会社の就業規則には明記していないのですが、私の会社は遅刻・早退した場合、
時給×遅刻・早退した時間×1.5分の賃金をひかれてしまいます。
労働基準法ではノーワークノーペイとなっているので、ペナルティをかせられる
のは違法なのでは?と思い出しました。
賃金カットのペナルティについて、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

A 回答 (1件)

jey_1972さんのおっしゃることは半分正しいと思います。


ノーワークノーペイが原則です。ですが、労働基準法内に罰則について定めた規定がありますのでそれを適用することは合法です。

労働基準法第91条の規定に
就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。

というものがあります。
つまり、就業規則に明記があれば遅刻によりペナルティを課すことは条件付きで認められるわけです。

今回の事例の場合、就業規則に明記していないという段階でまず、論外なのですが・・・。それをいったらこれから進まないので置いておきます。

まず、1日で計算する場合。
その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え
と規定がありますから、時間×1.5であれば法の範囲内ということになります。

1月で計算する場合
1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。
と定めていますので、20日労働する場合、単純計算で2日分の給料以上の減額となり得るような規定は違法となります。
(先の1日の減額が1回は合法であってもそれを複数回適用しても良いというわけではないのです)
確かに(正当な理由がないのに)上記の条件に引っかかる労働者はちょっと疑問が残る面もありますが、それと法律は別です。

1月の上限を定めた上で、
>時給×遅刻・早退した時間×1.5分の賃金をひかれてしまいます。
この内容を適用するぶんには問題はないかと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2002/01/08 08:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q正社員の遅刻、欠勤

正社員の場合、遅刻や欠勤をすると給与はどうなるのでしょうか。
またそれらを繰り返した場合、減俸、解雇などはあるのでしょうか。
東証一部上場クラスの会社の実態を知りたいと思います。

Aベストアンサー

人事採用を担当しています。

当社の例

遅刻は基本給から時給換算をし1時間単位で減給です。
(例)
基本給20万円の人が20日出勤の月に1時間・1回の遅刻
  200,000円÷20日÷8時間=1,250円
  つまり、1,250円の減給です。

欠勤は同じく1日分の給与(8時間分)を減給です。

また賞与査定時に遅刻と欠勤はマイナスポイントとして計算します。
相対的なものなので、どのぐらいマイナスかはその時により違います。

減俸は少ないですが、遅刻や欠勤が多ければ降格(結果として基本給や職務給が下がる)になるので損です。
無断欠勤が2週間以上続くと解雇です。
連絡をしても「病気なら医師の診断書」「それ以外なら理由書」の提出がないと退職勧奨になったり、異動(普通はそこで退職する)になったり、結果的に辞める様になります。

欠勤等は有給休暇から消化するようにある程度は甘めの処理をしますが、人事査定の面から考えれば、しないに越したことはないと思います。
昇格の対象になったときに遅刻や欠勤が多い人物は見送られる例もたくさんあります。

人事採用を担当しています。

当社の例

遅刻は基本給から時給換算をし1時間単位で減給です。
(例)
基本給20万円の人が20日出勤の月に1時間・1回の遅刻
  200,000円÷20日÷8時間=1,250円
  つまり、1,250円の減給です。

欠勤は同じく1日分の給与(8時間分)を減給です。

また賞与査定時に遅刻と欠勤はマイナスポイントとして計算します。
相対的なものなので、どのぐらいマイナスかはその時により違います。

減俸は少ないですが、遅刻や欠勤が多ければ降格...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報