「秀頼が秀吉の実子ではなく、石田三成が淀殿と密通して生ませた子」
と言う説がありますよね。
その事に関してどのような説があるのか知りたいのですが……。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

石田三成」に関するQ&A: 石田三成と真田昌幸

A 回答 (6件)

三成はたしか側室を持ってなかったと記憶してます。

そんな三成は主君の側女に手を出せない。いや彼にとっては考えられないでしょう。しかし淀殿からアプローチされれば三成も修理も拒否出来ないのでは。個人的には、修理が怪しいと思ってます。秀吉の子であるわけがないでしょう。
    • good
    • 0

NHKの大河の影響でしょうか?


石田三成=真田広行
淀殿=松たか子
で、その様な演出もありましたが。
別の大河では皆さんの仰る大野治長のパターンでした。
    • good
    • 1

石田三成説はあまり聞いたことがありません。



一般には秀頼は淀殿の側近だった大野治長の子ではないか?という説が有名です。
大野治長は淀殿の乳母だった大蔵卿局の息子だったために、母親の力によって淀殿の側近として常にお側に仕えていた男です。
大野治長と淀殿が怪しい関係という噂は昔の記録にも残っているようです。

なお、石田三成は豊臣家を主家と仰ぐ実直なタイプのようですから、主に当る淀殿とオカシナ関係にはならない人だと思われます。
    • good
    • 0

それは、大野治長ではないでしょうか?



石田三成説は聞いたことがないので。

大野説であれば急に大野が秀吉が死んだ後家老になるなどありえませんのでやはり大野説が有利かなと。
    • good
    • 1

秀吉はあれだけの側室を持っていながら、それまで全く子宝に恵まれませんでした。


それがもうヨボヨボの老人になってから急に子供が生まれたとなれば、疑われるのは当然でしょうね。
    • good
    • 1

大野修理ではないでしょうか?


石田にそんな度胸は無かったと思います。
日本家屋は,音が筒抜けですから,密通も簡単ではなかったと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石田三成について教えてください!!!

石田三成について教えてください!!!

最近、石田三成という武将が気になり
比較的歴史に詳しい母に
三成について聞いてみたところ
「三成は極悪人として京都の市内を
歩き回された挙句、打ち首になったんだよ」
と聞かされました。

母は三成の事についてはあまり知らないらしく、
それなのに何故か嫌いなようです。
石田三成はなぜ"極悪人"として
市内を歩かされるような事になったのでしょう?

また、石田三成が好きという方は
彼の魅力について教えて頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

三成を嫌いな人は多いと聞きます。
それはやはり、10m10mさんがおっしゃるように
"極悪人"として市内を歩かされたからだと思います。

その理由は、勝利者であった家康の敵であったから
ではないでしょうか?

勝者としては、敵を処刑するというのは
当然のことでしょうし、また、juyjuy さんの
おっしゃるように家康も彼を評価していましたから、
それはなおさらだと思います。


>また、石田三成が好きという方は
 彼の魅力について教えて頂けると嬉しいです。

わたしは、三成が好きで、いろいろな本を読んでいますが、
その中のひとつに、こういった逸話がありました。
(うろ覚えですが……

『人々はお茶を回し飲みしていた。
 回し飲みをしていた一人、 三成の友である
 大谷刑部はハンセン病であった。
 そのため、他の者たちは、刑部の飲んだ後の
 茶は飲んだフリをして他の者にまわすことが多かった。
 
 ある日、刑部の鼻水がお茶の中に入ってしまった。
 そのままお茶を回すことをためらい、
 お茶をまわすことができずにいた。
 それを見ていた三成は、
 
 「拙者は喉が渇き申した。
  刑部殿、早くお茶を回してくだされ」
 
 とお茶を受け取るや、それを一気に飲んだ。』

このあとの記述にもあったのですがこのことから
三成と刑部の友情がうかがえます。

人々から嫌われているというのに
こんなことができるとは……友情最強!

とわたしも思わず拍手をしてしまいました。
この逸話はあまり有名ではないかもしれませんが
わたしが一番好きな逸話です。

(長文失礼致しました。

三成を嫌いな人は多いと聞きます。
それはやはり、10m10mさんがおっしゃるように
"極悪人"として市内を歩かされたからだと思います。

その理由は、勝利者であった家康の敵であったから
ではないでしょうか?

勝者としては、敵を処刑するというのは
当然のことでしょうし、また、juyjuy さんの
おっしゃるように家康も彼を評価していましたから、
それはなおさらだと思います。


>また、石田三成が好きという方は
 彼の魅力について教えて頂けると嬉しいです。

わたしは、三成が好きで、いろいろな本を読んで...続きを読む

Q秀吉はねねと淀殿とどっちを愛してたか

日本の戦国から徳川にかけてを根ほり葉ほり調べているヨーロッパ人の友人から、「つまるところ、秀吉はねねと淀殿どっちを愛してたんでしょうね?」と聞かれました。私には手に負えない無理難題です。どなたかよろしくお願いします!

Aベストアンサー

日本に住む日本語をしゃべる外国人の方って、日本人以上に日本史に興味ある方がたまに居るんですよね。私の友人にも同じような方がいます^^

さて、表題の件。。。。
実際は知ることも出来ないですが、秀吉好きとしては、ネネさんを好きであって欲しい・・・というところじゃないでしょうか?
言っちゃ悪いですが、淀君ではイメージが悪い^^;

でも、政治的に考えると違った歴史が見えてくるのでは?
豊臣秀吉一代記となる太閤記は1625年に小瀬甫庵により書かかれた書物。(正確にはどこまで記述されていたか知りません^^;)
つまり、徳川の時代になってからの書き物です。

豊臣秀頼を滅ぼしたのは徳川家。
淀君=秀頼の母。従って、徳川氏は淀君の印象悪くする必要があった。
秀頼がナヨナヨしたイメージがあり、淀君の陰鬱たるイメージもこのあたりが要因?
一方、北の政所。結果的に関が原で徳川家に一大勢力を作る要因となる。
家康自身、北の政所を粗略に扱えなかったし、政治的にも家康は高台寺(ネネさんの隠居先)に多くの寄進をしている。
従って、北の政所を悪者扱いは出来なかった。
こういう雰囲気が作られていたとしてもオカシクは無いと思うのです。

徳川は結果的に北の政所を支援して関が原へ、という事も言えるわけですから。。。

歴史は勝者が作る・・・から言えば、
あながち、言いすぎでは無いようにも思うのですが。。。

でも、日本史上最大の「陽」キャラの秀吉。
単純に「ネネさんとアツアツだった・・・」であって欲しいですよね。

日本に住む日本語をしゃべる外国人の方って、日本人以上に日本史に興味ある方がたまに居るんですよね。私の友人にも同じような方がいます^^

さて、表題の件。。。。
実際は知ることも出来ないですが、秀吉好きとしては、ネネさんを好きであって欲しい・・・というところじゃないでしょうか?
言っちゃ悪いですが、淀君ではイメージが悪い^^;

でも、政治的に考えると違った歴史が見えてくるのでは?
豊臣秀吉一代記となる太閤記は1625年に小瀬甫庵により書かかれた書物。(正確にはどこまで記述...続きを読む

Q石田三成

こんにちは
友人より私のイメージは「石田三成」だと言われました。
あなたにとって「石田三成」はどんなイメージですか?
教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

天地人ではイメージ良く描かれていましたね。

一般的には、関が原の西軍総大将(正式には違いますが)
というイメージでしょうか。

もしくは、福島正則・加藤清正らの武断派と対立した
「武勇はないが頭で考える戦国武将」

Q石田三成は何故水ではなくお湯を頼んだのでしょうか。

石田三成が関が原の合戦の後に捉えられ、その後斬首されましたが、その前のエピソードで刑が決まっているのにもかかわらず、喉が渇いたので湯を求めるシーンがあります。

ここで疑問なのですが、なぜ「お湯」なのでしょうか。
普通は手間のかからず、すぐ出せそうな水を求めるように思います。

これは刑が9~10月で肌寒かったからでしょうか? 
それとも余裕を見せたいが為に、少し手間のかかる湯を求めたのでしょうか? 
または生水は体に悪いのでお湯を選択したのでしょうか? 

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授下さい。

Aベストアンサー

「生水は体に悪いのでお湯を選択したのでしょうか?」
が正解でしょう。

当時、殺菌された水道水も、瓶に入ったミネラルウォーターも存在しません。現代のそれらのように雑菌を含まない清潔な水は「山の中の清流や湧き水」程度しかありません。

京の街中で手に入る水は
「井戸を掘って汲んだ水」
「川から汲んだ水」
などであり、清潔なものではありません。川の水には上流で流された汚水が混じっていますし、井戸水の水質も似たようなものです。

当時、細菌の存在は知られていませんが、経験則により
「生水を飲むと腹を壊すが、煮沸した湯、湯冷ましを飲むと腹を壊さない」
ことは知られておりました。
日本家屋に囲炉裏があり、鉄瓶に湯を入れて常に沸かしていたのは「いつでも湯を汲めるようにする」ためです。これは陣中でも同じだったでしょう。「生水は飲んではいけない」という認識は誰もが有しており、「陣を構えれば炉を築いて湯を沸かす」のが常識であったと思われます。

「手間のかからず、すぐ出せそうな水を求める」
キャンプでカレーを作ったりした人はご存じと思いますが、薪や炭の火で水を沸騰させるのにはかなり時間がかかります。ガスやIHで湯を沸かすのとは全く違います。
三成は「陣中で沸かしている湯を一杯頂きたい」と所望したわけです。

「生水は体に悪いのでお湯を選択したのでしょうか?」
が正解でしょう。

当時、殺菌された水道水も、瓶に入ったミネラルウォーターも存在しません。現代のそれらのように雑菌を含まない清潔な水は「山の中の清流や湧き水」程度しかありません。

京の街中で手に入る水は
「井戸を掘って汲んだ水」
「川から汲んだ水」
などであり、清潔なものではありません。川の水には上流で流された汚水が混じっていますし、井戸水の水質も似たようなものです。

当時、細菌の存在は知られていませんが、経験則によ...続きを読む

Q石田三成と大谷吉継について。

石田三成と大谷吉継について。

最近、戦国BASARA3をやっていて
この二人が気になっています。
歴史上の石田三成と大谷吉継は
一体どのような人物だったのでしょうか

あとBASARAの三成は吉継の事を
形部(ぎょうぶ?)と呼んで
他の武将と比べると仲が良いように
見えますが歴史上ではこの二人は
どういった仲だったんですか?

我こそは石田三成、大谷吉継ファン
だという方、是非とも彼らの魅力や
その生涯など詳しく教えていただけると嬉しいです!^^

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

どちらも秀吉子飼の武将です。
所領は三成が近江佐和山、吉継が越前敦賀でとなりどうしです。
吉継は業病(おそらくハンセン病)で、いつも頭巾で顔を覆っていることで有名です。

この二人は茶会での逸話があります。
秀吉が催した茶会で、吉継が自分の膿を碗に垂らしてしまいました。
続く武将は皆飲むふりをしてまわしていきました。
三成だけは気にせず飲みました。
このこと以来、三成と吉継は親友となりました。

そして関が原です。
三成は挙兵のとき吉継に協力を求めます。
吉継ははじめ勝ち目がないと三成を止めます。
ですがそれが無理となると、吉継は三成とともに戦い死ぬこととしました。
まさに刎頚の友だったというわけです。

Q石田三成と真田昌幸

石田三成と真田昌幸の正室は兄弟ですが、これは三成は昌幸と縁があり昌幸の紹介で婚姻したのか、たまたま同じ家の娘を正室にして縁ができたのか教えて下さい。

Aベストアンサー

own3さん、こんばんは。



真田昌幸の正室山手殿は宇多頼忠という人の娘ということから出たお話ですね。この人はもともと尾藤氏であり、最初信濃の小笠原氏、今川氏、そして武田氏と主人を変えています。理由は遠江の国人領主だったからです。このとき昌幸と縁続きになったのでしょう。永禄7年(1564)とのことです。兄は尾藤知宣といって織田氏や秀吉に仕えました。そのおかげで、武田滅亡の折には織田氏、次いで秀吉の弟秀長に仕えることになります。
秀長が大和郡山で100万石を領するとその重臣として13000石を知行しました。大体天正10年(1583)ころに石田三成と次女が結婚しているそうです。この後、彼は兄の罪に連座して、知行を返上し、三成のところに寄食しています。
結論から言って確かに頼忠の婿が昌幸であることは有名だったでしょうが、秀吉が三成に箔をつけるために縁組させたのでしょうか?あまり有名なお話も伝わっていないので、単なる偶然と考えるのが妥当でしょう。
むしろ後日談のほうが縁続きであるということ示しているでしょう。、尾藤知宣の息子を父の罪の連座からまぬかれるために頼忠が自分の養子にしました。そして、今度は三成の兄正継の養子にします。そこへ昌幸の娘と結婚させます。

詳細は下記のURLを参照ください。


宇多頼忠
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%A4%9A%E9%A0%BC%E5%BF%A0
尾藤知宣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E8%97%A4%E7%9F%A5%E5%AE%A3
山手殿
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%89%8B%E6%AE%BF
真田昌幸
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E6%98%8C%E5%B9%B8

own3さん、こんばんは。



真田昌幸の正室山手殿は宇多頼忠という人の娘ということから出たお話ですね。この人はもともと尾藤氏であり、最初信濃の小笠原氏、今川氏、そして武田氏と主人を変えています。理由は遠江の国人領主だったからです。このとき昌幸と縁続きになったのでしょう。永禄7年(1564)とのことです。兄は尾藤知宣といって織田氏や秀吉に仕えました。そのおかげで、武田滅亡の折には織田氏、次いで秀吉の弟秀長に仕えることになります。
秀長が大和郡山で100万石を領するとその重臣として...続きを読む

Q石田三成 性格

石田三成は当時の武将間で好き嫌いがはっきり別れてますよね?

福島正則 加藤清正 黒田長政 加藤善明…など おもに豊臣政権内部の武闘派からは嫌われていた。
一方で真田幸村 大谷吉継 などからは親友として慕われていました
さらに筒井家を浪人した島左近は諸大名の誘いを断り 一番禄高の少なかった石田三成に仕えるなど人気が二分していた様に思います

三成は不遜(他人にへりくだる)ところがなかったので嫌われていたと言いますが…

三成の性格は実際はどんな感じであったのでしょう?

Aベストアンサー

毎度どうも。

秀吉の軍事作戦では中国大返しと賤ヶ岳大返しの二つの大返し作戦が有名ですが、このとき兵站計画を支えていたのが三成だといわれています。また、寄せ集めの大軍が割と無計画に進出した朝鮮出兵の兵站業務も三成が支えました。太平洋戦争の日本軍とは大違いに兵站を破たんさせなかったのですから、その力量はたいしたものだと思います。また、そういった業務に明るかったことからも理数系であったのも間違いないと思います。
しかし理系男子の宿命で、人心の機微というのが苦手であったのではないかと思います。また朝鮮出兵の兵站業務では前線からの様々な懇願をあえて無視して優先順位が高いものに対して冷静に対処しなければならず、つまりそれは人の恨みを買う立場でもあったと思います。しかし彼が恨みを買うことで兵站は破たんしなかったであろうし、それによって秀吉自身が守られたとも思います。
つまりなんというか、頭のいいエリート官僚タイプだったのでしょうね。だからこそ、現場からの叩き上げである福島正則や加藤清正とは宿命的に合わなかったと思います。そして頭がいい人にありがちに、他人を見下すような態度をとる人でもあったと思います。プライドは高かったでしょうね。同じような合理的なタイプの人とは話が合った(秀吉も根本的には理系の合理主義者です)でしょうが、話の合わない人には「この、バカ」みたいな目で見ちゃうところがあったでしょう。たぶん、ウソもつける人じゃなかったと思うので、考えていることが態度に出てしまうタイプだったんじゃないかなあ。

ちなみに私は福島正則タイプなので、たぶん三成とは合わないのではないかと思います・笑。

毎度どうも。

秀吉の軍事作戦では中国大返しと賤ヶ岳大返しの二つの大返し作戦が有名ですが、このとき兵站計画を支えていたのが三成だといわれています。また、寄せ集めの大軍が割と無計画に進出した朝鮮出兵の兵站業務も三成が支えました。太平洋戦争の日本軍とは大違いに兵站を破たんさせなかったのですから、その力量はたいしたものだと思います。また、そういった業務に明るかったことからも理数系であったのも間違いないと思います。
しかし理系男子の宿命で、人心の機微というのが苦手であったのではないか...続きを読む

Q石田三成の旗印について

石田三成の旗印「大一大万大吉」の読み方と意味を教えてください。

Aベストアンサー

「だいいちだいまんだいきち」と読みます。

意味は下記が参考になります。
http://www.packet.ne.jp/sakon/mitunari.htm

http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/haka-topic30.html

Q佐竹義宣と石田三成

徳川家康からも律義者と言われるほどの佐竹義宣。彼が石田三成と親交を持った切っ掛けとは何なのでしょうか。また何故親三成派となったのでしょうか。

Aベストアンサー

石田三成は奥州の検地奉行になっており、実際、佐竹義宣のほかにも親三成派は奥州にいましたよ。
相馬義胤は三成と親しく、嫡男の三胤(利胤)の烏帽子親は三成であった。津軽為信も石田三成と親しかったです。
一時期石田三成が奏者になっていた宇都宮国綱もそうです。国綱の場合、石田三成から浅野長政に代わっても石田三成と親しくし、浅野長政と関係が悪化し潰されてしまいますが・・・。
これは類推ですが、蒲生氏郷との中も悪くなかったのではないでしょうか。理由は石田三成も蒲生氏郷も近江出身であること、蒲生氏の旧臣を多く採用したことなどです。

Q淀殿の呼称

淀殿は伏見城に住んでいた時期に西の丸殿と呼ばれていたそうですが、家臣からも~殿と呼ばれていたのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1です。 当時は、本名で呼ぶのは、親か主君くらいだったでしょうから、家臣は字(あざな)で呼んだでしょう。

『生存中には、居場所の変化に伴って淀の方(よどのかた、他に「淀之上様」「淀の女房」など)、二の丸殿(にのまるどの)、西の丸殿(にしのまるどの)などと通称された。秀吉の死後に落飾して大広院(だいこういん、大康院とも)と名乗っていたという説もある』
『現在最も一般的に用いられる淀殿、過去に用いられた淀君の名は、同時代の史料には一切見られず、いずれも江戸時代以降の呼び名である』
という事のようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報