色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

「原油高は円売りを誘いやすい」
何故ですか?

gooドクター

A 回答 (5件)

単純な話です。



原油の価格は、世界の基軸通貨ドルで
取引されるのです。

原油の価格が上がる
原油を買うためのドルが必要
日本では円を売ってドルを買い
原油を買うから、円安になる
ってことです。

原油高と円安との関係だけを
見るならば、単純にそういう
傾向となるというだけです。

回答に誤解がありますが、
先進国通貨は安い方が有利なのです。
久しぶりの円安傾向で輸入品が
値上げになるとか騒いでいますが、
その分輸出品は安く売れて、
外貨が獲得できるのです。

日本の貿易収支は、この円安で
大幅に黒字化になるでしょう。
多くの企業基準の為替レートを
10円近く円高(1㌦105円とか)に
設定しているので、その分まるまる
黒字経常できるわけです。

バイデンは腰が重いようですが、
アメリカが原油増産を推進すれば、
原油高などすぐに解消されます。
トランプだったら、ここぞとばかり
やったでしょうね。
地球温暖化への動向に妙な反応に
なっているので、原油高は一過性
なものだと思います。
    • good
    • 2

グローバルだからです



普通
円安になれば同じ1ドルで沢山の円が手に入ります
2番さんはコスト高で日本の価値が、と書いていますが話はそこで終わりではない
円安で沢山の円が手に入るから、コスト高を吸収できるのです

3番さんも同じ勘違いをしている
原油の仕入れコストは上がりますが、できた製品は円安で沢山の円が手に入る
株に至っては円安になると株価は上がるのです
同じ1ドルを投資しても、円安の方が沢山株が買えるから

ではなぜグローバルだと原油高が円安を呼ぶのか
ヒントは産業の空洞化と逆輸入です
考えてみてください
    • good
    • 1

日本は原油の輸入国です。


原油高になれば、輸入業界の利益が減ることになるので、
海外投資家の多くはその日本株を手放します。
日本株を売れば、結局は自国通貨やドルを手にするので、
日本株を売って得た円が売られる、と言う結果になり、
円安を招きます。
    • good
    • 1

日本は加工貿易立国です。



特に、樹脂や化学薬品は高度な加工製品の原料に欠かせません。
その原材料の多くが石油なです、
なので、原油コスト上昇は、そのまま原材料コストの上昇につながります。

貿易活動のために、原材料の輸入、製品の輸出、という物流は不可欠です。
原油高はその両方の物流コストを押し上げます。

加工産業は多くのエネルギーを使います。
原発が止まっている今日の日本では、電気エネルギーの多くは火力発電に頼っています。
そのため多くの石油が使われます。

つまり、原材料、物流、加工エネルギーのために日本は多くの原油を必要とします。
それは、逆の言い方をすれば、原油が高くなると、原材料の需要・物流需要・エネルギー需要のコストが上がることになります。
コストが上がれば製品の価格は上がります。

すると、日本製のものの価格が上がって売れなくなります。
売れなくなるような国の経済は停滞します。
つまり、投資してももうからないので、世界の人は日本に投資しなくなります。

そうすれば日本の価値は下がり、日本の円を持っていようとする人が減ります。
世界の人は期待の持てない円をみな売り払おうと考えるのです。

これが、原油高と円売り増加のメカニズムです。
    • good
    • 1

アメリカの原油生産減少


アメリカ金融政策正常化

上昇圧力と言う条件です。

そこで
金儲けするなら油を買うか円を売るか

油のがリスクがある。

円を売ってドルを買おう!
金利上昇も期待100%です。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング