12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

職場で調理の際に、「食中毒菌を殺す為に75度で、1分加熱」とか、「布巾の消毒に、自亜鉛素酸ナトリウムに30分つけなさい」とか、「熱湯で3分炊くと細菌類はほとんど死ぬ」とか、聞いたのですが、70%のアルコール消毒の時は、吹き付けてさっと拭いてすぐに使います。このアルコール消毒ってすぐに細菌を殺すものなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アルコールの消毒方法は、基本的に、気化(蒸発)するときに熱と水分を瞬間的に奪うことにより細菌を殺すしくみのはずです。


水分を急速に奪うことにより、細菌をミイラ化するような感じになると思います。このため、逆にアルコールが蒸発してからしばらく置いておいたとしても効果はあまり無いでしょう。

ただし、仕組み上アルコールをほぼ完全に出来るだけ早く蒸発させ乾燥させなければならないので、アルコールのつけすぎは無意味ですし、アルコールを拭きつけたあと乾かないうちに、濡れたタオル等ですぐふき取ると効果は無いはずです。吹き付けすぎたと思ったら、乾いた清潔なタオル等で軽くふき取れば、すぐ蒸発して殺菌効果は現れると思います。

また、熱による殺菌の場合、時間を要するのは、細菌自体がその温度まで上昇するのにそれだけの時間が掛かるというのが理由だったと思います。

記憶違いや、質問者さんの使用状況による、理屈の違いがある可能性があります、あしからず。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

アルコールを沢山振れば消毒出来ている気になっていました。知らなかったです。乾いたペーパーで拭くのも伸ばしているのかと思っていました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/01/20 01:38

時間の書いてあるものは下記にありましたが,こんなに時間が掛かるのかと驚きです.



参考URL:http://www.drugsinfo.jp/contents/qanda/ma/qamu2. …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すごい時間がかかるのですね。アルコールの70%にも意味があったなんて知らなかったです。ありがとうございます。

お礼日時:2006/01/20 01:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消毒用エタノールの経年劣化

手軽な「洗剤」として消毒用エタノールを便利に使っております。
砂糖や塩に使用期限がないことは知られていますが、消毒用エタノールも、少なくとも未開封であれば使用期限はないと思っていました。ところが、手元にある品物をよく見ると「使用期限 2009年12月」の文字が。
※ 手元にある品物は、日本薬局方に従わない分だけ多少安価な「消毒用エタノール液IP」なるものです。

この品物は1年ほど前に買ったと思いますので、恐らく使用期限を製造後4年に設定しているものと思われます。

質問ですが、
1. 消毒用エタノールは経年劣化するものなのか?無水エタノールならどうか?
2. 経年劣化すると何が変わるのか?
です。よろしくお願いします。

※ 手元にあるベンジンの瓶には使用期限は書いてありませんでした。

Aベストアンサー

消毒用エタノールは、ガラス瓶入りの場合は、ほとんど変化しません。
ポリ瓶の場合は、時間を経るとプラスチックからの成分がわずかに溶け出してきますが、
使用期限内では、全く問題ありません。
また、ふたの隙間から漏れるということが書かれていましたが、未開封では、それはありません。
ふたに隙間がなくても、プラスチックの表面からわずかに蒸発していくのです。
わずかに、有効成分のアルコールの濃度が変化します。

Qアルコール消毒はどこまで消毒できますか?

こんにちわ。
最近、病院でも使えるアルコール消毒のボトルを買いました。
買ったあと思ったのですがどこまで消毒できるのでしょうか?
買った原因はつい先日生理中にカンジダになってしまって産婦人科で膣薬をいただいたんですが、直接手で入れるため菌が手についてしまいます。
入れたあとしっかり洗っているんですがやっぱり大丈夫か気になってしまってこの機会にと家ようのアルコール消毒のボトルを買ったんですが、いまいちどこまで菌を殺せているのかわかりません。
アルコールを手に吹きかければ性病の菌って殺せますか?
また他の強い菌でも殺せるのでしょうか?
どこからどこまでが殺せる菌とか範囲?種類はあるのでしょうか?
できれば詳しいメカニズムを教えてください。感染する菌なので他の人には移したくないです。
アルコールってよくCMで風邪や大腸菌などとセットで殺菌できるイメージが強くて他の菌はどうなのか気になりましたw
よろしくおねがいしますw

Aベストアンサー

中高年元MRです。

それでは、専門的に教示から始めます。
余談な内容もありますが、質問者様の知識として覚えておいて下さい。

アルコールは、芽胞成形菌(殻でバリアーされた菌)や真菌(水虫に代表される、カビ)という強い菌には、効果が期待出来ません。
それ以外の雑菌には幅広く効果します。
上述の強い菌に消毒効果があるのは、イソジンというポビドンヨードを主原料とした消毒薬ですが、茶色の液体で色が皮膚から取れにくくなってしまいます。
傷口なんかは、イソジンを使用しますし、切削手術前にも皮膚に付着した菌を殺菌する為に使用します。

アルコールは、塗布した後に蒸発=気化と同時に熱を発生するのです。
だから、気化した後にスーッとした清涼感を感じますよね。
この熱で菌を殺傷する訳です。

ただ、皮膚の敏感な方、しょっちゅう使用しているとアルコール耐性菌というものが発生することがあります。
ですから、塩化ベンザルコニウム液(絆創膏の綿部位に塗布)を100倍に薄めたものと交互に使用することで耐性菌の殺菌効果は向上します。

消毒の度を超えると、殺菌する訳ですから皮膚にも良い影響は与えません。
勿論、個人差はあります。

質問者様の手に菌が付いていると、この菌が、体内に薬と一緒に入ってしまうという懸念は、正しい認識です。

消毒アルコールで十分でしょう。
アルコール系の消毒剤で、最も皮膚等に優しいのが「消毒用エタノール」です。
植物性の発酵エタノールで、一級アルコールと精製水7:3の割合で混ぜ合わせたもので、もっと厳密に云うとエタノール含有量が78%程度~83%程度、比重が水とは異なるので、正しくは78W/V~83W/Vと表記されています。

飲用可能なので、酒税が何と85%強も含まれているので(知らない国民を馬鹿にした様なふざけた税率でしょ)高価ですが、念のためと感じるのなら、アルコール消毒は賢明ですが、殺菌成分の配合されている手洗石鹸でも十分です。

手指を乾燥させることも大切です。

中高年元MRです。

それでは、専門的に教示から始めます。
余談な内容もありますが、質問者様の知識として覚えておいて下さい。

アルコールは、芽胞成形菌(殻でバリアーされた菌)や真菌(水虫に代表される、カビ)という強い菌には、効果が期待出来ません。
それ以外の雑菌には幅広く効果します。
上述の強い菌に消毒効果があるのは、イソジンというポビドンヨードを主原料とした消毒薬ですが、茶色の液体で色が皮膚から取れにくくなってしまいます。
傷口なんかは、イソジンを使用しますし、切削手術前にも皮...続きを読む

Q「70%」エタノールの殺菌力について

培養等の滅菌には欠かせない70%エタノールですが、
その殺菌力は「70%」という濃度において最も強いと
聞いたことがあります。それは本当ですか?
本当であるならば、その理由(原理)を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さん回答通りと思います。70%エタノールの殺菌原理は主にタンパクを変性させることで起こります。70~80%が内部への浸透が強く且つ変性能力も高いと言った経験から求められたものです。

海綿やコケムシは休眠芽と呼ばれるジェミュールやスタトブラストと呼ばれる細菌の芽胞のようなものを作ります。これを一連の濃度のアルコールやホルマリンに入れて固定?し発芽実験しますと無水アルコールやホルマリン原液ではなんと発芽してしまいます。内部に浸透しないためです。

アルコール殺菌も同じ原理で芽胞形成菌には有効ではありません。ですからアルコールで滅菌は出来ませんので実験の際はくれぐれも注意してください。

○消毒と殺菌
http://www.avian.jp/bird2-4.htm

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Q大腸菌群の殺菌方法

大腸菌群の殺菌方法として、効果的な方法を探しています。
アルコール、次亜塩素酸ナトリウム、除菌剤、加熱処理・・・
わかる方いらっしゃいましたら、教えてください。
すみませんがよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

大腸菌が検出されてはいけないとのことなので、食品関係の加工場のようなところですか?
作業台(木・スチール・ステンレス)の上だけでよいなら、No2の方が仰るように消毒用アルコール(70%エタノール)だと思います。もうちょっと正確に言うと、日本薬局方でいうところの70%(w/w)エチルアルコールです。

たとえば食品加工場であると仮定して、そこで使う布類やプラスチック器具であれば次亜塩素酸ナトリウムがよいですし、手指の消毒には逆性せっけんが適しています。
コストによっては使い捨て器具を使うのもアリです。

Q熱湯、アルコール、どちらが殺菌効果ある?

梅干しを作るのに瓶の殺菌をしようと思います。

熱湯とアルコール(ホワイトリカー)どちらが殺菌効果があるでしょうか?

Aベストアンサー

瓶を熱湯消毒すると、普通は内側と外側の熱膨張率の
差で割れます。なので、瓶には向きません。
内側、外側同時に漬けこむにしても、何かの容器に
貯めるので、その容器を殺菌できなければ元の木阿弥。

ホワイトリカー程度のアルコール濃度では、大した
殺菌効果はありません。最低でも消毒用アルコールの
ように、70%以上でないと難しいでしょう。

ですが、それほど神経質になる必要はありません。
梅干しのように常温で10年以上保存できるものは
元々塩分とクエン酸で雑菌が繁殖しにくいからです。
それこそ、新品のスポンジ使って「除菌ができるJOY」の
気休め除菌で洗ってしっかり乾燥させれば問題ないです。

Q芽胞菌を殺菌するには?

芽胞菌は高熱にも強く、次亜塩素酸ナトリウムやエタノールも効果がないといわれますが、これを殺菌するにはどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

多くの芽胞菌が芽胞の状態になると熱や薬品に対して強い耐性を示しますが,芽胞形成前のいわゆる栄養細胞の段階ではそれほど強いものでもありません.

間欠滅菌と呼ばれる方法は,一度の加熱で死ななかった芽胞から再び発芽(?)させ,栄養細胞の状態にしたところで再度一気に過熱して滅菌する方法です.

料理の「煮返し」と呼ばれる手法は,まさに同じ原理で,セレウス菌などの芽胞菌を殺すのに非常に合理的であることが分かります.

先人たちの知恵が実は科学的合理性に富んでいるという一例ですね.

Q乾燥肌?&アルコール消毒の手荒れの対策

冬になってから脚や肩、腕の痒みがひどいです。
掻かないようにとは思ってもついつい掻いてしまい、結構掻き壊してしまいました。
寒さ対策にズボンの下にタイツを履くようになって、その刺激ではないかと思ったのですが、
上半身にも出ているのでちょっと分からないです。

また、コンビニのアルバイトをしていて、
頻繁なアルコール消毒と品質の悪いハンドソープの使用で、
先の痒みとは別に手肌がボロボロになってしまいました・・・
割れて痛いということはあまりなくて、ほとんど痒みだけです。
こちらはワセリンをたっぷり塗って一晩寝るとだいぶよくなるかな、といった感じです。

両方ともかなり辛い掻痒感なので、効果的な対処法やおすすめのハンドクリーム等ありましたら教えてください。

皮膚科へ行くのが早いのかも知れませんが、行く時間がなかなか取れないので

Aベストアンサー

>頻繁なアルコール消毒と

清潔が重要な職種に付き物の職業病といえるでしょうが、そのまま放置すると傷口が病原菌の温床となってしまいます。
何よりも自分自身が手荒れの症状の為に大変な目に合います。

病院関係でも放置できない問題で防止マニュアルを公開しているところもあります。

手荒れ防止マニュアル
http://hica.jp/forum/teare/teare-manual.html

痛めつけられた手を通常の治療よりも格段に早く治すのが、4.手荒れの治療法の(3)ウェットラップ法 (別名 湿潤治療、うるおい治療)です。

指の痒み痛みが酷い時にやってみてください。
既にワセリンを持っていますから、やり方を少し工夫するだけです。

帰って来たらにワセリンをたっぷり塗った手に使い捨てのポリ手袋をしておく。
(手の甲など必要が無い部分はハサミでカットして)

数分で痛みや痒みが驚くほど軽減します。
そして朝、起きた時には違いが分かるはずです。

体の引っかき傷も自宅でワセリンとラップで簡単に効果的に治せます。

慢性湿疹が数日で治った
http://www.wound-treatment.jp/wound155.htm



ワセリンを塗るにはコツがあります。

ワセリンの塗り方
http://vaseline.naosou.info/11/12/000032.php

入浴後は塗れたままでワセリンを塗る事。
それ以外の時はワセリンをつける時に水や化粧水で水分を補給して封じ込める様にする。
使用する量が多すぎると返って乾燥を招きますから付け過ぎには注意!!です。

>頻繁なアルコール消毒と

清潔が重要な職種に付き物の職業病といえるでしょうが、そのまま放置すると傷口が病原菌の温床となってしまいます。
何よりも自分自身が手荒れの症状の為に大変な目に合います。

病院関係でも放置できない問題で防止マニュアルを公開しているところもあります。

手荒れ防止マニュアル
http://hica.jp/forum/teare/teare-manual.html

痛めつけられた手を通常の治療よりも格段に早く治すのが、4.手荒れの治療法の(3)ウェットラップ法 (別名 湿潤治療、うるおい治療)です。

指の痒...続きを読む

Qエタノールの揮発性について

エタノールを冷却用に用いています。エタノールを水と混合させて薄めると揮発性にどのような変化があるのでしょうか?無水エタノールが最も揮発しやすく、濃度が低くなるにつれて揮発性は低くなるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水の濃度が高まると、そのぶんエタノールの揮発性は低くなるはずです。
ラウールの法則というものをご存知でしょうか?
たしか、熱力学のだったとおもいますが、うろ覚えのため、詳細は本を読んでいただけるとわかると思います。
あとは、理科年表で水とエタノールの蒸気圧を調べればいいと思います。
ただし、冷却用であれば、高温部の温度を考慮しなければなりません。
その温度に近い蒸気圧を調べて計算して下さい。
蒸発するかしないかがわかります。

補足お願いいたします。
できる限り答えますので(^^;

Qアンプルとバイアルの違い

お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?
容量でしょうか、それとも形が異なるのですか?
それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。
また他の名称の容器についても教えてください。

Aベストアンサー

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。
また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。
欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。

語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。

バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。)にゴムでできた栓をするものです。
製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。(200ml程度まで。)

もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。)

また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。
アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。)
細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。

なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。

大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。
どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。

ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。)

こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。
これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。)が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。(内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。)

余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。)
一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。)

その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング