土木工学科の3年生(女)です。橋工学を習っていますがわからないことがあり
ます。

 プレートガーターウェーブプレートの座屈について、
1.等分布加重を受ける単純張りの主応力線
2.断面中央部で主応力線がすい直面と±45度で交差する理由。
3.せん断座屈とはどんな現象か
4.補剛材の働きについて

ひとつでもわかることがありましたら教えてください。
お勧めHPなどもありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ニフティの土木フォーラムにいらっしゃいませんか。


専門家がたくさんいます。
私は水と土が専門だったもので。

この回答への補足

ニフティの土木ホーラムにはどうやったらいけるのですか?

水系の研究室に決まりました。今年1年、お水の花道です(^^;
水と土が専門でいらっしゃるということなので、また質問が出てきたらお願いします。

補足日時:2002/01/07 11:36
    • good
    • 0

すいませんが


プレートガーターウェーブプレート
の定義を教えてくれませんか?

それと
1の加重方向を念のため書いてくれませんか?

この回答への補足

だー(T-T)申し訳ないです。わかんないです。今教科書がないから。
土木工学科のかたお願いします。

補足日時:2001/12/17 11:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q任意断面に作用する垂直応力とせん断応力の考え方がわかりません。

添付している図のAB断面の垂直と平行方向のつり合いが
σl=σxxlcosθcosθ-τxylcosθsinθ+σyylsinθsinθ-τxylsinθcosθ
τl=σxxlcosθsinθ+τxylcosθcosθ-σyylsinθcosθ-τxylsinθsinθ
となるみたいですが、まったくわからないのでかみ砕いて教えていただけないでしょうか?
ちなみにこの手の事が分からない場合、何の知識が足りてないのでしょうか。

Aベストアンサー

rnakamuraさんの説明を補足する図をつくってみました。
(応力)×(面積)で、それぞれの応力を(力)に変換しています。
確かに、σの方向と、τの方向に合わせて、力を分解し、
力のつり合いを考えるのが楽かと思いますが、
もしかすると、力のつり合いの調べ方が怪しいのでしょうか?

σ方向について、σの方向を正とすると、
σ*l*z+(-σxx*lcosθ*z*cosθ)+τxy*lcosθ*z*sinθ+・・・=0
が元のつり合い式ですから、移項して、τxyの項はマイナスとなりますね。

Q斜面の垂直応力とせん断応力に関する問題で困っています。基本的な問題かも

斜面の垂直応力とせん断応力に関する問題で困っています。基本的な問題かもしれませんが、どうかよろしくお願いします。

図のような軸に垂直な横断面(断面積 A=1000mm^2)に対し、Ф=72°傾斜した斜面で接合した部材が引張り荷重P=1.2kNを受けている。接合面に作用する垂直応力とせん断応力を求めよ。

Aベストアンサー

接合面での垂直応力σは斜面に垂直な向きに働きますよね?
このσを,荷重Pで引張ってる方向とそれに垂直な方向に分解します.
引張ってる方向はσcosφ,
それに垂直な方向はσsinφ
になりますよね?図を描いて確認してください.

一方,せん断応力τは斜面に沿う向きに働きますよね?
こっちも同じように分解すると,
引張ってる方向はτsinφ,
それに垂直な方向はτcosφ
になるはずです.

これで力の釣合を考えます.
引張ってる方向は,
σcosφ+τsinφ=P/A (1)
それに垂直な方向は,
σsinφ+τcosφ=0 (2)
式(1)と式(2)を連立させれば,σもτも求まると思います.

Q中実軸に働く最大せん断応力の問題で。

当方、機械工学を勉強し始めた社会人です。

問題集を解いていてどうしても解説どおりの計算結果にならないため
どなたかご教授願えませんでしょうか。

直径40mm、長さが350mmの中実軸があり、左端で固定され、右端に直径300mmの円盤が接続されている。
円盤上の二点で接線方向にそれぞれ逆向きに荷重2KN が作用しているとき、中実軸に働くせん断応力のおよその値はいくらか。
---------------
図示できないため補足しますが、円盤上の二点は円の最頂点に右向きに2KN、最下点に左向きで2KNが作用しています。

解説には
トルクTを T=2.0×10~3×0.3×2 で求め・・・(1)
τmax=(16T)/(πd~3)にd=0.04を代入し、約48MPa

となっていますが
自分がやると約二倍の値が出てきます。
(1)式はT=Frを使うことは解っているのですが
最後の×2の意味が解りません。円盤状の二点に2kNを作用させているから
二倍させているのでしょうか。

解説が間違っているのか、自分の勘違いなのかご指摘いだだきたいと
思います。

当方、機械工学を勉強し始めた社会人です。

問題集を解いていてどうしても解説どおりの計算結果にならないため
どなたかご教授願えませんでしょうか。

直径40mm、長さが350mmの中実軸があり、左端で固定され、右端に直径300mmの円盤が接続されている。
円盤上の二点で接線方向にそれぞれ逆向きに荷重2KN が作用しているとき、中実軸に働くせん断応力のおよその値はいくらか。
---------------
図示できないため補足しますが、円盤上の二点は円の最頂点に右向きに2KN、最下点に左向きで2KNが作用していま...続きを読む

Aベストアンサー

車のハンドルは片手で回すよりも両手を使ったほうが楽ですから、
質問者様の解釈で合っています。しかしよく見ると
>T=2.0×10~3×0.3×2
この0.3は円盤の直径ですから、ここは軸からの距離である半径0.15とすべきですね。
でもなぜか48MPaは合ってます…。

今回のような直径dの両端に同じ大きさFで逆向きに働く力のペアを偶力といい、
そのトルクはT=Fdで表されると書いてある教科書もあります。
結局Fd=Fr×2ですから同じことなんですが、
解説を書かれた方はもしかするとFdを使ったつもりが誤ってさらに
2倍してしまったのかもしれません。

今回のような問題は片手で回すだけでは軸が曲がってしまうため
偶力(両手)で回して曲げモーメントを打ち消しています。

Q せん断力、せん断応用力、せん断抵抗力について

 せん断力、せん断応用力、せん断抵抗力それぞれの意味、
計算式又は方程式を教えてください。

大学に行っていない素人ですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

せん断を利用して物を切断する場合、その材料の断面積Aとせん断強さ(応力)τuが既知であれば、
P>τu・Aのせん断力Pを作用させればせん断で切断されることになります。
材料の強さについては次のURLをご覧下さい。
http://ms-laboratory.jp/strength/st_top.htm

Q純粋せん断応力状態とは?

 純粋せん断応力状態を考えているのですがよく分かりません。3次元の応力テンソルで考えた時に
 σx=-σyで σz=0 でτxyだけが作用する状態を指しているらしいのですが、σx=-σyという所が理解できません。どなたか分かる方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

例えば,ある立方体の上下方向(Y方向)に圧縮力(-σy),左右方向(X方向)に引張力(σx)が同時に作用し,その絶対値が等しい(σx=-σy)と言うことです。図示すると

     -σy
     ↓↓↓
     ---
   ←|   |→
σx ←|   |→ σx
   ←|   |→
     ---
     ↑↑↑
     -σy

と言う状態です。

詳しくは,
チモシェンコ「材料力学 上巻」鵜戸口,国尾訳 東京図書(2000)
などの材料力学の書籍をご覧ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報