危険運転致死罪、というのができたということなのですが、
そもそも、運転免許を取得する時点で、車は走る凶器であること、年間1万人の日本人が交通事故で死んでいること、飲酒は危険であること、みんな納得した上で運転している(塩爺みたいに「忘れました」というやつは更新できない)わけですから、それを知りながら、飲酒運転や暴走によって人を死なせるのは「未必の故意」による殺人罪にならないのでしょうか。

町なかを刀を抜いて走り回るより、車の方が危険だし、じっさいに刀で切られて死ぬ人は何人もいない。「殺すつもりはなかった」といっても刀で死なせたら殺人で、車で死なせたら殺人でない、という区別の根拠がわかりません。

あえて、「致死罪」をつくることで、かえって罪が軽くなるような気もするのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 未必の故意は、科刑上、故意と同等に扱われますから、その判断は厳格になされる必要があります。

殺人罪であれば、「自分の行為によって人を殺してしまうかもしれないが、それでも構わない」と認識することを要します。ご質問にあります、飲酒運転や暴走等の無謀な運転をする者の中には、たしかに上記のような認識を抱きつつも、そのような行為に及ぶ者も存在すると思います。このような者に対しては、未必の故意を認めて、殺人罪を適用することは、理論上も問題ないでしょう。ただ、飲酒運転や暴走等の無謀な運転をする者の多くは、「自分の行為によって人を殺してしまうようなことはないだろう」と認識しているはずです。このような、無謀な運転をしてはいるが、人を殺してしまうというほどの認識までは抱いていない、という者に対して、未必の故意を認めて殺人罪を適用するのはいささか横暴です。

 問題は、殺人罪の未必の故意を抱いているかどうかをどうやって判断するかということです。これがたとえば、ご質問にあります、刀を振りまわす行為であれば、客観的に判断して、彼には殺人罪および傷害罪に関する未必の故意があったと言えます。刀を降りまわしておきながら、「人を傷つけるつもりはなかった」という抗弁は認められないでしょう。しかし、これが車の運転であった場合、その行為(車を運転すること)自体は、たしかに危険な行為ではありますが、社会上認められた正当な移動行為です。車の運転をしている者すべてに、殺人罪や傷害罪の未必の故意を認定することは問題がありますし、実際上も不可能でしょう。

 飲酒運転によって命を奪われた者の無念は如何ばかりかとは思いますが、飲酒運転という行為そのものは多くの人が行っている行為です。この人たちすべてに、殺人罪の未必の故意を認定することはできないでしょう。これを認めてしまうと、飲酒運転で事故を起こした者すべてに殺人罪もしくは傷害罪が成立してしまいます。お酒を飲んで車を運転することは、非常に危険な行為であり、慎むべきことは言うまでもありません。しかし、だからといって、この行為に殺人罪と同等の危険性を認めることはどうでしょうか。少し行き過ぎの様に思います。

 殺人罪が成立しないとしても、以前の最高刑5年の業務上過失致死傷罪では、悪質な交通事故に対して対応できないことは私も十分に認識していました。今回の改正は実に妥当なものであると思います。しかし、危険運転をしたというだけで、最高刑死刑の殺人罪が適用されるのはやはり行き過ぎだと思います。交通事故は、被害者も苦しいですが、加害者も苦しいはずです。自業自得といえはそれまでかもしれませんが、車を運転している以上、いつ誰が起こしてもおかしくないような犯罪です。今回の改正の原因となった事件は私も知っています。多くの国民が、この加害者に対して酌量する必要などないと感じたと思います。しかし、交通事故を起こす加害者の多くは、ごくありふれた、どこにでもいるような人たちです。「うっかり」でやってしまったのです。過失であることを考えれば、やはり刑罰のバランスを考えるべきではないでしょうか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「刀を振り回す」というのが、時代劇で敵陣につっこんでいくようなものであれば、切ることが目的ですから「未必」なしに「故意」になるとおもうのですが、誰も狙わず、ただ振り回して人込みの中を走りまわった場合、とお考えください。

過去の質問もみたのですが「死ぬかもしれない」と認識した上で実行に及ぶのは「未必の故意」だそうですが、運転免許を取得・更新する場合に、「飲酒は事故の元である。毎日悲惨な事故を起こしている。被害者も加害者もたいへんなことである」というのはさんざん教え込まれているわけです。
ただ、聞くだけで納得しなくても免許はもらえる、ということであれば、免許を与えるほうがおかしい。
(刀であれば、許可がいるけれど、刀の許可のために教習所通いも更新のための講習もないし、包丁であれば許可も要らない。「包丁で人を刺したら死ぬとは思わなかったなあ、」ということは通用しなけれど、実際には身の回りで包丁で刺されて死んだ人は殆どいません。車で死んだ人はいます。)
集団暴走なんて、刀よりよほど危ない。

実際の量刑については、それぞれの場面で考えればいいと思うのですが、最初っから刑事犯罪として立件もしない、というのが理解に苦しむところです。
いちいち損なことで犯罪者を増やしていったら、社会が動かないから、大目に見よう、というのが原則なのでしょうかね。

お礼日時:2001/12/22 17:11

 私もおっしゃることはその通りだと思います。

日本の行政、司法の諸制度は、車社会をいかに円滑に維持するかのみに心を奪われ、飲酒運転が引き起こす悲惨な事故をどうやって減らすかということについては、あまり興味を示さないのではないかとすら思ってしまうほどです。

 私の個人的印象にすぎないのかも知れませんが、日常の生活の中でも、あまり事故防止とは関係ないような警察の取り締まりはよく見る一方、飲酒運転を防止するための取り組みはそれほど熱心ではないと見受けられます。繁華街周辺で取り締まりをすれば、みんな気をつけるようになると思うのですが。

 もっとも、そのような取り締まりを強化すればするほど、飲み客は減るので、今度は飲食業界の方から悲鳴が聞こえてくるわけです。特に年末のこの時期、国全体の景気動向にも影響を与えかねないとあっては、多少の死人が出てもそう取り締まりを強化するわけにはいかない、という判断が当局のどこかにあるとすれば、首をかしげざるを得ないと思います。そう考えたくはありませんが、行政機関は、そのジレンマの中のどこかでバランスをとっているのかもしれません。

 また、ただでさえ犯罪が増加し、刑務所は満杯状態と聞きます。交通犯罪であれ、なんであれ本来なら刑務所にいくべき犯罪者が弁当(執行猶予)もらうなどして娑婆にあふれているのは、そのようなことが背景にあってのことだという噂もあるくらいです。

 この問題は運転者のモラルの問題と言うよりは、ある意味、行政や司法の機械的な姿勢が現在の状況に明確に反映した姿にすぎないと、私は感じています。殺された方はたまったものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
感情的には、飲酒運転に甘い、というのは、とくに被害者の皆様には強く感じられることだと思います。

「飲んで乗る」ことが人命に関わることだ、という認識ができないような運転者に免許証が与えられることが間違いだろうと思います。

取締側として、罰則は裁判所の決めることですので、いくら検挙してもどうせ・・・、という意識があるのかどうか。(免許取り消しになれば運転はできなくなるのだから、被害は防げるわけですが、時々、警察官が捕まっているからなあ。もみけしもあるだろうけど)

お礼日時:2001/12/22 16:51

 たしかに、建て前上はそういうことになってます。


 でも実際にはそんなことはありませんからね(^_^;

 昨日のことなんですが、「運転中はピリピリしてるね」と言われたんです。
 これは当然のことで、俺は運転は命張ってやるもんだと思ってるからです。黄色信号に進入するだけで冷や汗ダラダラもんです(^_^; 自分なりには、安全に細心の注意を払ってるつもりなんですが、でもそれでも実際やばかったことあって、もう2度とやらんと思ったこともありましたもん。

 でもそんなこと全く考えてなく、本当に「足」と同じように考えてる人がいるのも事実ですから。
 大手チェーンの居酒屋が駐車場を完備してるような世の中ですから、ドライバーの意識を高めるために出来た法律と思ってるんですが、どうでしょうね。
 いつの世の中も、法律というのはごく少数の悪者が原因で改正されるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ピリピリしてあたりまえなんですよね。

車が売れないと自動車産業は困るし、車で買い物に来るお客がいないと、百貨店も飲食店も困る。

そこそこ注意してうまくやってくれ、という警告なのかもしれません。

お礼日時:2001/12/22 17:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q続・癖の意味?

 あなた(女性)はキスをするとき眼を閉じますか?・・・たぶん多くの方はそうされるでしょう。

 では男性とベッドをともにしているときはどうですか?以前の彼女がそうでした。そのとき何を考えてるのでしょうか、無意識?神経を集中するため?まさか元彼のこと・・・?

 パターンも (1)前偽のときから(2)彼と一つになってから(3)登りつめるとき の三つありますがとくに(1)、(2)の場合が知りたいです。(目をつぶったままということです)

 今の彼女は目を閉じたりお互い見つめあったりですごく一体感がありますが、男性の方も目を閉じられるとどう思うかも併せてお聞かせください。

(前回の質問は締め切って10日以上たってから表現が不適当とのことで削除されましたが、今回の内容でもダメ?)
        

Aベストアンサー

女性です。

前戯のときから目を閉じます。
見詰め合っていられるなら目を開けてますけど、
私の相手はさわっているときも目を閉じてしまわれますので……顔見ててもいいんですけどね。

目を開けてると余計なものが目に入って妙に冷静になってしまい、スキンシップに集中できなくなります、私は。
目を閉じたほうが遮断される感じがします。

……あんまり回答になってませんね?(汗)

Q危険運転致死傷罪と過失致死罪、一事不再理の関係

亀岡死傷の交通事故でも問題になっている
重大事故時での、危険運転致死傷罪、業務上過失致死罪
どちらで起訴するかについてです。

この時の課題ですが、危険運転致死傷罪で起訴しても
この罪が適用されない場合、再び業務上過失致死罪で
起訴できないという事です。
ここで疑問に持ったのが、2つなのです。

1.本当に業務上過失致死罪に問えないのでしょうか?
 一事不再理が適用されると聞いたのですが、本当ですか

2.殺人罪の場合どうなんでしょうか
 ひとを殺して殺人罪で起訴されても、
 殺意がなく、業務上過失致死罪レベルの場合、
 無罪ではなく、殺人罪での幅を持たせた
 刑罰(死刑~禁固XX年)から刑罰をあたえますよね?

 それならば、まずは危険運転致死傷罪で起訴して、
 そこから最高20年から禁固XX年を科す事が
 できないのでしょうか。
 
 それとも危険運転致死傷罪と業務上過失致死罪の関係は
 泥棒した人を窃盗罪でなく殺人罪で起訴するくらい
 大きな隔たりがあるのでしょうか

Aベストアンサー

刑事訴訟法の教科書に必ず出てくるテーマですね。
No.1の方もサラっと書いておられます「訴因」がキーワードです。

分かりやすく殺人罪を例に挙げますと、「甲がAを銃で撃って死亡させた」という事実があるとします。
これは自然科学的な事実であり誰の目にも変わることはありません。
しかし犯罪というのはそこに主観―すなわち甲の意思・Aの意思.―その他を重ね合わせて評価したものです。
(1)甲が殺意をもってAを撃った→殺人罪
(2)甲はAにケガを負わせる意思で足を撃ったところ、当たり所が悪くAは死亡した→傷害致死罪
(3)Aに「殺してほしい」と頼まれた甲がAを撃った→嘱託殺人罪
(4)甲が銃の手入れをしていたら暴発してAに当たった→過失致死罪
というように1個の自然現象について4種の評価が成り立ち得るわけです。
この時もし「それぞれ罪名から違うから一事不再理は及ばない」ということになれば、Aは最大4回も裁判を受ける羽目になります。
そんな馬鹿な話ありますか!?
(1)~(4)は罪名(=訴因)こそ違えど背景にある事実は同一なのですから、一事不再理が及ぶと解すべきなのです。
これと同じことが危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死罪についても言えます。

もうひとつ大事なルール。
検察が起訴した訴因より重い判決を下すことはできません。
たとえば検察は(2)傷害致死罪で起訴したのに、裁判所が甲の殺意を認定して(1)殺人罪とすることはできません。
逆に軽く認定することはできます。
裁判の途中で検察が「やっぱ(1)殺人罪やめて(2)傷害致死に変更します。」と言うこともあります。(訴因変更)
じゃあ検察はとりあえず一番重い訴因で起訴しとけばいいんじゃないの?って話になりますが、さすがにそれは検察が馬鹿と思われるのでやりません。
自分たちが立証できそうだなと考える範囲で訴因を決定します。

分かりやすく書いたら長くなってしまいました。
理解の助けになれば幸いです。

(おまけ1)
>重大事故時での、危険運転致死傷罪、業務上過失致死罪
自動車事故は「業務上過失致死罪」ではなく「自動車運転過失致死罪」に変わりました。

(おまけ2)
>ひとを殺して殺人罪で起訴されても、
>殺意がなく、業務上過失致死罪レベルの場合、
>無罪ではなく、殺人罪での幅を持たせた
>刑罰(死刑~禁固XX年)から刑罰をあたえますよね?
殺意がなかった場合は業務上過失致死罪に罪名を変更した上、業務上過失致死罪の刑罰の範囲内で処断します。
殺人罪のまま刑罰を軽くするわけじゃないですよ。

刑事訴訟法の教科書に必ず出てくるテーマですね。
No.1の方もサラっと書いておられます「訴因」がキーワードです。

分かりやすく殺人罪を例に挙げますと、「甲がAを銃で撃って死亡させた」という事実があるとします。
これは自然科学的な事実であり誰の目にも変わることはありません。
しかし犯罪というのはそこに主観―すなわち甲の意思・Aの意思.―その他を重ね合わせて評価したものです。
(1)甲が殺意をもってAを撃った→殺人罪
(2)甲はAにケガを負わせる意思で足を撃ったところ、当たり所が悪くAは死亡した→傷害...続きを読む

Q癖(くせ)

癖(くせ)
どう言うくせ?貴方は
教えて下さい
お願いします

Aベストアンサー

手を何度も洗う

Q運転手が危険運転致死罪のとき、同乗者の罪は?

限界まで酒を飲み、代行を頼む金がなかったからと運転した男が、危険運転致死罪で起訴された、というニュースを聞きました。
この車には同乗者がいたと思うのです。そこでお訊ねしたいのは、この同乗者にはどの程度の責任が問われ、どういった罪名でどの程度の量刑になるものでしょうか。
そして、運転をやめるように言った場合(やむを得ず、または心配でほっておけず同乗)と、大丈夫だろとけしかけた場合とでは、違ってくるでしょうか。情状酌量の余地はあるのでしょうか。
自分で調べようとしたのですが出来なかったので、どなたか教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

裁判は前例が結構効力を持つのでこちら↓はどう?

http://response.jp/issue/2003/0509/article50772_1.html

>どんなに制止してもやめなかった場合とか、どうなんだろう、夫婦だったら?

どんな事をしてでも制止しなければいけないのです。
もし、知人がそうなったら荒縄で縛ってでも止めて下さい。
当然背負う責任です。
放棄する事は許されません。

事が起こってからでは遅いんです。
運転させた以上は、死んで来い/殺して来いと言っているのと同じです。

参考URL:http://response.jp/issue/2003/0509/article50772_1.html

Q自分でもわからない 不思議な自分のくせ 私の癖で、足の裏 特に土踏まずを触りたくなり たまに指で触っ

自分でもわからない
不思議な自分のくせ          
          
私の癖で、足の裏
特に土踏まずを触りたくなり
たまに指で触ったり
突起物に土踏まずを
押し付けたりするくせが
あります。
よく、どうして触ってるんだろう?
と思いますが、ネットで調べても
ましてや周りに理解者もおらず、
変な自分のくせと思ってますが、
なんで触りたくなるのでしょうか?
(´・c_・`)
詳しい方は教えてください。

Aベストアンサー

土踏まずだけでなく、足の裏にはツボがあります。土踏まずは、胃腸関係じゃなかったっけ?
胃腸の具合が悪いとかない?
フィットネスジムではストレッチの前に、足ツボ押すように言われた。少なくとも、いい癖だと思うよ。
自分も毎日一度は足ツボ押してます。意識してだけどね!

Q危険運転致死傷罪の未熟運転とは?

京都府亀岡市で無免許運転の自動車が集団登校の列に突っ込み、生徒と保護者が死傷した事故の判決が報じられている。無免許運転であったが車を運転する技能があったので未熟運転致死傷罪に該当しない、したがって危険運転致死傷罪は適用されないとのことである。法律の専門家もマスコミも運転免許制度について、きちんと分かっているのか疑問に思う!。
運転免許は運転する技能が一定レベルであること+道交法など関連法律や運転時の心構えなどを習得する、いわゆる学科試験の結果の両方が求められている。いくら運転テクニックが上手でも道交法など知らないことは未熟運転者ではないのか?
誰も、このことを指摘しないのが不思議でならない。皆さんは、どう思われますか?

Aベストアンサー

亀岡の事故が危険運転致死傷罪に該当しないのなら
所詮法律は人が作ったものですから、
法律を変えるべきだと思いますが、
こういう声が、大きくならないと政治家は動きません。
政治家がその気になれば、法案をすぐに通して
施行することが出来るはずですので政治家選びが大事ですね。

ストーカー対策法だったと思いますが、メールでの脅迫は該当しない?等
何かの穴があったように思います。

また法治国家であるのですから、法律に縛られて・守られて生活していますが、
憲法を始め、現実に即していない穴が多い法律を後生大事にするより
法律の穴を埋めていくことが重要だと思います。

Q噛み癖があります… 私は話すことが 好きなくせによく噛みます… 明日面接で受け答えが できるかよりも

噛み癖があります…





私は話すことが
好きなくせによく噛みます…

明日面接で受け答えが
できるかよりも
いつも通り噛んでしまうのでは…
と不安です(′・ω・`)

面接で噛むと
印象悪いですか?

噛んでも笑顔で
落ち着いて話せば大丈夫ですか?

Aベストアンサー

話す事が好きなのに噛みやすいって無意識に話急いでいるのかも知れません。
その辺りを意識してリズムを保つ様にしていけば良いと思います。
面接ではあまりの噛み噛みでは印象は下がるでしょうから、噛まないようにするには前記したリズムを保つ事を意識してしっかりと
話す様にすれば良いと思います。
面接の前に深呼吸して呼吸を整えましょう。

Q危険運転致死傷罪について

昨今飲酒運転がよく問題になっています。
208の2に危険運転致死傷罪があるのですが、これと同罪の対象となるような危険運転とはどのようなものがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

小さな子供が飲酒運転に追突される事故などがきっかけで新しい項目できましたが、現場や検察は適用に慎重です。人権保護の観点から適用条文選ぶのはいいですが、そうでなく有罪にできないと本人の成績査定に響くので確実に有罪にできる罪名選ぶみたいです。
ゴミ箱や他人の土地に放置する自転車などを占有離脱物横領で摘発する(乗り回していると確実に引っかかる)のは、名目は盗難車かもしれないだがアパートの住人が転居で放置は盗品じゃないこと確実でも引っかかる。おまわりさんの成績あげるのに役立つからです。

見せしめで適用されて本人も本人の会社も世間体気にして争わないのを除けば無罪判決が多い。拡大解釈、不公正な運用されると国民の基本的権利が侵害されるある意味危険な法律です。廃止してもいいくらい。

そうではなく単なる飲酒運転の罰則強化がいいと思う。逃げればひき逃げだが、飲酒事故より罪軽いなんておかしいです。(あとだと飲酒運転は自白しなければばれない)
公務員の飲酒摘発は共同通信の推測では実数の3倍あるみたいです。地方だと行政と権力機関は持ちつ持たれつだから現場でアルコール検査しなければ信号無視などになるが飲酒運転にはならない(おいおい)。
飲酒運転者をクビにできない自治体多いし、飲酒運転で懲戒免職解雇は処分重いと言い出すだらしない公務員や金もらえば何でもする弁護士いると地方自治否定の「処分軽減」出てくる。

技術的には可能だから飲酒人身事故者すべてと飲酒運転摘発公務員はアルコール検知機付き車両買わせてもいいくらいです。(外国ではすでにエンジンかからない車を市販)

小さな子供が飲酒運転に追突される事故などがきっかけで新しい項目できましたが、現場や検察は適用に慎重です。人権保護の観点から適用条文選ぶのはいいですが、そうでなく有罪にできないと本人の成績査定に響くので確実に有罪にできる罪名選ぶみたいです。
ゴミ箱や他人の土地に放置する自転車などを占有離脱物横領で摘発する(乗り回していると確実に引っかかる)のは、名目は盗難車かもしれないだがアパートの住人が転居で放置は盗品じゃないこと確実でも引っかかる。おまわりさんの成績あげるのに役立つから...続きを読む

Qこんにちは!日本人のくせに、この日本語の意味が分かりません(汗)"有用な慣例が普及した。"

こんにちは!

日本人のくせに、この日本語の意味が分かりません(汗)

"有用な慣例が普及した。"

これを使う時のシチュエーションも載せていただけるとありがたいです。
どうかお助け下さい!

Aベストアンサー

有用:役に立つこと
慣例:法律や規則で決まってるわけではないが、皆が守ってる習慣
普及:広まること
↓こんな感じ
・都会の通勤ラッシュ時には乗客が整然と列を作って並ぶという有用な慣例が普及した。
・我が校では始業の15分前に各自が席に着き自習をすると言う有用な慣例が普及した。

Q危険運転致死罪と京都の車暴走事故

以前気になった質問で、京都の車暴走事故の話があったのです。続きが気になったのですが締め切られていました。この質問です。
裁判長は求刑以上の判決を出せる?その逆は?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7481914.html

あれだけの大惨事でしたから、検察は危険運転致死罪で公訴すべきなのに、最高刑が懲役7年の業務上過失致死で起訴した話です。
どうみても検察の怠慢起訴だって批判は多かったのですが、morizou02さんは一人だけ、「構成要件にあたらないからやむ得ない」と主張していたんですよね。その時何言ってんだと思いました。

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20120523000021
亀岡事故1ヵ月 遺族ら法改正求め連携

でも、この記事をみると、法律のほうに欠陥があって、morizou02さんの指摘がどうも正しかったというのはわかってきたのです。
しかし、なぜ無免許運転による危険運転が、危険運転致死罪の構成要件に該当しないのか釈然としないままなんですよね。morizou02さんの指摘だけだと。だれか詳しく教えてください。

以前気になった質問で、京都の車暴走事故の話があったのです。続きが気になったのですが締め切られていました。この質問です。
裁判長は求刑以上の判決を出せる?その逆は?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7481914.html

あれだけの大惨事でしたから、検察は危険運転致死罪で公訴すべきなのに、最高刑が懲役7年の業務上過失致死で起訴した話です。
どうみても検察の怠慢起訴だって批判は多かったのですが、morizou02さんは一人だけ、「構成要件にあたらないからやむ得ない」と主張していたんですよね。その時何言っ...続きを読む

Aベストアンサー

 構成要件については、政府解釈が国会答弁があるから・・・それが原因ですよ

 
 http://blog.goo.ne.jp/GB3616125/e/5fd1234f6601cf …


 国会答弁で解釈を変更すれば・・それで問題なく適応可能だと考える


 さっさと誰か国会で質問して解釈変更させろ


 民衆党 政権辞めてくれ・・・


 糞民主党&国会議員よ・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報