あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

A重油、C重油、HSC重油などの種類があるようですが、
これらの違いはなんですか?
それぞれ何を意味しているのでしょうか?


参考:https://stats.paj.gr.jp/guidance/sample/member/c …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

元製油所勤務者です。



各重油の違いについては、既出の回答者さんが詳しく書かれていますので、少し補足と言う事で、お願いします。

まず、HSCについて…。HSCのHはHi、SはSulfur(硫黄)、CはC重油の事です。(反対はLSCです。LはLow)

硫黄の含有量が異なるのは、原油その物の性質が産油国によって異なるからです。南スマトラ(通称「ミナス」)産の原油は、重質分が多く、常温ではほぼ固まっています。硫黄分が少ないのが特徴です。

アラビア方面の原油は、軽質分が多い反面、硫黄分が高くなります。常温でも固まりません。

中国産(大慶=ターチン)は、中間溜分(軽油になる分)が多く、緑色をしています。常温でも固まりません。

これら原油によっても、成分の含有率は異なりますので、当然、蒸留で得られる半製品(原油を蒸留しただけでは製品にはなりません。)にも関係します。製油所では、硫黄分を下げる事が命題とも言える課題となっています。(硫黄分が多いと、Noxなどが増える)

各サイドカット(蒸留塔の途中から出てくる各半製品)などは脱硫装置などを通して、硫黄分を下げていますが、減圧蒸留塔のボトムから出て来るC重油などは、「半製品=製品」となる所が多く、硫黄分を下げる為のコストはかけたくないのです。(重油は言うなれば、残り物扱いの半製品と言うことになります。)

重油の精製量を如何に少なくするかが、製油所における永久課題と言えると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても参考になりました。
ありがとうございます!!!!

お礼日時:2006/01/11 12:44

そもそも重油とは原油を精製し、ガスとガソリンと軽油と灯油をとった後の残り物をまた低圧分留でコールタールと分離されたものなので、そんなに燃費もよくないと思います。

それとA重油とB重油とC重油では引火点と発火点の違いと粘度の違いです。でもボイラや火力発電ぐらいしか使い道がない危険物第四類の第三石油類の物質。なお消火方法は水ではなく乾燥砂かABC消火器を使用すること。どの重油霧状にすれば爆発的に燃えますからどれを使おうが燃やせばほとんどかわらないと思います。
    • good
    • 2

性状等については既に回答されているので、販売・用途の面から補足します。



A重油は灯油・軽油成分の近くからとれる製品で、外国では灯油・軽油と分けずに販売される例も多い様です。
ちなみに、過去に脱税目的で灯油とA重油を混ぜて軽油として使用する事が行われていました。
日本では軽油分の重い(分子量が多く粘度が高い)ところから、さらに若干重い部分までを利用したもので、工業用や農業・漁業用の燃料として使われています。
一般的に硫黄分は重い部分で取り除くのが困難なため、初期の石油精製においては%以上の硫黄含有で販売されていましたが、現在はローサル(0.1%以下)のものが主流になっています。
B重油はA重油より重く、通常の流動性を持つ限度までの部分の製品で、小型船の燃料等に使用されていました。
産業用として硫黄分が多い事が許容される時代の遺物の様な位置付けの製品で、硫黄含有に厳しい現在では、殆ど市場に流通していないものとなっています。
C重油は辛うじて流動性を保っている、アスファルト等の残渣より軽い部分の製品で、大型・特殊な燃焼装置が必要なため、電力やセメント製造等の特定工場で使用されます。
性状の上でも輸送にも困難があり、船もしくはパイプによる搬送が行われています。
この部分での硫黄分を除去する事は極めて困難で、原油の種類によってローサルかハイサルかが決定してしまう為、LSCに関してはかなり高い値段で取引される様です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ほんとに詳しい説明で勉強になりました!
イメージがわきました。
ありがとうございます!!

お礼日時:2006/01/12 19:38

自分も興味があったのでちょっと調べてみました。


どうやら重油はその粘度によってA,B,Cの3種に分類されるようです。A→B→Cの順に粘度が高くなります。A重油の主成分は軽油で(重油の主成分が軽油ってのも不思議な感じがしましたが)、大気汚染の原因となる硫黄化合物が少ないため、No1の方が仰られているような使い分けをするようですね。

また、HSC重油はC重油の中でも特に硫黄含有量が高いものをさすようです。

以下に検索して見つけたページを記載しておきます。
https://stats.paj.gr.jp/guidance/def.html
http://oilresearch.jogmec.go.jp/glossary/japanes …
    • good
    • 2

原油:「原油」のほか、常圧蒸留装置で処理される「粗油」および「重油」とする。



LSA重油:JISに定める「重油(K2205)の1種」に該当する石油製品のうち、硫黄含有量が0.1wt%以下のもの

HSA重油:JISに定める「重油(K2205)の1種」に該当する石油製品のうち、硫黄含有量が0.1wt%超のもの

LSC重油:主としてC重油の基材となる製品のうち、低硫黄(硫黄含有量が0.5wt%以下)のもの、
具体的には「南方常圧残油、南方減圧残油、これ以外で装置原料や半製品に該当せず主にC重油の基材となるもののうち低硫黄(硫黄含有量0.5wt%以下)のもの」を指す

HSC重油:主としてC重油の基材となる製品のうち、高硫黄(硫黄含有量が0.5wt%超)のもの、
具体的には「直脱減圧残油、中東減圧残油、熱分解重油、FCCボトム、これ以外で装置原料や半製品に該当せず主にC重油の基材となるもののうち高硫黄(硫黄含有量0.5wt%超)のもの」を指す

<注>C重油については、概ね製油所では最終製品と半製品とが区別なく管理されているという生産実態等を勘案し、最終製品と半製品の区別なく、すべてLSC重油とHSC重油に区分している

詳細は下記URLをご覧ください
石油連盟https://stats.paj.gr.jp/guidance/index.html
    • good
    • 1

詳しい回答がつくとは思いますが、経験上の簡単な回答まで。


船は重油で動くのですが、東京湾に入港して環境に配慮するような場合はA重油、外洋に出て多少煙が出ても良いときはC重油を使っているようです。
ガソリンのハイオクとレギュラーのような、燃焼効率の違いだと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特A重油指定の空調機をA重油で使用するのは?

会社の空調機は特A重油指定ですが、前任者の時代よりA重油で運転を続けています。(月間2万キロリットル使用)
特に今のところは不具合はありませんが、このままでは良くないでしょうか?
(A重油を使っているのは単価が安いからだそうです)
また、特A重油に変えた場合、コストはどのくらい高くなるものでしょうか。
コストが高くなっても変えるべきでしょうか?
このような知識が全くありませんので、詳しい方が居られたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>会社の空調機は特A重油指定ですが..A重油で運転を続けています。>>(月間2万キロリットル使用)!!
⇒●質問者の方の過去問から推察すると、実務に携わった方ではないかと推察します。月間使用量が信じられません!。
⇒●過去扱っただけですので、現在どうかとの回答には自信がありません。ご参考までに
 (1):「特A重油指定」とはA重油中のサルファー成分をxx%以下にしたもの(地方自治体の特別の指定)を供給業者側が呼ぶ名称です。
 (2):取引上はあくまでA重油です。
⇒●購入する側としては、使用機器の仕様はA重油となっているはずですが?機器仕様書(空調機メーカー)にそのような記述があるのでしょうか?ご確認を.
⇒●空調機を使用する場所の自治体の環境(公害)対策上で「サルファーxx%以下のA重油を使え」とあるはずです。ご確認を.
⇒●単価の違い=A重油:特A重油の違い どのように確認したのですか?相見積もり?
⇒●たぶん、仕入れ業者による1回の納入量の違いかも?
 (業者のごまかされないように、燃料(種類と価格)の勉強はしっかりしてくださいネ)                       以上

>>会社の空調機は特A重油指定ですが..A重油で運転を続けています。>>(月間2万キロリットル使用)!!
⇒●質問者の方の過去問から推察すると、実務に携わった方ではないかと推察します。月間使用量が信じられません!。
⇒●過去扱っただけですので、現在どうかとの回答には自信がありません。ご参考までに
 (1):「特A重油指定」とはA重油中のサルファー成分をxx%以下にしたもの(地方自治体の特別の指定)を供給業者側が呼ぶ名称です。
 (2):取引上はあくまでA重油です。
⇒●購入する側としては...続きを読む

Q水と重油の比重

水と重油の比重を教えてください。(どちらが重たいのですか)
海水とはまた違うのでしょうか

Aベストアンサー

重油も、A~C重油のように細かく分けると、いろいろと種類があるのですが、比重としては概ね 0.9 位です。
従って水より軽いので、海や川などに重油が漏洩したときには、水面に油が浮く事になります。
オイルフェンスや吸着マットも、水面上に浮かんだ油に対して効力を発揮します。

海水も、場所によって塩分濃度が違うので、一概には言えませんが、一般的に海水の比重としては 1.03 といして計算などはしています。
水道水などに比べると、海水の方が若干重たくなります。
従って、プールよりは海のほうが、泳ぐ時に浮きやすくなります。

"重油" "比重" をキーワードにしてWEB検索すると、関連のページが見つかります。

Q1トンは何リットルでしょう。

恥ずかしい話ですが、単位をすっかり忘れてしまいました。1トンは何リットルでしょうか。
こういう単位の細かなことをまとめてあるサイトがあれば教えてください。
小2の子供に聞かれて悩んでます。

Aベストアンサー

こんばんは。

少々気になったので、一つだけアドバイスさせて頂きます。

「トン」は「質量」の単位です。先ほど岩波の理化学辞典でも確認しました。
かなり多くの回答者の皆さまが、「重さ」あるいは「重量」と答えて
いらっしゃいますが、これは本当は間違っています。

小学校2年生のお子さまに教えるのに、「質量」は少し難しい概念ですので、
回答者の皆さまの中には、そのあたりの事情から、(わかりやすさのため)
わざと混同した回答を寄せている方もいらっしゃるかも知れませんが、
やはり、ここは、一言念を押しておいた方が良いと思い、投稿しました。

水なら、1トンの水は1000リットルの体積を示します。
(温度・圧力の条件でわずかに変化しますが)

質量1トンの水は、
地球上なら「1トンの重さ」( =1トン重?・1tw ? )を示しますが、
月とか、宇宙船の中とか、場所が変化すればその重さは大きく変化します。
でも、水そのものがどれだけあるか、という「質量」は変化しません。
体積も、圧力とか温度とかで多少は変化するのでしょうが、
まあ、常識的な温度・圧力のもとでは、
月だろうが宇宙船の中だろうが、だいたい1000リットルです。

では。

こんばんは。

少々気になったので、一つだけアドバイスさせて頂きます。

「トン」は「質量」の単位です。先ほど岩波の理化学辞典でも確認しました。
かなり多くの回答者の皆さまが、「重さ」あるいは「重量」と答えて
いらっしゃいますが、これは本当は間違っています。

小学校2年生のお子さまに教えるのに、「質量」は少し難しい概念ですので、
回答者の皆さまの中には、そのあたりの事情から、(わかりやすさのため)
わざと混同した回答を寄せている方もいらっしゃるかも知れませんが、
やはり...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q重油の流動点5℃以下とはどういう意味ですか?

重油の流動点5℃以下とはどういう意味ですか?


重油のJIS規格で
1種、2種、3種に分かれております。
1種はさらに1号、2号に分かれており、

1種1号は流動点が5℃以下とされていますが、これは5℃以下でも固まらないという解釈でよろしいでしょうか?

どなたか分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

pour point 流動点
原油及び石油製品の低温における流動性を示す指標。純物質は、一定の温度(融点)で液体から固体に変化するが、多成分の混合物である石油では、はっきりした融点を示さない。そこで一定の条件で流動しなくなる温度を求め、これを流動点と称する。日本工業規格(JIS)K2269によれば、石油の流動点は、試験管にとった試料を46℃まで予備加熱した後、規定方法で冷却していき、予期流動点より10℃高い温度から測定を開始して、2.5℃下がるごとに試験管を冷却浴から取り出して観察する。こうして試験管を横にしても5秒間全く動かなくなる温度を求めて、それより2.5℃高い温度を流動点とする。流動点が高い原油を扱う場合、生産井、生産処理設備、輸送設備などの設計並びに操業条件に配慮が必要となる。操業温度条件が流動点近く又はそれ以下の場合には、原油の加熱・保温や流動点降下剤の添加といった対策が必要となる。石油製品の扱いにおいても同様である
…だそうです。(石油・天然ガス用語事典○写し)(恥晒し)

Q軽油、特A重油の経年劣化について

マンションの非常用発電機の燃料の補充、交換を検討しています。タンクの容量は1980リットルで、やがて10年になりますがこれまでの消費量が3分の1くらいで、タンクには3分の2程の特A重油が残っています。消費分だけ補充すればよいのか、劣化を考慮して残量を抜き取って補充する必要があるのか教えて下さい。ちなみにタンクは直射日光が当たらず、温度変化も少ない地下に設置されています。
今回初めての補充・交換になりますので劣化の程度も検査して頂き、次回以降の補充要領を定めたいと考えています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

結論から言うと、抜き取って補充した方がよいと思います。
特A重油について何年で劣化するから交換しなさいという基準はありませんが、一般に石油製品は時間とともに劣化します。直射日光が当たらず、温度変化も少ないという地下の条件は確かに石油製品の保管には理想的な環境ですが、やはり10年も経つと劣化している可能性があります。
生産された製油所の状況にもよりますが、A重油には分解系の基材が使われていることがあり、分解系は一般に不安定で酸化や重合などの化学反応を起こして劣化やすくなっています。劣化すると固形物が浮遊したり、底部に溜まったりして、フィルター詰まりや、エンジンやボイラーの故障の原因になります。非常時に故障すると何のための発電機か分からなくなります。
なお、A重油の劣化の程度は、製油所での作り方によっても違います。劣化の程度を測定して目安にすることは良いことですが、それで劣化していなかったとしても安心せず、定期的に交換することをお勧めします。

QLPGとLNGの違いは何?

LPG(液化石油ガス)とLNG(液化天然ガス)の違いは、何でしょうか。
有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

メタンやプロパンなどのガスは容易に燃焼し、燃焼後に残渣が残らないので燃料として優れたものですが、常温・常圧では熱量当たりの体積が大きくそのままでは輸送や貯蔵に問題があります。
そこで、ガスを液体にすることによって、体積を小さくして、輸送や貯蔵に便利なようにするわけですが、ここでLPGとLNGで大きな違いがあります。
LPGの主成分であるプロパンやブタンは圧力をかけることにより、常温で液体になり、体積は約1/250となります。(容器が透明なライターの中の液体)
ところがLNGの主成分であるメタンはいくら圧力をかけても常温で液体にはなりません。このため、温度をマイナス162℃という極低温にすることによって、液化して体積を1/600にしています。

ちなみに天然ガスは液化するために約15%のエネルギー損失があるそうです。また、極低温を維持する容器は特殊で高価なものになります。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q灯油、A重油の粘度について

灯油、A重油の粘度、密度等を教えて下さい。また、密度から粘度を算出する式か何かあれば、それも教えて下さい。

Aベストアンサー

密度から粘度を計算する方法は分かりません。
粘度、動粘度は一定のはばにあるようです。

参考URL:http://www.kanaseki.co.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A