最新閲覧日:

溶接工の仕事をしようと思っています。
そこで、アルミ・ステンレスのMIG・TIG溶接をするみたいなのですがMIG溶接は、(ワイヤーを使う半自動溶接で)TIG溶接は、手で溶接するアルゴン溶接の事なのでしょうか?教えて下さい、宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

その通りです。



MIGは『Metal Inert Gas』の略です。芯線(溶接棒)が電極を兼ねています。芯線はドラムに巻かれた状態でセットされており溶接をはじめると自動的に供給されるので半自動という名がつけられていますが、イメージとしては勝手に溶接作業ができるというものではありませんのでお間違えのないように。片手で作業可能。

TIGは『Tungsten Inert Gas』の略で電極にタングステンを使い、溶接棒は手で持ち供給します。両手を使い作業します。

TIG溶接はMIGに比べると数段難しいです。
一般人として回答していますがどちらも一応の経験はあります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
やはり、思ってたとうりですね。改めてTIG,MIG溶接出来ますか?
なんて聞かれると、専門知識ないもので、なに溶接の事言っているのか
解らなくなってしまって・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/17 17:57

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ