【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

5I以降のロングアイアンがどうも重く感じて振り遅れてスライスします。
ヒットしても重くて振り切れていないせいか、番手通りの飛距離が出ていないような気がします。

ちなみに、5Iで総重量405gです。
なんせオヤジがやっているので、まずこの総重量が重いか軽いか知りたいです。

あと、バランスの方ですが、9I以降全てC9です。
ゴルフ歴1年半の僕が思うに、
5IをC8、3IをC7ぐらいにしたら全て同じスイングで打てる気がするんですが、
アイアンってウェッジ以外基本全て同じバランスにするのですか?

もっと練習せいって言われるとそれまでですが、
アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

みなさん、本格ゴルファーのようですね。

5番アイアンで405グラム、軽くはないですよ。ハンデ15以下、ヘッドスピード45以上くらいの方なら、それでもいいのですが、それ以上ですと、できれば400グラムきりたいですね。

市販のカーボンシャフト装着モデルですと360~380グラムくらいの範囲でできていますから、おそらく質問者様のアイアンはスチールシャフトですね。スチールであればフツーの重さではありますが、ゴルフは結果が全てですから、うまく打ててない → 振り切れていないんでしょう。(もちろん「もっと練習量せい」とか「技術的に・・・」と言われてしまえば、話は別ですが・・・)

だから質問者様のご質問に忠実にお答えするとなると、5番アイアン以上のバランスを1~2下げるのは「アリ」だと思います。

もちろん↓の方がおっしゃるよう、バランスを1~2くらい変えても機能上は大して変わりません。でも気分が違います。ゴルフって精神的な安心感も大事です。試しにトライする価値は十分ありますよ。

ちなみにもしクラブ改造が可能なら、5番アイアンを5ミリ、4番を7ミリ、3番を10ミリ、長さを詰めてみて下さい。バランスが軽くなって打ちやすくなります。でもその反面、トップしやすくなったり、タマが上がりにくくなることがあります。まずは打ってみてのお楽しみです。結果さえ良ければ、バランスの1や2はOKですよ。

もちろんもっと練習して、何でも振り切れるようになるのが理想ではありますが・・・
    • good
    • 0

今回の質問ってバランスの問題ですか?ただ軽いアイアンに総取っ替えすればすむような・・・まずご自分の体力に合わせたクラブに一度下げて

から微調整をした方が良いのでは?クラブを換えるとスイング自体も変わる可能性もありますし、連ちゃんでゴルフをしたらぎりぎりいっぱいのクラブでは無理がありますよ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんさんありがとうございました。
5Iの総重量は、420gです。間違えました。
オヤジが闇で鉛を貼って増えていました。
先日、7Wというものを買いました。
革命的でした、簡単に3Iの飛距離が出せました。
けど、ゴルフがもうこれ以上うまくならない気がして、
オヤジの言う、重いクラブを打てという意味がやっとわかりました。

参考になりました。

お礼日時:2006/01/21 15:42

>5I総重量405g


まず普通でしょうか
若い方ならまだ軽く感じるかもしれませんね

#1の回答にも有りますが
ワンポイントずつバランスを下げてもあまり変わらないと思います

長いクラブが重く感じるのはシャフトが長くなるせいで
逆に感じられるその重さがボールを飛ばすのですね
バランスを変えると本来の飛びが崩れる可能性があります

参考までに
私の場合は、グリップをしっかりして
クラブヘッドの重さを意識しながら
アドレスの時のクラブのグリップと手首の角度を変えないように
クラブヘッドの重さをボールにぶつけていくスイングになっています

参考になればと思います
    • good
    • 0

5Iで総重量405gバランスC8は普通か多少軽めのスペックかと思います。


バランスを軽くすれば打てるのであればそれも良いと思います。
ただバランスが1ポイントくらいではほとんど変わらないと思います。

スウィングを変えないのであればロングアイアンをショートウッドやウッド型ユーティリティに変えた方が良い結果がでると思います。
ロングアイアンははっきり言って難しいクラブです。
練習量が少ない方はウッドにしたほうが良いと思います。
    • good
    • 0

貴方の年齢や身体的な情報(身長、体重、握力など)


がありませんので貴方にとって重いか軽いかはわ
かりませんが、私には5番で405gは重い方かと思
います。
ちなみに私が使っている本間NEW-LB280は
3番=345g=190ヤード
4番=350 =180
5番=355 =170
6番=360 =160
7番=370 =150
8番=375 =140
9番=385 =130
10番=395 =120
11番=395 =110
SW =395 =100 の目安で、冬場は1クラブ落と
した距離換算です。
クラブメーカーはそれなりに計算されたバランスで
製作しているので、番手ごとにバランスを変えるよ
り自分のスイングを見直すことをお勧めします。

ヘッドに鉛を貼ったり、ドリルで穴を開けたりした
ことが有りますが、最終的には両肩の回転から腕、
クラブがバランスよくシンクロしてヒットするのが
一番だと思います。
ショートアイアンは腕で小細工ができますが、ロン
グアイアンは飛ばそうと思うと飛びません。回転運
動の中で、支点となるグリップとヘッドの位置がシ
ンクロしていないと距離も方向も安定しません。

1年半の練習量も不明です。グリップを短く握って
ティーアップしてショートアイアンと同じスイング
で練習してみてはどうでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドライバーのシャフトの長さ

先日、タケ小山がモデルのゴルフの漫画の中でほとんどのツアープロが使う
ドライバーの長さは44インチ台であると書かれているシーンがあり
ました。

色々な雑誌で調べてみましたがシャフトの長さが表示されている
本が見つかりませんでした。
プロのクラブが紹介されている本の中で唯一、藤本プロのシャフトに
44.5インチと表示があるのを見つけました。

自分自身もなるべく短いシャフトが使いたいと思っておりましたが
市販品のほとんどは45インチ以上ですよね。
44インチ台のシャフトを探そうとしてもなかなか見当たりません。
45インチのクラブを0.5インチ程度カットして使用すればいいのでしょうが
バランスが変わってしまうのと、売るときに価格が下がらないか気になり
カットする気にはなれません。

市販で44インチ台のクラブが中心に売られないのかがメーカーの意図が
理解できません。当然、「前モデルより飛ぶ!」というのが謳い文句に
なっているのでなかなかシャフトを短くするのは難しいのかもしれませんが、
アマチュアの我々にとっては長くなるほど扱いにくくなり結果弾道がばらつき、
平均飛距離を落としている様に思います。

皆様は、ドライバのシャフトはどの位の長さをお使いでしょうか?
シングルクラスの方は44インチ台にカスタムして使っているものでしょうか?

最近、自分のスイングを動画で見ると前傾姿勢が浅くなってしまうのが
気になっており修正したと考えております。
現在使用してるドライバーは45.5インチのX-Drive701をエースで使って
おりますが思い切って1インチカットして使うのはいかがなものでしょうか?
身長168cmの私には良いと思われるかアドバイスが有れば
教えていただきたいと思います。

以上長文となりましたがよろしくお願いします。

先日、タケ小山がモデルのゴルフの漫画の中でほとんどのツアープロが使う
ドライバーの長さは44インチ台であると書かれているシーンがあり
ました。

色々な雑誌で調べてみましたがシャフトの長さが表示されている
本が見つかりませんでした。
プロのクラブが紹介されている本の中で唯一、藤本プロのシャフトに
44.5インチと表示があるのを見つけました。

自分自身もなるべく短いシャフトが使いたいと思っておりましたが
市販品のほとんどは45インチ以上ですよね。
44インチ台のシャフトを探そうとしてもなかなか...続きを読む

Aベストアンサー

男子プロは比較的短いのは本当です。ヘッドスピードが速く、自分でクラブをコントロールする能力が高いので、確実性を求めるのでしょうね。女子は違いますよ。男子もシニアなど長い人もいます。

一方、アマチュアのシャフトは、長くなったり、短くなったり、一種の流行で、スカートの丈のようなもの。

・ 長尺でゆっくり飛ばせ

と言っていたかと思うと

・ 短尺でするどく触れと。

数年前は、みんな44インチ+アルファだったので、45インチ以上ある今は、どちらかというと長尺傾向なわけですね。なので、しばらくすると、かならず短くなります。少し前のモデルなら、中古で短いシャフトはたくさんあります。

さて、どちらがいいかと言えば、どちらとも言えません。プロほど再現性がなく、ヘッドスピードもなく、スイングでためも作れませんから、シングルだろうと、そうでなかろうと、短かればいいというのは、雑な論議。球が飛ばなくなります。逆に、長くなるとミート率が変わるのも事実。要は、どちらも真なりで、こればかりは、好みというか、自分のスイングリズムに合うかどうかのほうが重要です。

実は、長いか、短いか、どちらがいいかという論議は、意味がありません。というのは、クラブの性能は

・ 総重量
・ シャフト重量
・ ヘッド重量
・ シャフトの硬さ
・ シャフトのトルク
・ ヘッドの形
・ ヘッドの重心
・ シャフトの調子
・ シャフトの長さ
・ バランス

などで総合的に決まるので、長さだけを論議しても意味がないからです。ちなみに私は、シングルですが、ドライバーは苦手。ゆっくり大きく振りたいので、45.5程度のどちらかと言えば長めが多いですが、シャフトによって実際はプラス・マイナス.5インチはかわります。短いクラブは引っ掛けますしね。

さて、1インチカットする・・・と、バランスから、リズムから全く変わるんで、前述した通り、アドバイスしても意味がありません。短くもったり、レンタルで短いクラブを探して、これだ!と思う長さを見つけてください。ちなみに、1インチカットすると、バランスが4~6ポイント変わるので、別のクラブになります。重さなどを調整しないと、そのままでは打てないし、そもそも、そのクラブの最大の性能をだす設計から外れる可能性もあるので、慎重にされることをおすすめします。

前傾姿勢が浅いのは、1インチ程度ならクラブとは無関係かと。ただしいボールとの距離と、ハンドダウン、アップを調整して、ポスチャーをレッスンプロに見てもらえば、修正することができますよ。

男子プロは比較的短いのは本当です。ヘッドスピードが速く、自分でクラブをコントロールする能力が高いので、確実性を求めるのでしょうね。女子は違いますよ。男子もシニアなど長い人もいます。

一方、アマチュアのシャフトは、長くなったり、短くなったり、一種の流行で、スカートの丈のようなもの。

・ 長尺でゆっくり飛ばせ

と言っていたかと思うと

・ 短尺でするどく触れと。

数年前は、みんな44インチ+アルファだったので、45インチ以上ある今は、どちらかというと長尺傾向なわけですね。なので...続きを読む

Q クラブのバランスでおきること

 クラブのバランスでおきること

 リシャフトし重めのシャフト71gに軽めのグリップ約47gにしたらバランスがD6.5にもなりました。シャフトだって大げさに重たくないし、グリップだって軽すぎることもないと思います。ゴルフプライドマルチコンパウンドコードですので使っている方も多いと思います。また、総重量は324gですからヘッドもそれほど重いものではないと思います。振った印象は先端に重心を感じるなあくらいにしか感じません。プロや競技アマでなくとも私のドライバーより重たいものを使っている方はザラにいると思います。

 前置きが長くてすみません。本題ですが、D6も7も機械じゃなく普通の人間に違いがわかるものなのでしょうか。バランスが出過ぎるとヘッドスピードが落ちるのでしょうか上がるのでしょうか。また、バランスが出すぎる弊害もあれば教えてください。

 以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前あるメーカーのクラフトマンに聞きましたが、プロでも1~2ポイントが判る人はほとんどいないそうです。バランスはあくまでクラブの統一感を出すためのもので、振りやすさの指標ではないということです。振り易さはあくまで総重量です。プロでも320g台のドライバーを使用していますが、長さは44.5インチ程度に抑えてあるのがほとんどです。45インチで315gでかなり重いドライバーになります。
それと理論上はシャフトの重量は限りなく”0”に近いほど飛ぶということも知っておいてください。現実的には無理ですが…バランスの問題もありますが、シャフト重量が軽いぶんヘッドを重くすることができるからです。ヘッド重量が大きいほど衝撃力は大きく(ヘッド重量の二乗に比例?)なりますから同じヘッドスピードでも飛ぶということになります。ですから総重量を変えずにできるだけ適正バランスの出る軽いシャフトが最も飛ぶと言うことになりますね…

Qグリップ側に鉛バランスを貼ると?

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻ります。

ここで自分なりに考えてみたのですが、グリップエンドに鉛バランスを貼って、フェースが返りやすいすればどうか? という事を思いつきました。

質問

1)この方法で本当にフェースが返りやすくなるでしょうか? 自分では「テコの原理」で、手元が支点になって、他の両方が力点・作用点になって動きが大きくなる、すなわちフェースが返って、かつヘッドスピードが早くなる ・・・ こんな事を考えています。

2)もしそうなら、ドライバーからFW,5IからSWまでのクラブに、どの程度(重量)の鉛を貼れば、パター以外13本あるクラブ全体のバランスが取れるでしょうか?

なお、今使っているドライバーとFWはカーボンシャフトのS,アイアンはNS950のSシャフトです。

他の注意点やアドバイスなど、ご教授、宜しくお願いします。

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻りま...続きを読む

Aベストアンサー

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響させたいなら鉛はヘッドに貼るべきかと。
ヘッドのヒール~ネック寄りの箇所(もちろんバック側)に鉛を貼れば、
トゥ側が先行しやすくなり、フェースがカブリやすくなります。

ただし、鉛を貼るほどクラブの全体重量も重くなりますし、
適当に貼るとクラブ自体のバランスも無茶苦茶になってしまいます。

とりあえず試しに貼って打ってみるのは全然OKだと思いますが、
最終的には専門店で計測しながらバランスを出すのがベストです。
何グラムの鉛を貼るのが良いか、という正解はありません。
あなたにとって最も良い重さが正解ということです。

自分に合わないクラブにスイングを合わせていくよりは
自分のスイングにクラブを合わせるほうが理想的ではありますが、
それはスイングが完成しているシングル~プロレベルの話だと思います。
スイングに欠点があることが分かっているのであれば、
そこを修正した上で、クラブ側を微調整していく順序で考えないと
合わないバランスのクラブにスイングを合わせようとしてしまい、
本末転倒になってしまうリスクがありますのでご注意を。

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響さ...続きを読む

Qドライバー専用シャフトと、FW共通シャフトの違いは?

シャフトメーカのホームページを見てますと、ウッド用シャフトとして、製品(ブランド?)の違いによってドライバー専用シャフトというのと、ドライバー・FW共通シャフトというのがあります。
(もちろんFW専用シャフトもあり)

これらのドライバー・FW共通品とドライバー用・FW用となる専用品の違いは、どこにあるのでしょうか?共通品があるということであれば、直径の違いということはなさそうですし、固さということでもなさそうですし… 

単にブランド戦略ということだけでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

ドライバーとFWのヘッド重量では、FWの方が重いので、シャフトもFW用の方が、硬めにしなければ同じようなしなりになりません。

ドライバー、FW共通シャフトをFWで使用する際は殆どが先端をカットして硬くしてからFWに入れるのが普通です。FW専用シャフトはそれらをしなくてもいいように(FW用でもW5,W7などに使う場合はカットする場合があります)初めから硬めにしてあります。

また、セッティング的にはドライバーシャフトよりFWシャフトのほうが重い方がバランスがいいのですが、共通シャフトをFWで使う場合、ドライバーより短くなるため軽くなってしまいます。それを補うためFW専用はドライバー用より重く作ってあるのです。

以上の説明からすると、FW専用を使った方がいいのではないかと思えるのですが、ドライバーシャフトと全く、弾き、しなり、感触等を変えず、重量だけを重く作るということは難しく、少々軽くなっても共通シャフトを使った方が感触が変わらないという人は多いです。

どちらがいいのかは個人の考え方ですが、シャフトの違いとしてはこんなことです。

ドライバーとFWのヘッド重量では、FWの方が重いので、シャフトもFW用の方が、硬めにしなければ同じようなしなりになりません。

ドライバー、FW共通シャフトをFWで使用する際は殆どが先端をカットして硬くしてからFWに入れるのが普通です。FW専用シャフトはそれらをしなくてもいいように(FW用でもW5,W7などに使う場合はカットする場合があります)初めから硬めにしてあります。

また、セッティング的にはドライバーシャフトよりFWシャフトのほうが重い方がバランスがいいのですが、共通シャフトをFWで使う場...続きを読む

Q45インチドライバーを2インチ短く持てば43インチ?

現在45インチのドライバーを使っています。

ミート率を高めたいので短いドライバーを検討しているのですが
45インチのドライバーを2インチ短くもって打つのと
43インチの短いドライバーで普通に打つのは
同じことなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

スコア:100
H/S:48

Aベストアンサー

厳密に言えば
普段はクラブのグリップエンドを1インチ余しているので
3インチ余した所になりますね
また、短く握る事でバランスは違ってくると思います

そんな細かい事を気にしているより
思い切って振り続ける事です
違いは自然にわかるようになります
判らなければ判るようになるまで振り続ける事です

正確度を求めて御苦労をなさっていますね
「心を無にする」と極意を悟った武士の言葉があります
ゴルフも同じではないでしょうか
自然体、基本理論が極意に繋がるような気がします
地道に一歩一歩自分の体で確かめながらしか
その域には到達できないのではないかと思います
他人の話はいつも申す事ですが他人の感覚から生まれたものです
結局は自分で確かめるしかないと思います

頑張ってくださいね

Qアイアンの鉛の貼り方(捕まりを良くする等)

みなさんこんにちは

タイトル通りですが
最近マッスルに近いアイアンからヘッドの一回り大きいハーフキャビティへ切り替えました。
明らかにボール痕がトゥ寄り(重心が長いのでしょうね)になり捕まりも悪くなりました。

フックが少なくなりスコア的には問題無いのですが、もし鉛で微調整するとしたらどこに貼れば良いのでしょうか?
ヒール寄り?トゥ寄り?
ドライバーとは場所が違いますよね?

もし詳しく書いてあるサイトや情報などありましたら教えていただけませんでしょうか
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

捕まりを良くするには、シャフト周りの慣性モーメントを小さくする(返りを良くする)かフェースアングルを大きくする(シャフトを水平にした時にフェースが上を向く様にする)しかないと思います。
慣性モーメントを小さくするにはヘッドを軽くするか重心距離を短くするしかありません。鉛をヒール側に張れば重心距離は短くなりますが全体として慣性モーメントは大きくなり逆効果です。どうしても慣性モーメントを減らしたいのであればヘッドを削る以外に手はありません。
フェースアングルを大きくするには重心深度を深くする必要があります。ハーフキャビティのアイアンであれば、シャフトを水平にした時にフェースはほぼ垂直だと思います。ドライバーではヒール側の深い位置(フェースと反対側)に鉛を張ればフェースアングルは大きくなり、慣性モーメントが多少大きくなっても捕まりは良くなります。しかし、アイアンの場合は、鉛を張ってもドライバーの様にフェースアングルはあまり大きくならず、逆に慣性モーメントが大きくなり捕まりは逆に悪くなる可能性があります。
最近の重心距離が長いアイアンが捕まりがいいのは、重心深度が深くフェースアングルが大きいからです。ためしに、シャフトを水平にしてフェースの向きを見てください。多少、上を向くはずです。また、重心深度の深いクラブはインパクトの瞬間フェースが上を向きやすく球が上がり易くなっています。よって、フェースをフックに構えても十分球が上がり捕まりが良くなります。
ウッドの場合は、ホールがトウ側に当たるとギア効果によりフックします。ヒールの場合は逆です。しかし、アイアン(最近のユーティリティ型アイアンは別)ではこのギア効果は起きません。逆に、重心よりもトウ側でインパクトすればフェースが開き球が捕まりません。ヒール側で打てばフェースが返り捕まりが良くなることがあります。
打点を変え試してみては如何ですか?また、マッスルバックからハーフキャビティに変えたのであれば球は上がり易くなっているはずです。その分フェースをかぶせて構えてみるのも一考だと思います。
解り難い説明で、質問の答えになっていないかもしれませんが、悪しからず。

捕まりを良くするには、シャフト周りの慣性モーメントを小さくする(返りを良くする)かフェースアングルを大きくする(シャフトを水平にした時にフェースが上を向く様にする)しかないと思います。
慣性モーメントを小さくするにはヘッドを軽くするか重心距離を短くするしかありません。鉛をヒール側に張れば重心距離は短くなりますが全体として慣性モーメントは大きくなり逆効果です。どうしても慣性モーメントを減らしたいのであればヘッドを削る以外に手はありません。
フェースアングルを大きくするには重...続きを読む

Qなぜプロゴルファーはヘッドスピードが速いのですか?

いつもお世話になっております。今回もよろしくお願いします。

あまりにも当たり前すぎて疑問も抱きませんでしたが、ふと思いついたら気になってしまいました。

なぜプロゴルファーのヘッドスピードはあんなに速いのでしょうか?筋力が強い?体が柔らかい?その他何かあればご教授ください。

ちなみにヘッドスピードは鍛えればプロのように速くなりますか?それとも生まれ持ってヘッドスピードが速い人がプロになるのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゴルフ歴20年39歳の男です。
私もこれについては本当に不思議でした。3年前にラウンドツアーでご一緒した女子プロからの
アドバイスが、私に取って正に目からウロコだったので、ご参考になればと。。
実はこのツアー、テレビ番組でもおなじみの男子プロお目当てに行ったのですが、当日は
(失礼ながら)名も知らない女子プロと周ることになったのです。
彼女曰く、結果としてプロのHSが速いのは筋トレ2割、あとの8割は自分のスイングをしているから、だそうです。
彼女の身長は156cm、ヘッドスピードは42が平均。けどドライバーは当時HS49の私よりも10ヤードは常に前に行きます。
ではプロはHSを速めるためにトレーニングをしているかと言えばそうではなく、週に3-4ラウンドする基礎体力をつけるためと、
ミート率を高めるため、且つラウンドを重ね、体が疲れても同じミート率をキープできるように日々トレーニングを重ねているそうです。
その結果として自然とHSが速くなるだけで、HSなんてある程度の目安で、プロが一番気にしているのはミート率とのこと。
飛距離、正確性はすべてミート率が左右するといっても過言ではないと言っていましたね。
ではミート率を高めるためには、スイングを完成させる以外にないそうです。私の打ち方はゴルフスイングではなく、HITしているだけと言われました。
(フォームは人から見ると綺麗と言われていたので、それを言われた時は相当ショックでしたが・・・)
当たり前のように耳にしていたスイングとHITの差を教えられ、それからそればかり意識して練習し、17年かかっても90を切るのがやっとだった
私のゴルフは、今では70台は普通になりました。今のところ、HSは50平均ですが、飛距離は3年前より20Yは伸びました。17年間はなんだったんだと
虚しくなりましたよ。同時にゴルフを始めて2,3年の子供が70台に周ってくる理屈がやっと判りました。すべてはスイングが身についているかいないかだけでした。
スイングを意識してからHS50なんて男であれば誰でも普通に振れば出せる数字なんだと理解できました。ちなみに筋トレは一切していません。
何度振ってもぶれない同じスイングを、練習場でもコースでも普通にするだけです。
長くなり恐縮です。。

ゴルフ歴20年39歳の男です。
私もこれについては本当に不思議でした。3年前にラウンドツアーでご一緒した女子プロからの
アドバイスが、私に取って正に目からウロコだったので、ご参考になればと。。
実はこのツアー、テレビ番組でもおなじみの男子プロお目当てに行ったのですが、当日は
(失礼ながら)名も知らない女子プロと周ることになったのです。
彼女曰く、結果としてプロのHSが速いのは筋トレ2割、あとの8割は自分のスイングをしているから、だそうです。
彼女の身長は156cm、ヘッドスピードは4...続きを読む

QH/S50でトルク3.8のSシャフトは柔らかすぎ?

ヘッドスピード50くらいの者です。

ある有名プロが
「アマチュアは固いシャフトを使いすぎ。」
「ドライバー250YくらいのH/Sなら間違いなくRシャフトを選ぶ」
と雑誌にあったので、試しにXシャフトからSシャフトに
かえてみたのですが、当たれば飛ぶけど曲がりが大きくなった気がします。

私が使っているのは
r7 SuperQuad の純正シャフトでトルク3.8です。

そこでお聞きしたいのですが、
X、Sといってもメーカー、スイングタイプ等によって
まちまちとは思いますが、
H/S50でトルク3.8のSシャフトはさすがに柔らかすぎますか?
ちなみにXシャフトはトルク3.6です。
Xでもそれほど低トルクではないんです。

ちなみにアイアンはダイナミックゴールドのS300(トルク1.7)です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずシャフトフレックスから言いますと、メーカーによって、いやモデルによって基準が違う非常にあいまいな表記だということを言っておきます。
例えば自分が昔ドライバーに使っていたシャフトのGrafalloy製のProliteElite(Prolite35に少し粘りの風味を加味したシャフト、廃版)のSを使っていましたが、今使用のGD製のMD6(これはもうご存知でしょう)のSよりも硬かったですね。(風味が似ている分対象も似ています)どちらもヘッドがスル―ボアですから、X並に硬かったとは思いますが。
あと、テーラーメイドはヘッドが重めにバランスチューニングされているクラブですので、シャフト自体を例えば別のヘッドに移し替えたとしたら、かなり硬めのフレックスになる可能性はあるように思います。まずはそのことを頭に入れていただいて、次の話に移ります。

次にトルクですが、これもHSだけでは決められない要素があります。一般論で言いますとフェースローテーションが多いタイプはトルクの締まったシャフトの方が合いますし、少ないタイプは多めの方がいいと思います。しかし、例えば自分のようにレートコックの場合はフェースローテーションが多いタイプでも例外になるようでHSは自分で48m/sですが、今までで一番調子の良かったシャフトのトルクは3.8ですね。(影響度は少なめのようにも思いますけどね)前に自分はここで回答したことがあるのですが、AON全盛期のころ、ジャンボさんより青木プロの方が硬くて重いシャフトを使っていた事実です。おそらく暴れという意味ではトルクの締まったシャフト好みだったということもあったと思うんです。(ちなみにシャフトメーカーからすればトルクを締めて、フレックスは柔らかめというシャフトだって制作できます。実際、現在は廃版になったようですが日本シャフトで過去そのような製品がありました)
あとクラブの長さもかなり関連します。43.25インチのパーシモンを使っていた頃はDGのS-400を使用(当時は50m/sを超えてはいましたが)していましたし、J'sメタルも使っていました。(トルク2.2の弾き系シャフト)それだけキツいシャフトが使えていたのは長さが短い関係もあると思います。だから当時のスイングスピードで今の45インチの長さで単純にGD社のI-65のX(当時のJ'sのSは今のXに当たる硬さです)でいい結果になるとはとても思えません。(安定してプッシュスライスになってしまうでしょう)今、FWに重いシャフトをというセオリー(自分も乗っていますね、そのセオリーは)がありますが、重さでのスイング感という第一理由もさることながら、短くなるというトルク感もあるように思うんです。

色々ずらずら書きましたが、結論を言いますと、フレックスやトルク、調子等のシャフトの合う合わないは、HS、スイング全体の流れ、フェースローテーションの量等で変わります。golf90さんの場合フェースローテーションは少なめでしたし、全体の流れとしてしておそらく多少アーリーコックじゃないかとは推測しますが使用クラブがテーラー(バランスが重い、つまりヘッドのソールにバランスさせている)なので、合う可能性もあるということです。

まずシャフトフレックスから言いますと、メーカーによって、いやモデルによって基準が違う非常にあいまいな表記だということを言っておきます。
例えば自分が昔ドライバーに使っていたシャフトのGrafalloy製のProliteElite(Prolite35に少し粘りの風味を加味したシャフト、廃版)のSを使っていましたが、今使用のGD製のMD6(これはもうご存知でしょう)のSよりも硬かったですね。(風味が似ている分対象も似ています)どちらもヘッドがスル―ボアですから、X並に硬かったとは思いますが。
あと、テーラーメイドは...続きを読む

Qバランスを変えずに総重量だけ重くしたい場合は

タイトル通りなのですがアイアンに鉛(バランサー)を使ってバランスを変えずに5~10g程度総重量を重くするにはどうすればいいのですか?例えばグリップの根元あたりに(もしくはシャフトの途中、重心あたりに)鉛を貼ればいいのですか?

この質問をする背景ですがこの度私のアイアンセットのバランスを計測したところとんでもない事実が判明しまして。
と言うのもウェッジ以外の5~9IでバランスはD0なのですが何故か6IだけがD1.5でしかも総重量も7Iより2g重いのです。ところが私はこの6Iが非常に打ちやすいのでこれを基準に他のクラブをバランス調整して(この方法は分かります。目安としてヘッド裏側に2gで1ポイント重くなるんですよね)なおかつ総重量も重くしたいと思ってます。以上のような事情からリシャフト或いはグリップ交換などで調整する方法は取れません。6Iと7Iだけの関係で言えば7Iのヘッドに2g程度の鉛を貼ってなおかつバランスを変えない位置に5g鉛貼れば6Iに近いバランスが出てかつ総重量も+5gくらいになりちょうど良くなるかなと思ってるのですが。

Aベストアンサー

スイングバランスを変えずにクラブの総重量を変えるにはグリップエンドから12インチ=30.48CMの位置に2gなり5gの重りを貼れば解決します。

ただNo.2の方も指摘していますが、市販のほとんどのクラブはバランスや長さ、それからライ角度、ロフトなどばらばらになっていますのでもし疑問があるようでしたら一度チェックしてもらうことをお勧めします。

私はスイングバランスよりクラブの重量のほうが大事だと思っている一人です。

Q太いグリップに替えた所...。

お世話になります。ドライバーのグリップを太いタイプに交換しました。太い分、余分な力が入らず、良い感じなのですが、一つだけ気が付いたので質問です。自分は、指は短い方ではないと思うのですが、winn/ウインのオーバーサイズXi7を付けました。元々フックグリップ(ナックルが2つくらい見える程度)でしたが、グリップを交換していつものように握るとナックルが1つしか見えなくなります。これってウイークグリップになるのでしょうか?太いグリップにすると打ち方も変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

本来このWinnのオーバーサイズへ求める利点は、手首の動きを制御する役割を持ちます。
このグリップは太いグリップの握り辛さを柔らかいフィット感で解消した革新的なグリップだと思います。
(個人的には雨の日は使いたくないグリップですが)
逆にウィークに握ってもローテーションを抑える効果があるということです。

さて今度はフックグリップです。
田島創志プロのように超がつくほどのフックグリップの方もいれば、片山プロのような
自然形のフックグリップの方もいます。
このグリップも同じようにローテーションを抑えるメリットがあります。
(今の捉まえやすいクラブではこのグリップが主流ですね)

jimmy35さんの仰るように基本ではなくて基準が変わることにはなります。
それが今までのフックグリップとグリップの太さの違いでウマく相殺できての
「イイ感じ」であることが望ましいのですが(^-^)

握りの方のグリップに関してですが、片山プロがよくアドレス前に地面に対して
水平に両手でクラブを持っている姿を見られたことはありませんか?
テークバックで腰の高さの位置と言った方が解りやすいかと思いますが、
この位置で一旦左手を外し、もう一度自然にグリップされてみてください。
そしてまたアドレスに戻します。
違和感のない動きが前提で、これで見えるカタチが自然なグリップのはずです。
コレはグリップだけではなく余計な動きのないテークバックも手に入りますよ。

握り方が変わったのではなく、結果としてそうなるのであれば、あとはボールの結果で
判断するのがベストでしょう。
そのことで「打ち方」まで変えなければいけないのなら、いかに手先で操作していたか?
ということになってしまいます。
好結果になっているのですから、あまり問題視する必要はないと思いますが…
但し、「右に行く」「飛距離が落ちた」ということであれば少し工夫が必要になるかもしれません。
(それでも安定すれば良しとすべきですが)

なにか参考になれば…

本来このWinnのオーバーサイズへ求める利点は、手首の動きを制御する役割を持ちます。
このグリップは太いグリップの握り辛さを柔らかいフィット感で解消した革新的なグリップだと思います。
(個人的には雨の日は使いたくないグリップですが)
逆にウィークに握ってもローテーションを抑える効果があるということです。

さて今度はフックグリップです。
田島創志プロのように超がつくほどのフックグリップの方もいれば、片山プロのような
自然形のフックグリップの方もいます。
このグリップも同じよう...続きを読む


人気Q&Aランキング