最新閲覧日:

家内の実家は古い戸建てです。(築70年!!)先日廊下や部屋の壁塗りを左官屋さんに
依頼したところ、100万円の見積もりがきました。それを聞いてマンション暮らしの私はそんなの僕がやりますよ、と安易に応えてしまいました。
ところが実際壁をはがしたところ、土壁が出てきて、ところによっては内部をセメントでなおした場所もあり、手におえなくなってしまいました。廊下(縁側部分)は化粧壁、部屋は聚楽壁、内廊下はしっくい、とまさにわからないことのてんこもり状態です。どなたか詳しい補修の仕方がわかる方がいらっしゃいましたら、教えて頂きたいのですが。
何卒よろしくお願い致します。

A 回答 (4件)

>あれでも優しい方なんでしょうか。


繊維壁は入門です。素人でもベニア板で2-3枚も練習すればカッコがつきますから。1年もやれば(練習していれば)プロで通ります。
下塗りや京壁が本当の力量が試される壁です。最近京壁を塗れる職人が少なくなってきて頭痛い問題です。
    • good
    • 0

自分で塗るなんて無理ですよ。

左官工事は非常に高度な技術を要する仕事だし、たいへんな重労働でもあります。素人には1日中コテを押さえるだけの筋力や体力が無いでしょう。それに、平らに押さえるだけだって難しいのに、ジュラクや漆喰なんて絶対無理。もしその家を長持ちさせたいのならプロに頼みましょう。
    • good
    • 1

近所の職業訓練学校を探してみてください。


その中で.「しゃかん科」があり.かつ.夏期講習又は冬期講習で1日程度塗り方を一般の人に教えている頃があります。
簡単な内容でしたならば.該当学校に出かけて.名前を書けば教えてくれます。
大体.農家の人はここで教えてもらって.土方に出て仕事して.ある程度まともに出来るようになったらば.自宅を直します。この練習の時期に顧客となった所は悲劇です。

ただ.下塗りや京壁(とっくい等せんい壁以外)は.かなり練習しないと困難です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

化粧壁は最初に塗ったのですが、あれでも優しい方なんでしょうか。先が思いやられます。学校の方は早速問い合わせてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 13:48

お困りの様子ですね。

(^^;)

私も、門外漢の住宅関連を勉強する必要があり、家に
関する事柄を速成栽培で勉強したのですが、その中に
左官関係もありました。

で、非常に難しい技術であると同時に、コツが大変多く
ありまして、この限られたスペースで説明できることで
は無理っぽいんですね。

そこで、参考となる本をご紹介します。

【土壁・左官の仕事と技術】
 佐藤嘉一郎・佐藤ひろゆき 著
 学芸出版社 1800円+税 ISBN4-7615-1172-9

 全体の流れも解りますし、種々の仕上げ方法も
 材料と工程を詳しく解説してくれています。



ただ、老婆心ながらご注意を。
この本を読んでも、相当の資材・準備・期間が必要と
なることだけは注意が必要です。
できるなら、プロに任せた方が無難な事ですね.....。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご連絡を頂きましてありがとうございました。
早速書店で見てみたいと思います。

お礼日時:2001/12/14 13:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ