最新閲覧日:

フランスのコントレックスというミネラルウォーター、すごく栄養成分に優れています。ダイエットにも効くとかで。カルシウムも南アルプスの天然水100MLに0.97mg含まれている所、コントレックスには48.6mgも含まれています。そして成分表をみて気になったのは、「サルフェート」という成分。なんと、118.7mgも含まれているのです。これはいったいどんな成分なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

サルフェートという成分。


日本の水には、ほとんど含まれていないミネラルなのです。
このサルフェートは、体内の余分な水分や老廃物を排出し、新陳代謝を促すという、ありがたい働きをしてくれます
    • good
    • 3

ascuaさんの回答のように、「サルフェート」とは、硫酸塩という化合物の英語名で、「Sulfate」あるいは「Sulphate」です。

因みに、「Sufa」あるいは「Sulpha」は硫黄です。
 サルフェートだけでは、硫酸塩の中間にも沢山ありますので、特定の化合物を指し示してません。恐らく、いくつかの硫酸化合物が含まれているのでしょう!
------------------------------------
以下のサイトから推測するに、「カルシウム」「マグネシウム」等の硫酸塩かもしれませんね??

更に、以下のサイトが比較データがあり、参考になると思います。
1.http://homepage1.nifty.com/dron/water/mineral.htm
(各種ミネラル・ナチュラル・ボトル・スリムウォーター
の成分その他 )
2.http://homepage1.nifty.com/dron/water/mineral-hi …
(ミネラルウォーターの分類とミネラル含有量(mg/l))

ご参考まで。

参考URL:http://coffee.aim-services.co.jp/select/contrex. …
    • good
    • 1

ミネラルの一つで硫酸塩の事です。


フランスでは、余分な水分や老廃物を体外に排出し、新陳代謝を高める作用があると言われています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報