DTPの仕事に係わっています。新米ですので印刷の事はよくわかっていません。現在写真の修整をするように言われ、色々と勉強したのですが、かえって頭が混乱してしまい、どういう手順でするのが一番ベストなのか、どうすれば印刷した時の色を合わせることが出来るのかわからなくなってしまいました。どうぞアドバイス下さい。

修正用の写真データは自社でスキャンしたものか、デジカメのデータが直接渡されます。スキャンしたものはTIFFからEPSへ変換して保存され、フォトショップで開くとCMYKデータになっています。デジカメのデータはプロファイルのない場合とsRGBデータの場合とがあります。修整する場合、色域の一番大きいlabカラー、16ビットに変換してからするほうが、画像の劣化がない、と思っています。しかし、一度CMYKやRGBとなったデータをlabカラーに置き換えた場合、その時点で画像は劣化してしまうのでしょうか?(一度欠落した色は復活しないというか・・)そして、labカラーで修整しきれないものはCMYKかRGBに変換して修整し、最終的にはCMYK8ビットにし、プロファイルを埋め込み保存しています。印刷物にする場合、どのカラーモードで修整するのが一番ベストなのでしょうか?簡単なのは最初から最後までCMYKでカラー値をどんどん修整するのが一番簡単ですが・・・。
プロファイルがない場合や自分のパソコンと違っている場合はどうすればいいのでしょうか?それと、私の作成したファイルは印刷屋さんではどのように扱われているのでしょうか?CMYK値は絶対値として扱われているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たぶん回答が付かない理由はlabカラーという単語がひっかかるのだと思います。

確かにlabカラーはプロファイルによって色が変わってしまうRGBやCMYKとは違うカラーモードです。通常RGB~CMYKにカラーモードを変換する場合にもlabを通ってCMYKに置き換わりますが、labですべての画像を補正するというのはあまり聞かないですね。確かにlabは明度のチャンネルLとカラーのチャンネルabに分かれ,abチャンネルのみでも補正となるのでやりやすいとも言えますが・・・でも私がlabに置き換える時は必ずRGB~lab~CMYKという手順でやりますね。labにする理由はabチャンネルにてデジカメのノイズを除去したい場合、またシャープネスをLチャンネルに効かせる事により平面(色)へのノイズを極力少なくする時くらいにか使いません。
またCMYK~lab~CMYKにする場合ですがせっかくスキャナーでスキャナーメーカーのノウハウに基づいたCMYK分解が出来ているのにlabから再度フォトショップでCMYKにすればスキャナーメーカーのCMYKノウハウは台無しになるのはいかがなものかな・・・と思います。
ですから普通はスキャナーで分解した画像は90%はスキャナーで作って補正しても残りの10%をCMYKでやるのが良いと思います。
またRGBであるデジカメの画像は一般的にはRGBで補正します。labが使いやすければlabでやっても良いですけど、補正で一番重要なグレーバランスの調整をlabではやりづらくないですか?
CMYを例えばC20M20Y20で掛け合わせた場合、グレーになりませんよね。少し赤が強いグレーになりますよね、ですからグレーを作る場合C25M20Y20のようにCをやや多めに入れてやる事になります。でもRGBならそれぞれの値を同じにしてやればCMYKに変換した時点でそれが反映されているので考える必要ないですよね。
また16bitにするについては気持ち程度の事しか改善されないと思いますがいかがでしょうか?

「プロファイルがない場合や自分のパソコンと違っている場合はどうすればいいのでしょうか?」
という問はフォトショップのバージョンを聞きたい気もします。なぜならば5.5や6ではEXIF情報が埋め込まれない関係でプロファイルを読み込めずプロファイルが無いと表示されてしまう事があるからです。
あと5.5ではプロファイルにそこそこしか対応していないので開きかた間違うと色違ってしまいますね。
この辺は先方との事前の打ち合わせも必要かと思いますけど私の場合は作業用スペースをsRGBにしてプロファイルの無いものはsRGBとみなし、プロファイルが作業用スペースと違った場合は埋め込みプロファイルで開くようにしています。

「私の作成したファイルは印刷屋さんではどのように扱われているのでしょうか?CMYK値は絶対値として扱われているのでしょうか?」
これは印刷屋さんのスキルにもよるでしょうがCMYKにプロファイルを埋め込む理由が知りたいです。そのCMYKプロファイルってその印刷屋さんの印刷機に特化したものなのでしょうか?プロファイルを付ける=カラーマネジメントしているというのは印刷機がわかってはじめて成立する事だと思いますので日本の標準的なCMYKプロファイルならいいとしてもあまりわけのわからないプロファイルを付けてしまうとかえって混乱を招くようにも思いますがいかがでしょうか?

この回答への補足

詳しく色々とご説明いただきましてありがとうございます。そもそも私の会社には色調補正のプロがいなくてかなり自己流でやっています。labカラーの件は参考になりました。先輩から教わったのは、モニタの見た目、は全く関係ないということです。とにかく画像のCMYKの値をカラーチャートの色に合わせて修整をかけていく、というやり方です。そのため、プロファイルを埋め込まなければせっかく修正したカラー値が変わってしまい台無し、というわけです。でも、印刷屋さんがそのプロファイルを適用してくれていなければそれもまた意味のないことをしているなぁと納得のいかない日々を送っています。プロファイルはジャパンスタンダードv2というのを埋め込んでいますが、言ってみればカラー値が変わらなければなんてもいいんです。でもモニタの見た目と印刷物が一番似通ってるのがこのプロファイルなのでこれで補正をしています。CMYKモードを使う理由も、その方が、ここの青にシアンを10%足す、というようなやり方でやっているのでRGBだとその加減が逆に難しいです。でもカラーバランスはRGBの方がやりやすいのでそちらでバランスとったりもします。(先輩はカラーバランスはとらないそうですが・・・)
フォトショップは6を使っています。スキャナは、これもまた使いこなせる人がおらず、ただ単にスキャンするだけで、色補正は行っていません。スキャンした画像そのものがけっこう色かぶりしているのでそれもまた悩みの種です。
CMYKの値を頼りに修整をかけるやり方、ってどうなんでしょうか?下請けなので印刷屋さんも1件だけではありません。よろしかったらまたアドバイス下さい。

補足日時:2005/12/09 06:55
    • good
    • 0

再度、質問がありましたのでアドバイスさせていただきます。



「モニタの見た目、は全く関係ないということです。とにかく画像のCMYKの値をカラーチャートの色に合わせて修整をかけていく、というやり方です。」

確かにチャートは絶対的なやり方だと思います。昔ドラムスキャナーや色校のオペレーターがチャートを元に色合わせをしていたのを思い出します。
モニタは紙とは媒体が違いますのでシビアに追い込むには難があると私は感じますが、高額なモニタキャリブレーターが発売している事を考えるとモニタでの色合わせも有りかと思いますがいかがでしょう?実際、私もモニタでの色合わせをメインに行っておりますし、印刷物などと見比べてもさほど遜色無いように思います。たださきほども申し上げたようにシビアには追い込めませんのでこの色は刷り上がりはこうなる・・・というような経験は必要になってくるでしょう。ちなみに写真の修整ですよね?地色を近似させるならチャートが手っ取り早いと思いますが・・・

「そのため、プロファイルを埋め込まなければせっかく修正したカラー値が変わってしまい台無し、というわけです。でも、印刷屋さんがそのプロファイルを適用してくれていなければそれもまた意味のないことをしているなぁと納得のいかない日々を送っています。」

プロファイルはジャパンスタンダードv2を使っているという事ですから日本の標準的な印刷に適したものでご本人も納得のもの・・・という事ですから問題ないと思います。
そしてそれを印刷屋さんに持ち込めばフィルム出力の段階(CTP?)でそのプロファイルが無視される事はありませんが印刷側でご自身のモニタとピッタリなものが出力されるとも思えません。これはジャパンスタンダードv2がその印刷会社の印刷機の特性をすべてカバーしていないから仕方ない事です。
また複数の印刷屋と取引しているという事なので標準的なプロファイルを使うのが正解かと思います。(現在のやり方で問題ない)

「CMYKモードを使う理由も、その方が、ここの青にシアンを10%足す、というようなやり方でやっているのでRGBだとその加減が逆に難しいです。でもカラーバランスはRGBの方がやりやすいのでそちらでバランスとったりもします。(先輩はカラーバランスはとらないそうですが・・・)」

グレーバランスって重要ですよ。もしも青にシアンを10%足してその部分の青は原稿に近似したとしても他の赤系は濁りませんか?ですからグレーバランスが揃えば初校の段階では問題ないと思うのですがいかがでしょうか?そしてそれが再校などで赤字が入った場合、全体に赤が強い場合は赤を押さえる補正をしますけど個別の色に関しては特定の色域や色相、彩度で対応するのが無難かと思います。

「フォトショップは6を使っています。スキャナは、これもまた使いこなせる人がおらず、ただ単にスキャンするだけで、色補正は行っていません。スキャンした画像そのものがけっこう色かぶりしているのでそれもまた悩みの種です。」

ただ単にスキャンは良くないですね。グレーバランスを揃えてスキャンしないと後工程辛いですしクオリティーはどんどん下がります。スキャナーにもそれぞれの原稿に応じた特性プロファイル(テンプレート)を作る機能があると思いますので(印刷関係ですからそこそこハイグレードなスキャナーですよね?)最低でもプリント原稿用やリバーサル原稿用や印刷物用と言ったものぐらいは作っておく必要があるとも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

沢山色々と教えていただき、本当にありがとうございます。とっても勉強になりました。自分達のやり方があながち間違っていなかったのもちょっと意外です。モニタを見ながらできると良いのですが、とっても貧乏な会社でモニタキャリブレーション装置を買ってくれるわけもなく、暗~い事務所の蛍光灯のもと、パソコンも古くて、同じ画像を違うパソコンで見るとそれぞれのパソコン全部違って見えてしまうという有様です。スキャナーの件はちょっと頑張ってみようと想います。たしかにすっごく高そうな洗濯機みたいなスキャナーなのに使いこなしていないのはもったいないですよね。ちょっとやる気が沸いてきました。感謝します。(*^_^*)

お礼日時:2005/12/09 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本をスキャンしてHTML,PDFにしたい

本のページをスキャンして、その画像をPDF,HTMLに変換できるソフトを探しています。
よく、複数の画像をPDFにしてひとつのfileにまとめるようなソフトがありますが゛、そういうのではなくて、画像に含まれる“文字”をテキストとして、画像とテキストが混在したPDF,HTMLを作りたいのです。
スキャン画像から文字だけを抽出してテキストファイルにするような機能もほしいです。
何か無料でいいソフトを知っていたら紹介してください。

Aベストアンサー

テキストファイルにするわけではありませんが、読み込んだ画像の文字をテキスト化して埋め込むツールが、スキャナドライバのおまけとして配布されている場合があります。わたしの職場で使っているスキャナに対応していたので使ってみたのですが、画像PDFで文字列検索ができるのでいいですよ。

http://www.i-love-epson.co.jp/download2/readme/1.00/964285.html

QInDesignCS3:画像データのカラーモードをCMYK/グレースケールに設定する方法を教えて下さい。

InDesignCS3で、JPEG画像データをページに貼り付けるとRGBになっています。画像データのカラーモードをCMYKやグレースケールに設定したいのですが、カラー設定が変更できません。
どこで設定したらよいのか教えていただけないでしょうか。
できれば詳細な手順を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Photoshopを使用してください
印刷用のデータを作成されているのならJPGではなくEPSで保存してください

QTrojan.Webkit!htmlに感染したようです。

こんにちは。
今朝、とあるサイトからTrojan.Webkit!htmlに感染してしまいました。
恥ずかしながら、ウィルス対策ソフトは入れておらず、
無料のオンラインスキャンを行いました。(シマンテックのオンラインスキャンです)
2つのファイルがTrojan.Webkit!htmlに感染していると出たので、
駆除しようと思いましたがそのファイルが見あたりません。
フォルダのオプションで全てのファイルを表示するようにしているのですが、
検索をしても見つからず、また
1度目のスキャンとは違う会社のオンラインスキャンを行ったのですが
何も検出されませんでした。
シマンテックのオンラインスキャンは、駆除までしてくれるものでは無いと思うのですが、
何か原因が分かる方、アドバイスをお願いします。
また、Trojan.Webkit!htmlの具体的な症状ですが
調べてもいまいち理解できなかったので、同様にお詳しい方がいましたら、
お教え下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

Trojan.Webkit!html はシマンテックの呼称ですが内容は、ユーザーを有害な Web サーバーへリダイレクトするタグを含むHTMLファイルの事です。
ブラウザのキャッシュ(一時ファイル)ホルダーにキャッシュされています。キャッシュは一定の容量を保ちながら古いものから消去されます。
最近危険サイトを閲覧したという証拠になるでしょう。また、ウイルスファイルや感染を見つけた訳ではないことにも着目しましょう。

言い直せば、
すっかり有名になったGENOウイルスのように、改ざんされたホームページを開くと裏で有害サイトの有害ソフトに接続してしまいます。
その有害サイトが稼動中であれば有害ソフトがダウンロードされ機知の脆弱性を利用して感染を試みます。有害サイトが閉鎖されている場合もあり、その際はセーフです。
ブラウザやAdobe Reader・Flashなどのソフトを最新にしていれば、脆弱性の対策ができていますので、感染を試みられても阻止されていると考えられます。また、VistaであればUAC(ユーザーアカウント制御)が警告を出しますので[続行]してなければ感染していないでしょう。

IEでしたら、インターネットのプロパティもしくはインターネットオプション(同じものです)にてインターネットの一時ファイルを削除してみてください。それでTrojan.Webkit!htmlも削除されます。

この程度で済んでいるようですから、セキュリティの基本であるルーターはご使用と推測します。
学生さんでもあるようですから、お金をかけられない場合にお勧めしているウイルス対策ソフトをご紹介しておきます。
avast! antivirus Home Edition
http://www.avast.com/jpn/download-avast-home.html
60日試用後は、メールアドレスを登録してライセンスキーを送って貰えば1年間無料で使えます。

Trojan.Webkit!html はシマンテックの呼称ですが内容は、ユーザーを有害な Web サーバーへリダイレクトするタグを含むHTMLファイルの事です。
ブラウザのキャッシュ(一時ファイル)ホルダーにキャッシュされています。キャッシュは一定の容量を保ちながら古いものから消去されます。
最近危険サイトを閲覧したという証拠になるでしょう。また、ウイルスファイルや感染を見つけた訳ではないことにも着目しましょう。

言い直せば、
すっかり有名になったGENOウイルスのように、改ざんされたホームページ...続きを読む

Q印刷データ IllustratorでCMYKの%に決め事はあるのでしょうか

現在、知人に依頼されて、パンフレットの印刷データをIllustrator10で制作中なので、知りたいことがあります。

以前に短期間、デザインの個人事務所でアルバイトをしていた時、社長に、
「色は2色以上混ぜるな。5%以下は使うな。」と言われていたことを思い出しました。
やはりこれが常識でしょうか?
他にも色作りのときの、決まりごとと申しますか、
データの色はこうした方がよいとかあればお教え願えれば幸いです。

Aベストアンサー

印刷屋さんがどのような環境なのかにもよります。印刷屋さんにデータ入稿の際の注意点を聞いておかないとトラブルの元ですし、注意点は印刷屋さんによって異なるので「こうすれば大丈夫」という確証はありません。
フィルムで出力して、殖版機で刷版に焼くとすると、5%以下の網点は飛んで消えてしまう可能性がありますが、直接刷版にデータを焼き付けるCTPがあるなら再現できるかもしれません。
4色オフセット印刷では、「インクを乗せるのは300%あたりが限界」と言った印刷上の注意点はあります。印刷実務についての経験がない場合は、なおさら印刷屋さんと打ち合わせすることをお薦めします。

Qアップスキャンコンバータについて

PS2などのゲーム機器を、PCの液晶モニター上でプレイしたいと思い、アップスキャンコンバータの購入を検討しています。

そこで、アップスキャンコンバータを使用されている方にお聞きしたいのですが、実際の画像は普通のTVと比較して、どうなんでしょうか?

現在の環境:TVは昔、MSXを接続していたモニター(ブラウン管タイプ、15インチモニター)にコンポジット入力

PCのモニターは液晶17インチ(ロジテック製、URL:http://www.logitec.co.jp/products/monitor/lcmt172adss.html)です。

アップスキャンコンバータはHORIの「アップスキャンコンバータ2」と言う安価な物を検討しています。(http://www.hori.ne.jp/products/ps2/etc/upscan_2/index.html)

Aベストアンサー

No.1です。
質問文中の「アップスキャンコンバータ2」の製品HPを見ると、中ほどに赤文字で
----------------------------
対応モニター
D-sub15ピン3列 コネクタの付いている VGA対応モニター
----------------------------
とありますので、VGA対応が必須になってくると思います。
HORIのページだと見あたりませんが、アップスキャンコンバータはけっこう液晶モニタはサポートしていないものが多いと思います。(動かないかどうかは、我が家では試せないのでわかりませんが。)

で、前回回答の中で2つ製品を挙げましたが、そちらならOKというわけではないので、ご注意ください。
XRGB-2 PLUSのほうはXGAにも対応しているので、探せばSXGAに対応したものも見つかるかもしれませんね。
問題はだんだん、最初の目的の“モニターを活かす”から頭が離れてしまうところです。
下手すると安いTVが買えるような値段になっちゃいますからね。(XRGB-2 PLUSでもPS2と同じくらいしましたから…)
TV+D端子ケーブルの組合せでもいいんじゃないかって気になっちゃいますからねぇ。

No.1です。
質問文中の「アップスキャンコンバータ2」の製品HPを見ると、中ほどに赤文字で
----------------------------
対応モニター
D-sub15ピン3列 コネクタの付いている VGA対応モニター
----------------------------
とありますので、VGA対応が必須になってくると思います。
HORIのページだと見あたりませんが、アップスキャンコンバータはけっこう液晶モニタはサポートしていないものが多いと思います。(動かないかどうかは、我が家で...続きを読む

QRGB→CMYK

いつもお答えいただいてありがとうございます。
ちらしなどを自分でオリジナルのデザインをし、印刷屋で刷ってもらっているのですが、毎度写真のスキャニングした色合いがうまくいかなくて困っています。
スキャナーはエプソンのGT-9700FでRGBでしかスキャニングできません。これをフォトショップのカラー設定のCMYKをいろいろ試しているのですが、どれも各チャンネルの色が潰れた感じがしてどうしてもベタ色が多くなってしまいます。
印刷屋さんで頼むとCMYK各チャンネルがいつも綺麗になるのですが、この様に綺麗に出すにはどうすればいいんですか?やり方を是非教えてください。お願いします

Aベストアンサー

>印刷屋さん曰く私の作るデータではインキ量や色を刷る順番を考えないと上手く出来ないと言われてしまって。原因は各チャンネルの色潰れの様になっているからということみたいです。

印刷屋さんのいっている事は当たってますが、現段階ではチャンネルの色潰れうんぬんの問題ではないと思います
とゆうのも、RGB→CMYK変換すると色がおかしくなって当たり前です

CMY(K)=色の三原色
RGB=光りの三原色
この事をおわかりですか?
黒を表現しようとするとCMYKならC100M100Y100(K100)かK100で、RGBならR0G0B0です
白ならまったくの逆です
その事から言えば、CMYKで金赤(M100Y100)を表現しようとしても、RGBならR237G28B36とまったく違うカラー情報になってしまいます

印刷は色の三原色(CMYK)が基本です
RGBの知識は意味のない事だと思いますが、現実的にWEBやデジカメの画像を取り扱う事もあるので、RGBとCMYKの知識は必要かな?と思います
caramelboxさんのスキャナーも同じ事ですよね^^;
それでCMYKの基礎知識として、単純な色の掛け合わせを覚えるといいと思います
上にも書きましたがM100Y100=金赤(真っ赤な赤)とかです
人の肌を表現するにはだいたいどの色がどのぐらいの濃度があればいいとかです
それとK版(ブラック)は何故必要か?とかも学ぶといいと思います
その上で、RGBで入力した画像とCMYKで入力した画像の違いが理解できると思うし、変換する時どういった処理をすればいいのか判ってくると思います

>RGBからの変換などを解説しているサイトや書籍ってあるのでしょうか?

変換を解説してるってのはあまりききませんが、DTPの基礎から上級者向けの月刊誌ならあります
「月刊プロフェッショナルDTP」です
情報量の多さもそうですが、カラーマネージメント情報なども載っていますので、一度参考にしてください

>印刷屋さん曰く私の作るデータではインキ量や色を刷る順番を考えないと上手く出来ないと言われてしまって。原因は各チャンネルの色潰れの様になっているからということみたいです。

印刷屋さんのいっている事は当たってますが、現段階ではチャンネルの色潰れうんぬんの問題ではないと思います
とゆうのも、RGB→CMYK変換すると色がおかしくなって当たり前です

CMY(K)=色の三原色
RGB=光りの三原色
この事をおわかりですか?
黒を表現しようとするとCMYKならC100M100Y100(K100)かK100で、RGBならR0G0B0...続きを読む

Qウイルススキャンの速度が一番速いソフトは?(無料で)

ウイルススキャンの速度が一番速いソフトは?(無料で)
ウイルススキャンの速度が一番速いソフトは何ですか?(無料のもの)(検索機能だけのものも含める)
あとBitDefenderは速いと聞いたのでずいぶん前にBitDefenderのコマンドライン版(http://lets-go.hp.infoseek.co.jp/bitdefender.html)をいれたのですかスキャン速度を計ったらAVGのほうがスピードが速いのですがなぜですか?

Aベストアンサー

ファイルの種類、サイズ、ファイル数によって速度は変わってきます。
もちろん、CPU(シングルコアなのかマルチコアなのか)によっても変わってきます(多分)。
なので、どれが早いとは言えません。

セキュリティソフトのスキャン技術はそれぞれ違うので、
ファイルサイズが小さいものは他のソフトより早くても、
ファイルサイズが大きいと遅い場合があります。

私のPCの場合、「Avira」や「BitDefender」がファイル数が多くても早かったです。

QCMYKとRGBが併存しなければならない理由は?

素朴な質問なのですが,画面は光だし,印刷物も光の反射だから,結局光なので,なぜあえて前者をRGBを原色とし,後者をCMYKとしなければならないのか(RGBKでもいいんじゃないのか?と)わかりません。根本的な理由を知りたく,ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

RGB全ての色を混ぜると白になります
CMY全ての色を混ぜると黒になります
(CMYだけではくっきりとした黒に見えないためKを使います)


この時点でお分かりかもしれませんが、印刷物に使われるインクと、直接発光するモニタ等では意味が違うんです

モニターなどの光をまぜてゆくと白くなるものを加法混色といい

インク等の混ぜると黒に近づくものを減法混色といいます


よく考えてみてください

印刷物などのインクは、太陽光があたって、どの色を反射するか で決まりますよね
全ての色要素を含んだ太陽光が物体に当たって、どの色を吸収してどの色を反射することによって何色に見えるか変わる

モニター等はモニターそのものが発光して色がきまります
全ての光が発光すれば、太陽を直接目で見てる状態と同じことがおこります、つまり白く見えます


紙などの印刷物は、どの色要素が吸収されるかによって色が決まる
モニターなどは、どの色を発光させるかで色が決まる

印刷物とモニターでは色決まり方が逆なんです

QPDPのシングルスキャンとは何ですか?

本日3/23にパイオニアが開催した企業説明会で、今年夏に「シングルスキャン法のプラズマディスプレイを市場投入する」と表明したらしいのですが、「シングルスキャン」とはどのような技術なのでしょうか?
これと対になる技術は「デュアルスキャン」だそうなので(下記URL参照)、CRTでいうところの「マルチスキャン」、「シングルスキャン」とはまったく別物のようなのですが。。。

http://www.devicetimes.com/article/2004/06/20040610_02.html

当方、ディスプレイ全般に関して素人なので、ある程度噛み砕いて説明して頂けると大変嬉しいです。
質問しているくせにわがまま言って申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。補足質問に回答します。

>>シングルスキャンは1ラインごとに全ラインをスキャンします。
> 一括で全画素を発光させているものだと思っていたのですが、そうではないのですね。
1度に全画素を光らそうとすると、PDPから沢山の線を引き出す必要が有ります。
ごく原理的に言うと、縦線1本と横線1本でその交点の画素を光らせているのです。
ただし色のことについては無視しています。
これを1ライン同時に発光する方式に拡張しています。
これもごく原理的に言うと、横線1本と縦線1024本で1ラインを発光させて
いることになります。
横線を順番に切り替えていけばラインごとのスキャンが出来ます。

> 全画素一括ではなく、1ライン毎(デュアルスキャンの場合は2ライン毎)に
発光させる理由は何なのでしょうか?消費電力の問題ですか?
消費電力では有りません。上で説明してしまいました。

> 「1画面を上下の2つに分ける」というのは、インターレスのような、
> 偶数ラインと奇数ラインという分け方を意味しているのでしょうか?
> それとも、画面の上半分と下半分という意味ですか?
上の原理説明から類推できるように、もちろん画面の上半分と下半分です。

> 富士通日立プラズマディスプレイ(FHP)が採用しているALIS方式との関連については
> どう理解すればよいのでしょうか?
> 上記のシングルスキャン、デュアルスキャンとは全く別の分類になると
> 理解すればよいのですか?
全く別の分類です。
FHPは原理的にシングルスキャンとでもデュアルスキャンとでも組み合わせて使えます。
電極数を減らしてインターレースをしていますが、最終的なスキャンライン数は
結局普通のものと変わりません。

No.1です。補足質問に回答します。

>>シングルスキャンは1ラインごとに全ラインをスキャンします。
> 一括で全画素を発光させているものだと思っていたのですが、そうではないのですね。
1度に全画素を光らそうとすると、PDPから沢山の線を引き出す必要が有ります。
ごく原理的に言うと、縦線1本と横線1本でその交点の画素を光らせているのです。
ただし色のことについては無視しています。
これを1ライン同時に発光する方式に拡張しています。
これもごく原理的に言うと、横線1本と縦線102...続きを読む

Qillstrator(CS) CMYKにカラー変換できない

illstrator(CS)で印刷物を作成しています。
いざ入稿となり“書類情報”を見てみると、カラーモードがRGBカラーとなっています。
なので、「フィルタ」メニューからカラーをCMYKに変換しようとしたのですが
「CMYKに変換」がクリックできず、カラーを変換することができません。

普段はWEBのものを作成しているためミスしてしまいました。
印刷のためにRGBカラーにするにはどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

選択してないからじゃないでしょうか。
それよりファイルのドキュメントのカラーモードで変換すればイッパツです。
CMYKにしたとき色が変わるので必要なら補正したほうがいいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報