1996年4月に両行は合併しましたが
そのとき、株式の割合は何対:何
で合併したのでしょうか。

忙しいところ、申し訳ありませんが
ぜひ、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

佐賀新聞(参考URL)の「記事データベース(無料)」で調べたところ、1995年4月4日の「三菱銀行と東京銀行、合併10月で覚書調印」


という見出しの記事の中で

「合併比率は三菱1対東銀0.8で、東銀の株式1株に
対し三菱銀の株式0.8株の割合で交付する」
「また三菱銀は合併比率を微調整するため
1株に対し0.05株の割合で新株を無償交付する」

とあります。
http://www.saga-s.co.jp/pubt/ShinDB/Data/1995/04 …

参考URL:http://www.saga-s.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
本当に助かります。

お礼日時:2000/12/14 07:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式交換と合併

企業結合において、
合併ではなく、株式交換の処理を取ることによるメリットってどのような所にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも株式交換・株式移転は100%子会社(完全子会社)をつくるための法技術です。つまり少数株主を排除して親会社が完全に支配することにより、迅速な経営、簡易な手続きで事務処理ができるようになります。株主と経営者の利害が完全に一致します。
合併の場合は少数株主も原則として新会社の株式を割り当てられてしまうので排除できません。
また、株式交換の場合、完全子会社といえども親会社とは別法人なので独立した会社なので買収される会社の経営陣も受け入れやすいというメリットがあります。株式交換もあくまで友好的買収なので相手側経営陣の賛成が必要になります。基本的に合併も株式交換も原則として対価は自社の株式なので現金を使わなくてもよいことは同じです。

Q株式合併(減資)とは?

株式 初心者です

いったい?どんなことなんでしょう?

Aベストアンサー

減資には、実質的減資と名目的減資があります。
実質的減資は、資本金を減らして、資本金の減少額を現金で株主に返却します。

名目的減資は、バランスシート上の欠損金と資本金を同時に減額することで、資本金が減少した分だけ、繰越欠損金が無くなる、と云う効果があります。

一般的に減資というと、欠損金を整理するために行なう
名目的減資を云います。

100%減資でない限り、株価には影響が無いとされていますが、業績に不安があれば株価は下がります。
100%減資の場合は、株式の価値はなくなります。

100%減資をすると資本金は0になってしまい、会社が存続できませんので、清算することになります。
会社を再建のために存続するには、一旦100%減資をしてから、新たに増資をします。

Q拒否権付株式と拒否権付種類株式の違い

前者が黄金株で、後者は黄金株ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

はい

Q【今後、株が上がる銘柄は「株式分割した直後の分割後の株式を買え」って本当ですか?】 株が上がる=その

【今後、株が上がる銘柄は「株式分割した直後の分割後の株式を買え」って本当ですか?】


株が上がる=その会社の社長が自社の株の価値を上げようと考えているのが大前提で自社株買いでも自社の価値は上がるが、余剰資金で自社株買いに走る経営者は二流で一流は自社株を分割して価値を半減させてから保有株式数を倍にしてから株価を上げて企業価値を高めるらしい。

なので自社株分割を発表したってことはここから株価が上がるネタを用意してるってことだから自社株分割した直後の株は買いらしい。

どう思いますか?

Aベストアンサー

今月末に分割の株を持っています。
3月末に持っていると、4月1日より分割なのですが、すでに価格や取引は分割されています。

さらに、その株は、今月末に配当の権利が発生します。

すると・・・、

配当と分割の権利が確定した翌日に、ガクーンと下がりました。
権利落ちってことですね。

その日のうちに、元の株価(分割前の半分の価格)よりも少し高くなり、その後は、やや下げ気味です。

他の株も見てみると、分割する株は、配当や株主優待の権利発生と重複してるようですね。

権利落ち後には急激に下がることが多いので、その点では「買い」だと思います。
通常価格に戻ると、特に上がる気配はないですけど。

別の分割の株は、かえって少しづつ下がってます。

Q株式上場って何ですか??

エディオンとビックカメラが合併(?)すると情報番組で話していました。
その中で、業界ベスト10位までがだされていたんですが、
ある企業だけが株式上場していないらしいと言っていました。

大きな企業は、すべて株式会社ではないんでしょうか??
株式上場している企業としていない企業では、何が違い、
どういったメリット・デメリットがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

株式会社と上場は同じではありません。
通常株式会社が発行した株券は上場されていなければ、経営者や出資者(銀行など)がすべて持っています。一般人が株主になることは出来ません。
株式を上場するということは、この大株主の持っている株を売り出す場合(売りだし)と、新規に株を発行して売り出す場合(公募)があります。
上場すれば株を購入してくれた人達から資金を簡単に集める事ができます。
しかもこの資金は返す必要の無いお金です。銀行などから借りると利子を付けて返す必要がありますよね。
大きな株式会社でも株を上場していないところもたくさんあります。
有名なところでは サントリー ロッテ カルビー パロマ 大塚食品 などなど一杯あります。
ワールドのように株の上場を止めたところも有ります。発行した株をすべて経営者が買い戻して非公開にしてしまいました。(MBOと言います)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報