフォームでやることを意識してください。

Q胸を大きく見せれる? 大胸筋のこと>_<

今トップバスト93cmなのですが、
今のうち大胸筋を鍛えておきたいのです。。

このように鍛えようと思っています!
http://www.training-craftsman.com/daikyoukin%20sotogawa%20Ladys.html
一日 20回×3回。

それで、大胸筋のことで心配している事があるのですが、
この腕立てして“筋肉”付くのいいけど・ ・ ・ ・ ・ ・
“脂肪”まで少し燃えてしまうのではないでしょうか??;

教えて下さい!(;0;)

Aベストアンサー

http://www5b.biglobe.ne.jp/~kirei2/branch/yaseru/undou9.htm​
「緊張と弛緩は大事らしくて」

大胸筋に限らず鍛えようとしている筋肉を動かしていることを意識することが大事(効いている感覚) 
腕立てでも 緊張と弛緩の感覚が無いってことは「腕」を鍛えていたりね。

血液中の脂肪(遊離脂肪酸)が血液によって筋肉に運ばれ動くエネルギーと共に水と炭酸ガスに分解(脂肪燃焼)される
あくまで血液中の脂肪が使われるんです。
血液中の脂肪が足りないとリパーゼが働いて内臓脂肪 皮下脂肪から取り出すんです。
決まった場所から脂肪を取り出す方法は 外科的方法しか知りません。
食べて余った分は 蓄えるんです。
体脂肪を減らさないように「体重は現状維持」で
(体型知りませんけど 逆に言えば太れば胸も大きくなります 垂れるかどうかは別として)

Q筋肥大トレーニング

トレーニングを始めて4ヶ月が経つものです。筋肥大を目的にトレーニングを始めたのですが最近身体の伸びが無くなりました。正直つまらなくなっています。トレーニング方法を変えたのですが駄目です。これは方法が悪いのでしょうか?返答お願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、みんなエスパーではないのだから
・前はどういうトレーニングだったのか
・今はどういうトレーニングなのか
・体重は何キロで4ヶ月前とどれくらい変わったのか
・設備とか

あたりは書かないとね。

Q筋弛緩トレーニングの仕方

不眠症で悩んでます。

そこで

不眠症や睡眠障害に関係するサイトを調べましたら

筋弛緩トレーニングが有効らしいのです。

しかし、具体的なトレーニングの方法を紹介

しているサイトが見当たりませんでしたので、

筋弛緩トレーニングの具体的な方法を掲載しいるサイ

トや書籍をご存知の方教えていただきたいです。

Aベストアンサー

「シュルツの自律訓練」法が一般的でしょう。

大き目の本屋に問い合わせるか、図書館で探すとよいでしょう。
他には自己催眠でも、この方法が取り入れられていますので、そちらでもよいかも知れません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報