どうしてアットザマネーのときのデルタの値は0.5なのでしょうか?
インザマネーが1でアウトオブザマネーが0だから0.5のところをとって
(単純に)数字を定義しているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず最初にお詫びしておくと、二項モデルで「上昇も、下落も50:50の確率」と前提を必ず置くわけではありません。

むしろ、その前提と現実の違いが無視し得ない問題になる時、例えば、債券の利回りが0%以下になる事はまずありえないから、価格変動も利回りが0%に近づけば近づくほど、上昇よりも下落の確率が高くなる、といった場合には、上昇・下落の確率に差をつけた二項モデルを使います。
ATMのデルタが0.5なのは、「二項モデルでは上昇・下落が50:50と置いた場合」、「BSモデルでは、常にその前提に立つので、いつも」とご理解下さい。また、うそついてました。ゴメンナサイ。

で、ATMでデルタが0.5になる確率をもう一度だけ、感覚的に説明してみます。No.1であげた最も単純な例を思い出してください。
株価が100円からほんの短い時間にほんの少しだけ上がったとします。ATMからの上昇ですから、もし株価が上がったレベルでそのまま満期を迎えれば、上がった分だけがオプションの利益になるはずです。確実にそうなると判っていれば、オプション価格は株価が上がった分だけ動くはずで、デルタは1という事になってしまいます。

しかし、満期時に上っている確率(インザマネーになる確率)と下がっている確率(アウトオプザマネーになる確率)は引き続き半々です。厳密に言えば、株価が100+Δ円になったから、110円になる確率と90円になる確率が半々なのではなく、110+Δ円になる確率と、90+Δ円になる確率が半々になったはず(つまり、インザマネーになる確率の方がほんの少し大きいはず)ですが、Δがあまりに小さいので、ITMとOTMの確率は、今まで通り半々だとします。(ここでのΔとは、微小な値という意味で、リスクパラメータのデルタではありません。)

そう考えると、株価が上がって生まれた行使価格と現値の差も、そのまま満期日に実現する確率は半々ですから、オプション価格が確率で言うところの「期待値」である以上、オプション価格の変動=株価の変動(つまりデルタ=1)ではなく、オプション価格の変動=株価の変動×0.5(つまりデルタ=0.5)になります。

あまりうまい説明とは思いませんが、私にはこれが限界のようです。

尚、デルタ=0.5の根拠は説明されていませんが、オプションの価格モデルについて、わりと判りやすく説明しているURLをご紹介しておきます。

参考URL:http://www.kikuya-asakusa.co.jp/~shinobu/finance …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tiuhtiさん。お返事遅くなってすいません。デリバティブは奥が深いですね。私も、もう少し確立、微分などをちゃんと勉強しなおさねばと思っております。丁寧な説明をどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/21 15:16

読み返して見ると、私の説明が相当まずいものでした。

二項モデルは、「1日にX%上がる確率が50%、X%下がる確率も50%」という2つの選択肢のケースを、ツリー構造にしていって、30日後の取り得る価格の確率的な分布を計算する、という意味です。これを無限に細かく、例えば1ヵ月のオプションだったら、1時間毎、1分毎と言うように細かくしていくと、B.S.モデルになります。「明日の株価が、101円になる確率がX%、99円になる確率もX%、102円になる確率がY%…、」というのも、あくまでそういう計算の結果です。No.1の例は二項モデルを極端に単純化したものです。
三項モデルというのは、ちょっとイメージが湧きません。3つの選択肢という事でしょうが、確率をどう割り振るんでしょうか?。いずれにせよ、単純に3つ選択肢があるとデルタが0.33になる、って事は無いでしょうね。

B.S.モデルにせよ、二項モデルにせよ、前提は、
1. オプションの価格は、満期時に行使する事で得られる利益の期待値に等しい。
2. 同じ上昇率・下落率であれば、上昇も、下落も50:50の確率。
という事です。
この前提に従う限り、(金利とか細かい事をすべて忘れれば)、ATMのデルタは0.5になります。(…と私は10数年前に習いました。数学がもう少しわかっていれば、微分がどーした、とかで説明できるんでしょうが…)
ですから、ATMのデルタが0.5になるのは、「上の2つの前提に立つB.S.モデルだから」という事で、正解でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなってしまって、申し訳ありません。
感覚的に分かるような気もするのですが。。。
きっと、面倒がらずに数学をもう少し煮詰めると、
クリアーになってくるのかもしれませんね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 13:21

>インザマネーが1でアウトオブザマネーが0だから0.5のところをとって


(単純に)数字を定義しているのでしょうか。

勿論、そうではありません。

前提:
(1) ある株の現値は100円。
(2) 明日の株価は、110円と90円の二通りしかなく、それぞれの確率は50:50。
(3) 取引コスト・金利・配当金等はすべて無視。
(4) 明日満期・行使価格100円(=ATM=アット・ザ・マネー)のオプションの価格は、5円((1)~(3)から必ず決まってくる価格。5円=110円になった場合のオプションの価格10円×50%+90円になった場合のオプション価格0円×50%)

デルタニュートラルにする為に、そのオプションを2株分買うと同時に100円で株を1株分空売りする。

⇒株価が110円になった場合。
 オプションの価値:株価110円-行使価格100円=10円
 オプションの利益:価値10円×2-購入価格5円×2=10円
空売りの損:100円-110円=▲10円
 合計の損益:±0

⇒株価が90円になった場合。
 オプションの価値:紙屑になって0円
 オプションの損:0円-購入価格5円×2円=▲10円
空売りの利益:100円-90円=10円
合計の損益:±0


これから言える事
1.株価が10円上がったら、オプションの価格は5円から+5円で10円に。10円下がったら、オプションの価格は5円から-5円で0円に。株価の変動10円に対するオプション価格の変動は5円。即ち、デルタは5÷10で0.5。
2.別の言い方をすれば、2株分のオプションの価格変動リスクが1株分の空売りでヘッジできた。即ち、デルタは1÷2=0.5。

これは、二項モデルと呼ばれるものです。現実に近づける為には、明日の株価が、101円になる確率がX%、99円になる確率もX%、102円になる確率がY%…、と延々とやって行く必要がありますが、それを、ある仮定の元に無限に細かく、しかし数学的にはわりと簡単に計算するのが、ブラック・ショールズ・モデルです。ここで肝心なのは、同じ率の株価変動であれば、上がる確率も下がる確率も同じ(1割上がる確率=1割下がる確率)、と考えている事です。

二項モデルの基本中の基本さえちゃんと理解しておけば、デルタやセータやらといったリスクパラメータは、感覚的にですが、すべてわかります。オプションをギッコンバッタン売り買いする程度なら、この程度の知識で充分でしょう。(B・Sモデルなんかの計算はコンピュータに任せればいいんですから。)

わりと、大雑把な議論ですが、おわかりいただけましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございます。
確認させていただきます。ATMでのデルタが0.5になるのは、
オプション価格(プレミアム)の設定がブラックアンドショールズ
(二項モデルのN=∞にしたもの)によっているからなのでしょうか?
ありえないであろう仮定なのですが、理解を深めるために質問させて
いただきます。 もしも三項モデルというものがあったとしたならば、
ATMでのデルタは0.33というような値になるのでしょうか?

お礼日時:2001/12/07 11:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10年長期国債の金利が0%?金利0%で買う理由ってなにがあるの?

10年長期国債の金利が0%?

金利0%で買う理由ってなにがあるの?

Aベストアンサー

デフレになるかインフレになるかの勝負です。
それと金庫がわり。

QD1(今年の国債残高)=D0+D0×r+PBとは?

今年の国債残高(D1)はどのように決まるのか。

それは、去年の国債残高(D0)に、「金利支払い」(=去年の財政赤字に金利rをかけたもの)とプライマリーバランス(今年の財政赤字の なかから金利を除いたもの=PB)を加えたものである。つまり

D1=D0+D0×r+PB



という説明を本で読みましたが、この中に金利支払い、という項が入るのはなぜでしょうか?金利支払いは別に今年の国債発行で負担するか、税収で負担するかそれは分からないのではないでしょうか?これだと今年の国債発行で負担すると決めつけてるような?ていうかPBで引いてるから足して戻しただけ…?ちょっと混乱しました。

そもそも去年の財政赤字に金利をかけて、なんで今年の金利支払いが分かるんですかね?まだ償還してない国債の累積に金利をかけないと、今年の金利払いは分からないんじゃないでしょうか?

Aベストアンサー

> プライマリーバランス(今年の財政赤字の なかから金利を除いたもの=PB)

一般的な定義とは符号が逆ですね。プライマリーバランスが赤字の方が正、黒字が負になるような形になっています。
少し混乱しますが、質問文に沿って回答します(なので、一般的なものに合わせたければプライマリーバランスの符号を逆にして下さい)。


> この中に金利支払い、という項が入るのはなぜでしょうか?

前後に説明があるのかもしれませんが、ちょっとばかり不親切な数式ですね。

まず、政府の収支として
 税収+国債発行=国債費以外の歳出+国債費(利払い+償還)
なので
 国債費以外の歳出-税収=国債発行-国債費
です。左辺はプライマリーバランスに他なりませんから、
 PB=国債発行-国債費=国債発行-(利払い+償還)
となります。
今期末残高は前期末残高(=今期期首残高)に金利と新規発行を足し、金利支払額と償還額を引いた金額になるはずですから、
 D1 = D0 + D0×r + 新規発行額 - 利払い-償還 = D0+D0×r+PB
となります。


> そもそも去年の財政赤字に金利をかけて、なんで今年の金利支払いが分かるんですかね?

この部分は、D0は残高ですから、質問者氏の勘違いでしょう。
 前期の残高×利率=今季の利払い額
ですからね。
細かいことを言うと現実には期中償還や期中発行の分だけずれるんですが、その部分は無視しているのでしょう。

> プライマリーバランス(今年の財政赤字の なかから金利を除いたもの=PB)

一般的な定義とは符号が逆ですね。プライマリーバランスが赤字の方が正、黒字が負になるような形になっています。
少し混乱しますが、質問文に沿って回答します(なので、一般的なものに合わせたければプライマリーバランスの符号を逆にして下さい)。


> この中に金利支払い、という項が入るのはなぜでしょうか?

前後に説明があるのかもしれませんが、ちょっとばかり不親切な数式ですね。

まず、政府の収支として
 税収+国債発行...続きを読む

Q【日本の経済成長率が鈍化】日本の経済成長率はIMF世界経済見通しによると0.5%の成長だそうです。

【日本の経済成長率が鈍化】日本の経済成長率はIMF世界経済見通しによると0.5%の成長だそうです。

日本は人口が減っているのに0.5%もなぜ成長出来ているのでしょうか?

正社員は23万人減って、非正規労働者は172万人も増加しています。

貧困層が増加する一方なのに経済成長率は0.5%でも伸びているのが不思議です。

普通は貧乏人が増えれば増えるほど消費は鈍化して経済成長率はマイナスになると思うんですが逆にプラスになっているのが不思議でなりません。

どういう仕組みですか?

人口も減って、非正規労働者の貧困層が増加して、どうやって+0.5%の経済成長率になるんですか?

Aベストアンサー

たぶん、今も量的金融緩和をやっているからです。年間80兆円。

アメリカでは、量的金融緩和で3年間も経済が成長し続けました。
日本は、1年間ちょっとだけで、あとは消費税アップで頭打ち。
それでも、莫大な金融緩和のせいで、なんとか0.5%という数字が保たれている、と思われます。

消費税アップさえしなければ、経済がもっと成長し、一般税収もあがり、財政再建もできていたでしょう。

Q単純な発想ですが

最近、親の収入で子供の学力に差が出るとよく言われていますが、もしも親の収入が全員同じなら、子供の学力には差が出ないってことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

統計的に言われていることですので、実際の個々の家庭にあてはまるかどうかはわかりません。
統計とはサンプリングですので必ずしもそれが実際の家庭に反映されるかどうかはわからないのですが、あくまでも全体的に見ればの話です。

まず親の収入で子供の学力に差がでるということについても統計的に見てです。貧乏人の子供に東大生がいないかというといますよね。でも数は少ないでしょう。

これは親の収入が多いと、まず物の価値観が違います。今日生きるのが精一杯の家庭の親は子供にどういうことを教えますか?生きるための価値観を教えると思います。また教えなくても親の背中を見てそう育つかもしれません。そんな余裕のない家庭では選択の余地も少ないのではないかと思います。また子供の精神的にも「手っ取り早く働いて早く独立したい」などと思う子も多いでしょう。ゆっくりと人生設計を考える暇もないかもしれません。

ある程度裕福な家の家庭では子供が「どう生きるのか」の選択の余地と考えるゆとりがあります。また例えば医者になりたいと思えばそこに進めるための道作りを親が協力してくれます(塾や予備校など)。

まあ最終的にどういう学力になるかはその子のモチベーションと能力次第ですが環境が整っているという意味では、やはり親の収入が高い方が余裕がある分、学力が伸びる要素があるということですね。

しかしこれは何も学力に限ったことではないんですよ。スポーツだってそうです。レースの世界でもセナやシューマッハは裕福な家庭に生まれて小さいころからレースに親しむ環境にあり、3~4才頃には既にカートに乗っています。またテニス界やゴルフ界でも英才教育という意味では裕福な家庭の子が能力を発揮していますよね。

貧しい中からでも育っていくスポーツって正解的にも野球とサッカーくらいじゃないですかね。

そこで質問者様の質問ですが、では親の収入が同じであれば学力に差はでないのかということですが、出ます。というのもこの命題は「親の収入で子供の学力の差が出る」ではなく「親の収入で子供の学力に差が出やすい」ということなので、収入が同じになっても出やすくないだけで、差はでるものです。

統計的に言われていることですので、実際の個々の家庭にあてはまるかどうかはわかりません。
統計とはサンプリングですので必ずしもそれが実際の家庭に反映されるかどうかはわからないのですが、あくまでも全体的に見ればの話です。

まず親の収入で子供の学力に差がでるということについても統計的に見てです。貧乏人の子供に東大生がいないかというといますよね。でも数は少ないでしょう。

これは親の収入が多いと、まず物の価値観が違います。今日生きるのが精一杯の家庭の親は子供にどういうことを教え...続きを読む

Q商品売買における値入と値入率がわかりません。

問題集(1)によると
「値入率」は「仕入価格」に対する利益の割合である
と書かれているのですが
問題集(2)では
「値入率」とは、売価に対する値入高の割合を言う
と書かれています。どちらが正しいのでしょうか?
ちなみに仕入価格12000円値入率30%だった場合の値入高と販売価格はいくらになるでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「値入率」で検索するとはっきり書いてありますよ。

参考URL:http://www.infoaomori.ne.jp/~junji/manyual/9/9-1.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報