経済に興味を持って、竹中平蔵さんの本を読んでいます。
解らない言葉が多くて困っています。
そのうちの一つ、総研について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

総研=総合研究所です。



野村総研や三菱総研のように日本のメジャーな総研は、大抵、コンサルティング、リサーチ、システムの3部門から構成されています。大雑把に言って「企業経営を様々な側面から支援する知的職能集団」といったところでしょうか。ちなみにリサーチ部門では、国際情勢分析や市場調査、経済予測などが行なわれています。

世間一般ではこれらメジャー総研を「総研」と言うと思いますが、実は総研には色々あります。例えば、21世紀政策研究所のように、日本の政治・経済を大所高所から論じる政策提言型の総研もあります。また、ヒューマンマネージメント総研や日本省エネ物理総研なんていうのもあって、それぞれ得意分野のリサーチに特化しているようです。でも、なんで「総合」研究所なんだろうと思ったりもしますが。

ところで、No2で答えられた方、大和総研は「株式会社 大和総研」だし、野村総研は「株式会社 野村総合研究所」ですよ。失礼ながら、専門家にしてはいささかお粗末では?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

なるほど、ひとえに『総研』といってもいろいろあるのですね。
総合研究所が一つの会社の形をとっていることも解りました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/05 20:00

あけましておめでとうございます



総合研究所 の略で総研だと思います。
証券会社はかならずといっていいほど、調査、リサーチ会社をもっています。
たとえば、大和証券、大和証券総合研究所(大和総研)
野村証券、野村証券総合研究所(野村総研)
といったかんじです。

証券会社にはセールスやディーラー、トレーダー、バックオフィスに特化しており、調査関係はこの総研がになっています。
アナリストや、エコノミスト、ストラテジストなどが
在籍しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、証券会社はかならずリサーチ会社を持っているんですね。
証券会社内でリサーチしているわけではないのですね。
勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/05 20:02

総合経済研究所を略して、総研と呼ぶことがあります。

たとえば、野村総研や日本総研のような民間のシンクタンクをいいます。アメリカだとスタンフォード研究所などが有名です。経済全般について、研究予測提言をしたりしています。

参考URL:http://www.nri.co.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど素早い回答ありがとうございます。
すぐお返事できませんでしたが大変助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/05 20:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスクリプス研究所について

 米国にありますスクリプス研究所についてお伺いします。
 標記の研究所が、どのような機関なのかを教えていただきたいのですが、日本に例えて言いますと、国公市立の公的研究所なおのか、大学等の教育機関の研究所なのか、営利を目的としない財団法人などの研究所なのか、営利企業の設立した営利目的の研究所なのか、等です。
 詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。
 また、参考URL等ございましたら、併せてお教え願います。

Aベストアンサー

 スクリップス研究所(The Scripps Research Institute)のHPはこちら。

 「About TSRI」あたりをお読み下さい。

参考URL:http://www.scripps.edu/

Q竹中平蔵は経済音痴ですか?

竹中平蔵は経済音痴ですか?

竹中平蔵さんは経済学者だと思っていたのですが 私は「残業代ゼロ法案」を聞いた時この人は才能が無い人だと思いました
欧州圏ではチップさえあるのに 賃金を払わないと云う考えはグローバル経済と逆行する考え方だと思います

彼は自分は無償で働きたいということでしょうか?
公務員は残業代は貰えないということでしょうか?
民間企業では残業代が無ければみんな仕事はしないので とても事業に支障がでると思うのですが?

私は残業代はたくさん支払った方が経済は大きくなり発展すると考えますが 私が間違っているのですか?

Aベストアンサー

No.4です。最新の「長谷川修正案」だと年収は対象外で、幹部候補を対象とするとなっているようです。

ま、この辺が落とし所ですかね。
私の20代の頃のように、職場がホワイトカラーでも、残業代にしがみつく実質ブルーカラーの人は今までどおりでいいですし、上を目指そうという人であれば、自己管理も含めてホワイトエクゼプションで。

どのみち、管理職に昇進すれば残業代は出ないわけですし、準備期間の訓練としては手ごろかと思います。

まあ、不満は当然出てくるでしょうが、スケジュール管理もロクにできないような人材であれば、その先の管理職昇進など夢のまた夢ですしね。

あと、No.4で書き忘れたのですが、私が勤務時間の自由裁量を望んだのは、当時は比較的クリエイティブな仕事をしていた関係もあります。
ぶっちゃけ、平日の定時は打ち合わせやら顧客対応やらが随時飛び込んでくるので、本来の仕事に手がつけられず強制的に残業生活(苦笑)になってました。
ですので、平日休んで、邪魔が入らない土曜勤務を望んでいたわけです。


まあ、残業代ありの勤務形態を望むか、それとも自由裁量で報酬も成果次第という勤務形態を選ぶかは、法律でエイヤっ!で決めるのではなく、最後は個人の判断に任せるのが一番いいと思いますよ。

No.4です。最新の「長谷川修正案」だと年収は対象外で、幹部候補を対象とするとなっているようです。

ま、この辺が落とし所ですかね。
私の20代の頃のように、職場がホワイトカラーでも、残業代にしがみつく実質ブルーカラーの人は今までどおりでいいですし、上を目指そうという人であれば、自己管理も含めてホワイトエクゼプションで。

どのみち、管理職に昇進すれば残業代は出ないわけですし、準備期間の訓練としては手ごろかと思います。

まあ、不満は当然出てくるでしょうが、スケジュール管理もロクにで...続きを読む

Q日本の教育機関の研究所について教えて下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

この研究所の項目の中で日本の教育機関の研究所について教えて下さい。

これは全国共同利用研究所と大学共同利用機関法人に分かれますが、
前者は大学の所有する研究所で後者はそうではないということが分かりますが、
・全国共同利用研究所とはその大学の教員のみが使える研究所で
大学共同利用機関法人とはいろいろな大学の教員が使える共同施設といった感じなのでしょうか?
・これらは大学の教員でなければ、所属出来ないのでしょうか?
理研とか産総研だと、大学の教員でない方もたくさん所属されていますが、
教育機関の研究所だとどこかの大学に所属している人だけが使用しているのでしょうか?
・このへんの研究所の仕組みみたいなものに関して書かれている書籍などがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

回答します。

「全国共同利用研究所」とは、「大学院教育」を行う研究所です。「全国共同利用」となるためには、いくつかの要件があり、それらは「大学評価・学位授与機構」にて審査されます。当然のことですが、大学院としての選抜試験は、その学内優先になりますが、一応公開されています。

「大学共同利用機関法人」とは、設置機関の名称であり、基本的には「政府」の研究機関に相当します。「総合研究大学院大学」を構成していますので、「大学院教育」を行いますが、重点7分野などの国家目標に沿って運営が行われます。大学・企業等からは使用料を支払うことで活用が可能です。

全国共同利用研究所と大学共同利用機関法人の違いは、管理運営者が違います。全国共同利用研究所は、その研究所が所属している大学法人が管理機関となります。また、大学共同利用機関法人は、文部科学省が管理機関となります。

大学の教員でなくても所属は可能です。近年は、研究利用促進を目的として、大手企業やベンチャー企業等との共同研究なども実施しているため、「受託研究員」として所属が可能です。その場合には、企業等からの社員や自治体・政府などの機関から、社員・職員を派遣してもらって、共同研究活動に従事していただくことになります。

研究所の仕組みについては、一番手っ取り早いのは、文部科学省ホームページの科学技術・学術のホームページ、「文教協会」より「大学振興課」が発行している「大学資料」(年4回発行)などをご参照ください。

更に、詳細について知りたいということであれば、国立国会図書館などに所蔵されてる「各研究所の年報」、「総合研究大学院大学」のパンフレット、「全国共同利用研究所」(または「附置研究所」)のパンフレット、「大学共同利用機関法人」のパンフレットなどをご参照ください。

では。

参考URL:http://www.mext.go.jp/

回答します。

「全国共同利用研究所」とは、「大学院教育」を行う研究所です。「全国共同利用」となるためには、いくつかの要件があり、それらは「大学評価・学位授与機構」にて審査されます。当然のことですが、大学院としての選抜試験は、その学内優先になりますが、一応公開されています。

「大学共同利用機関法人」とは、設置機関の名称であり、基本的には「政府」の研究機関に相当します。「総合研究大学院大学」を構成していますので、「大学院教育」を行いますが、重点7分野などの国家目標に沿って運...続きを読む

Q竹中平蔵以外に適任者は?

銀行などから「竹中平蔵下ろし」の風が吹いているといわれています。
私にはよくわからないのですが、竹中以外に、国の経済政策を舵取りするのに誰か適任者はいるのでしょうか。

Aベストアンサー

政府の経済政策の舵取りは誰でもできます。人材は山ほどいるでしょう。
理由は簡単です。70兆円規模の会社だと思えばあまり大きくはないので、
日米の企業家でしたらたいてい十分に舵取りできるでしょう。
理論だけではだめですね。理論と経験が必要ですね。
国の経済を活性化するという意味でしたらもっと簡単です。
政治家、政府、行政で彼らが仕事と思っている仕事ををやめればよいのです。500兆円規模の経済が1年で活性化します。くろねこやまとも郵便配達に
せいを出すでしょうし、セブンイレブン銀行も繁盛するでしょう。
中国に行っている製造業も面倒な中国をあきらめて日本に帰ってくるでしょう。それでも強いて名前を上げるならビルゲーツさんですね。70兆円ぐらい
でしたら片手で操作するでしょう。
蛇足でした

Q研究所は製品を作ってはいけない?

メーカーの研究所に勤めています。
研究所が製品を作る事を禁じる法律があると聞いています。
しかし、実際には研究所という名称の部署でも製品を作っているケースは良くあるように思われます。
本当に研究所が製品を作ることは法律で禁じられているのでしょうか?

Aベストアンサー

研究所だから禁止されているのではなく、研究所としてのみ許されている特典を利用して製品を作ることが禁止されているのです。
どういう話があるかと言えば、一つのは立地に関する規制などでこれは先のご回答者が答えているような物も含みます。
もう一つは税法上の話で、研究目的の場合には様々な減税措置があります。
たとえば設備にかかる固定資産でも研究用の専用設備として減税措置があります。これらの研究目的ということで得られている恩恵をそのままに製品を製造することは出来ません。

ですから、上記のような点をきちんと法的に正しく処理すれば製品を作ることは可能です。

Q竹中平蔵氏と森永卓郎氏の違いは?

竹中平蔵氏と森永卓郎氏は、どちらも高度な経済学を学んだ学者だと思いますが、考え方が180度と言っていいほど違うように見えます。

竹中氏の本などを読んでいると、彼は彼で信念を持って、世界の先進国がどんどん金融業を発達させていっている流れに日本も加わらないといけない、と考えているようで、それはそれで一理あると思いますが、森永卓郎氏のような人は、そういう、世界の経済の潮流というところはどのように考えているのでしょうか?

Aベストアンサー

竹中氏と森永氏、どちらの意見が正しいとは言えないですね。
正しいところもあるけど、間違っているんじゃないかと
思えるところもあるしね。

竹中氏の考え方は国レベルの考え方ですね。
金融業を一産業としてみている。

確かに日本の金融機関は欧米の金融機関に比べると
収益性が低いといわれています。
日本の金融機関がもっと稼げるようになれば
税収も上がるわけでこれは悪いことではないですね

まぁ、欧米の金融機関もサブプライムローンなんかを
開発してしまうのだから似たようなレベルなのかもしれませんが…

森永氏の考え方は個人レベルの考え方ですね。
あくまで金融業は補助的な役割としてみているのでは
ないでしょうか。

年収300万時代が到来するという本を書いて有名になった人ですね。
なるようになるしかないという考え方ですね。ある意味リアリストな
訳ですが…

どうなのかな、ありのままを受け入れるというのは…
仕方がない部分があるのは分かるが…

あまり金融業ががんばり過ぎてしまうと
日本のバブルや10年ほど前のITバブル、今回のサブプライムローンなど
の問題を引き起こしてしまう。
がんばらないと担保第一主義となり、経済が活性化しないだろうしね。
なかなか難しい業種ですね、金融業というのは…

竹中氏と森永氏、どちらの意見が正しいとは言えないですね。
正しいところもあるけど、間違っているんじゃないかと
思えるところもあるしね。

竹中氏の考え方は国レベルの考え方ですね。
金融業を一産業としてみている。

確かに日本の金融機関は欧米の金融機関に比べると
収益性が低いといわれています。
日本の金融機関がもっと稼げるようになれば
税収も上がるわけでこれは悪いことではないですね

まぁ、欧米の金融機関もサブプライムローンなんかを
開発してしまうのだから似たようなレベルな...続きを読む

Q企業内の研究所と公的な研究所の違い

研究所はよく民間と公的機関とで大別されますが、公的な研究所と企業内の研究所では具体的に何が違うのでしょうか。基礎なのか応用なのかという程度の認識しかありませんでしたが、それが必ずしもあてはまるわけではなさそうなので、いまひとつわかりません。特に、民間の基礎研究所との違い説明していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

民間の研究所勤務です。
公的機関の研究所のことを詳しく知らないので比較できなくて申し訳ないのですが、民間の現状を書きますね。
あ、製薬会社ではありません。

民間の場合、あくまでも企業活動の一つとして研究開発活動がありますので、基礎部門であっても、なんらかの形で製品に繋がる研究になります。
利益を生み出さない研究ということはあり得ないですね。
そのため、大学等の研究室で行っているような純粋な基礎研究は殆どないか、あっても非常に稀です。
開発部門が応用できるような研究を行い、金の成る木を探します。
当然、時間にもシビアな制限がかかることが多いです。
余裕のある企業では数年かけて一つのテーマを研究させてくれたりしますが、そうではない場合の方がほとんど。
テーマは同じであっても、比較的短期間に結果を出し、それを製品に応用…もしくは既存の製品へ付加価値をつける報告をしなければなりません。
あまりにものんびりやっているとごくつぶし扱いになります。

メーカー内での研究所の立場…特に基礎研究の立場はなかなか厳しいところがあります。
もちろん違うところもあるのでしょうが、うちはそうです(涙)。
製品を直接作っていない(=金を稼いでいない)部門ですから。
予算も人も、真っ先に削られます。
何か面白そうなシーズを見つけてきても、会社の方針に沿えなければ手をつけることもできません。
研究のための研究は非常に難しく、研究の果てに必ず利益が絡むものだと思ってください。

民間の研究所勤務です。
公的機関の研究所のことを詳しく知らないので比較できなくて申し訳ないのですが、民間の現状を書きますね。
あ、製薬会社ではありません。

民間の場合、あくまでも企業活動の一つとして研究開発活動がありますので、基礎部門であっても、なんらかの形で製品に繋がる研究になります。
利益を生み出さない研究ということはあり得ないですね。
そのため、大学等の研究室で行っているような純粋な基礎研究は殆どないか、あっても非常に稀です。
開発部門が応用できるような研究を行い...続きを読む

Q「産業競争力会議」のメンバーに登用された竹中平蔵氏

小泉構造改革の旗振り役で活躍後、しばらく政治経済の表舞台では見かけなかったが、昨年後半は橋下市長に乞われ→大阪維新の会の公募者の中から衆議院選挙の候補者選びにおける選考委員長のような役割をなさっていたが・・・

今回は安倍内閣の重要な経済成長政策のブレーンとしての再登場です。
皆様は、この竹中平蔵氏の経済理論や実行手法、説明説得力について、どのように見て評価されていますか? 

Aベストアンサー

テレビでも演壇でも拝見しますが、たぶん想像では人格は善い方だと思います。

小泉政権の時は、理論よりも人として柔軟性、政治交渉力があって、物事を動かせる方だと思いました。

当時は規制緩和などが時代の主流でした。そのころの影響をうけているのが、最近でもそうですね。

でも本当はもう一つ脱皮していただきたいような気がするのです。日本で行われた規制緩和少ないかもしれませんが、実際の経済の慣行は新自由主義に政治による方向性よりももっと進んだ状態だと思ってます。

竹中氏の企業のやりやすい状況を作らないといけないとおっしゃっていることはもっともで異論のない部分だと思います。

ただし、現状はGDPを上昇させる設備投資や消費を上げるかを考える経済学の基本であるマクロ経済学からの解釈、政策立案はすでに限界にきているように思えます。この点、竹中氏も消費は十分緩んでいると気づかれてます。

あと、公共投資も結構しぼっていて、戦略的に投資の方向を考えないといけないという点もです。

問題は、個人の財布を豊かにしようと思えば、産業競争力をつける専門家がのぞましいと思えます。経済学でいえば、産業政策などは分野名は忘れましたが、一つの専門分野です。竹中氏は確か政策系の銀行か何かにいらっしゃって、学者でも少し浅いところがあるように思えるので、この点、たぶんかなり知らない人なんだろうと思えます。

要は経営学か産業政策の専門家が今知識として政策に必要なわけで、そういった意味では経営の実務家と総研の人を集めている安倍政権も何か物足りないといいざるをえないと考えます。

しいていうならそういう専門家を政策決定に呼び込んで、うまく学者とパイプをつくるといった仕事が本来の竹中氏の役割なのではと思います。

テレビでも演壇でも拝見しますが、たぶん想像では人格は善い方だと思います。

小泉政権の時は、理論よりも人として柔軟性、政治交渉力があって、物事を動かせる方だと思いました。

当時は規制緩和などが時代の主流でした。そのころの影響をうけているのが、最近でもそうですね。

でも本当はもう一つ脱皮していただきたいような気がするのです。日本で行われた規制緩和少ないかもしれませんが、実際の経済の慣行は新自由主義に政治による方向性よりももっと進んだ状態だと思ってます。

竹中氏の企業のやりやす...続きを読む

Q研究所に応募するときは、「御社」?

財団法人の○○研究所というところに応募しようとして、応募動機を書いているのですが、文章中でこの研究所を指すときは、「御社」で良いのでしょうか、それとも「御研究所」などとするのでしょうか。
教えていただければ、幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
志望動機を文章で書くということであれば、
「貴財団」もしくは「貴研究所」ではないかと思います。
それぞれの言葉を検索サイトで引くと、色んな硬い文章で使われているのが見つけられますので、フォーマルな言葉遣いであると思います。
相手の会社のことを口で言うときは「御社」、文章で書くときは「貴社」だったと思いますが、面接の際に「御財団」「御研究所」と表現するべきかどうかについては自信がありません・・・。
私が「財団○○研究所」へ志望動機を提出したときには「貴財団」と書いたと記憶しています。
面接の時にも「貴財団」と話していたと思います(御財団が言いにくかったため)。それで落とされはしませんでしたが、今でもそれで良かったのかはちょっと疑問です。

Q莫大な借金をしてる一方で、なぜ?小泉竹中経済は海外資産を増やすのですか?

¥700兆の借金から対外資産残¥185兆から先に差し引いて、つもり積もる金利分だけでも軽くしないのは、どうしてですか?

借金が多く、その為に緊縮財政というので教育も福祉も削減する一方で、アメリカ財務省証券の購入額が増えてるなど、不可思議な遣り繰りを思います。

Aベストアンサー

アメリカの対日貿易赤字が膨らむとアメリカの機嫌が悪くなり、あらゆるところでアメリカからの圧力が発生します。かつての貿易摩擦でえらい痛い目にあっているため、こういう総論が日本の政治家や官僚に浸透しているためでしょう。
例えば、政界でなくて財界でも少し前に、GMの不信からトヨタを少しバッシングする論調がアメリカで起こったとたん、トヨタのトップ奥田会長は「場合によってはハイブリッド技術を一部提供しても良い」と発言しました。つまりはこういう事なのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報