「秀頼が秀吉の実子ではなく、石田三成が淀殿と密通して生ませた子」
と言う説がありますよね。
その事に関してどのような説があるのか知りたいのですが……。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

石田三成」に関するQ&A: 石田三成と真田昌幸

A 回答 (6件)

三成はたしか側室を持ってなかったと記憶してます。

そんな三成は主君の側女に手を出せない。いや彼にとっては考えられないでしょう。しかし淀殿からアプローチされれば三成も修理も拒否出来ないのでは。個人的には、修理が怪しいと思ってます。秀吉の子であるわけがないでしょう。
    • good
    • 0

NHKの大河の影響でしょうか?


石田三成=真田広行
淀殿=松たか子
で、その様な演出もありましたが。
別の大河では皆さんの仰る大野治長のパターンでした。
    • good
    • 1

石田三成説はあまり聞いたことがありません。



一般には秀頼は淀殿の側近だった大野治長の子ではないか?という説が有名です。
大野治長は淀殿の乳母だった大蔵卿局の息子だったために、母親の力によって淀殿の側近として常にお側に仕えていた男です。
大野治長と淀殿が怪しい関係という噂は昔の記録にも残っているようです。

なお、石田三成は豊臣家を主家と仰ぐ実直なタイプのようですから、主に当る淀殿とオカシナ関係にはならない人だと思われます。
    • good
    • 0

それは、大野治長ではないでしょうか?



石田三成説は聞いたことがないので。

大野説であれば急に大野が秀吉が死んだ後家老になるなどありえませんのでやはり大野説が有利かなと。
    • good
    • 1

秀吉はあれだけの側室を持っていながら、それまで全く子宝に恵まれませんでした。


それがもうヨボヨボの老人になってから急に子供が生まれたとなれば、疑われるのは当然でしょうね。
    • good
    • 1

大野修理ではないでしょうか?


石田にそんな度胸は無かったと思います。
日本家屋は,音が筒抜けですから,密通も簡単ではなかったと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西郷南洲という名はどこから来ているのか?

西郷吉之助や西郷隆盛はわかります。西郷南洲とはどこからつけられたものでしょうか?本人や回りの人が実際に使っていたことのあるものでしょうか?何となくの呼び名でしょうか?死後の改名みたいなものでしょうか?私の持っている書物などは、いきなり「南洲は・・・」などと始まっていて面食らっています。これに詳しい方がおられましたらお教えいただきたく投稿します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 西郷隆盛は文政10年(1828年)鹿児島城下に生まれ、以来多くの名を名乗っています。幼名を小吉といい父九郎隆盛が家督を相続した弘化4年(1847年)吉之助へと改名願いを藩に出しています。その後も自らが家督を相続した嘉永6年(1853年)に善兵衛へ改名し、安政3年(1856年)3月までには吉兵衛を名乗るようになります。以後西郷吉兵衛、西郷三助、菊池源吾(非公式)を名乗り、安政5年(1858年)の有名な月照との入水事件で命を失いかけて以降、隆盛は奄美大島で過ごすことになります。藩庁は西郷を表向き死んだものとして、扱ったため、非公式の名が必要だったのではないでしょうか。

 その後文久元年(1861年)、藩より召還状を受け翌年鹿児島に帰ると西郷は大島三右衛門への改名を命じられます。折しも中央では安政の大獄(橋本左内刑死が1859年)、桜田門外の変(1860年)、生麦事件(1862年)と激動の時代のまっただ中にありました。

 さて西郷ですが、このころより再び不遇の時代を生き始めます。文久2年(1862年)藩兵を率いて姫路に滞在中であった時の薩摩藩主島津久光は、志士を扇動しているとの奸言を受け、西郷を退けます。彼は今度は罪人として鹿児島よりはるか海上の沖永良部島で過ごすことになります。この時大島吉之助へ改名を申しつけられていますが、しばらくは大島三右衛門の名をつかったようです。

 今でこそ、鹿児島県の中では沖永良部島は花卉栽培などで豊かな島となっていますが、ライフラインもほとんど整備されていない当時、西郷はたいへんな苦労を強いられたようです。この沖永良部島での文筆活動で使った名が西郷南洲でした。南洲とは「南の島」という意味で、祖父が沖永良部島出身である私などは沖永良部島という意味ではないかと密かに期待しています。
 
 文久3年(1863年)薩英戦争を経験した藩は西郷が貴重な人材であることに気づいたのか、彼を許し(西郷は薩英戦争に参加するため脱獄まで企てたらしい)、翌年に帰鹿。そのあと、中央を舞台とした活躍へ、そして西南戦争へと歴史はつながるわけです。

 明治初期の激動期は西郷吉之助の名を通し、明治4年(1871年)には平隆盛で参議の辞令を受けています。また西郷隆永の名を使っていたのはこの頃です。

 さて西郷隆盛という名ですが、明治2年正三位に叙せられた際、父の名と間違えられたというのは事実のようです。以降明治政府からの辞令は西郷隆盛の名で出され、鹿児島市にある彼の墓碑にも「西郷隆盛墓」と記されています。

 鹿児島市北部の鹿児島港の埠頭にほど近い、住宅地が小高い丘へと隆起しはじめた場所に南州神社があり、西郷をはじめ西南戦争の薩藩側犠牲者二千余名が祀られています。私の遠い血縁の者もこの場所に眠っているはずですが、ながく失業している私は申し訳なくて墓石の前に立つことはできず、静雨のなか西郷の墓に手を合わせて、たった今その場を辞してきたところです。資料は西郷南洲顕彰館より入手しました。

 西郷隆盛は文政10年(1828年)鹿児島城下に生まれ、以来多くの名を名乗っています。幼名を小吉といい父九郎隆盛が家督を相続した弘化4年(1847年)吉之助へと改名願いを藩に出しています。その後も自らが家督を相続した嘉永6年(1853年)に善兵衛へ改名し、安政3年(1856年)3月までには吉兵衛を名乗るようになります。以後西郷吉兵衛、西郷三助、菊池源吾(非公式)を名乗り、安政5年(1858年)の有名な月照との入水事件で命を失いかけて以降、隆盛は奄美大島で過ごすことになりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報