いま世界中でユダヤ人が活躍しています
しかしユダヤ人と言えば、本当はアラブ風(セム語系 ?)の人種ではありませんか
昔トルコの王様がキリスト教かイスラム教に改宗を迫られて、それでユダヤ教に改宗したのが白系ユダヤ人のはじまりだと読んだことがありますが、どなたか詳しく書いてある本か、説明してくださる方はいらっしゃいませんでしょうか
よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  まず、ユダヤ人も含め、アラブ人やイラン人やインド人は、人種的には「白人」に入ります。彼等は「黒人」ではありませんし、「黄色人」でもありません。アラブ人だとかイスラム人だとか、インド人などという「人種」はありません。西欧の白人でも、北欧人やゲルマン人などは、碧眼金髪で肌が白い、またはピンク色の人が多いですが、南欧のギリシア、イタリア、スペイン人になると、目や髪が茶色か黒く、肌も、そんなに白くありません。どこかというと浅黒い感じです。
 
  北欧人やゲルマン人、フランス人などを「白人」だと考えていると、アラブ族や、パレスティナのユダヤ人や、イラン人やインド人は「白人でない」と思えるでしょうが、人種上は彼等も白人です。白人でなければ何人種でしょうか?
 
  次に、東欧系ユダヤ人と、イスラエルが強引に建国した時、パレスティナにアラブ族と一緒に住んでいたユダヤ人は、どうも少し民族系統が違うようです。東欧系ユダヤ人を「アシュケナジ」と言いますが、アシュケナジは、東欧の普通の人や、イギリス・ドイツ・フランスの人たちと比べて、そんなに違った姿をしていません。肌も白いです。他方、アシュケナジでない、パレスティナに古くから住んでいたユダヤ人は、アラブ族のように日焼けしたような肌の色で、目や髪も黒ぽいです。他方。アシュケナジは、白い肌で、青い目の人や、金髪の人もいます。
 
  どうもアシュケナジは、単に、ユダヤから分散した人々というより、少しか、かなり民族が違うのではないかということは、昔から言われていました。「ユダヤ人」の定義というのが複雑で、主に、民族的・血統的なものと、宗教的なものの二つで決まりますが、アシュケナジは、ずっと昔に宗教がユダヤ教だったので、ユダヤ人とされた、別の民族が祖先ではないかと言われています。
 
  イスラエルに関しては、次の用語集を見てください:
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm
 
  また、アシュケナジの起源については、「ハザール王国」という国が、7世紀か8世紀に、カスピ海及び黒海のあたりにあり、遊牧民族のハザール人がいて、彼等が、国をあげてユダヤ教に改宗した後、その子孫がロシアに入り、更に東欧に入って、アシュケナジの祖先になったという説があります。
 
  つまり、アシュケナジは、パレスティナにいた肌がかなり浅黒いユダヤ人とは別の民族だということです。どうも、そう考えると、上でも述べた、西欧・東欧のユダヤ人が、ヨーロッパ現地の人々と事実上区別がつかない理由も説明も付くということです。以下のURLに、「プリェートニェヴァ 『ハザール謎の帝国』新潮社」という本の読書感想が載っています。この本が、東欧ユダヤ人(アシュケナジ)=ハザール人子孫説を紹介しています。
  http://www.horagai.com/www/book/read/read97b.htm
 

参考URL:http://www.horagai.com/www/book/read/read97b.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いままでの疑問がすっきりしました
ありがとうございました
なにかの節はまたよろしくお願いいたします

お礼日時:2001/12/18 08:59

No.1とNo.2の方の補足で、新しい事は何もありませんが…。



>昔トルコの王様がキリスト教かイスラム教に改宗を迫られて、それでユダヤ教に改宗したのが白系ユダヤ人のはじまりだと読んだことがありますが、

No.1の方が既にあげられている言われているハザール人の事だと思います。 参考URLをご覧ください。(尚、私が、そういう説を支持している、というわけではありません。)

>ユダヤ人と言えば、本当はアラブ風(セム語系 ?)の人種ではありませんか

No.1の方の繰り返しになりますが、人種の区分は、大雑把に言って、コーカソイド、モンゴロイド、ネグロイドの3つです。(これに、アウストラロイドを加えて、4区分にする事もあるようですが。)我々がイメージする「白人」とは、コーカソイドの一部です。白人、黒人、黄色人種といった区分の方が、慣れ親しんでいるのは事実ですが、それを使うと、No.1の方が言っているように、中近東の人々がどこにも入らなくなってしまいます。人種の事を考える際には、白人という言い方をすると、イメージに引きずられるので、コーカソイドと考えた方が、わかりやすいと思います。(っていうか、Whiteを人種とするのは、別の意味を持ちかねないので、真剣に人種を語る際には、今は使いません。)それから、言語と人種も、一応別物と考えておいた方が安全ですよ。っていうか、今は、言語系統と血筋を単純に同一視はしない考え方が多いですから…。

そしてなによりも、No.2の方のユダヤ人の定義が、一番現実(=ユダヤ人自身のアイデンティティ)に近いと思います。

尚、御質問の主旨からは、全くはずれますが、アイデンティティとしての「民族」と「血筋」が必ずしも一致しない例は、他にもあるんじゃないでしょうか?(例えば、現代のギリシャ人と古代のギリシャ人。)

ところで、ハザール人が、トルコ系で、かつアシュケナージの祖先だったとすると、そもそもトルコ人って、コーカソイドでしたっけ、モンゴロイドでしたっけ?で、仮にですが、元々モンゴロイドだったとして、8世紀頃のトルコ人ってどの程度混血が進んでいたんでしょう?中央アジアのように、頻繁に民族の移動、征服&被征服、混合が行なわれた地域において、そもそも人種や血筋って、どれほどの意味があるんでしょう…。(中近東も「血筋」のレベルではそうじゃないかな?)
う~ん、今一つわからんなぁ。個人的には、「血筋」の議論って、あんまり生産的じゃないような気がしているんですが…。

参考URL:http://www.hi-net.zaq.ne.jp/buakf907/bun040.htm, …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に色々なことを知ることができました
ありがとうございました
こんごとも、なにかの折りはよろしくお願いいたします

お礼日時:2001/12/18 09:04

 エチオピアから移住してきたユダヤ人は見かけは黒人です。



参考URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/6926/s …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました

お礼日時:2001/12/18 09:03

こんにちは。


「ユダヤ人」って、一般に使っていますが、これは民族をあらわしているんではないんです。「~人」って言う呼び方が、人種の混同を招くんですよね。
ユダヤ教徒=ユダヤ人なのです。だから、元は現イスラエルで発生しましたが、時代と共にいろんな民族の人が信仰し広がっていきました。
だから、肌の白い人もいれば、浅黒い人もいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか、私はユダヤ人と言えば褐色の肌をした人とばかり思っていました
紀元前後のユダヤ人が、そうでしたから
ありがとうございました

お礼日時:2001/12/18 09:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイスラム教とユダヤ教とキリスト教の争い、対立関係は?

宗教の質問はとても難しいのですが、どうしてもわからないことがあり、質問させて下さい。

3つの質問があります。

◆ここ最近、ヒズボラとイスラエルの戦争のニュースを見て思ったんですが、宗教で言うと、イスラム教とユダヤ教が対立していますよね。イスラエルを支持しているのはアメリカですが、ブッシュ大統領はキリスト教の右派だと何かで見ました(ブッシュさんは宗教を利用してるだけかもわかりませんが)

イエスキリストを殺したのはユダヤ教の偉いさんなんですよね。でもブッシュ大統領率いるアメリカはイスラエルと仲がいい。むしろイスラエルが親でアメリカが子供のような関係らしいですが。今は、ユダヤ教とキリスト教は仲がいいんでしょうか?

◆宗教戦争ではイスラム教VSユダヤ教はよく聞くのですが、イスラム教VSキリスト教、もしくはユダヤ教VSキリスト教は聞きません。

基本的に対立しているのはイスラム教とユダヤ教なんでしょうか??

◆アメリカをコントロールしているのはイスラエルとかも何かで見ましたが、ユダヤ人はそんなに頭が良くて、お金と権力を持ってるんでしょうか。大昔、ユダヤ人は金融(金貸し)ビジネスをやっていたらしいですが、その名残でしょうか?

※ネットや本などを軽く呼んだ程度の凄く薄い知識で書きましたので、私の質問の中で、間違っている所があればご指摘下さい。

宗教の質問はとても難しいのですが、どうしてもわからないことがあり、質問させて下さい。

3つの質問があります。

◆ここ最近、ヒズボラとイスラエルの戦争のニュースを見て思ったんですが、宗教で言うと、イスラム教とユダヤ教が対立していますよね。イスラエルを支持しているのはアメリカですが、ブッシュ大統領はキリスト教の右派だと何かで見ました(ブッシュさんは宗教を利用してるだけかもわかりませんが)

イエスキリストを殺したのはユダヤ教の偉いさんなんですよね。でもブッシュ大統領率いるア...続きを読む

Aベストアンサー

1.ブッシュは、キリスト教右派ですが、宗教を利用しているというよりもネオコンや宗教団体に「利用されている」という側面の方が強いでしょう。父親と異なり、彼には「何かを利用する」という才覚はないようです。
ナザレのイエスを処刑したのはローマ総督です。ただし、強行に処刑を主張したのはユダヤ教指導者たちという事になっています(聖書の記述が正確だったとして)。
アメリカがイスラエルと仲がいいとは言い切れません。相互に「利用しあっている」と言えるでしょう。ユダヤ教とキリスト教では「宗教的には水と油」です。イスラエルは「政治的バックボーンとしてアメリカを利用」し、アメリカは経済的・軍事技術的支援をユダヤ資本に依存しています。もっと「ドロドロとした関係」です。

2.イスラム対キリスト教の対立は、十字軍遠征にさかのぼります。イスラムの支配地を制圧した十字軍は「足首まで血に浸かった」といわれています。
ユダヤ教とキリスト教の対立は、ローマによるユダヤ王国占領後、ローマがキリスト教を国教としたときまでさかのぼるのではないでしょうか。亡国の民ユダヤはヨーロッパ各地で迫害されゲットーと呼ばれる居留地に押し込まれたりしました。近年ではナチによるユダヤ人迫害などがありますが、基本的にユダヤ人はどこの土地でも嫌われています(ユダヤ人側に原因がある事も多いのです)。
イスラム、ユダヤ教、キリスト教、そしてそれぞれの会派は「おのおの同士」で対立しています。近親憎悪に近い物がありますが、教えの解釈を巡った対立や、宗教指導者の地位を巡った対立もあります。

3.そうとも言えますが、ユダヤ人たち自身が「ヨーロッパの戦争」に基本的には関与しなかったというのも理由です。彼らはとにかく「自分たちはユダヤ人」と思っていますので、ドイツに住んでいても「ドイツの事には無関心」だったのです。それでいて兵器産業でもうけたりしていた為、嫌われる原因となっています。
ユダヤ人がヨーロッパの戦争を陰で操り、その土地の国民が苦しむ事で潤ってきたという見方をする人も結構いますね。現代でもユダヤ資本の多くは兵器産業に大きく関わっています。

1.ブッシュは、キリスト教右派ですが、宗教を利用しているというよりもネオコンや宗教団体に「利用されている」という側面の方が強いでしょう。父親と異なり、彼には「何かを利用する」という才覚はないようです。
ナザレのイエスを処刑したのはローマ総督です。ただし、強行に処刑を主張したのはユダヤ教指導者たちという事になっています(聖書の記述が正確だったとして)。
アメリカがイスラエルと仲がいいとは言い切れません。相互に「利用しあっている」と言えるでしょう。ユダヤ教とキリスト教では「宗教...続きを読む

Qユダヤ教キリスト教イスラム教の共通点

どなたかユダヤ教キリスト教イスラム教共通点をいくつか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

元々、ユダヤ教が原点です。(ユダヤ教の原点は何か?は割愛)
で、そのユダヤ教を改革しようとして出てきたのがイエスです。
しかし、結局は改革ではなく分離独立という道を選び、その宗教がキリスト教となります。
成立は紀元前後ですね。

イスラム教は7世紀にアラビア半島で生まれた宗教です。
ユダヤ・キリスト両方の影響を受けて成立しました。

よって、ユダヤ・キリスト・イスラームは3つ併せて「アブラハムの宗教」と呼称されます。
お互いがお互いに密接に関係しているので、共通点もたくさんあります。

1・「聖典」の共通

ユダヤ教は『旧約聖書』(ただしこの呼称はキリスト・イスラム教からのもので、ユダヤ教徒自信は単に「聖典」と呼びます)を唯一の聖典としています。

キリスト教は『旧約聖書』にイエスやその弟子の言葉や手紙を収めた『新約聖書』が加わります。

イスラム教は『旧約聖書』と「『新約聖書』の中の4福音書」に加え、ムハンマドの言葉をそのまんま記した『コーラン』が加わります。

2・共通の預言者

預言者とは、予言者とは違い、「神の言葉を預かり伝える人」という意味です。
3宗教とも、この預言者の存在を重視しています。
そして、預言者は一人ではなくて何人もいます。
当然、共通の預言者もいれば、一方は認めるけど一方は否定される預言者もいます。
共通のモノとしては、

アブラハム・ノア・モーセが有名どころですね。
で、そこにイエスが加わるとキリスト教。
さらに、ムハンマドが加わるとイスラム教です。

ユダヤ教は、イエスもムハンマドも認めません。
キリスト教はムハンマドを認めません。
イスラム教はすべて認めますが、最大にして最後の預言者がムハンマドであると主張します。


3・聖地イェルサレム

共通の聖地もいくつかありますが、やはり最大のモノがイェルサレムですね。
まぁ、ユダヤ教の聖地であり、そこから分派・影響を受けて成立したのがキリスト・イスラムの両宗教なので、聖地が同じってのも仕方ないですね。
ただ、イスラム教はイェルサレムよりもメッカの方が重要視されますね。(といっても、イェルサレムの重要性も無視できませんが)

とまぁ、今思いつくのはこれくらいですかね。
最後に注意してもらいたいのは、これらはおおざっぱな解釈・説明で、当然宗派によっての違いもでてきますし、その解釈の違いから互いに争ったりしています。

元々、ユダヤ教が原点です。(ユダヤ教の原点は何か?は割愛)
で、そのユダヤ教を改革しようとして出てきたのがイエスです。
しかし、結局は改革ではなく分離独立という道を選び、その宗教がキリスト教となります。
成立は紀元前後ですね。

イスラム教は7世紀にアラビア半島で生まれた宗教です。
ユダヤ・キリスト両方の影響を受けて成立しました。

よって、ユダヤ・キリスト・イスラームは3つ併せて「アブラハムの宗教」と呼称されます。
お互いがお互いに密接に関係しているので、共通点もたくさん...続きを読む

Qもしもキリスト、イスラム教が無くなってユダヤ教だけになったら?

地球上でユダヤ教オンリーになったらどうなると思いますか?

全く想像つきません。

Aベストアンサー

ユダヤ教の成立過程があって、バビロンの幽囚がある前後では全く考えが異なります。
そもそもユダヤ教オンリーというのであれば、それ以前の歴史でユダヤ人が絶対的勝者になっていたわけで
現在の先鋭的なユダヤ教ではなく、もっと慈悲にあふれる宗教になっていたでしょう。
現実に初期の頃のユダヤ教はその通りです。

前提条件として現在の迫害色の強いユダヤ教が世界に広まるのか、
それとも古代の穏和な時代のユダヤ教が広まるのか、
あるいはユダヤの歴史で迫害はなかったこととしてカウントするのか、
幾ら三流の歴史小説でもその辺の前提条件すらなくしては書けません。

ちなみに現在の迫害色の強いユダヤ教が広まるとどうなるのか。
ユダヤというのは極端な選民主義、つまり我々は神から選ばれた民という思想です。
ですからパレスチナ問題にみられるように、アラブ人を虐待することを当然のことと思っています。

つまり選民主義による超階層社会が出現することでしょう。
イスラエルに住めるものは地上で一番偉く、日本人も含めて全世界中の人が
どうやってそこに辿り着くかが人生最大のテーマになります。

迫害の歴史をカウントするのであれば、白人やアラブ人には報復として
最下層の奴隷階級が用意されることでしょう。
そこへ落とされれば着る物として自由に与えられない家畜の生活を余儀なくされます。

ユダヤ教の成立過程があって、バビロンの幽囚がある前後では全く考えが異なります。
そもそもユダヤ教オンリーというのであれば、それ以前の歴史でユダヤ人が絶対的勝者になっていたわけで
現在の先鋭的なユダヤ教ではなく、もっと慈悲にあふれる宗教になっていたでしょう。
現実に初期の頃のユダヤ教はその通りです。

前提条件として現在の迫害色の強いユダヤ教が世界に広まるのか、
それとも古代の穏和な時代のユダヤ教が広まるのか、
あるいはユダヤの歴史で迫害はなかったこととしてカウントするのか...続きを読む

Qパレスチナ人、アラブ人、ユダヤ人は同一人種?

パレスチナ人、アラブ人、ユダヤ人は同一人種?
「パレスチナ人やアラブ人というのは宗教上の区別に過ぎず、土着のユダヤ人とは人種的に同一」とウィキにありますが、本当でしょうか?
見た目で区別はつきませんか?ユダヤ人(イスラエル人)は白人のように見えますが。
昔に分裂したので、現在は見た目が違ってきているのでしょうか?

Aベストアンサー

ユダヤ人はユダヤ教を信仰する人々と規定されているようです。
これは明確に民族名ではありません。
民族的にはごちゃごちゃもいいところですが、ヨーロッパを流浪した歴史からヨーロッパ系が多く居ます。

アラブ人は民族名です。
とはいえもともとの起源は多種多様で、アラビア語を話す人々が一つの民族と扱われたような敬意です。
アラブ人の多くはイスラム教徒ですが、キリスト教徒やユダヤ教徒も普通に居ます。
なお余談ですが、イスラム教国の第二の総本山みたいなイメージがあるイランは、ペルシャ人です。

パレスチナ人は、イメージとしては台湾人という言葉を想像するといいと思います。
パレスチナという(国に準じるという意味での)地域に(国?)籍を置く人々です。
人種的にはアラブ人で構成されます。


よってアラブ系ユダヤ人という両方の概念を兼ねた存在もたくさんいます。

Qイスラム教徒かイスラム教に詳しい方に質問

さて、私はクリスチャンなのですが

以前に、何処か・・本だったか、なんだったかで
イスラムの教えに

【○○は○○、裁きは神に】

と、言う言葉と<すいませんr、前半解りません>

預言者にある人が
人間だったかに大切なものは何か?と問うて

預言者は二回か三回

【母です】

・・と、答え、三回か四回目に

【父です】

・・と、答えた~と言う内容の物を読んで気がするのですが

とても、素晴らしい話だと思い
ぜひ!詳しく教えてください
一番目の質問の、全内容も教えてくだされば、とてもありがたい

Aベストアンサー

 はい、言語は一つの手段です。
 言語以外で誠実さと謙虚さを受け入れてもらえるのなら。
 ただ、受け取るのは相手です。
 メールで尋ねるなら、まず言葉がすべてです。
 メールによる誤解を解くために飛行機で謝りに行ったこともあります。
 外出が困難な人にインターネットは大きな福音をもたらしました。
 
 言葉に磨きをかければ、あなたの可能性は広がります。

私をキリスト者と呼んだり、信仰がどうこうと言う必要はありません。
 何も信じない人も、尊重されるべき一人の人間です。
 苦しみもがいてあらゆる神に近づいて無神論である人と、
 何も考えたことなく、クリスマスを祝って正月に初もうでに行く人と、
 差別するいわれはありません。
 幸せな人も不幸な人も平等です。
 人を馬鹿にする人も、人を大切にする人も平等です。
 自分が人を馬鹿にしなければいいのですが、そんなつもりはなくても他人が馬鹿にされたと思ったら、私は人を馬鹿にしたことになります。

 私たちのやり取りを、何だか前近代的な人たちの蒟蒻問答だなあと、感じている人も多いと思いますし。呆れて誰もコメントしないのだとも思います。 
 よく悪口を書かれないものだと思います。
 

参考URL:http://www.tokyocamii.org/#giris

 はい、言語は一つの手段です。
 言語以外で誠実さと謙虚さを受け入れてもらえるのなら。
 ただ、受け取るのは相手です。
 メールで尋ねるなら、まず言葉がすべてです。
 メールによる誤解を解くために飛行機で謝りに行ったこともあります。
 外出が困難な人にインターネットは大きな福音をもたらしました。
 
 言葉に磨きをかければ、あなたの可能性は広がります。

私をキリスト者と呼んだり、信仰がどうこうと言う必要はありません。
 何も信じない人も、尊重されるべき一人の人間です。
 苦しみも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報