いま財政界で主張されている、国公立大学の「独立行政法人化」と、
小泉首相がいっている「民営化」は、どう違うんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

現実問題として考えた場合、hazenokiさんが言われるような『大学の民営化と言えば、私立大学になることを意味している』というのは落ち着きがいい方策のように思います。

各国公立大学の動きも特別行政法人化を見つめたもののようですし…
最近、各種分野での各大学の研究成果を『論文数』『引用数』『助成金獲得数』などを使って序列化させようとする動きがありますが、これも助成金制度だけを残して大学運営を各大学の自主性に任せる(この場合は独立行政法人化を想定…)という動きととらえると矛盾なく受け取れますからね。これは実績に応じた補助金の重点配分を見込んだものといわれています。一律学生数に応じての助成金という現在の考え方では『構造改革=能率を上げて結果として支出の効率化を目指す』という方向には馴染まないように思いますからね。

学費のお話ですが、どのような改革方法にしても学費は各大学の自主的な決定が認められるはずですから、利益の上がっている大学は下がるでしょうが、ほとんどの大学は学費を上げないと立ち行かないようになると思いますよ。

この回答への補足

移行時期はもう決まっているんですか?
政府系の新聞では、決定だといってるみたいですが。

補足日時:2002/01/09 20:59
    • good
    • 0

私は、理系の研究室に所属している学生ですが、独立行政法人化よりも、先生方は、TOP30(いわゆる遠山プラン)に入ろうと、かなり頑張っているみたいです。

業績を集めたデータベースを作ったりして。

それで、先生との会話で、大学改革の話題になっても、独立行政法人化のはなしは、全然聞かないです。 先生方にとっては、身分は変わっても、TOP30より影響は少ないのかも知れませんね。 それでも、新規採用の助手はすべて任期制になるそうです。

私の記憶では、大学の独法化の問題は、一般の独立法人とは別に法律を作ることで妥協が図られたと思っていました。

文科省のページにも、独法化は既定路線になっているようですね。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/13/09/f_0109 …

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/13/09/f_0109 …
    • good
    • 0

移行の時期まではわからないです。

国立大学の現場で働いてみえる方ならご存知かもしれませんが…

私は大学から離れて丸3年になりますが、独立行政法人という言葉やそれを見越しての実績作りなどは当時でもはなされていました…3年間何も動かなかったわけですが、そこへ来ての今回の構造改革ですからね、今ではまったく関係のない立場ですが非常に興味はありますし期待しています(いち納税者として)。
    • good
    • 0

「民営化」=「株式会社化」というのは言い過ぎじゃないのでしょうか?


私立大学はりっぱに民営の大学だと思います。 私学助成金はもらっていますが。
トヨタも 豊田工業大学を作っていますしね。 大学の民営化と言えば、私立大学になることを意味していると思います。

私の考えでは、「独立行政法人化」とは 教官たちが国家公務員でなくなり、大学も特殊法人の1つになることだと思います。さらに、今以上の独立性が生れるんじゃないでしょうか? 文部科学省は管理下に置こうと抵抗するでしょうけど。

以下、大学に限らない一般的な話です。小泉さんは大学を民営化しろとはいっていないと思うので。

独立行政法人とは、そもそもイギリスの エイジェンシーという組織形態を取りいれたものです。その心は、公共機関なんだけど、株式会社のような経営手法を取りいれようとしたものだと、私は理解しています。 大学に「株式会社のような経営手法」がなじむかどうかは少し疑問が残りますね。

「独立行政法人」とは、結局、今なくそうとしている「特殊法人」のようなものなんでしょうね。

私の解釈では、「民営化」とは 国が実質的に経営権(運営権)を持っていないことだと思います。要するに、政府と縁が切れることだと思っています。

実際は株式会社になっただけで、民営化と言っていますね。JRとかNTTとかJTとかの例を見ると。いまだ国がいっぱい株を持っているのに。
イメージですが、JRの経営にはそんなに参加してなさそうなので、実質上は、民営化と言っても良いとは思っています。
    • good
    • 0

学校法人の法人格をそのまま残すかどうかはわかりません(正直に)。

私学にとっては国立大学が解放されても助成金打ち切りのほうが痛手が大きいので先回はラディカルなと書きましたが、学校法人は残せという虫のいい主張かもしれないですからね。

ただ、構造改革という考え方からも、学校法人撤廃(あるいは資本の開放と引き換えに助成金の大幅削減)は十分うなずける内容ですし、法人認可のハードルを取り払うことによって、内資・外資も含めて自由に参入させることができますので、完全自由化は国にとっても利点は多いのではないかと思います。聖域がないという言葉を文字通り受け取れば、こうした発想もありえるとだけはいえると思います。

国が主導的な役割を果たすことのできるように一部大学だけは『独立行政法人』でも、通常の国立大学のままでも残存させて欲しいなあというのが個人的な希望です。やはり旧帝大クラスは(私は出身じゃあないけれど…)国のためを考えると残した方がいいと思うし、逆にどうでもいいような学校法人までに補助金を出しているのは無駄以外の何物でもないように思います。

この回答への補足

学費はどうなりますか?
あがるとすれば、どのくらいあがりますか?

補足日時:2002/01/06 21:54
    • good
    • 0

『国立大民営化を・学長アンケート』のURLを見ました。

私学の学長のアンケートということからすると、国立大学を私学と同じ土俵に置くことでしょうから、一番ラジカルな『完全民営化』つまり株式化して一般に公開する形までの民営化でしょう。となれば…人気のない大学は淘汰されてなくなるでしょうし、大学の連合だけでなく完全統合もあるでしょうね。

この回答への補足

ということは、国立大学だけではなく、学校法人の民商法に元基づく
株式会社化、とみていいんですか?
そうなれば、大企業の大学設置を認める主張、ということですか?

補足日時:2002/01/05 20:50
    • good
    • 0

独立行政法人とは何ぞや?という問いに対しては参考URLが役に立つと思います。

『国が直接行うには非効率的なものだが民業委託では存続が危ぶまれる公共性の高い事業を法人として独立させて現状以上に効率を高めようとする制度』といえるかと思います。法人ごとに自主性が強く認められるので個性も発揮させられる面があると思います。

参考URL
○独立行政法人とは何か
http://www.soumu.go.jp/kansatu/dokuritu-gyouseih …
○独立行政法人
http://www.hi-ho.ne.jp/yokoyama-a/agency.htm
○独立行政法人通則法
http://www.kantei.go.jp/jp/cyuo-syocho/990427hon …

また民営化とは文字通り『民業とする』ことであって、競争の結果、淘汰されて最悪の場合は事業が消滅することもありえる形態です。(NTTやJT,JRの例を挙げるまでもありませんが…)
ただし、言葉として使われている『民営化』は単に業界への民間参入を認めるだけであったり、国が株式の大半を所有して『半官半民』のような形態もありえるため、言葉の意味としては非常に幅広いと思います。

この回答への補足

では、このアンケートで言われている「民営化」は、どういう意味ですか?
http://www.ne.jp/asahi/tousyoku/hp/nethe3162.htm

補足日時:2002/01/04 20:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「民営化」ってとても恐ろしいものなんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/04 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分限免職とはなんでしょうか?

今日の新聞に指導力不足の教師が分限免職に
なったという記事があったのですが、分限免職
とはなんでしょうか?
諭旨免職、懲戒免職などとならぶものなのでしょうか?

Aベストアンサー

分限免職とは、その意に反して公務員の職を免ずる制度の一つであり、
(1)勤務成績が良くない場合
(2)心身の故障により勤務に支障があり、又はこれに堪えない場合
(3)その他、官職に必要な適格性を欠く場合
(4)官制・定員の改廃又は予算の減少により廃職・過員を生じた場合
に適用されます。ご質問の教員の場合、(1)又は(3)に該当したと思われます。

これに対して懲戒免職は、公務員の規律違反に対する制裁としてその職を免ずる制度です。

また、たまに耳にする諭旨免職は上司の説得(諭旨)によって退職願を提出させることをいい、実質は依願退職(民間でいう自己都合退職)であり、法律上の制度としては存在しません。

Q郵政三事業の民営化並びに道路公団の民営化をすると一体どういったメリットがあるのでしょうか??

小泉さんが掲げている物の一つが郵政三事業の民営化ですがこれをすると私たちにどういった利点があるのでしょうか??近いうちに民営化すると思いますが、潰れたりすることもあるのでしょうか??

Aベストアンサー

 民営化はたしかに#4さんのおっしゃるとおり、国(国民)の経済的な負担を押さえることだと思います。
 ただ、郵政と道路公団は事情がちがうと思います。しかし、お尋ねか郵政のことですのでその点だけ。

 郵政が問題になっているのは、民業を圧迫していることです。郵政は、郵便・貯金・保険の3事業を持っていますが、全部民業を圧迫しています。
 まず郵便。特に小包。現在郵便もクール便などをやっていますが、これはクロネコがはじめたサービスで、郵政は税金を使って設備を整備し、これに対抗し民業を圧迫しています。また、はがき等の配達も民間で十分やれるサービスです。
 今回の法律改正時にクロネコが参入を見送ったのは、総務省(郵便局の親分)の許可がないと事業やサービスをすることができない。という制度に反発したもので、全国一律料金制度の下でも十分やっていけるはずです。
 信書の秘密保持。現在ポストからの郵便物の回収、郵便局間の輸送などは郵政から委託を受けた民間業者が行なっているのをご存知でしょうか。民間だから秘密保持ができないという論理は、実は郵政自身で放棄しているのです。

 貯金・保険。同じく民間で十分やれる事業です。たしかに、田舎では郵便局以外の金融機関がないところもありますが、民営化で郵便局がコンビニを兼業することも可能になります。
 そして、民営化の見えないメリット。税金がとれる。国営企業からは税金はとれませんからね。

 潰れたりするのでしょうか。
 民営化になれば、当然競争があります。まず郵便。これは既存の運輸各社との競争になります。親方日の丸でやってきた郵政は小包部門で大苦戦するでしょう。撤退があるかも。葉書等については、新規参入業者があるか否かが鍵になるでしょう。新規参入があるとこれも苦戦すると思います。
 貯金・保険部門。実は郵政は、一般の金融会社が持っている貸付部門を国に依存しています。この部分がどうなるかが大きな鍵になります。もし、貸付部門も自前でと言われると潰れてしまうでしょうね。でも、そういうわけにはいきませんから、なにかうまい手を考えるとは思いますよ。

 民営化はたしかに#4さんのおっしゃるとおり、国(国民)の経済的な負担を押さえることだと思います。
 ただ、郵政と道路公団は事情がちがうと思います。しかし、お尋ねか郵政のことですのでその点だけ。

 郵政が問題になっているのは、民業を圧迫していることです。郵政は、郵便・貯金・保険の3事業を持っていますが、全部民業を圧迫しています。
 まず郵便。特に小包。現在郵便もクール便などをやっていますが、これはクロネコがはじめたサービスで、郵政は税金を使って設備を整備し、これに対抗し...続きを読む

Q分限免職処分後の公務への再雇用

県立高校の教諭であった10年前に分限免職処分を受けた場合、
今後、他都道府県の常勤講師に採用されることは、あり得るのですか?

Aベストアンサー

分限免職処分(心身の故障で職務に耐えられない ないしは定員削減等で 解雇)は 懲戒処分ではありませんから 採用は可能です。
ただし、心身の故障が理由だと それが改善されないと無理という気もします。

Q国立大学の独立行政法人化の問題点

現時点での国立大学の独立行政法人化の問題点を教えてください。
本やホームページもあれば教えてください。

Aベストアンサー

 下記URLを、参照して下さい。

参考URL:http://fcs.math.sci.hokudai.ac.jp/dgh/

Q自衛官の分限免職について

 私は陸上自衛隊の現役幹部で、部内選抜の1等陸尉です。
 昨年、職場における人間関係の心労から鬱病になり、現在休職(自宅療養)して8ヶ月が経過しました。先日、上司が来て「1年で分限免職だから、退職するかどうか、それまでに結論を出せ」と言われました。
 自衛隊法施行令57条においては、隊法43条に基づく休職期間は、3年を越えない範囲と定められていますが、1年とする根拠は何でしょうか。また分限免職となった場合、労災申請はできるのでしょうか。

Aベストアンサー

法規類集に載ってなかったでしょうか。
忘れてしまったのですが、90日が帰郷療養が認められる範囲だったか。。。
休職期間をぎりぎりまで使いその後一定期間出勤すれば再び休職が可能となったような。。。
それが1年をこえない範囲だったと思います。
本当に忘れてしまったので当てにならないですね。
忘れてください。

私は3尉で辞めました。
他の同僚や隊員らは自衛官が民間へいってもまともな職に就くのは難しいと言いますがそんなことは決してないです。
現に私は今誰もがその名を知るような一流企業に勤めています。
決してコネで入ったのではなく実力で入りました。
それに民間の人たちはこんなにも穏やかなのかと今でも新鮮な気持ちで思います。

・・・自衛隊にいたころは、人という生き物に絶望しました。
あれほどまでに人を憎んだ経験はありません。

立派な自衛官になろうと志し、なのに辞めてしまった自分はとても情けないですが、今は、昔よりはずいぶん楽な自分になりました。

Q小泉首相は従二位?

質問は2つあります。

1
総理大臣は正二位か従二位に相当するようですが、
実際に叙位はされているのでしょうか。
宮中へ上がることがあるので位階所有者なのだろうと思うのですが、
検索しても現代の位階所有者一覧のようなデータが見つかりませんでした。

2
生前に与えられる例は少ないようですが、中曽根氏は従一位。
現在、生きている人で五位以上の人達が誰なのか見てみたいのですが、
管轄している省庁は宮内庁でしょうか。

Aベストアンサー

現在、位階は、故人にしか贈られていません。

参考にされた資料が誤っているのでは?

ちなみに、担当は内閣府です。

Q民営化

特殊法人を民営化、民営化と問題になっていますが
民営化とはなんでしょうか?
民営化の利点といのはなんでしょうか?
また民営化の反対は国有化なのでしょうか?
教えてください お願いいたします

Aベストアンサー

なぜ民営化にすると 高い生産性を維持できる経済体制がととのうと同時に、財政の健全化にもつながるのかもう少し具体的に説明して 頂けないでしょうか?
国営化の物は国の資金で賄ってたものが民営化にすると
国が資金を出資する必要がなくなり国家予算の歳出削減につながるという事でしょうか?


そうですね、民営化すると高い生産性が整う理由をちょっと上げてみたいと思います。民営化とは文字どうり民間企業になるということですが、民間企業は経営が行き詰まった場合、収入を増やすか、支出を削減して会社の財政を黒字にもっていこうとします。しかし、不況だった場合、収入の増加は望めない場合がほとんどです。よって企業の選択としては大幅なコストダウンに乗り出します。そうした場合、今の日本でほとんど例外なく対象になるのが人件費です。この人件費が日本ではものすごく高いわけです。だから、あまり仕事で結果を出せない無駄な人間を解雇して支出を減らそうとするわけです。
 これに対して、国営企業になると、なかなか収入増加が見こめない部分では同じですが、コストダウンができないのです。どういうことかというと、例えば民間企業と同じく人件費を削減しようとします。ところがこれに「待った」をかけるのが労働組合です。ご存知とは思いますが、公的企業には必ず労働組合が存在しかなりの影響力を持っています。そこで働いている人にとってはとてもありがたい組織ではありますが、なにか革新的な行動に対してはこの労働組合は保守的になってしまう部分もあります。だから国営企業に限らず、公的企業はリストラはほとんどできないに等しいのです。結局、ほとんど国営企業の経営健全化の打開策を見出せないまま同じ現状のまま停滞してしまうのです。

簡単にいってしまうと、民間は無駄を即排除し経営改善しやすいのに対して、国営は逆に無駄を排除しにくいために悪い構造のまま経営をしてしまう、こういった状態は効率が著しく悪いといえます。別な極端な言い方をすれば、民間は能力がなければ即首を切られる恐れがあるのに対して、国営ならばある程度成績が悪くても組合が守ってくれる平等性の高い職場といえると思います。だから不況の現在、公務員になろうとする人が増えているわけです。資本主義に近いほど民間が多く、共産主義に近いほど国営が多いとも言えると思います。だから資本主義は弱肉強食で失業者が出やすい、しかし効率がよく生産性が高い。共産主義は平等性が高く失業率も低いかわりに無駄が多く効率の悪さが年を重ねるにつれ露呈するわけです。資本主義のいい例はアメリカで貧富の差が恐ろしく高い。ビルゲイツはアメリカの黒人の所得をすべてかき集めた分の半分よりも多く所得を持っていると思いますが、黒人は今日の食べ物にも困るありさまです。これが完全資本主義、完全競争の結果です。共産主義のいい例はソ連です。第2次大戦当時は高い平等性を維持し、一時はユートピア的存在でしたが、先のような理由からだんだん生産性が落ちてきて、今では(ソ連はありませんが)メキシコ並の生産力しか持ちません。しかも共産党が権力を振りかざすあまり、貧富の格差が拡大し、アメリカといい勝負になっています。結局どちらにも行き過ぎてはいけないという事がいいたかったのです。


本題に戻って、結局、民営化すれば少なくとも国営時代よりは経営が上向くとともに、jones0901さんがおっしゃるとおり、国が国営企業に支出しなくてもよいため、国の財政再建にもなるわけです。国の財政はとても危機的状況にあるため、一刻も早く採算のとれない分野は民営化するべきだという人もいます。

そもそも、民営化の議論は長期にわたる不況の原因は、今までの平等性の高い日本の経済構造で、もはや今までの構造は効率が悪いのであり、その原因は日本の経済の特殊な規制が完全競争を妨げているため、というところから端を発していると私自身は思っています。つまり、今までは資本主義社会の中にも平等性があった日本経済構造を、完全競争にすることによって純粋な資本主義社会にするという国の方針なのです。構造改革の「痛み」とは不平等の拡大、所得格差の増大ということです。その一連の流れの中で民営化論も存在します。すなわち、民営化によってその職場で働いている人の平等性を犠牲にして効率を高めるという点で規制緩和と共通しています。

いずれにしても国を左右する大事な改革ということですね・・。

なぜ民営化にすると 高い生産性を維持できる経済体制がととのうと同時に、財政の健全化にもつながるのかもう少し具体的に説明して 頂けないでしょうか?
国営化の物は国の資金で賄ってたものが民営化にすると
国が資金を出資する必要がなくなり国家予算の歳出削減につながるという事でしょうか?


そうですね、民営化すると高い生産性が整う理由をちょっと上げてみたいと思います。民営化とは文字どうり民間企業になるということですが、民間企業は経営が行き詰まった場合、収入を増やすか、支出を削減し...続きを読む

Q独立行政法人

独立行政法人ってなんですか?
どこのサイトにも法律上の定義しか載っていないのでわかりにくいです。

具体的に説明して下さい。
また独立行政法人と特殊法人の違いも教えてくれればありがたいです!

Aベストアンサー

法律上の定義をもとに組織されています。それ以上説明のしようがありません。さんこうに

http://www.soumu.go.jp/gyoukan/kanri/satei2_01_01.html
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%89%B9%E6%AE%8A%E6%B3%95%E4%BA%BA/

Q戦後の民営化‐最たる成功例は?

戦後の民営化‐最たる成功例は?

【1】
戦後に行われた各種の民営化の中で、
あなたが最もインパクトのある民営化は何ですか?

【2】
戦後行われた各種の民営化の中で、
あなたが最たる成功例と思うものは何ですか?


※私は1980年代初頭に生まれながらも、
一度も旧国鉄を利用せずに、
1987年の国鉄分割民営化を迎えしまいましたが、
やはり国鉄分割民営化が最もインパクトがあり、
それにより誕生したJR東日本が最たる成功例だと思います。

Aベストアンサー

【1】 最もインパクトのある民営化は何ですか? 

専売公社

【2】 最たる成功例と思うものは何ですか?

国鉄

Q独立行政法人

独立行政法人は民間企業と業務提携とか可能なのでしょうか?


例えば、極端な例ですが、国立印刷局がサンリオとアライアンスし、キティちゃんの日本銀行券を印刷する…ということは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

例を見るとこれに当てはまるかどうか解りませんが,要は独法が
民間企業と一緒に商売できるか?(それで収益をあげることが許されるか)?ということでしょうか.

それですと,その独法が課税法人か非課税法人かによって違ってきます.
特殊法人から独法になった場合は課税法人になるようです.この場合,商売が出来ます.
(無論,それをやる意義があるかどうか・組織の趣旨に合っているかどうかは議論されるでしょうが)
たとえば,特殊法人から独法化したJAXA(宇宙航空研究開発機構)は
課税法人であり,企業と一緒になって認知度アップ・啓蒙用のオリジナルグッズを製作・販売しています.
ですが,元が国立研究所で,独法化した場合などは非課税法人なので商売が出来ません.
このあたり,以前問題になったこともあるようです.

蛇足ですが,挙げて頂いた例ですと,単純に通常業務として発行する日本銀行券のデザインに
キティちゃんを採用し,ライセンス料を払う,という事になります(お札を売っているわけではないので).
キティちゃんがお札のデザインにふさわしいかどうか,とか,銀行券を発行するのは日銀である,
とかはともかく,業務に必要な技術を民間企業にお金を支払って供与してもらうのは,
極めて一般的な事だと思います.

例を見るとこれに当てはまるかどうか解りませんが,要は独法が
民間企業と一緒に商売できるか?(それで収益をあげることが許されるか)?ということでしょうか.

それですと,その独法が課税法人か非課税法人かによって違ってきます.
特殊法人から独法になった場合は課税法人になるようです.この場合,商売が出来ます.
(無論,それをやる意義があるかどうか・組織の趣旨に合っているかどうかは議論されるでしょうが)
たとえば,特殊法人から独法化したJAXA(宇宙航空研究開発機構)は
課税法人であり,企...続きを読む


人気Q&Aランキング