ドイツ語の苗字Siegerはカタカナで書くとどんな感じになるのでしょうか?
明日までに知りたいのですが、どなたかドイツ語の心得のある方よろしく
お願いします。ドイツ語の発音はまったく知らないので、困っています。
推測では『シーゲル』なのですが。。。。
どうぞよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  No.1 の方の回答で一応合っていますが、補足します。
 
  Sieger をドイツ語読みし、カタカナで表記すると、「音」をできるだけ正確に再現しようとすると、先の回答にありますように、「ズィーガー」「ズィーゲル」になります。実際、わたしも時々、こういう表記をすることがあります。
 
  しかし、一般的には、Sieger は、「ジーガー」「ジーゲル」と表記します。例えば、Meistersinger というものがありますが、これは、中世ドイツのギルドの親方で、歌を得意とした者の称号または通称のようなものですが、これは、音にできるだけ忠実に表記すると、「マイスターズィンガー」となりますが、普通、「マイスタージンガー」と書きます。
 
  音をできるだけ再現しようとするか、現在の一般的な表記はどうかの問題です。ジーガーの「Si」の部分は、正確には、日本語の「ジ」とは違います。しかし一般に、いまは、これを「ジ」で表記します。
 
  また、「ジーガー」と「ジーゲル」だと、「ジーゲル」の方が、古い読み方です。「ジーガー」は英語的な読み方で、最近のドイツ語は、どちらかというと、「ジーガー」と読みます。(ドイツ語の発音で、そういう歴史的変化が起こりましたし、日本語での転写でも、それに合わせて変化しました。哲学者 Heidegger のことを、60年ぐらい前に、三木清は、「ハイデッゲル」と書いていましたが、今は、「ハイデッガー」か「ハイデガー」が普通です)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変助かります。
本日仕事で書類を作らなければならないので、ほとほと困り果てていました。
大学ではフランス語と英語しか選択しませんでしたので。本当にありがとう
ございました。こんな時間でも助けてくれる方がいるなんて感激です!

前の方とほぼ同じ内容でごめんなさい。これから会社に行かなければ
ならないのです。なお、一度何かの本で、ジーガーと書いてあるのを見た気が
するのですが、今ひとつ半信半疑でしたので、これではっきりわかりました。
ほんとに良かったです。助かりました。ありがとうございます!!

お礼日時:2001/12/05 07:09

Siegerの発音は「ズィーガー」または「ズィーゲル」でよいでしょう。


ちなみに、一般名詞のSiegerは「勝利者」を意味します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変助かります。
本日仕事で書類を作らなければならないので、ほとほと困り果てていました。
大学ではフランス語と英語しか選択しませんでしたので。本当にありがとう
ございました。こんな時間でも助けてくれる方がいるなんて感激です!

お礼日時:2001/12/05 07:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか? ドイツ語

ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

Aベストアンサー

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても書き方に違いがあるので、書物ではなく、実際に書かれたものを見て学ぶしかありません。たとえば、ä、ü、öなどのウムラウトも、楔のような二本の縦線を書く人もいれば、ā/ă/ō/ŏ/ū/ŭのような書き方をする人もいます。下のサイトに動画があり、現在のドイツの学校でどのように文字の書き方を教えているかを見ることができます。いくつかの文字で、英語の筆記体との違いがわかると思います。
http://www.swr.de/landesschau-rp/gut-zu-wissen/kulturgut-oder-ueberkommener-lernstoff-ist-schreibschrift-noch-zeitgemaess/-/id=233210/did=15905510/nid=233210/8ggx63/

現代の筆記体の基本的な字体はNormalschriftといいます。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/06/Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg/471px-Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg

英語の筆記体と比較してみてください。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/00/Cursive.svg

>ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

昔のドイツ語の筆記体は、今のものとは全然違います。Kurrentschriftといって、特にオーストリアの役所などで使われたものです。時代によって大きく違いますが、日本の独和辞典などにドイツ語特有の筆記体として掲載されているものは、ルートヴィッヒ・ズュッターリンという人が1911年にドイツ文化省から依頼されて、それまでの筆記体をもとに学校教育用に考案したもので、Sütterlinschriftと呼ばれているものです。しかし、1941年にナチス・ドイツが、このSütterlinschriftや活字のフラクトゥールの使用を禁じ、先述のNormalschriftに切り替えました。Sütterlinschriftは、戦後も1980年代までは部分的に教えていた学校もありましたが、基本的には1941年以降はNormalschriftです。
あくまでも現代ドイツ語の実用範囲でのことなら、Normalschriftだけ知っていれば十分です。過去の偉人の手書きの原稿や書簡などを読みたい場合は別です。今のドイツ人の多くは、KurrentschriftやSütterlinschriftが読めないので、祖父母の残した手紙などが読めないというのはごく普通にあることです。
ただ、日本に書道があるように、ヨーロッパにもカリグラフィーという芸術的な文字の書き方があり、そこではSütterlinschriftはまだ応用されています。
http://www.stehsatz.com/portfolio/page/33/#2770

この古い筆記体は、17~19世紀に下のように変化しています。
http://www.suetterlinschrift.de/Lese/Kanzlei1.htm

これらをもとに1911年に考案されたSütterlinschriftの一覧が下のものです。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/59/Deutsche_Kurrentschrift.svg/524px-Deutsche_Kurrentschrift.svg.png

もしこういった筆記体の書き方に興味があるのなら、下のサイトのPDFをダウンロードして参考にしてください。
http://www.kurrent.de/_html/uebungen.htm

実際に書かれたものの読み方の例は下のサイトで見ることができます。
http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Sutterlin.htm

http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Tips_and_tricks.htm

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても...続きを読む

Q第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか? ドイツ語は、単語

第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか?
ドイツ語は、単語や発音が
スペイン語は、文法が
英語に比べて難しいと聞きましたが、本当ですか?

Aベストアンサー

ヨーロッパ系の言語で英語より難しいと感じますね。
というのも動詞の活用が多いので…

英語だと過去形、過去完了形、現在進行形
あとは三単現のsがつくぐらい。

スペイン語は、主語によっても変化します。
主語が一人称単数、二人称単数、三人称単数
さらにそれぞれの複数の場合で語尾が変化します。
慣れでもありますが。
フランス語もドイツ語もそうです


さらにそれぞれの主語に合わせた変化に時制に合わせた変化なんかもありますから。

そして名詞には性別があります。
英語は、a,an,theぐらいですが

スペイン語もドイツ語も、名詞に性別があるのでそれを覚えないといけません。フランス語もですが
さらに中性名詞もあります。

もうこの辺で嫌な感じしてきたかもしれませんが…

つまり、名詞が女性か、男性か中性か、単数か、複数か、で付ける冠詞がちがってきます。

また、名詞が格によっても変化します。

勉強すると「英語が国際語でよかったー」と思います。フランス語になるかもしれなかったので


発音はどうでしょう。聞きなれない、発しなれない音がありますが
スペルからの発音の決まり事を覚えたら知らない単語でも読み上げたりはしやすいですし。


また、「学びやすい言語」と「単位をとりやすい言語」は別ですね
担当教員によってかなり違いますから。

あとは興味のないことを学ぶのは、いくら楽な言語でも辛く
興味があることなら、多少難しくても苦ではないです。

好きな映画があるとか
好きなサッカーチームの言語が…とか
地域に南米人が多いとか
第九を歌いたいとかマーラーが好きだとか
何か自分の興味があるもので決めるという方法もありますよ。
そのほうが絶対お勧め

ヨーロッパ系の言語で英語より難しいと感じますね。
というのも動詞の活用が多いので…

英語だと過去形、過去完了形、現在進行形
あとは三単現のsがつくぐらい。

スペイン語は、主語によっても変化します。
主語が一人称単数、二人称単数、三人称単数
さらにそれぞれの複数の場合で語尾が変化します。
慣れでもありますが。
フランス語もドイツ語もそうです


さらにそれぞれの主語に合わせた変化に時制に合わせた変化なんかもありますから。

そして名詞には性別があります。
英語は、a,an,theぐらいですが

ス...続きを読む

Qドイツ語の推測詞

moegen 30%くらい(=wahrscheinlich)
koennen 40%くらい
muessen 80%くらい
wohl ?

これは本当ですか?

Aベストアンサー

mag seinとkann seinは意味としてはほとんど同じですが(まあkann seinの方が確かに可能性は高そうに聞こえますね)、kann seinの方が多く使われます。学校のテストだったらどっちを書いても全然問題ないと思いますが、ドイツ人と話すんだったらmag seinよりはkann seinを使うことをお薦めします。(要するに「mag sein よりもkann seinの方が可能性が高いからmag sein (またはkann sein)を使わなきゃ!!」とかいろいろ考えるぐらいだったらkann seinってさっさか使った方がいいってことです)。

Es muss seinだと何パーセントとかじゃなくて言ったことに根拠があることが伺えます。もしくはそうでなかった場合何らかの困難が待ち受けていると思われます。単純に80%とか数字で言い切れるような使い方はしにくいですね。

あとwahrscheinlichは9割近いんじゃないすかね。

-kommst du heute zum Tanzkurs??
-wahrscheinlich ja
で来なかったら「なんで嘘ついたんだよ!」っていう話になると思いますよ。
-du warst gestern gar nicht da!
-hab doch "wahrscheinlich" gesagt!!
-ja eben.

ちなみにですが
es muesste sein
es koennte sein
も言えます。どちらにしても軽く可能性としては落ちます。

wohlはMr.ChildrenのHeroの「僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ」を訳すとしたら
Dann wuerde ich wohl derjenige sein, der den Verlauf nur betrachtet.
みたいな使い方が出来ます。この場合wohl=(bzw. ungefaehr gleich) vermutlichって感じですかね。

vielleichtは確かに消極的ですね

-kommst du heute zum Tanzkurs??
-vielleicht.
-arschloch
-was?
-sag doch was Positives
-dann wuerde ich mal sagen, es koennte sein
-hast du darauf keine Lust?
-nein
-dachte ich ja schon

この会話だと「まぁ、そんな滅多に起こることもないけどそんなこともあるかもね~」ぐらいの意味になりますかね。

なんかかえって分かりにくくなったチックなところがありますが文法以外のことはだいたい補足するんで何でも質問してください。

mag seinとkann seinは意味としてはほとんど同じですが(まあkann seinの方が確かに可能性は高そうに聞こえますね)、kann seinの方が多く使われます。学校のテストだったらどっちを書いても全然問題ないと思いますが、ドイツ人と話すんだったらmag seinよりはkann seinを使うことをお薦めします。(要するに「mag sein よりもkann seinの方が可能性が高いからmag sein (またはkann sein)を使わなきゃ!!」とかいろいろ考えるぐらいだったらkann seinってさっさか使った方がいいってことです)。

Es muss seinだと何...続きを読む

Q40歳から語学を習得する為の心得を教えてください。英語とドイツ語に興味があります。

40歳から語学を習得する為の心得を教えてください。
英語とドイツ語に興味があります。

Aベストアンサー

1.話し言葉から入る=聞くだけでなく自分で実際に声に出してしゃべる。いかに頭で考えている音と実際に出てくる音がちがうかわかります。
2.難しい文法書から入らない。文法から入ると覚えきれなくて長続きしません。
3.金銭的に余裕があるなら、マン・ツー・マンのレッスンを定期的に受けると早く慣れます。
4.短時間でもいいのに毎日決まった時間は必ず語学の勉強にあてる。実はこれが一番難しいかも。

Qドイツ語のEifersuchtのカタカナ発音を教えてください

ドイツ語のEifersuchtのカタカナ発音がぐぐっても辞書で引いてもでてこずに弱っています
何方様か心の優しい方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

アイファーズーフト

と発音します。(ドイツ語学科卒)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報